阪急豊中駅周辺を歩く(7) 酒と蕎麦 こなから

Konakara_FrontView_1308.jpg
長く辛かった多忙の底がやっと見えてきた。9月になればほぼ通常通りの業務になるとわかっているが、ヤマを乗り越えたというのは気持ちのいいものである。こういうとき、お疲れさんということでなにかこう、ふだんとは違うちょっとおいしいものを食べたくなるものである。といって自分にはふだんから行きつけている気の利いた店などあるはずもない。いつものようにまっすぐ帰ろうかな、とも思う。

だけどやっぱり何か小さなお祝いというか祝杯(何かに勝ったというわけではないが)のようなものを挙げたいではないか。というわけで以前何度か度利用したことのある阪急豊中駅周辺の蕎麦屋〈こなから〉へ行ってきましたよ。〈こなから〉は昼食で利用したことがあり、大阪では珍しい「蕎麦屋」といえる店だと思う。残念ながら大阪では「うどんとそばの店」はあるけれど、それ専門で「蕎麦屋」という看板を掲げられる店は少ないのだ。

Konakara_AssortedHorsDouevres.jpg午後7時くらいに入店すると、カウンター席もテーブル席もわりと人が入っていて人気のほどがうかがえる。なんとか一人分、カウンター席が空いていたので座らせてもらう。店内の落ち着いた雰囲気はまことに好ましく、手垢の付いた表現だがまさに「おとなの隠れ家」的な感じだ。若者たちが大声をあげて談笑しているのもそれはそれで元気があっていいのだが、できれば今はそういうものから遠ざかっていたい。疲れているのだ。

ここは蕎麦屋だから最後は蕎麦でしめるのだが、その前にちょっと一杯やる酒を店では「そば前」と称している。「そば前はいかがなさいますか」てな具合である。当方としても何かおいしいものをつまんで一杯やりたい気持ちは満々である。とりあえず瓶ビールを注文し、出汁巻き卵にしようかなと思った。うまい出汁巻き卵を作るには、どこかでうまい出汁巻き卵を食べてみるのがいちばんだ。それをよく覚えておいてできるだけそれに近付けてみるようにする。

Konakara_FriedEggplantAndDuckWithDashi.jpgそう思いながら「本日のお勧め料理」を見ていると、「鴨と茄子の揚げ出し」があるではないか。鶏肉と茄子の炊き合わせは大好物である。鴨と茄子が合わぬわけはないような気がして、出汁巻き卵にするか少し迷ってから、鴨と茄子を注文した。ビールとほぼ同時に突き出しが供されるが、これがまた気の利いた三種盛り合わせ。ほう、右から湯葉に出汁をかけたもの、真ん中が苦瓜とタコの酢味噌和え、左がたぶんウナギ(?)だと思う。

いやあ、これだけでビールがかなり進みますね。少しずつではあるけれど、手の込んだいい仕事をしているのがよくわかる。ちがうちがう、どれくらい手が込んでいるか、どうやったらこうおいしい料理になるのかわからぬけれど美味しいことだけはわかる。ちゃんと訂正しておこう。この男、よく調子に乗っていかにもものがわかっているような口を利くことがありますが、あてになりません。

Konakara_Sharaku.jpgそうこうしているうちに「鴨と茄子の揚げ出し」が来ましたよ。これに合わせる日本酒は〈写楽〉を選んだが、本当に料理に合っているかどうかはわからぬ。店の人に訊いたほうがよかったかもしれないが、たくさんあるお酒の中で、〈写楽〉の文字が目に付いただけである。実際、東北の酒は実によくできていて、宮城や山形の酒をよく通販でもとめるけれど外れと思ったことはない。〈写楽〉は会津若松市、福島の酒である。

やはり茄子は油と相性がいいですね。鴨はマガモなのか合鴨なのかよくわからないが、おいしい。ししとうの色どりが美しく、やはり家でやるのとは違うなあと感心することしきり。こういうレベルの料理をしっかり味わっておいて、なんとか家でそれらしく再現するべく奮闘するのが料理上達のコツだと思う。まあ、再現できるわけはないのだが、とりあえずそんなふうに心がけだけは持っていようと思うわけです。

もっと他の料理も、と思うのだが、蕎麦を食べることを思うとこの辺でやめておいた方がいいんじゃなかろうかと判断、「鴨せいろ」を注文した。この店ではざる蕎麦(盛り蕎麦)を「せいろ」というようだ。もう一品何か頼んで楽しんだ後、ざる蕎麦だけでしめるというのもありかな、とも思うが今回はどうも、鴨をやってみたい気分である。「鴨せいろ」を頼んだ段階で「そば前」は終了と判断したのか、蕎麦茶を出してくれるのだが、鴨と蕎麦をやりながら酒を飲みたい気持ちも少しはあるんだがなあ。

Konakara_KamoSeiro.jpg蕎麦が細くてなんだか繊細ですね。本当はこの時期、蕎麦は端境期で新蕎麦が出た後がいちばん旨いと理屈ではわかっているけれど、大阪ではざるそばは夏の食い物なのである。鴨の味がきいた蕎麦つゆは実においしく、ついつい食べる速度が増してゆく。手打ちの蕎麦なんだろうか、蕎麦自体が短いような気がする。なんでこんなに長いんだ、と呆れてしまう蕎麦もあることを思うと、ちょっとありがたい気分である。

絵にかいたような「鴨と葱」であるが、やはりよく合っているように思う。蕎麦を食べてしまうと最後に蕎麦湯が出てきます。これがまた、どろりと非常に濃厚。そば猪口に注いだところに鴨出汁を入れ、ちょうど良い加減にして飲む蕎麦湯がこれまたうまい。ついつい何度も注いでしまうではないか。ううむやはり良いなあ、ここはまた来よう、という気持ちで大変満足して店を出た。


【付記】
● 阪急蛍池駅のすぐ近くにある〈轟庵〉といい、豊中の〈こなから〉といい、なかなかいい蕎麦屋だと思います。本格的な蕎麦屋が少ない大阪では貴重な存在ではないかと。いやね、乙山、蕎麦屋で一本立てるのが大好きなんですね。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おお、蕎麦屋に行かれたのですね。
この突き出しだけでも良いアテになりそうです。
こういったちゃんとした料理を出してくれるところは良いですよねぇ。

私も蕎麦が好きで冷や酒のアテに出汁巻きや冷や奴や板わさをつついて、締めは蕎麦をたぐるという様な使い方をします。

鴨と蕎麦をやりながら酒を飲みたいというのはよく判ります。
だって冷酒や熱燗と蕎麦との相性というのは抜群ですからねぇ。

ちなみに最近京都に美味しそうな蕎麦屋が出来たので、今度行ってみたいと思います。
乙山先生の様にレポート出来たら良いんですが・・・

No title

>〈写楽〉は会津若松市、福島の酒である。

このお酒、名前を聞いただけでまだ飲んだことはないのですが、会津の酒となれば、どっちかというとどっしりした感じのしっかりとしたつくりのお味なのではないでしょうか・・・「鴨と茄子の揚げ出し」みたいな料理にはピッタリでしょうね。

同じ東北でも、宮城・山形・秋田ってところはいわゆる端麗辛口を旨としているようですが、福島・・・就中、会津の酒は濃厚で強い味わいの酒が多いように感じているのですが・・・

それにしても感じの良い蕎麦屋ですね。豊中ですか・・・・ちょいと遠いな・・・・

Re: Noriさん

Noriさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
この店は大阪では珍しい蕎麦専門店です。
蕎麦専門店ですが、夜行ってみると半分居酒屋というか、
小料理屋の雰囲気でいっぱいですね。

みなさん蕎麦の前に酒肴で一杯、なんですが、
それがちょっと一杯というより、多くの料理とやっていますので、
本当に蕎麦でしめるのかなあ、とふと思ってしまいます。
それぐらい、料理がいいんでしょうね。

また日本酒の数が恐ろしく多く、少なく見ても30本以上揃えていますね。
その代わりと言ってはなんですが、ビールは例のスーパードライ。
だけどこれも悪くない選択だと思います。

ビール本来の味とやらが、和食と本当に合うのか、それは疑問です。
その点、スーパードライはビール自体のうまみはさておいて、
食中酒としてはなかなかいい線をいっているからです。
京都の蕎麦屋さん、楽しみにしております。

Re: gatayanさん

gatayanさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
〈写楽〉はとても良い酒でした。仰るほど「どっしりした」感じはなかったような……
鴨と茄子にはぴったりでしたよ!

宮城の酒で〈愛宕の松〉というのが大好きでして、何度も買っております。
本醸造ですが、純米酒に負けぬ味わいがありましてね。
家で飲むとちょっと重いなあと感じる日本酒、どうして店だとうまいのか。
これは永遠の謎ですね。

豊中とか池田、箕面なんていうのは住んでみて初めて実感できるのですが、
大阪市内に住んでいると、梅田より北はよほど用事がない限り行くことがありません。
とくに池田、箕面は「辺境の地」と呼んでもいいくらいの町。
乙山はそれらの鄙びた感じが好きになりましたよ。

No title

いつもおいしそうな記事拝見しております。

小倉にも手打ちのおいしい蕎麦屋さんがあります。

玉子焼きは必ず、食べます。

お酒は「飛露喜」か「十四代」をのみます。
「飛露喜」もたしか福島だと思います。

Re: しょうちゃんさん

しょうちゃんさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
小倉をgoogle地図で確認いたしました。
入り組んだ地形、山口県との境目、北九州ですね!

じつは九州に行ったことがなくて、
今度旅行するなら、絶対九州だ、と決めているのです。
ウェブログで九州の方々にお付き合いさせていただいて、
これはもう、行くしかないなあ、と思っているのです。

手打ちの蕎麦屋さんがあるというのは素晴らしいことです、
関西(大阪)ではうどんのほうが一般的でして、
乙山も大阪うどんは大好きなのですが、専門の「蕎麦屋」さんは少ないのです。

卵焼き、関西では「出汁巻き(卵)」というのですが、
九州ではどうなんでしょうね。そちらに興味があります。
砂糖をほどんど入れず、かなり柔らかい感じに焼き上がったのがおいしい。
それが「出汁巻き(卵)」なんです。

〈飛露喜〉も〈十四代〉も飲んだことがありませんが、
なんだかとてもおいしそうです。
ぜひ今度、飲んでみようかと思います。

No title

こんにちは
 
 日本酒と蕎麦は東京の下町が似合うイメージがあります。
 大阪はやっぱり、うどん。
 でもお店の良い雰囲気が漂ってきますよ。 、「鴨せいろ」もおいしそうですね。
 北海道はこれからが蕎麦の季節、あちこちで新蕎麦を楽しむ「蕎麦祭り」が開かれます。
 

Re: mikitaka08さん

mikitaka08さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
そうですね、大阪は蕎麦というよりうどんですよね。
「うどんとそばの店」は多いのですが、蕎麦専門店は珍しい。

そんな中で、この店は蕎麦専門店の看板を掲げているなかなかいい店でした。
本当、これから新蕎麦が出て、蕎麦がおいしくなってくるんですよね。
「蕎麦祭り」があるというのはうらやましいですね。

そちらはやはりどちらかというと「蕎麦文化」なんでしょうか。
大阪でも寒い時に食べるざるそば、蕎麦専門店ならちゃんと出してくれるはず。
楽しみにしているんですよ。

No title

頂き物の「会津ほまれ」という八重の桜のお酒が、あります。
福島は日本酒も有名なのですね。

こんなに本格的なお蕎麦屋さんには、久しく行ってません。
羨ましいです。
鴨もいいですね。
落ち着いた雰囲気で、大阪の別の一面が見えますね。
満足されたのが、何よりです。

No title

 ここしばらく米飯を一粒も口にしていません。米は
きらいじゃないけれど、なくてもかまわないのです。

 もし海外に長期滞在することになったら、ぼくの場
合、ソバが恋しくなると思います。今の時代、乾麺な
ら調達できるんでしょうが、それでは物足りません。
ソバ屋さんのソバは格別ですよね。

 ついでにご報告しますと、朝はパン、昼は麺類また
はパン、そして晩飯をビール・発泡酒と野菜をメイン
にしたら、この2ヶ月で5キロも減りましたよ(ビール・
ダイエット?)。ダイエットにはパンよりも米、とい
うのはウソかも知れませんよ(笑)。

Re: かえるママ21さん

かえるママさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
福島というか、東北地方の酒はおいしいですよ!
関西では「灘の酒」と申しますが、東北の酒のほうがいいかも、
なんて思ったりすることもあります。

こういう本格的な蕎麦屋さんは、大阪では少数派。
多くは「うどんとそばの店」なんですね。
だけど蕎麦専門店で蕎麦を食べるのは最高です。

大阪人は、自虐的に表現することが多いのですが、
それをそのまま受け取られては、ちょっと「がくっ」とくるのです。
わざと「アホ」みたいにしてるのですから、本気にされてはねえ。
そういう「ノリ」は他の地域ではなかなか通じにくいのですね。
道頓堀周辺だけが大阪なのではないのですよ。

Re: 薄氷堂さん

薄氷堂さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
とうとう「米断ち」ですか? それは効果があると思います。
それにしても二ヶ月で5kg減はいいペースですね!

乙山は推論を立てるのが好きでして、今度の話は、
「日本人の体質論」ではないかと思いました。
なにしろ、米作が伝来して以来、ずっとそれを食べ続けてきたわけですからね、
米からの栄養を余すところなく消化するよう身体の仕組みができているわけです。

日本人の身体は、いろんな穀物の中でもとりわけ「米」が消化器官に入ると、
そこからできる限り栄養分その他を摂取するのに向いた身体なのではないか。
だから「ダイエットにはパンより米」というのが難しいのかもしれません。
根拠がないので、あくまでも推論ですけどね。

No title

う~~ん
蕎麦屋と酒は、粋な空気に乗せられて
絶対飲み過ぎてしまいますね。

酒は最近、ちょっと異端児的な
徳島の三芳菊「壱」にハマっています。

Re: 根岸冬生さん

根岸さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
お身体の具合はいかがですか。ご無理なさらぬよう願います。
これはなかなかいい蕎麦屋でして、
こうして公開せずにこっそりしておきたいくらいです。

三芳菊〈壱〉、ネットで見ました。
ラベルがどれも、かなり変わっていますね!
等級外の米を使って、精米度も低め、とか色々工夫なさっている。
その御蔭で一升瓶でもかなり安めですね。
面白そうなお酒です、貴重な情報ありがとうございます。

No title

乙山さん、おはようございます。

いつも指を銜えて美味しそうな写真を眺めています。
本格的な蕎麦はもう何十年も食べていませんが、最近トロントのダウンタウンに本格的なうどんを食べさせるうどん専門店が出来たそうです。

なかなか美味しい御出汁に麺にもこだわって自家製らしいので、今度機会があった時に探検してこようと思っています。でもあまり期待を膨らまし過ぎるとがっかりしちゃうので、関東の方が美味しいという事は濃い味かも。

こういうお店があると本当にいいですね、落ち着いた雰囲気を感じます。

Re: まん丸クミさん

まん丸クミさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
モスクワに丸亀製麺という讃岐うどんのチェーン店が店を出していて、
それがけっこう人気があるようなのです。YouTubeで確認しました。

丸亀製麺のホームページの海外店舗を見るとカナダはなかったので、
トロントの店は丸亀製麺ではないようですね。
ここ数年、「スシ」とともに「ラーメン」もたいへん人気のようです。

北摂地域には意外と蕎麦屋さんがあるので驚きました。
いずれも老舗ではないのですが、いい店が揃ってきたと思います。
そうそう、この店は静かにジャズを流しているんですよ。
蕎麦にジャズ、不思議と違和感はありませんでした。

こんばんは。関東の人間にとっては蕎麦は子供の頃から親しんだ味ですが、大阪育ちのダンナも結構好きみたいです。日本酒はきっと蕎麦を作ってる土地のものが遇うような気がします。単純に使ってるお水の質が近ければ、相性が良さそうかなと。東北というチョイスは良かったんじゃないでしょうか。あと、信州でも良さそうですね。日本酒は、あまり詳しくないのですが、父親が秋田出身なので、東北のお酒はいくつか頂いたことがあります。宮城の浦霞が美味しかった記憶があります。

Re: yuccalinaさん

yuccalinaさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
そうですね、蕎麦はやはり関東のもの、かもしれません。
関西ではどうしても「うどん」なのでしょうかね。

乙山はうどんも好きですけど、蕎麦も好きなのです。
ざる蕎麦は、大阪では夏の食い物ですけど、
本当は新蕎麦が出てからおいしくなるんですよねえ。

わかってはいるんですけど、こっちではやはり「夏の食い物」。
そんなわけで、蕎麦を鴨でやりましたよ。
最高ではないけれど、ううむ、これはこれでおいしい!

蕎麦に合う酒は、あまり意識せずに頼みました。
仰るように、蕎麦がとれるところの酒は蕎麦に合う、
そういうことかもしれませんね。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/06 (7)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)