阪急池田駅周辺を歩く(12) お食事処 スエヒロ

IkedaSuehiro_FrontView.jpg
6月忘休日、大衆食堂の隠れファンたる私(乙山)は、かねて目を付けていた池田の大衆食堂〈スエヒロ〉へ足を運んだ。場所的には阪急池田駅を降りてすぐなのだが、表通りの裏側にあるのですぐ人目に付くことはない。池田の駅前に三井住友銀行があり、その横道を少し行ったところに〈スエヒロ〉がある。裏通りにふさわしい、昔懐かしいたたずまいの「食堂」である。

自転車で通るたびに陳列ケースに並んだ料理の模型を見ると、どうやらうどん・そばの他に丼物がある他、てんぷらやフライの定食、オムライスやハンバーグなどもあって、和食と洋食を兼ねたメニューになっているようである。これに中華を加えると、かつて道頓堀にあった〈くいだおれ〉の縮小版みたいな店になるのだろうけど、中華料理はないようだ。

IkedaSuehiro_DeepFriedVegetables.jpg店内は白いテーブルに木製の椅子、見事なまでの和洋折衷様式で、どこか昭和的とでもいうべき懐かしさが濃厚に漂っている。なんか妙に落ち着くなあ。野郎が一人でちょっと飲むにはうってつけかもしれぬ。見ると棚に作りつけの総菜があったので、野菜のてんぷら(ピーマンとかき揚げ)を温めてもらい、そいつで瓶ビールを立てることにした。てん出汁(てんつゆ)みたいなものが付いてくるはずもなく、JT製の食卓塩をふって食べる。

いやね、私はれんこんとかピーマンなんかのてんぷらが大好きなんです。牛蒡と三つ葉と小柱のかき揚げなんかもいい。要するに野菜てんぷら大好き人間というわけなんだけど、家では揚げ物をやらんわけでして、せめて外で食う時くらいはてんぷらだっていいじゃないか、と脂断ちを少し緩めることにした。まあしかし、それだけだとちとお腹がさみしいので焼きそばを追加。

IkedaSuehiro_FriedNoodle.jpgさてほどなく焼きそばが来ましたよ。うむ、このソースの塩梅がいいですね。お好み焼き屋さんだともう少しソースが多めでねっとり絡まってそれはそれでおいしいんだけど、私の好みは薄めのソース、もっといえばしょうゆ味の焼きそばのほうが好きである。青のりと紅生姜もいい具合で、これは本当にビールのいいお供になる。大瓶だと、野菜てんぷらと焼きそばでじゅうぶん腹が膨れた感じになって満足できる。

あまりメニューを見ないで焼きそばを頼んでしまったが、メニューをじっくり見るとけっこう何やかんやとあるではないか。ふうん、玉子焼きとだし巻きの区別があるんだ、ということは前者は砂糖を入れた関東風のもので、後者は出汁をきかせて砂糖を入れぬ関西風なのかな、などと勝手に想像してみる。さらに見ると、なぬっ? と言いたくなるものがあるではないか。

IkedaSuehiro_Menu.jpgだってね、真ん中あたりに「肉焼」(400円)ってあるでしょう? でもって少し下のほうに「焼肉」(460円)てのもある。「肉焼」と「焼肉」。これ、いったいどう違うんだろうか。その差額は60円で、大きな違いはなさそうだ。大阪では焼肉というと、それはまず牛肉を焼いたものを指すので、豚肉ではなさそうだし、いったい何がどうなっているんだろう。謎は深まるばかりである。

そうなんだけど、これを確かめようとして「肉焼」と「焼肉」を二つとも注文するわけには参らぬので、店の人に訊いてみようか。いやまあどうでもいいか、なんてなことをぼんやり考えながら焼きそばでビールを飲んでいるけれど、お客さんもまばらで店内はたいそう長閑な雰囲気、ここだけ時間がゆっくり流れているような感じがした。ここ、たぶんまた来ることになるんじゃなかろうか。こういう店、本当に好きなのだ。

**2014年現在、この店は閉店しています。**


【付記】
● だいたい、生まれてこの方「肉焼」なんて聞いたことありませんぜ。肉焼って、「肉を焼いたもの」でしょう? で、焼肉というのは「焼いた肉」なわけで、その違いはいったい……どうも世の中には「肉焼定食」なるものがあるそうでして、それは「焼肉定食」とどう違うんでしょうねえ。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

なに?

乙山さん、おはようさんです。

笑っちゃいました、肉焼なんて聞いた事がないです。

でもこれが店主のこだわりなんでしょうね、
早く解明してくださいな。気が気ではありません。(笑)
60円という差が微妙ですね・・・

Re: なに? ; まん丸クミさん

まん丸クミさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
そうでしょう、「肉焼」なんて聞いたことありませんよねえ!

乙山の予想では、どちらも牛肉を使っていますが、
おそらく肉焼は「肉だけを焼いたもの」で、
焼肉は「肉と野菜を焼いたもの」だと思います。

玉ねぎだの人参だの入っているのが「焼肉」で、
それが60円の差ではないかと思っています。
今度スエヒロに行ったとき店の人に聞いてみますね。

昭和的とでもいうべき懐かしさ

うーん、いいですね。
店名、お店の佇まい、そしてメニューも。
こんな食堂で私も野菜のてんぷらなどを食べてみたいです。

Re: 昭和的とでもいうべき懐かしさ ; mikitaka08さん

mikitaka08さん、こんばんは! コメントありがとうございます。
この店、なかなかいいでしょう? 本当に、時間がゆっくり流れている感じがします。
野菜のてんぷら、好きなんです。れんこん、茄子、ピーマン、牛蒡、じゃがいも、
どれをとってもいいですね。炒め物もいいですが、
てんぷらは、野菜をおいしく食べられる料理法だと思います。

No title

只野乙山さんのお住まいの地域は「北摂」と言われる所なのですか?大阪も大きな都市ですよね。

「焼肉」と「肉焼」・・・・すごく気になりますね・・・・
「焼売」の間違い・・・・?と邪推してしまいたくなります。
最近、「シュウマイ」=「焼売」にハマってるかえるままとしましては、シュウマイ(焼売)と表記すべきところを漢字を間違ってしまった?という事はないでしょうか?(?_?)
謎をいつか解明して下さいませ。

Re: No title

かえるママさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
乙山がいま住んでいる町は、大阪府の中でも辺境の地ですよ。
9時を過ぎたらほとんどの店が閉まる完全なベッドタウンですね。

肉焼と焼肉の違いは、今度この店の人に訊いてみます。
二つ頼むのがいちばんでしょうが、分量が……
焼売の間違いではないと思います、なぜならこの店は、
中華系のメニューがないのです。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/08 (5)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)