ブラックニッカ スペシャル



〈遊歩者 只野乙山〉 特別企画
【日本のウィスキーを飲む】


BlackNikkaSpecial_01.jpg
今ふつうに手に入るブラックニッカといえば〈ブラックニッカ クリアブレンド〉だろう。以前久しぶりにブラックニッカを飲んでみようと現行のクリアブレンドをやってみたところ、なにか腑に落ちぬものを感じた。記憶の中のブラックニッカとずいぶん違うのだ。なんだかな、という感じで〈ブラックニッカ8年〉を試してみたが、これもおいしいけれど自分の中のブラックニッカとは違うような気がしていた。

今ブラックニッカは三種類販売されていて、そのうち二つは飲んでみたけれど、最後の〈ブラックニッカ スペシャル〉を試していなかった。そうだあの黒い瓶のやつを飲んでいなかったっけ、昔ブラックニッカといえばあの黒い瓶だったよな、と例によってネット通販で購入する際、ブラックニッカスペシャルも一緒に頼んでおいた。

飲んだ覚えのないウィスキーを開けるのはいつもながらわくわくするものがある。栓を開けて匂いを確かめ、ちょっとうっとりする。まずはいつものようにトゥワイス・アップ(ウィスキー:水=1:1)で飲んでみる。クリアブレンドやブラ8で感じたような華やかな甘い香りはいくぶん抑え目で、わりとしっかりした飲み応えがあるのだが、煙臭さは抑えられている。

これはうまいこと考えてブレンドしてあるなあ、と感心しながら、そうだこれこそブラックニッカじゃないか、と納得した。煙臭さに馴染みのない日本人の味覚を考慮しながらも、モルト原酒をしっかり使った本物、それがブラックニッカなのだ。炭酸水で割って飲んでも変わらぬ味わいに好感を持ち、つい「もう一杯」となってしまいます。

BlackNikkaSpecial_02.jpg他日、炭酸水を買い忘れていたので水割りで飲んでみた。私(乙山)は水割りという飲み方をあまり好まず、自分ではめったにしないのだが、ブラックニッカスペシャルはウィスキー:水=1:2(または3)にしてもけっこうおいしく飲める、というかひょっとすると水割りにして飲むというのを初めから計算してブレンドしたのではないか、などと深読みしたくなるほどのバランスの良さである。

ああ、これなんだなあ、と久しぶりにうれしい気持ちになった。久しく会っていなかった友人に偶然再会し、以前と変わらぬ様子に己も心を新たにする、といった感じである。本当に巧く出来ていて、毎日飲むウィスキーにぴったりなのだ。このあたりはG&Gもそうだと思う。近隣の店でブラックニッカスペシャルを常備している店はめったにないのが残念だが、じつは買う時に一本追加しておいたのだ。

どういうわけか、こういうことにかんしてだけは妙に鼻の利く男である。ブラックニッカスペシャルとかG&Gをいつもの酒にして、たまにフロム・ザ・バレルとかピュアモルトをありがたがって飲む、というパターンが私にとっていちばんいいんじゃないかと思う。そしてごく稀に、シングルモルトのウィスキーをちびりとやりたい。もちろんそのときはシングルコーンのフルレンジ、真空管のシングルアンプも一緒に、だ。


≪ ニッカG&Gへ  レインボーウィスキーへ ≫

【付記】
● 会社とか企業のホームページはたいていつまらぬものが多い(失礼)のですが、ニッカウヰスキーのホームページはブックマークに入れてあります。そこに「ブレンダーズ・バー」のウェブログがあって、ブラックニッカスペシャルを飲む男性の話があるのです。

いつもブラックニッカスペシャルのオン・ザ・ロックばかり飲む男性に、ストレートはいかかですか、と訊くと、こうして氷が少しずつ解けていって、このウィスキーが最高に旨くなる瞬間をつかまえるのだ、と言うのです。

もう、たまらないですね。ブラックニッカスペシャルは、ニッカ直営の〈ブレンダーズ・バー〉に、余市や宮城峡と肩を並べて常備してあるウィスキーなのです。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

へえ、こんなのがあるんですか・・・
私はいつも言っている通りブラックニッカ党。クリアーブレンドですが・・・
血行量を言ってしまう私にとって、毎日飲むためにはクリアーブレンドの値段が魅力ですから・・・

ところで、私もウイスキーを飲むときは殆どがオンザロック。文中にあるように氷が次第に解けて徐々に味が変わって行くところが好きなんですよ。ただ、同じように氷が解けて味が変わるって言っても水割りは・・・ちょいと薄すぎて・・・

No title

記事を拝見しました。

今の世の中ではそれほどでもない酒が高値で取引されていたり、ブレンデッドが一段下に見られていたりですが、そんな事とは別に旨い酒はあると最近学習しました。

記事を読んで故竹鶴政孝氏も自社の酒の中でハイニッカを愛飲されていたと言う話を思い出しました。

そう言えば最近はハイニッカも高いんですよね…

No title

やはり、また妙にウイスキーが飲みたくなりましたよ。
乙さんのコラムはやはりそのような、やはり特別企画な記事であることを
ふまえてよんでいるためか、こんばんは乙山さん。

懐かしい友に会ってやはり変わらぬあのころのまま、となると、
モーリスでしょうかね?モーリスはいつもモーリスですよ、国産の。
ボトルのデザインといい、なんかこう頑固そうな。ああ、飲みたいなあ。
カライんでしょうかね若干。

ライカの話なんですがね、〈レモン社〉の担当に訊きますと、なんかこう
アナログカメラブームはライカだけのことらしいですね。最近はすこし
落ち着いたみたいで、あのM-4がズミクロン35ミリ付きで、20万で買える
ようです。一眼のデジカメより安い!ちなみにハッセルは500CMあたりの
ボディで3万円ぐらいからあるみたいですよ。
明日、ニッカ買いに行きますよ、乙さん飲み過ぎダメよ。

hobo

Re: gatayanさん

gatayanさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
そうなんですよ、ブラックニッカには三種類ありまして、
これが元のブラックニッカなんです。

この話はニッカのホームページのウェブログにありまして、
ウィスキーが本当に好きな人の飲み方として良いなあと思ったのです。
たしかにお店の「水割り」はちょっと薄すぎますよねえ……

Re: Noriさん

Noriさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
シングルモルトが人気で、たしかに旨いのですが、
ブレンデッドはブレンデッドの良さがあります。

> 記事を読んで故竹鶴政孝氏も自社の酒の中でハイニッカを愛飲されていたと言う話を思い出しました。

その話、乙山もニッカのホームページで見ました。
なんか、いい話ですよね。「わしはいちばん売れているのを飲むんじゃ」ということだそうで、
一日一本(!)、竹鶴政孝氏はウィスキーを飲んでいたとか。
さすがに晩年は二日で一本にしたらしいですが、それでもすごい量ですね。

ハイニッカは酒税法のせいで高くなっているわけで、
焼酎が昔よりおしなべて高くなっているのと同じ理屈でしょうね。

Re: HOBOさん

HOBOさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
ブラックニッカスペシャルは、本当に1960年発売のブラックニッカで、
よく見かけるブラックニッカクリアブレンドとは別物です。

クリアブレンドも好きなのですが、なんか違うなあ、という感じがして、
スペシャルを飲んだとき、「これだ、これなんだ!」と思いました。
こういうのって、嬉しいですよ。

モーリスギターの、ちょっと小さいのが欲しいですね。(手が小さいので)
もうたぶん弾くことはないと思いますが、もしエレクトリック・ギターを買うにしても、
小さなボディの、小さめフレット(細めネック?)のモデルにしたいですね。

YouTubeでジミー・ペイジの映像を見たんですが、とにかく手が大きい!
ネックを握ったら親指が下の方、中指と薬指が上まで来てますね。
あのギターを下に下げて引くスタイルは、そういう大きな手というか長い指だから
可能なのであって、ふつうの人はあれはできませんよね。

ライカって、どのモデルでもだいたい30~40万くらいしてませんでした?
へぇ、なんかイメージ変わったなあ、という感じですけど、やっぱり高い! 
一眼レフと違ってミラーを持っていませんから、シャッターが切れる「チャッ」という音、
というか感触、あれがまたいいんですよねえ……

飲み過ぎはたぶん、大丈夫ですよ!
お酒の記事が多めなので皆さん乙山は飲み過ぎではないか、そう思う方も
いらっしゃるようですが、もうそれほど飲める身体ではないのです。
お気遣いありがとうございます!

No title

> 記憶の中のブラックニッカとずいぶん違うのだ。

 ああ、それはよくわかります。そういえば、スーパーニッカでも同じことを
感じました。変わったのはウィスキーだけじゃなく、飲む側が年を取ったせ
いもあるんでしょうか(笑)。

 ブラックニッカの「スペシャル」というのはまだ飲んだことがありません。そ
のうちに試してみましょう。

 いまにして思えば、学生時代はブラックニッカといえば、どちらかといえ
ば高級品だったんですけどね。ニッカにもサントリーにも、ハイニッカやレッ
ドより下のクラスがあったことをご記憶でしょうか? ニッカだったかサントリ
ーだったか、どちらかのビンのラベルには「メチルアルコールは入ってお
りません」と英語で明記されていたのを覚えています。

Re: 薄氷堂さん

薄氷堂さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
スーパーニッカにかんしては、これはもう周知の事実でして、
ニッカのホームページに「新しいブレンドにした」と明記しています。

それほど飲み付けていたわけではないのでギャップを感じるほどではありませんが、
「新しいブレンド」というのは、結局「甘く華やかな味わい」で、
大雑把にいえば、それまでのスコッチよりを、バーボンよりにシフトした、
という感じですね。スコッチの煙臭さは、新しい世代の若者には受けない、
そういう判断があったのかもしれません。

関西はサントリーの牙城でしたけど、それでもニッカのウィスキーは、
「通が飲むウィスキー」という印象はありましたね。
乙山がお酒を飲めるようになったのは1980年代ですので、
レッド、ホワイトより下のクラスはもう記憶が……

1980年代の初頭は「特級」表示がありましたし、
終わり頃には「洋酒天国時代」になっていました。
いつの間にか酒税法が変わってしまったんでしょうね。

日本のウイスキー。

風邪で器官をやられて
ボロボロですが お陰で
断酒とダイエットと呑み助道の
リセットができて 嬉しい
懲りない変態でございます。(^_^;)

わたしもスペシャルブレンド飲みました。
ウマイですねぇ〜、癒されると言うか
ホッとする大人の味ですねぇ。
昔、行きつけのロックバーにボトル
キープしてるヒトがいましたが、
ナルホドです。
余談すが、先日 、
「ジャパニーズウイスキー」の本を
買いました。静養にもってこいです。
o(^▽^)o

Re: 日本のウイスキー。; 四の字硬目さん

四の字硬目さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
おやおや、大丈夫ですか?

ブラックニッカスペシャルブレンド、いいでしょう?
この歳にしてようやく、ものの価値を知る、みたいな気持です。
これ本当にバランスがいいんです、なので
毎日お付き合いするのにぴったりの味わいですね。

ネット通販で買うと1000円ちょっとなんですよね。
G&Gと一緒に、まとめ買いしてもいいかな、なあんて思いますよ。

> 余談すが、先日 、
> 「ジャパニーズウイスキー」の本を
> 買いました。静養にもってこいです。

以前、その本を図書館で借りて読んだように思います。
なかなか面白い内容なので、買ってもいいかな、と思うくらいですよ。
酒とたばこが味わえぬ程とは相当重症だとお察しします、
どうぞお体大切に。

No title

この黒い瓶、店で見かけたことがあるような。
なんだかひどく昭和な外観、懐かしくてせつない気分になります。
ちょっとネットで調べてみましたけど思ったより安いですね。
見つけたら買ってみよう。

Re: RSさん

RSさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
ブラックニッカスペシャルを置いてあるなんて、なんていいなんだろう!
いやまったくうらやましい限り、乙山はこれをネット通販で買いました。

そうでしょう、乙山は1200円くらいで買いましたっけ。
とてもいい具合にブレンドされていて、毎日飲むのにもってこいなんです。
日本のウィスキー、と胸を張って言えるものですよ。

No title

こんにちは。
マッサンがおわり昔飲んだブラックを探してる間にこちらにたどり着きました。
昔といっても18年ほど前にあった黒い瓶のニッカはもうGoogleの写真でも見かけませんね?
仰るとおり、あれこそブラックニッカだと思います。
安くて美味い、フレバーも抑え気味やけど、しっかりした飲み応えでストレートでワンショット、きゅっといくと戻りも最高でした。
このスペシャルは飲んだことないので、早速入手してみます。
ありがとうございました。

Re: 元バーテン さん

元バーテンさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
人気のテレビドラマが終わるのは残念ですね。
もっとも、乙山はテレビがありませんので見ていない(!)のです。

ブラックニッカ・スペシャルは美味しいですね。
気になって復刻版も飲んでみましたが、
復刻版のほうが好きかもしれません。

復刻版は限定商品なのが残念です。
今のラインナップは、どうも華やかな甘さに傾きすぎている、
そんな気がして仕方がありません。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/10 (5)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)