アラビヤン焼きそば

Arabian_Yakisoba_01.jpg
いつぞや〈ホンコンやきそば〉の記事を書いたときに、〈アラビヤン焼きそば〉というのがあるぞ、と教えてくださる方がいらしてずっと気になっていた。ネットで調べてみると本当だ、ターバンを巻いた青い目の人物がデザインされたパッケージに「アラビヤン焼きそば」とあるではないか。その字体は「はらい」の最後をくるんと巻いた、どこかで見たような懐かしさ。思わずネット通販で発注していた。

しかしですね、5袋入りパッケージの値段が送料より安いという本末転倒になっているのに気付いたのは発注をかけた後だった。ううむ、これはなんとも無様なことをしでかしたものだとしばらく自己嫌悪に陥ってしまったが、これはなんといいますか、いつもの只野乙山的現象とでもいうしかないもので、この種のうっかりは私とは切っても切り離せないもののようである。

さて商品が届きましたよ。袋の上部に「サッポロ一番」というブランド名が! これはあのサンヨー食品が出しているのだとわかって意外な感じがした。なんでサッポロ一番でアラビヤンなんだよ、と言いたい気分である。しかもターバンを巻いた人物はどうもアラビア人というよりインド人のように見えるではないか。「不思議な位おいしく出来ます」てな宣伝文句、ちと大げさに思えぬでもない。

しかもそれだけではなくて「摩訶不思議!? 香ばしくスパイシー」だとか「たまらない味わいアラビヤン」などとも書いてある。あの塩、みそ、しょうゆの大ヒットシリーズ三種でさえ、せいぜい「うまさ、サッポロにあり!」くらいであって、ここまで大胆に言い切った宣伝文句は使われていないのだ。いったい、何がどうなってこういう誇大広告と言えぬでもない(失礼)コピーが生まれたんだろうか。

袋を開けてみる。フライされた即席めんはどうみても「サッポロ一番」シリーズの物と同じように見える。ひょっとしたら違う製法がなされているのかもしれないが現物がないので比較検証してみることはできない。粉末のソース、そして青のりが添付されており、どうやらこれは日清の焼きそばと同じように、200mlほどの水を入れて麺をゆで、水気がなくなったところで粉末ソースを入れる料理法らしい。

Arabian_Yakisoba_02.jpg〈ホンコンやきそば〉のように味付け麺ではないので、厳密な水加減は必要ないかもしれないが、一応表示してある分量にしたがって調理を進める、といって大したものではないので詳細を書く必要もないと思う。ほどなくしてできましたよ。皿に盛りつけ、青のりをふって出来上がり。うむ、こんなものでしょう。

食べてみると、ごく普通のソース焼きそば。「アラビヤン」な味わいとやらを期待していたが、そもそも自分の中でアラビア風の味というものがまったく理解できていないので、何がどうアラビヤンなのかもさっぱりわからぬ。だけどまあ、おだやかな味わい、なのかなあ。日清のソース焼きそばはソースが決め手、みたいなところがあるけれど、これはそこまでソースに違いを求めてはいないような気がする。

うむ、そんなに悪くない味わいだと思う。だけどあの宣伝文句を思えばいささか拍子抜けというか期待外れというか、ふつうのソース焼きそばとはなにか違った味わいを期待していただけに、あれ、という感じだ。発売当初は全国販売していたようだが、「サッポロ一番」シリーズほどにはヒットせず、関東の一部でのみ販売が続いて現在に至ったという経緯がなんとなくわかる気がする。

要するにこれは、宣伝文句と実物とのギャップが大きすぎるのだろうと思う。なにかちょっとだけでもいい、アラビアを思わせる何かがあれば、もう少しヒットしたのかもしれない。だけどアラビア的な味って、いったいどんなものでしょうね。日本って驚くほどいろんな国の料理が流れ込んできてはいるけれど、まだアラビア料理って見たことがない。というかトルコ料理(?)が、おそらくアラビア料理のイメージにいちばん近いのかもしれない。


【付記】
● 「アラビヤン焼きそば」と表記していますが、正しくは「アラビヤン焼そば」です。

あんまりいいようには書けなかったのですが、実際、アラビヤン焼きそばは悪くない味です。だけどまあ言ってみればふつうのソース焼きそばでしかありませんので、味のインパクトからすればやっぱりホンコンやきそばの方が印象に残るんです。ホンコンやきそばはもう一度買いたい気になりますが、アラビヤン焼きそばは微妙な感じですね。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

これ知ってます。
ほんの数度食べたことがあるかな。
普段はホンコン焼きそばを食べるんだけど、コマーシャルかなんかで見て食べたくなって・・・
でも店には売っていなくって・・・たまたま仙台に買い物に行ったおばちゃんだったか誰かが刈って帰ってくる程度で・・・

味は、おぼえていないなあ・・・

Re: gatayanさん

gatayanさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
このアラビヤン焼きそば、もともとは全国販売していたものが、
現在では千葉と茨城あたりの限定販売になっているようです。

> 味は、おぼえていないなあ・・・

そのコメントがそれの性格をよく表していると思いました。
悪くはないのですが、インパクトのある味ではないんですね。
なのでどうしても印象に残る感じがしないのではないでしょうか。

インドのシーク教徒

乙山さんの仰る通り、ターバンの男性はインド人の筈です。しかも、ターバンを巻くのはシーク教徒のみです。彼等はインドにおいて戦士の家系であり、戦場で髪を切れない為に長髪をぐるぐる巻きのターバンで固定したのだと、インド人から聞きました。確かアラブ人は布をかぶって、わっかで固定してる感じですよね。オバQみたいなシルエットで。昔の日本人には区別が付かなかったのかもしれません。多分味に関してもでしょうね。

Re: インドのシーク教徒 ; yuccalinaさん

yuccalinaさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
ですよねえ、どう見てもあのターバンはインド人だと思います。
アラブ人のイメージは仰るように大きめの布を被って輪で固定するのが多いのですが、
輪っかを使わずぐるぐる巻きにしたタイプもいくらかあるようです。

エジプトとかトルコなんかそうじゃないかと思うんですが、
おそらく〈アラビヤン焼そば〉の袋をデザインした人が、
アラブ人(典型的なアラブ首長国連邦のスタイル)ではなく、
「船乗りシンドバッド」的なものをイメージし、
ペルシア人(またはエジプト人あるいはトルコ人)の頭に巻いた布と
インド人のターバンを混同(同一視)したのではないか、と想像しています。

No title

 これは珍品ですね。わざわざ通販で取り寄せるお方の探求心
には脱帽です。

 もちろん「サッポロ一番」というブランドは知っていますが、
「アラビヤン焼そば」というのはこちらの店頭でみかけたこと
がありません。千葉・茨城あたりではそれなりに人気が定着し
ているんでしょうか?

 アラブ諸国に青のりがあるのかどうかおおいに疑問ですが(笑)、
たぶんアラビアンナイト→「摩訶不思議」という連想から命名
したんでしょうね(?)。。焼きそばの味はともかく、よくまあこ
ういう無茶な商品名を思いついたものだと感心しました。

本日、ミニコープで、このアラビヤン焼きそばのカップversionを発見。タイムリー!

Re: 薄氷堂さん

薄氷堂さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
じつはこれ、根岸さんに教えていただいたものなんですよ。
いちばん初めに知ったとき、「は? アラビヤン?」と腰砕け(?)に。
あんまり気になっていたもんで、つい、というわけです。

これが千葉あたりで販売されているというのも根岸さん経由です。
調べてみると、千葉と茨城、というのがわかった次第です。
人気を博しているかどうかはわかりませんが、推して知るべし、の味です。
といって、そんなに悪くないんですよ。これは強調しておきたいですね。
おっ、違うなあ、というのではホンコンやきそばが第一位でしょう。

本当に、この商品のコピーは「やりすぎ」かもしれませんね。
仰るように摩訶不思議とアラビアンナイトが結びついたのでしょうが、
絵柄の人物はインド人。このあたりの「間抜けさ」も「おいしい」ところかも。

Re: 白プードルと散歩さん

白プードルと散歩さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
そうですか、あの上池田のミニコープでアラビヤン焼そばが……
じつはね、駅前すぐのスーパーマーケットでも「御当地麺」みたいなことを
やっていて、ワゴンにこれがならべられていたのを数日前に見ました。

カップめんバージョン、おいしかったらいいですね!
ほとんど知られていませんが、「カップスター」というのがありまして、
密かなファンでした。

アラビヤン焼きそば、増殖中なのですね。
カップスターって、あの波々のカップのですか?開けたその日から味の虜になるという…。

Re: 白プードルとお散歩さん

白プードルさんとお散歩さん、コメントありがとうございます。
スーパーマーケットの「御当地麺」もミニコープも、おそらく期間限定扱いでしょう。
サンヨー食品のホームページによると、アラビヤン焼そばのカップめん化は初めてで、
「できたて新製品」となっていました。それもあるかもしれません。

カップスターは「サッポロ一番」ブランドで、サンヨー食品が出しているものですが……
そのマイナーさがなんとも言えぬ魅力で、味噌味なんてサッポロ一番とほぼ同じなのに、
どうしてカップめんだとそれほど売れぬのか不思議でなりません。

えっ、「開けたその日から味の虜になる」ですって?
やはりこの会社、コピーに相当力を入れている(?)ようですね!

タンドリーソースという名のカレー

再びこんにちは。ちょっと話変わるんですが、先日、息子が好きなファーストキッチンに行った際、期間限定バーガー、チキンのタンドリーソースフォカッチャなるものを食べてみました。タンドリーチキンみたいな味を想像してたら、カレーソースがかかってるだけでガッカリ。どこがタンドリーソースなのか?と突っ込みたくなりましたよ。現在でも、その様ないい加減なネーミングがあるんですよね。

ところで、アラブ人のターバン姿って、多分遊牧民族のベルベル人がやってるやつでしょうか。散髪も出来ずに、頭髪が移動に邪魔にならないスタイルとして、ターバンがあったんでしょうね。

やきそばとは全然関係ない話ですけど。

No title

ホンコンやきそばは見た覚えが有りましたが、アラビヤン焼そばは初見です。
サンヨー食品で焼そばを作っていたのも知りませんでした…。

でもこのキャラクターを見ていると、昔懐かしい『メタル印度カレー』のCMを思い出します。

アレもまだ売ってるんでしょうか…。

No title

はじめてコメントさせていただきます。
根岸さんのブログから来ました。

アラビヤン焼きそばの記事おもしろかったので、
他の記事も読ませていただきました。

また、寄らせていただきます。

やきそば色々。

突然ですが、
昨日 近所のローソン100にて
多分日清だと思うのですが、
「サッポロポテトバーべキュー味」の
カップやきそばを発見しました。(^_^)
摩訶不思議ぃ。


Re: タンドリーソースという名のカレー

yuccalinaさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
たぶん、「タンドリー」という言葉が欲しかっただけなんでしょうね。
ネーミングというのは得てしてそういうものでしょう。
タンドリーチキンを食べたことのある方なら、本当がっかりしますよね。

ベルベル人、画像検索してみましたよ。
彼らほどきっちり(?)布を巻いているのではなく、
もっとざっくり巻いたスタイルだと思うのですが、まああのようなスタイルでしょうね。

Re: Noriさん

Noriさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
サンヨー食品ということが、そもそも出てこないものでして、
ああ「サッポロ一番」の会社だね、みたいな感じですよね。
それも、しょうゆ、みそ、しおの、三種類だけかと思ってしまいます。
ところが「長崎タンメン」というのもあるそうです。

「メタル印度カレー」は、製造元の会社が倒産し、
今は「メタルカレー」という商標を受け継ぎ、
他の会社が製造と販売を行っています。
なので、売ってはいますが、オリジナルとは違うものです。

Re: しょうちゃんさん

しょうちゃんさん、初めまして。コメントありがとうございます。
根岸さんはたいへんお忙しい様子ですね。

> アラビヤン焼きそばの記事おもしろかったので、
> 他の記事も読ませていただきました。

そのように仰っていただけるのはうれしい限りです。
いつでもごゆっくりどうぞ、分量があるので楽しめ(?)ますよ。
今後ともよろしくお願いします。

Re: やきそば色々。 ; 四の字固目さん

四の字固目さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
なぬっ、「サッポロポテトバーベキュー味」のカップ焼きそば、ですと?
いったいどんな味がするんでしょうね?
いや本当、摩訶不思議な製品が増えてまいりました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

えー!「アラビヤンやきそば」ですか?
初めて知りました。
サッポロ一番と言えば、ベタですが、みそラーメンですね。
ホンコンやきそばは馴染みがあるんですが.....
探してみますね。

Re: かえるママ21さん

かえるママさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
いやね、これは乙山もある方に教えていただいたんですよ。
気になって取り寄せてみた、という次第です。

> サッポロ一番と言えば、ベタですが、みそラーメンですね。

前後関係はわかりませんが、北海道で生まれたと思われる「みそラーメン」が、
全国区になるのに一役買ったのが「サッポロ一番」だと思います。
塩ラーメンがある、というのも「サッポロ一番」の影響が大きい。

〈アラビヤン焼そば〉は現在、千葉と茨城あたりで売られているので、
他の地域では入手が難しいかもしれません。
話の種として、食しておくのがいいかもしれませんが、
どうしても食べてみたいという物でもないような気が……

だけどこのネーミングとコピー、大げさだけどいいじゃありませんか。
実物と文言のずれがこそが、この商品の「おいしい」ところではないか、と。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/08 (4)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)