ジョニー・ホッジス 『ホッジ・ポッジ』

Johnny Hodges / Hodge Podge (1938~39年録音)

JonnnyHodges_HodgePodge.jpg
1. Jeep's Blues
2. Rendezvous With Rythm
3. Empty Ballroom Blues
4. Krum Elbow Blues
5. I'm In Another World
6. Hodge Podge
7. Dancing On The Stars
8. Wanderlust
9. Dooji Wooji
10. Savoy Strut
11. Rent Party Blues
12. Good Gal Blues
13. Finesse
14. Hometown Blues
15. Dream Blues
16. Skunk Hollow Blues


古いジャズを聴くのが好きである。悪いが俺はハード・バップしか聴かないのでね、ていうかそれ以外は認められないんだよね、などという御仁には相手にされぬかもしれぬが一向に構わぬ。おまけにジャズ・ヴォーカルも大好きである。そんなわけで今回はジョニー・ホッジスの『ホッジ・ポッジ』(2006年3ヶ月限定発売盤)を聴いてみた。

ジョニー・ホッジスはデューク・エリントン楽団のアルト(ソプラノ)サックス奏者で、1920年代の初期から彼が亡くなるまでエリントン楽団のアルト奏者(ソロ奏者)を務めた人だそうである。エリントン楽団をなんとなく聴いているだけではあまり意識しないことだけど、聴きこむうちにこれは誰なんだろうと気になってくる。

それでYouTubeなどでエリントン楽団の動画を見ると、ああこの人なんだ、と親しみを感じたりするのが面白い。昔からのファンでLPレコードを持っていたわけではなく、2005年頃にソニー・ミュージック・エンターテインメントから「ジャズ・マスターピース1500」として発売されたのをきっかけに買った。このシリーズには以前から「名盤」の中に数えられるものがあって、発売されるのを待っていたのだ。

ジョニー・ホッジス楽団名義になっているけれどメンバーはエリントン楽団からのピックアップで、ジョニー・ホッジス(sax)、クーティ・ウィリアム(tp)、ローレンス・ブラウン(tb)、ハリー・カーネイ(bs)、デューク・エリントン(p)、ビリー・テイラー(b)、ソニー・グレア(ds)。

曲もエリントン楽団で聴いたことがあるもので、エリントンとホッジスの共作が多く収録されている。少人数のコンボ・セッションとあって、フルメンバーでの演奏より多少リラックスして録音されたのかもしれないが、それがあからさまにわかるようなものではない。演奏が白熱してハミングしたり声を上げたりするのや、曲が始まる前と演奏後にちょっとした会話がが録音されていたりすることもあるけれど、それはないということ。

これは時代にもよると思う。つまりSPレコードなので演奏時間は3分間という制限があるのだ。LP(Long Play)の時代になってようやく、自由奔放な延長されたソロが録音されるようになるのだが、この時代は時間的制約から一切の無駄がカットされている。昔から歌ものは3分間という決まりごとのようなものがあるような気がするのだが、冗長にならずに済むちょうどよい時間と、機械的な制限時間がたまたま一致していたのだろうか。

1930年代後半の録音というとひどい音がするんじゃないかと思う人もあるかもしれないが、私(乙山)はエリントン楽団の1920年代の音源のCDを聴いている。それに比べればかなりいい音で、むしろいい音すぎて不思議な感じがするくらいだ。1930年代の録音なら音源によってはどうしてもノイズが残ってしまうことも少なくないのだが、この盤はノイズがじつに少ないと言える。

ジョニー・ホッジスの演奏は何とも言えぬまろやかさがあって、それは(5)(13)などによく表れている。アルト奏者といえばアート・ペッパーとかチャーリー・パーカーのようにどこか不安定な部分(両者とも薬物中毒に苦しんだ)もあるのだが、ジョニー・ホッジスは落ち着いて聴いていられる安定感のようなものがあるのではないかと思う。まろやかな美音だけど線の細さがないサウンド、そういったものをジョニー・ホッジスを聴いていると感じる。ちなみに、あまりスウィングしてません。


【付記】
● この「ジャズ・マスターピース1500」というシリーズは現在(2013年3月)再販されておらず、買おうと思っても入手できません。中にはローズマリー・クルーニーとエリントン楽団の共演『ブルー・ローズ』などもあるようですが、どうして当時買っておかなかったのかなあ、と今になって残念に思う次第です。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私も、ジャズの聴き始めのころはモダンジャズばかり聴いていました。
しかし、ある程度ジャズを聴いていくと、古いジャズはモダンジャズにない
ものがあるような気がしましたね。
モダンジャズにないものを言葉で表すのは難しいので、
どうやって表現すればよいのかわかりませんが
古いジャズは、聴いているとなんとなくいいのですね。

Re : バランス屋さん

バランス屋さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
時代は異なるかもしれませんが、喫茶店で流れるジャズは、
ほとんどすべてビ・バップ以降のものでして、
古いものを流す店は本当に少数派だったように思います。

だれかに教えてもらって、どこかから情報を集めてきて、
古いものを聞き、ああ、なかなかいいなあ、と思っている次第でして、
昔からのファンではないのです。

仰ること、わかる気がいたします。
本当、どう表現すればいいのか、自分でもよくわからぬのですが、
古いものにはそれなりにいいものがあるのでして、
それが何なのかよくわかりませんが、つい聞いてしまうのです。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/10 (5)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)