ハイニッカを初めて飲む



〈遊歩者 只野乙山〉 特別企画
【日本のウィスキーを飲む】



Hi_Nikka_01.jpg
ニッカウヰスキーの中でモルトクラブとオールモルトを避けてきたのだが、もう一つ避けていたものがあった。〈ハイニッカ〉である。以前から存在は知っていたがどうしても買ってまで飲む気になれなかった一本。なぜだ、と言われると答えに窮してしまうのだが、おそらくあまりにもチープな雰囲気(失礼)のせいではないかと思う。

なぜいまさらハイニッカを飲む気になったのかというと、瓶詰めのハイニッカをほとんど見かけることはなく、もはや「幻のウィスキー」のような感じになってしまったからである。PETボトル入りの大容量ウィスキーとしては販売されているようだけど、どうしてもそれを飲む気になれない。中身は同じだとわかっていてもPETボトルのウィスキーは勘弁してもらいたい。

だから例によってネット通販でモルトクラブとオールモルトを買う時に、一緒に購入した。もうこういう方法によってしかハイニッカとかブラックニッカ・スペシャルを入手することができなくなってしまった。酒屋さん自体が街から消失しようとしている今、ウィスキーの品揃えがよい酒屋さんなどよほどのことがない限り見つけることは難しい。

ニッカウヰスキーによるとハイニッカは「晩酌ウイスキーの決定版」だそうで、だとしたらハイニッカも料理と合わせることができるのではないかと思い、オールモルトを開けてまだたくさん残っているにもかかわらず、ハイニッカを開栓した。なのでオールモルトを飲んだ次の日にハイニッカ、みたいな感じで交互に飲んでいった。

Hi_Nikka_02.jpgトゥワイス・アップになどせず、もう最初からソーダで割って飲む。それができぬわけではないが、そういう飲み方は当初から想定していないのではないか。たぶん水割りで料理と一緒に飲む、みたいなやりかたが一番合っているだろう。飲んでみると想像した通り、モルトクラブにかなり近い味わいになっている。オールモルトほど華やかな甘さはないけれど、ちゃんとモルトの香りもする。

ピート香はかなり抑えられており、アルコールを強く感じるのはおそらくカフェ式蒸留のグレーン原酒がかなり若いからだろう。「2級ウイスキーの時代から酒税法の限度一杯までモルトを使用し、吟味されたモルトウイスキーとカフェグレーンウイスキーをブレンドしています」とあることから、おそらく主成分は若いカフェグレーンなのではないかと思われる。

悪くない……「晩酌ウイスキーの決定版」というのは言い得て妙、だと感じた。本当にピート香やバニラ香が抑えられていて、料理の邪魔にならないのだ。かといってスタンドアローン(単独)で飲むこともできる最低限の品質を保っているあたりにニッカの良心を感じる。ハイニッカをもっとウィスキーらしくしたもの、それがブラックニッカなのだと思う。ハイニッカを飲んだ次の日、オールモルトを飲むと高級なんだな、とよくわかるのです。

なぜもっと早くこれを飲んでおかなかったのかな、と少し後悔した。ハイニッカは1964年、500円で売り出されたそうだが、その時代は合成ウィスキーがたくさん出回っていたはずで、それらに比べたらたぶん段違いにおいしいウィスキーだったに違いない。たぶん1989年の酒税改正まで500円で販売されていたのではないか。もし今、これが500円だったら、もう一度買ってもいいかな、と思うほどであるが実勢価格は950円前後にならざるを得ないのがとても残念である。


≪ニッカ〈オールモルト〉へ  トリスへ ≫


【付記】
● 1980年代後半のこと、亡き叔父はスーパーニッカを大事に取っておいて、いつも飲むのは「オーシャンウィスキー」でした。ちょっと飲ませてもらったら、そんなに悪くないものでしたが、いまその味を思い出してもハイニッカはやはり本物だと言えるでしょう。叔父愛飲のオーシャンウィスキーも、今はなくなってしまいました。

西宮工場で生み出されたグレーンを使ったハイニッカをいちばん飲んでいたのは竹鶴政孝ご本人だったそうです。「ワシはいちばん売れているものを飲むんじゃ」と、毎晩一本(!)ハイニッカを愛飲なさったということです。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ハイニッカを入手されたのですね。
一昔前の草刈正雄のコマーシャルは良く覚えてます。

通販でも限られたサイトでしか売っていないという限定品みたいな酒になってしまってますね。
本来一番スタンダードでポピュラーでないといけない筈なのに…。
竹鶴政孝氏が常飲していた酒も、私達は常飲するのが困難になってます。

しかし、記事を拝見するとかなり良心的な造りである事は判ります。
ニッカという会社はホントに凄い会社ですよね。

因みにペットボトルのウィスキーに関しては、私も全く同感です。


No title


待望の乙山さんのハイニッカレビュー!

ハイニッカは飲んだことがありませんが、発見次第試してみようと考えておりました。
しかし、オールモルトに比して香り・味ともに物足りなく感じてしまうでしょうか。
ブラックニッカスペシャルが1050円ほどで手に入るのも、ハイニッカ購入になかなか踏み切れない一因です。

こんばんは

お久しぶりです。
先日、阪神百貨店でウイスキーを色々試飲させるコーナーで呑みました。ウイスキーの味比べです。確かに「美味い」と感じて味が分かったような気がしました。やはり美味いんだと。

恥ずかしいことに、呑ませ上手にやられてへべれけになってしまい、「いかがですか?」と言われ、間違ったのか、煙みたいな味のウイスキーを買ってしまいましたよ。

Re: Noriさん

Noriさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
えっ、草刈正雄が……それはうろ覚えというか、記憶にないんです。
今でもテレビを持っていませんが、そう言えばあったような……

これも、ブラックニッカ・スペシャルもほとんど店頭ではありませんね。
なのでもう「幻の酒」扱いとして記事に仕立てた次第です。
酒税法改正以来、存在価値のなくなってしまった一本かもしれません。

仰るように良心的な造りなのです。
1960年代の、まさにその時代に飲んだわけではないのですが、
1980年代の終わり頃でも、合成酒めいたものはわりとあったのです。

それから考えると、ハイニッカは本物ですよね。
本当に、現在の価格が残念です。
本来の価格で売りたい気持ちもあるでしょう。
500円でこれ、あり得ない品質ですよ。

Re: 996さん

996さん、こんばんは! コメントありがとうございます。
いま、酒屋さんの店頭でハイニッカを見つけるのは難しいと思いますよ。
地域にもよりますが、大阪ですらかなりの広範囲を見るに、
ウィスキーの品揃えの良い店など、ほとんど見当たりません。

> ブラックニッカスペシャルが1050円ほどで手に入るのも、ハイニッカ購入になかなか踏み切れない一因です。

もしブラックニッカ・スペシャルがその値段で入手できるのなら、
ハイニッカは買う必要がないと断言できます。
本来、500円の酒なのです。
酒税法の関係で今の値段になっているだけなんですね。

だけど、食中酒、晩酌ウィスキーとしてハイニッカ、という線はあります。
モルトクラブ、オールモルト、ハイニッカ、これらを
晩酌ウィスキーとして愛する、ということもありかと思いますよ。

Re: こんばんは ; 一生喜劇さん

一生喜劇さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
阪神百貨店の食料品売り場はいいですねえ!
行きがかり上、滅多によることはないのですが、やはりいい。
服とかより、食べ物がいちばんいいのが阪神百貨店でしょうか。

なんですと、煙みたいな味のウィスキー?
それ、かなりいいものだと思いますよ、日本のウィスキーはね、
そういう煙臭さをできるだけ排しているのですからね。

本物の可能性がありますので、しばらく放っておいたらいいですよ。
色々ウィスキーを飲んでみて、後でわかることもあるかもしれません。
楽しみじゃないですか。

揺れる想い。

わたくしの住まいの近所に[自転車で12、3
分位の距離です) 品揃えで勝負してる
酒屋がありまして、
先日 ハイニッカガラスホトルを
発見しました。やはりブラックニッカSP
ブレンドやキリンの富士山麓と競合する
価格帯なので心が揺れますねぇ〜。
もっと早くに飲んどくべきでした。
ちなみに今のトリス40°は以外に美味しい
かったです。(ストレートで)
ハイニッカも50㎜で買いやすく
流通させるといいかもしれませんね (^_^)


Re: 揺れる想い。 ; 四の字固めさん

四の字固めさん、こんにちは! コメントありがとうございます。

> わたくしの住まいの近所に[自転車で12、3
> 分位の距離です) 品揃えで勝負してる
> 酒屋がありまして、
> 先日 ハイニッカガラスホトルを
> 発見しました。

いやいや、うらやましい限りです。大阪ではそういう店が少ない、
というか、大阪はサントリーの牙城なんですね。
ニッカの品揃えがいい店を乙山も一軒だけ知っていますが、
それは大阪ではなく、兵庫(西宮)なんです。

ウェブログでお付合い頂いている三重の方も、
近所にニッカ系の品揃えがいい店がある、と仰っていました。
地域にもよると思いますが、大阪ではニッカは少ないのです。

本当に、これが500円で売っている時代に飲んでおくべきでしたね。
今、これは実勢価格950円くらいでしょう。
それなら、他にもいいのがあるぞ、となってしまいます。

〈富士山麓樽熟50°〉と比べるなど、とんでもない話です。
その出来が良すぎて、950円のハイニッカと比べることに意味はありません。
比べるなら、500円のハイニッカと比べるべきなのです。

ハイニッカは本来、庶民向けのいい酒だったのですが、
酒税法改正によって、ほとんど存在価値を失ってしまいました。
ニッカとしても、1964年以来の歴史がある酒ですので、
簡単に生産中止にしにくいものがあるのだろうと想像します。

一度だけ、飲んでみてはどうですか?
話の種として。乙山もそのつもりでした。
950円ならば、ハイニッカを買い続ける意味はないと思います。
500円であってこそ、他ではありえない品質を誇れるのだし、
ハイニッカの存在価値もあると思います。

No title

 ハイニッカですか、なつかしいですね。しばらく飲んで
いないので忘れかけていましたが、昔はお世話になりまし
た。

 おっしゃるとおり、これが500円なら買いですね。950円
ではちょっと……

 ところでさすがの竹鶴さんも、晩年にはさすがに酒量が
一日ボトル半分になったとか、なにかで読んだ記憶があり
ます。それにしてもたいしたもので、まさに愛飲家の鑑で
すね。

 ハイニッカを愛飲されたとは初耳ですが、そうと知れば、
ますます尊敬の念が湧いてきます。並みの人物ではありま
せんね。

Re: 薄氷堂さん

薄氷堂さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
もっと早くこれを飲んでいれば、とつくづく後悔しています。
500円であれば、これ以上の物は絶対にない、と断言できます。

>  ところでさすがの竹鶴さんも、晩年にはさすがに酒量が
> 一日ボトル半分になったとか、なにかで読んだ記憶があり
> ます。それにしてもたいしたもので、まさに愛飲家の鑑で
> すね。

そうそう、晩年はさすがに一本全部は飲まなかったそうですが、
それでもウィスキー半分というのは今でも、昔でもできません。
相当お酒に強い人でないと……できませんよね。

本当に、なにか立志伝とか偉人の伝記として語り継がれるべき大人物でしょうね。
日本の2大ウィスキーメーカーも、この人なくしてはあり得なかった。
日本でこういうウィスキーが飲めることを、感謝せずにはいられません。

No title

そう言えば・・・昔はこのボトルの姿、よく見たのに最近はとんとお目にかかりませんね。
かといっておっしゃるようねあの大ぶりのペットボトルでは興ざめ極まりないし・・・・

どなたかがおっしゃっていたように、竹鶴政孝氏が常飲していた・・・となれば、私とて一度味わってみたいものとは思うのですが、残念ながらこの酒は・・・未飲です・・・

Re: gatayanさん

gatayanさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
関西ではニッカの酒を見るのが難しいんですね。
どういうわけか、置いてないお店が多いのです。

昔ね、いたずら好きというか、ふざけているだけなんですけど、
かなり酔っ払ったころを見計らって(初めからはだめです)、
サントリーの安いものを、空になった「だるま」に入れて、
何食わぬ顔で出したんですよ。そうするとね、だれも何も言わないんですね。

なので、大容量PETボトルを購入して、
それを気の利いたデキャンタに入れてしまえばどうでしょうか。
晩酌の友としても、お客様にも(?)いけるかもしれません。

gatayanさんも一度お召しになってはいかがですか?
話の種になりますよ。

ハイニッカを初めて飲んでみたら…、

なんとも味のある
ボトルデザインですねえ〜。

ラベルに小さな文字て、
「MILD BLENDED WHISKY」と書いて
ありました。

早速ストレートで味見です。
意外とガッシリと濃厚ですね〜、
少しのスモーキーさとミルキーみたいな
甘い香り、ウッデイと仄かな柑橘が
すごい足早で駆け抜けてゆきます。
余市無印や竹鶴12年の時のように感じる
しみじみとした余韻などありません。が、
これはコレでありですっ!

しかしBNスペシャルがウイスキーの
出来においてハッキリとハイニッカと
差別化しているのが、明確に感じ取れて、
ウイスキービギナーでありながら
いままでわたくしが いかに安くて
コスパの高いウイスキーを飲んでいたん
だと気付かされます。
どうやらBNリッチ、スペシャルがわたくし
には似合いそうです。

ハイニッカを飲む、これも今回貴重な
体験でした。(^_^;)




Re: ハイニッカを初めて飲んでみたら…、; 四の字硬目さん

四の字硬目さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
ハイニッカは当時、酒税法のぎりぎりまでモルトを使い、
自社製のグレーン・ウィスキーとブレンドしたと聞いています。

安いけれど、そこにニッカの良心と誇りがあるわけです。
竹鶴政孝氏も、わしはいちばん売れているのを飲むんじゃ、
と、毎晩ハイニッカを飲んでいたそうですね。

いやあ、こちら(大阪)ではハイニッカの瓶を見かけません。
そもそも、いい酒屋さん自体が、町から消え去ってしまったのです。
なのでハイニッカも、ブラックニッカ・スペシャルも、
G&Gも、すべて通販で買い求めるしかありません。

そちらでは店頭でハイニッカを買えるような雰囲気で、
たいへんうらやましく思っています。
あまりのことに業を煮やした乙山、
とうとうブラックニッカ・スペシャルの大瓶を、
通販にて買ってしまいましたよ!

北海道にすらない幻の720ml

いつも読ませていただいております。

実はニッカのお膝元たる北海道でさえ、720mlは見つかりません。
4Lのペットボトルなら見つけましたが...。
私のブログに札幌市の北のはずれである篠路という場所で見つけたという
情報をもらいましたが、車でも30分近くかかる場所まで行くほどの気力はなく、
結局ボトルの価格よりも送料が高くつくほどの場所から通販で入手(それでも
入荷まで5日待ち)しました。

ロックで飲んでみましたが、それでもしっかりウイスキーのアイデンティティを
保っているのに驚きました。
これは味わいが残るカフェグレーン原酒のなせる業ではないかと思いますし、
これがニッカを本格的な味に仕立てている役者ではないかと思います。

これからもお互いにいいウイスキーを飲んでいきましょう。

Re: 北海道にすらない幻の720ml ; RERAさん

RERAさん、コメントありがとうございます。
ハイニッカのフルボトルは本当に幻の酒になってしまいました。
大容量PETボトルのものならなんとか入手できるかもしれません。

妙な酒税のせいで950円前後で販売していますが、
本来は650円くらいで売りたいのではないかと思います。
送料を入れると割高になってしまうので、
それでは買う意味がなくなってしまうような気もします。

ですが一度は飲んでおきたいですね。
モルト原酒を限度いっぱいまで使い、
それに自社製カフェグレーンをブレンドした本物です。
合成ウィスキー時代でもかなりおいし一本だったはずです。

乾杯! いいウィスキーを!

流れ変わったな

この前、酒屋にすらハイニッカがなかったと書きましたが、ここ1か月で、ドン・キホーテやイトーヨーカドーにも並ぶようになりました。

通販までして苦労した自分て一体、とorzしてしまいますが、「マッサン」が好調なのが大きな要因だと思いますが、ニッカファンが愛飲している銘柄が再び脚光を浴びるのはうれしい限りです。

これで安くてうまいウイスキーを楽しめます。

Re: 流れ変わったな ; RERAさん

RERAさん、コメントありがとうございます。
仰るように、こちらでも近所の酒量販店でハイニッカを見かけました。
以前、どこにもハイニッカが置いてなくて、
通販で求めて記事にしたように思います。
ただ値段は本来のハイニッカの値段ではなく、高いですね。
昔は500円だったそうです。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/08 (4)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)