ホンコン焼きそば

HongKongFriedNoodle_01.jpg
以前マルシンハンバーグの記事を書いたときに、北海道は札幌在住の音楽家であり喫茶店主でもある方から「ホンコン焼きそば」のことを教えていただいた。そうかこちら(関西)では見かけたことがないけれど北海道にはホンコン焼きそばというものがあるのか、と知り、それ以後、たとえば「北海道物産展」などがあるたびにホンコン焼きそばが売ってないか覗いてみたけれど、一度も実物を見たことがなかった。

ネットでホンコン焼きそばを調べてみると、生産はあのS&B食品が行っており、どういうわけか地域限定販売になっているようだ。販売も1964年から行われており、チキンラーメンの販売が1958年ということを考えると、すでに古典即席めんの領域に入っている伝統ある食品だということがわかる。当初は全国販売していたらしいのだが、一度も見かけたことがないのはどういうわけだろう。

しかもS&B食品と言えばカレー関係やスパイスで全国的に知られている大メーカーではないか。マラソン走者が「S&B」と胸に書いた体操服を着てテレビで放映されているのを見たこともあるし、S&B食品の純カレー粉「赤缶」は我が家のカレーチャーハンとかカレースープの味を決める際の標準になっているくらいである。どうもS&B食品らしくない雰囲気がホンコン焼きそばに感じられ、かえってそれが「どんなものだろう」という気持ちを引き立てる。

HongKongFriedNoodle_02.jpg気になってはいたものの、売っていないものは仕方がなく何年かが過ぎて行った。ところが最近、ウェブログの行き来でお付合い頂いている北海道の方のところで、ホンコン焼きそばの記事を見かけたのだ。その方は「例のあれを」という調子で「ホンコン焼きそば」とはっきり書いていなかったけれど、記事からはホンコン焼きそばに対する気持ちがよく伝わってきて感心したのである。

これはもう、通販で送料がかかってもいい、ホンコン焼きそばを買って食べるしかない、という気持ちになったのだ。どうやらS&B食品の直販でも、その他販売店経由でもホンコン焼きそばは入手できるようである。と言って、食べたことがないものを一気に何十個も買うのは気が引ける。5袋入りパックを2個、ネット通販によって購入することにした。

さて商品が届きましたよ。うれしくなってつい、写真を撮ることに。透明の袋に入っていてとくに宣伝文句もない素っ気ないものだが、これがクラシック即席めんの強みか、などと思っている。こういうものがあると、早速食べてみたくなるのが男というもの。先日、池田の「インスタントラーメン記念博物館」の帰りと思われる親子連れを阪急電車内で見たけれど、どうしても帰ったらすぐ食べたいという子どもを親がなだめているのだ。その子どもとたいして変わりがないのが男という生き物だと思ってくださればまちがいない。

袋を開けてみよう。黄色い服を着て中華鍋と中華杓子を持った「中華コック長」なる人物が描かれているが、この焼きそばはソース焼きそばではないのか? 中華味なのだろうか。袋の裏側には「香港は様々な中華料理を味わえる都市。その中華料理の調理法に習い、豚のだしとコシのある麺の食感にこだわりました。」と書いてある。そう言えば、最後に振り入れる「焼きそばソース」が付いていないではないか。

HongKongFriedNoodle_03.jpgどうもホンコン焼きそばは、日清のチキンラーメンのように即席めんに最初から味付けがしてあるタイプらしい。だから麺に火が通ったらお湯を捨て、という適当なやり方が通用しないのだ。湯に溶けだした味が最後にもう一度即席めんに戻って完成するのだから、水加減のまちがいは許されない。なので最初は指示通り200mlの水を中華鍋に入れて調理を始めた。

よくある即席めんのように「3分間煮る」という具体的な指示はなく、「はしで水けがなくなるまでよくときほぐしますと、でき上がりです」とあるだけ。あまり難しく考えずにやればいいということだろう。下の方には「お好みにより水の量を加減しますと、柔らかいやきそば、硬いやきそばが自由にできます」とあることから見ても、それほど厳密に水加減や調理時間に気を遣う必要はないのだろう。ぶっちゃけた話、これは味付けフライ麺だから、非常時にはそのままバリバリかじっても大丈夫なはずだ。

水気がなくなるまで中火で加熱した後皿に盛りつけ、添付されているふりかけをかけて出来上がり。初めて食べるときはこのように、何も手を加えないのがいいのではないかと思っている。食べてみると、むう、これは、ソースの味が極めて希薄であり、その代わりに例の「豚のだし」が感じられる味わいだ。中華味、のような感じではあるが、極めて薄いけれどソースの味もちゃんとある不思議な味わいだ。

HongKongFriedNoodle_04.jpgじつは私(乙山)は家にソースを置いておらず、タコ焼きは醤油味が好きで串かつはほとんど塩で通すという変わり者。たぶん大阪(関西)では極めて珍しい嗜好の持ち主で、あんた本当に大阪人か? と言われても仕方ないほど。そんなわけで焼きそばもソース味よりしょうゆ味のほうが好きなのだ。そういう嗜好の持ち主からすると、ホンコン焼きそばは、じつに巧く味付けされた出来の良い即席食品だと思う。いや本当、ホンコン焼きそば、なかなかいいんじゃないだろうか。また通販で買ってしまうかも……しれない。


【付記】
● 「ホンコン焼きそば」と表記していますが、正しくは「ホンコンやきそば」です。

勘違いされると困るので書いておきますが、乙山(おつざん)はソースが嫌い、というわけではありません。店でとんかつにソースがかかっていれば、平然とそれを食べると思います。たんに家に置いていないだけなので念の為。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

只野乙山 さまへ

こんにちは(^-^)

<ホンコンやきそば>の記事、楽しく読ませていただきました。
北海道の限定販売品とのことですが、、、
う~ん、袋に描かれているコックさんにどうも見覚えがあるんですよね~???
かつて全国的に販売されていた頃の記憶なのか。気のせいなのか。

モヤモヤするのでWikiで調べてみたら、北海道、宮城、大分の
一部地域で売られていると!
しかも大分では80年代に<九州一直線>の別名でも売られていたとか。
限定販売後も流通の事情でもしかしたら長崎でも食べれたのかも知れません。(味などはサッパリ記憶にございません・汗)

興味の湧いた一つのキーワードを、こうして掘り下げるのって
面白いものですね(^-^)
あ、たこ焼きは名古屋出身の身内の影響か?私も醤油味が好みです♪
さっぱりしてるのでたくさんイケてしまいます(^^;

今日は雨なので、仕事がヒマです。
絶好のブログ閲覧日和なのでした(^o^)/~~


No title

 う~む、ホンコンやきそばを通販でお買いになるとは(笑)。食のアドヴェンチャー
の商号をさしあげましょう。

 しかし、これ、北海道限定とは知りませんでしたよ。そういえばしばらく食べていませ
んねえ。

 そこで記憶で申し上げるのですが、ものすごくうまいというほどのものではないけれど、
たしかにクセになる味かもしれませんね。量的にはちょっと少な目じゃありませんか?

No title

うちの実家も大阪在住民のご多分に漏れず(?)袋入り即席焼きそばといえば
日清製品を買うことが多かったのですが、それにしてもホンコンやきそばなるものは
店頭で見た記憶が全く無いです・・・
しかし昭和っぽいレトロ感あふれるデザインが良いですね~♪
薄味好きの私にはかなり魅力的なブツなのでネット通販で送料無料で販売している
ところがあれば是非試してみたいのですが(^^;)

No title

ホンコンやきそばの記事ですね。
こんばんわ乙山さん。
成人男子は2個食べるとちょうどいいです。
わたしの経験から、水はかなり多めで、柔らかめに、
皿の底に少し汁が残るぐらいが通だと思います。
あまりかりかりにしてしまうと、もそもそしてゴムを食べて
いるようなモノになります。すこし塩を加え、味の素を少々。
青のりは混ぜてしまったほうがそれっぽいと思います。
ベビーラーメンです、これ。
なんか最近はインスタントといっても作るのに手間がかかる
ものが多いなか、適当感が北海道人に受けているのかもしれません。
非常食のような感覚で、ぼくはこれと〈まるちゃんの味噌ラーメン〉は
常に買い置きしてありますよ。ちなみにサッポロではホンコンやきそば、
1個60円ぐらいで売ってますね。安いんだか高いんだか、
どちらにしてもクセになる名品だと思います。

HOBO

やきそばLOVE

この現代日本に未だ
未開の 即席やきそば なんて
あったんですね (^_^)

わたくしは中華屋さんでたべる
あんかけやきそは(柔)が大好き
なんですが、
グルメに留まらず貴殿の探究心は
素晴らしく オモロ ですね o(^▽^)o

因みに以前Yahooの占いで
真冬に、今日のラッキーフードは
冷やし中華!って出てました。
別の日にはインドネシア風焼そば
ってのがありました。
どこで食べればいいのでしょう?
その時は無性に食べてみたくなり
ました。まるで
寝た子を起こされた気分です。
あぁ、 やきそばLOVE。



No title

記事を拝見しました。

このパッケージはどこかで目にしていた記憶があります。
中華コックの絵とか懐かしい感じがする…

チキンラーメンのように既に味が付いているというのは、なかなか面白いですね。
記事を読んで食べてみたくなりました。
何も具を入れずに作るのも、シンプルで良さげです。

ちなみに私も揚げ物は塩で食べるという少数派です。
ただ、キャベツにはソースだと思いますけど…

No title

僕は北海道へ行くと
スーパーに寄って、このホンコンやきそばをお土産に買って来ます。
誰へ?って、自分用です。日常食に変化をつけるためです。
北海道は確か、もうひとつ限定品で「ダブルラーメン」というのがあったような。
特別変わった味でもありませんが。

ついでに情報提供ですが
千葉方面に、アラビアン焼きそばっていうのがあって、これまたお薦めです。

Re: 只野乙山 さまへ ; しんかなままさん

しんかなままさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
ホンコンやきそばは、乙山初めて食べました。
少しの間ですが、テレビCMもあったそうなので、
それを見たからかもしれません。なんとなく乙山も既視感が……

記事にも書きましたが味がとてもユニークなんです。
豚のだし=中華風にほんのりソース味がきいています。
ソースがすべてになってしまうふつうの即席焼きそばとは違います。
これの愛好者がいるのがよくわかったような気がします。

Re: 薄氷堂さん

薄氷堂さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
もともとは全国販売だった商品らしいですが、大ヒットしたわけではないことから、
地域限定販売にしたようですね。北海道限定ではないようですが、
かなり限られた地域限定みたいです。

分量的にはふつうの即席めんとほぼ同じなので、こんなものでしょう?
男性なら2個、料理してちょうどよい、という意見もあります。
マルタイラーメンも、男子なら2束、という感じと同じかもしれません。

Re: zumiさん

zumiさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
ホンコンやきそば、面白い味ですよ!
レトロなデザインも何ともいえず、このままでいってほしい商品です。

いまは即席焼きそばと言えば、カップめん式が多くて、
昔ながらの袋入り焼きそばが懐かしく、たまに袋入りの
焼きそばを買って作ることがあります。
うむっ、これもいいですね。乾燥ソースがまた、たまらない!

ホンコン焼きそばは単価が低いので、箱買いでもしないと、
送料無料にはならない気がします。

Re: HOBOさん

HOBOさん、こんにちは! コメントありがとうございます。

> わたしの経験から、水はかなり多めで、柔らかめに、
> 皿の底に少し汁が残るぐらいが通だと思います。

何度か作ってみましたが、仰る通り、水を多めで柔らかめにしたほうが、
食べるときにおいしいような気がします。
硬目にすると、なんだかぱさついた感じがしますからね。

成人男子は2個、という気分はわかりますね!
実際にそうやっている人もいるはずで、それくらい食べないと満足感が……
だけどカロリー自体は400kカロリーちゃんとありますので、
乙山は一袋だけにしておきます。

札幌でホンコンやきそばが60円というのはうらやましい!
本当、これ癖になる名品じゃないかと思いました。

Re: やきそばLOVE ; 四の字硬目さん

四の字硬目さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
ホンコンやきそばは、あのS&B食品が製造・販売している食品で、
地域限定品のため、本州ではあまり知られていないようです。

乙山も札幌の音楽家・喫茶店主の方に教えていただいて、
その存在を知ったくらいのものですからね。
これはね、なかなか「面白い味」ですよ!

乙山もあんかけ焼きそばが大好きで、あればそれを頼むのですが、
街の中華料理屋さんでそれを出すのは少数派。
神戸あたりに行かないとだめなんですね。

インドネシア風焼きそばとか、シンガポール風焼きそばというのは、
わりとあるみたい(?)ですので、そこは四の字硬目さんご自身の
探究心によって探し出さねばなりません。
またコメントにてお話を伺いたく思います。

Re: Noriさん

Noriさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
この「中華コック長」の絵があるパッケージ、乙山もなんだか見たような……
だけどはっきりそうだと覚えておりません。
ホンコンやきそばは、かつて全国販売しており、
それが地域限定品になったという経緯があります。

> チキンラーメンのように既に味が付いているというのは、なかなか面白いですね。
> 記事を読んで食べてみたくなりました。
> 何も具を入れずに作るのも、シンプルで良さげです。

これ、写真に撮るのを忘れてましたが、本当に麺に色がついていて、
できあがったものも独特の面白い味なんですよ。
乙山はその味が、とても気に入ったわけなんです。
いかにもソースだけで決めました、という味ではないからです。

キャベツは、レモン汁と塩、あれば胡椒とほんの少々の油。
ソースにからめてもうまいですよねえ。

Re: 根岸冬生さん

根岸さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
しばしば北海道に行くことがあれば土産として買えますね。
しかも当地ではホンコンやきそばが60円くらいで買えるらしいですねえ!

なんですと!
アラビアン焼きそばですと? それはもう、食べるしかないじゃないですか。
それを食べながらオマル・ハイヤームの『ルバイヤート』なんぞを読み、
酔いしれるのが最高の気分ですね。そのときはやっぱりワインかなあ?
どうも『ルバイヤート』の酒ってのはワインぽい感じがしますので。
貴重な情報、ありがとうございます!

地域限定とは

こんばんは
え!ホンコンやきそばが北海道をはじめとする地域限定とは初めて知りました。
乙山さんの丁寧な解説を読ませていただき、久しぶりにあの味を思い出しました。
何度か食べたことはあるのですが、北海道でもあまり売れてはいないのでは?
むしろ、東洋水産や日清のほうが売れていると思います。その製造元S&B食品もマラソンから手を引きましたね。

No title

これは宮城にも売っていて(今はどうか知りませんが)私もお世話になりましたよ。
インスタントの焼きそばでは他に日清焼そばなんて言うのもありましたが、私の仲間内での人気は比べるまでもありませんでしたね。
なんてたって、あとからソースをかける手間がない。
味の方も・・・みんなこっちの方が好きでしたね。

Re: 地域限定とは ; mikitaka08さん

mikitaka08さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
そうでしょうね、昔からそれが日常生活に入っていれば、
どこにでもあるものと思ってしまいますものね。
いわゆるカルチャーショックというものはそうやって生まれるのだと思います。

仰るようにそれほど爆発的に売れる商品ではないでしょう。
ですが根強い人気があるものと見えて、生産中止にはなっていませんね。
乙山もホンコンやきそばがいつまでもあってほしいと思っています。
S&B食品がマラソンから手を引いたのは知りませんでした!

Re: gatayanさん

gatayanさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
そうですか、ホンコンやきそばは宮城でも売っているんですね!
石巻焼きそばのように(?)色のついた麺が衝撃でした。

豚のだしがきいた中華味(?)に、ごく薄いソース味。
これ、食べても後で胃もたれしないんですよ。
ソース味の強いカップ焼きそばを食べると、後で胃もたれすることが。

後味のいい食べ物って、やっぱりいいものですよね。
皆さんに人気があるのもうなずけるわけです。

No title

初めて知りました。
ホンコンやきそば。
写真を見るとおいしそうです。

Re: 依里さん

依里さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
初めてですか? じてゃ乙山もついこの間、食べてみたばかりです。
なかなかおいしんですよ。ソース味が薄めで、旨みのある焼きそば。
これは即席焼きそばでは珍しいものではないかと思います。

No title

こんばんは。

ホンコンやきそば好きなドサンコとして、
是非一言、コメントを残させてください。

この商品、一部で熱狂的なファンに支持され、
それでいて、多くの地域では入手困難、という事情がありまして、
ブログなどでよく、「食レポ」を目にするのですが、
これほど詳細かつ丁寧なレポートは初めてです。

下の方に、「お好みにより水の量を加減しますと云々・・」書いてあったのですね。私、頻繁に作るくせに、気づきませんでした。

ちなみにこの商品、札幌市内なら、
地場スーパーはもちろん、ヨーカドー、ダイエー、イオン等、
「スーパー」と名の付くところなら、どこでも入手可能です。
ちなみに、コンビニでも扱ってますが、ほぼ「希望小売価格どおり」なので、私は地場スーパーの特売で入手します。

Re: らざーろさん

らざーろさん、初めまして! コメントありがとうございます。

> 下の方に、「お好みにより水の量を加減しますと云々・・」書いてあったのですね。私、頻繁に作るくせに、気づきませんでした。

乙山も初めは200mlきっちりで作っておりましたが、少々多め(250mlくらい?)で、
柔らかめに作るのがいちばんおいしいのではないかという結論に達しました。
硬目にすると、どうしてもぱさついた感じがして好みではありません。

札幌市内ならどこでも買えるというのはいいですね。
北海道限定商品ではないのですから、「北海道物産展」を探してもないわけで、
それに気づかず探し続けたのに我ながら苦笑してしまいます。
今後ともよろしくお願いします。

No title

ホンコン焼きそば、美味しいですね。
暫く食してません。
見てたら、食べたくなりました。
北海道限定の「やきそば弁当」もお勧めです。
逆に、北海道には、ナゼか「ぺやんぐ焼きそば」がないのですよ。
かえるままは一度も食べたことない「ぺやんぐ焼きそば」を食べるのが夢です。

Re: かえるママ21さん

かえるママさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
札幌在住の方でも忘れていたホンコンやきそば。
初めて食べたんですけど、けっこう(かなり)いけますよ!

初めて食べたのに、不思議な「懐かしさ」のようなものがあって、
だけど味は奥深いものがある。これは、中華味とソース味の、
どっちともつかず、というか、ちょうど真ん中あたりを狙った味。

乙山はこれが好きですが、ソース味が好きという人は、
物足りないかもしれませんね。「焼きそば弁当」は、
何かの折に食べた記憶があります、たしかスープ付き(?)でしたね?

あっ、しまった、「ぺやんぐ焼きそば」、食べてないんですよ!
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/08 (4)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)