ニッカ 〈オールモルト〉



〈遊歩者 只野乙山〉 特別企画
【日本のウィスキーを飲む】



AllMalt_01.jpg
ニッカのモルトクラブはオールモルトの弟分のようなものだと以前書いた。ならば兄貴分のオールモルトについても書いておかねばなるまい。というか、モルトクラブを買ったときにオールモルトも一緒に買ったのだ。ネット通販は送料がかかることが多く、どうせ買うならまとめて買ったほうが一本あたりの送料が安くなるという浅ましい魂胆である。

モルトクラブとオールモルトは、宮城峡蒸留所のカフェ式蒸留器を用いて蒸留したモルト原酒を主に、余市蒸留所と宮城峡蒸留所の単式ポットスチルで蒸留したモルトをブレンドしたもので、すべてモルト原酒でできていることによって「モルト」という名前が冠せられている。同社の「ピュアモルト」は余市と宮城峡の単式ポットスチル蒸留のモルトのみ(ピュアモルトの赤はアイラモルトも使われている)でできているところが違う。

すでにモルトクラブで予習(?)済みなので安心してオールモルトを飲むことができるというものだ。モルトクラブはおそらく食中酒として焼酎を意識したと思しきブレンドで、華やかな甘さとピート香が極限までに抑えられていたように思う。オールモルトには「pure & rich」という言葉が使われており、モルトクラブとはいささか趣が異なっているようである。

さて開栓していつものようにトゥワイス・アップ(ウィスキー:水=1:1)で飲んでみる。うむ、モルトクラブでは感じられなかった華やかな甘さ(バニラ香)が感じられ、若干ではあるがピート香があるように思う。これはスタンドアローン(単独)で飲んでそこそこ味を楽しむことのできる味わいになっているのではないか。しかし基本的な姿勢はモルトクラブと同じで料理と一緒に味わうこともできる控えめなブレンド。

AllMalt_02.jpgオーバー・アイス(いわゆるオン・ザ・ロック)で楽しむこともできるが、濃いめの水割り(ウィスキー:水=1:1)で氷を入れて飲むのがいちばんいいかもしれない。もっぱら私(乙山)は炭酸水で割って飲むようにしているけれど、これもなかなかオールモルトには合っているんじゃないだろうか。「帰宅後のまず一杯」にもいけるし、ビールを飲んだ後にも引き続き飲める、なかなかオールラウンド(?)な仕上がりである。

お値段のほうは、とメールの記録を辿ってみると、モルトクラブが700ml=1040円、オールモルトは700ml=1199円で買っていた。価格差はほとんどないと言っていいくらいだが、それを思うとオールモルトのほうがお得な感じがしないでもない。もちろん、より焼酎に近いテイストを求める人はモルトクラブにすればいいだろうし、ウィスキーらしさを求める人はオールモルトという選択がベストではないかと思う。

食中酒路線(?)としてニッカのラインナップの中では異端児のような扱いを受けている「モルト兄弟」だが、ボトルデザインや販売戦略を見てもニッカがこれに力を入れていることが伺える。「女房酔わせてどうするの」はニッカにしては珍しく(失礼)なかなか印象に残る宣伝だったのではないかと思う。こういうイメージ作りはサントリーが本当に上手で、大原麗子の一連のCMはたまらなかったなあ。あれっ、最後にそれを言ってどうするんじゃ、という感じになってしまったではないか。


≪ サッポロウィスキー〈40°〉および〈SS 43°〉へ  ハイニッカへ ≫


【付記】
● もし乙山が医者に「醸造酒を飲むこと相成らん」と宣告されれば、選択肢に入ってくる可能性も多いモルト兄弟。食前や食後、ふっと飲みたくなったときにウィスキーを飲んでいるものですから、食中酒としてリピートするかは今のところわかりません。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

大原麗子さんのCM可愛かったですね〜。
お嫁さんにしたくなってしまうCMでしたよね。
あのBGMも覚えてます。

記事に関係ないかもしれませんが、「日本で工場見学して良かった工場ベスト10」の第三位が「ニッカウヰスキー余市工場」だそうです。
ちなみに、1位は大阪のインスタントラーメン博物館(?でしたっけ?名前がうる覚えなのですが)....うわさには聞いてましたが、是非一度行ってみたいです。只野乙山さん、お近くですか?

Re: かえるママ21さん

かえるママさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
いや本当、あの一連のテレビCMは秀逸でしたね。
ニッカウヰスキーの余市工場、行ってみたいなあ。
20数年前、小樽を歩いたことがあるのですが、その頃はそこに
ニッカのウィスキー蒸留所があるなんて知らなかったんですね。

「インスタントラーメン発明記念館」のことですね!
ええ、もう、乙山がいま住んでいる町にありますよ。
インスタントラーメン製作体験があって、オリジナルというか、
名前入りのチキンラーメン(?)を作ることができるそうです。
可愛らしい透明の袋に入れてお土産になるようです。

ぜひおいで下さいね、とかあまり熱心に勧めるのはいささか……
なにしろ小さな町ですからね、飛行機に乗ってまでとはねえ。
「大阪観光のついでに足をのばす」くらいの感じでちょうどいいでしょうね。

No title

これも何度か飲んだことはありますよ。
好みとしては・・・モルトクラブよりこっちの方が好きかな・・・

まあ、ゆっくり飲めるなった感じですか。

私の場合、ビール(正しくは発泡酒)、清酒ときて、風呂上りから就寝に至るまでの時間に口にするものですから、それなりに味の強さがあるものでなくてはなりません。しかも就寝の直前まで飲むわけですから、そういった意味ではやさしさも欲しいですし・・・

そう言った意味では、このオールモルトは私にとってかなりふさわしいお酒なのかも・・・

ただ、千円を越えてしまうのが問題です。

Re: gatayanさん

gatayanさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
オールモルトはモルトクラブよりウィスキーらしさがありますので、
こちらを好む方がいるのはよくわかります。

オールモルトはよくできている酒で、単独でも料理と合わせてもいける、
そういうオールラウンドなところがありますね。
氷と一緒に、ゆっくり飲むのもいけるやつなんですね。

> ただ、千円を越えてしまうのが問題です。

本当に毎日、わりと量を飲む方なら、値段も気になりますものね。
乙山の場合、帰って一杯、とか、休日の昼下がりに一杯、そんな感じなので、
そこそこの値段の物でも大丈夫なんですが。
だけど品質からすると、オールモルトはいい値段付けてると思いますよ。

No title

記事を拝見しました。

この間のモルトクラブの記事で、私には余り縁のない酒かも知れないと思っていたのですが、
兄貴分は私にも縁がありそうな感じがしました。
現実に保健婦から「あまり醸造酒を飲むな」と言われており、食中酒の話には感じるところがありまして。

ところでニッカのCMも印象的なのがあって、女性ボーカルの『余市の里は~』という歌にのせて雪の降る余市蒸留所の風景が映し出されるというものでした。
子供心にも北海道の冬の厳しさが伝わってきて、今でも余市の名を聞くとそれを思い出してしまいます。

Re: Noriさん

Noriさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
このオールモルト、なかなかよかったと思いますが、
ニッカの通常のラインナップに比べてはなりません。
やはり「晩酌用」のブレンドになっております。
1200円程度なので、一度お試しになってみるのもいいかもしれませんね。

ニッカのテレビCM、あまり覚えてないんですよねえ。
しかもかなり以前、ハードディスク録画機にしてからというもの、
スキップして視聴していたのです。ここ2年はテレビさえない有様でして。
「髭のニッカのハイボール」とか「ブラックニッカ・リッチブレンド」、
「ヒガシマルうどんスープの歌」さえ知りませんでした。

ニッカ「モルトクラブ」「オールモルト」は、モルト原酒にカフェモルトをブレンドしてあり、分類上はブレンデッドウィスキーに分類されます。
カフェモルトとは、ニッカ自慢のカフェ式蒸留機(連続式蒸留機)で蒸留した麦芽(モルト)原酒のことで、ニッカ独自の用語です。
つまり「モルト兄弟」の原材料は麦芽(モルト)のみですが、連続式蒸留機で蒸留した原酒(グレーンウィスキー)を使用しているので、ブレンデッドウィスキーになります。
ちなみに、ニッカではカフェ式蒸留機で蒸留したトウモロコシ等の穀物(グレーン)原酒はカフェグレーンと呼んでいます。

Re: ぶうこさん

ぶうこさん、コメントありがとうございます。
貴重な情報ありがとうございます。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/06 (7)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)