『バッハ オルガン作品集』 Membran 10CD

Bach_OrganWorks_HelmutWalcha_Membran.jpg
ふだんはロックとかジャズを聴くことが多いのだが、ときおりふとクラシックが聴きたくなる。そんな折に手にしてしまうのがバッハ(J.S.Bach)である。クラシックはいわゆるバロックから古典派と呼ばれるころまでが好きで、ロマン派以降はあまり聴きこんでいない。いいものがたくさんある「宝の山」というのはわかっているのだが、つい、古いものに手が伸びてしまうのはどういうわけだろう。

今回は『J.S.Bach オルガン作品集』を聴いてみた。これは著作権の切れた音楽家の廉価版CDボックスを発売していることで知られるMembranの10CDボックスで、演奏者はヘルムート・ヴァルヒャ(Helmut Walcha, 1907-1991)。音源は1947年、1950~1952年にリューベックの聖ヤコビ教会とニーダーザクセン州の聖ペテロパウロ教会のパイプオルガンで録音された、とある。Membranものとしては珍しく音源のデータが明記されている。

ウィキペディアで調べてみると、ヘルムート・ヴァルヒャという人は16歳の頃に失明した盲目のオルガン、チェンバロ奏者で、バッハのオルガン作品を二度にわたって録音している。最初のものはモノラル録音で、次に1968~71年のステレオ録音を残しているが、前者は大半を録音したものの完全版ではなく、後者がバッハオルガン作品全集の完全版。Membran盤は古いほうのモノラル音源を収録したものである。

1947年とか1950年代初頭の録音と聞くとひどい音じゃなかろうかと思う人もいるかもしれないが、聴いてみると「へぇ」と思うくらいいい音で録音されていると感じる。MembranのCDはだいたい独自のノイズ・リダクションシステムを使ってデジタル・リマスタリングしているらしく、ノイズはわりと少なめになっているのだが、それにしても1940年代後半から50年初頭にしては巧い具合に録音したものだと感心する。

しかも今回はDDスピーカーというたいへん小さなスティック状のスピーカーで聴いたので迫力ある再生は望めなかった(なにしろ200Hzからだら下がりなので)が、耳障りにならぬ程度の、近隣に迷惑をかけぬ音量で部屋に流しておくぶんにはじゅうぶんではないかと思った。オーディオ的快楽を追求したい人はモノラル音源ではなく、最新のデジタル録音によるバッハオルガン作品を、大きなウーファーの付いたシステムで聴くのをお勧めする。

変な話だけどこういう低音が貧弱なスピーカーで聴いて耳がそれに慣れてくると、少し大きな小型2ウェイのスピーカー(ウーファーが16~20cm程度)を聴くともう低音の出方に感激してしまって、なんてありがたいんだ、もうこれでじゅうぶんじゃないか、これ以上何を求めるというのか、などという気分になってくる。この方法で私は自分の音響システムが肥大化するのを食い止めている(?)ともいえる。マニアにはなれぬ所以である。

CD一枚約70分、これが10枚セットになっているのだから通して聴くのは時間がかかるけれど、一日一枚か二枚、静かにのんびり聴くにはもってこいの音源ではなかろうか。衝撃的なイントロでだれもが知っている「トッカータとフーガ ニ短調 : BWV565」はもちろん、バッハと言えばこれ、ともいえる「小フーガ ト短調:BWV578」、そして外してはならない『惑星ソラリス』のテーマである「コラール前奏曲 : BWV639」もばっちり収録されています。


【付記】
● 一日一枚、みたいな感じでのんびり聴き、全部聴き通すのに一週間以上かかってしまいましたが、不思議と飽きることがないのです。それがバッハの魅力なんでしょうね。ヘルムート・ヴァルヒャという人の演奏は外連味(けれんみ)がなく、まことに素直な演奏で、カール・リヒターにも通じるものを感じました。この膨大な音源が2000円に満たぬわけですから、CDが売れぬとはいえまことにありがたい世の中になったものです。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

安いですね

おお、ヴァルヒャのバッハ全集が旧録音とはいえ2000円を切るなんて!
有難いような有難みがないような複雑な心境です。
私はマリー・クレール・アランの全集を持っていますが、思わず買ってしまいそうです。
メンブランは、激安CDボックスを次々に出してくるレーベルですね。
私もケッコウお世話になっています。
しかし、買ってもなかなか全部聴けないんですよね・・・。

No title

クラッシク音痴の僕もバッハは好きです。
チェロのあれ、なんていうんでしょう。プレリュードですかね。
しつこく聞いてしまいます。
あとは小フーガ。
昔、誓いのフーガという歌が流行って、それ以来、小フーガファンです。

Re: 安いですね ; 木曽のあばら屋さん

木曽のあばら屋さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
そうなんですよ、しかもこれ、例の「マルチバイ特価」で買ったものですから、
単独で買ったものよりさらに安く買うことができました。
音楽好きの人って、たいていネットで3枚以上まとめ買いしますよね?

仰るように、昔クラシックのLPって高かったですから、
いまは本当に信じられない値段になっているのがなんだかな、という感じ。
乙山は有難味のほうが勝っているような気分でしょうか。

バッハのオルガン集10CDボックス、乙山は聴きましたよ!
ですがトスカニーニのRCA音源集のほうは少ししか聴いていません……
いや本当、仰る通りですね。

Re: 根岸冬生さん

根岸さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
バッハって本当にいいですよね。
だけど19世紀にはほとんど顧みられることがなくて、
メンデルスゾーンなどの活躍で再評価されるまで埋もれていたそうです。

> チェロのあれ、なんていうんでしょう。プレリュードですかね。

バッハのチェロ、というと、たぶん『無伴奏チェロ組曲』だと思います。
これもいいですよねえ。あと『ブランデンブルク協奏曲』とか、
『ゴルトベルク(ゴールドベルク)変奏曲』も聴いていらっしゃるでしょう!
不思議と飽きないんですよねえ……

No title

 はてな、たしかあったはずだと思って棚を確認したら、廉価版のCDでヴァル
ヒャの演奏があったので、さきほど久しぶりに聴いてみました。BWV565はじめ
数曲の入ったものです(録音は1963~1965年)。

 バッハは好きなんですけど、パイプオルガンという楽器は生理的にちょっと苦
手かな。再生も超困難ですね。高級な装置を用いて大音量で再生して聴けば、
低音はすごいかもしれないけれど、間近でブーブー音がするのはどうも居心地
が悪くて落ち着かないと思うんですよ。

 素人考えなんですけど、大口径ウーファやコンクリート・ホーンを使えば、ハイ
ファイかもしれませんが、それだけでは足りないような気がします。つまり部屋の
容量ですね。大聖堂はもちろん無理にしても(笑)、小礼拝堂くらいのスペース
は必要かもしれません。それを証明するために実験したいけど、資金力が……

 だからコンパクトなスピーカーを控えめな音量で鳴らして楽しむのも悪くないよ
うな気がします。それでもいま聴いてみたところでは、パイプオルガンは結構体
にこたえる音がしますよねえ。

No title

そうです。そうです。
『無伴奏チェロ組曲』

僕は、はまると一人ではスマなくなるんです。

パブロ・カザルスの演奏が僕にはとってもフィットします。

一時期、ヨーヨー・マが話題になりましたが、
僕からすると、ウェットでねちっこく、文学的で好きではありませんでしたね。

Re: 薄氷堂さん

薄氷堂さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
おそらく薄氷堂さんお持ちのCDは後のステレオ録音盤でしょうね。

仰るように、もともとパイプオルガンは教会に据え付けられているもので、
かなり高い天井と広い空間、そして壁ががっしりしていて音響的にはライヴ、
残響多めの空間の中で聴くものでしょうね。

それを、たかだか6~8畳程度の部屋で、小さなスピーカーで再現しようなんて、
土台無理な話ですよ。その雰囲気のいくらかを分けてもらう、
それくらいの気持ちで再生音を楽しむのがいいのではないかと思います。

>  だからコンパクトなスピーカーを控えめな音量で鳴らして楽しむのも悪くないよ
> うな気がします。それでもいま聴いてみたところでは、パイプオルガンは結構体
> にこたえる音がしますよねえ。

身体にこたえるような音量でお聴きになったのですか?
それってかなり大音量のような気がするのですが……
そのような音量で聴けるのがうらやましい限りです。

Re: 根岸冬生さん

根岸さん、コメントありがとうございます。
いやじつは乙山もカザルスの盤と、シュタルケルの盤を持っています。
どちらも好きなのですが、再生する回数はカザルスのほうが多いのです。

録音の状態からいうと、カザルスの古いモノラル盤より、
シュタルケルのステレオ盤のほうが「音がいい」のですが、
音だけで人は好きな盤を決めるわけではありませんからね。

カザルスの演奏がフィットする、というのは乙山も同じかもしれません。
シュタルケルも文句のつけようがないと思います。
ときに鋭過ぎるときがあるのでしょうか。
どういうわけかカザルスを多く聴きますね。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/10 (7)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)