日本の「明るい」照明

LED_CeilingSpotlight.jpg
事実のほどは定かでないが、日本の住宅ほど室内照明が明るいのは世界でも類を見ない、というような内容の文章を、いつか、どこかで読んだことがある。そうは言うものの、お洒落な店の多くは間接照明になっているし、インテリア関係を見るとハイセンスなリビングはいささか暗めの室内照明になっているようである。

なるほど飲食店や雑誌広告の中ではそうかもしれないが、自分の記憶をたどってみると、それまで機会があって目にした一般家庭ではどの住宅も居間では蛍光灯を明々とつけていて、部屋の隅々まで光が届くようにしていたのではなかったかと思う。自宅の居間に間接照明を取り入れるようなクラスの人々と接点がなかっただけなのかもしれないが、上述の一節に納得した私(乙山)である。

なぜ日本における室内照明がそれほど明るいか、ここで答えを出すことはできないが、一つの仮説として瞳の色が関係しているのではないかと思う。日本人に茶色の瞳が多いのはメラニン色素の量が多いからで、青い瞳にはそれが少ないのだそうだ。メラニン色素は皮膚にも関係しており、日光の照射量が多い地域では紫外線から守るためにメラニン色素が多く出るようで、少ない地域ではその逆になるという。だから北欧に青い瞳、白い肌が多いというわけだろうか。

昼間はメラニン色素が紫外線から目を守ってくれるのはいいとして、夜間は逆に光量が足りなくなるのではないか。つまりカメラに喩えると、日本人は暗いレンズを装備しているため暗い場所でフラッシュが必要になってくるのであって、青い瞳の人たちは明るいレンズを装備しているので明るい場所では絞りを強めにしないといけない。このフラッシュが日本人の「明るい室内照明」として、強めの絞りが欧米人の「サングラス」として表れているのではないか、などとと勝手に想像してみる。

だが、少し考えてみればこの仮説にはいくつもの綻びがあることに気付くであろう。第一に、日本人以外にも茶色の瞳をもつ人々は多数存在していて、彼らは一様に(つまり日本人と同じように)夜に明るい照明を求めるのか、ということだ。どうもそうとは限らないようであることからして、明るい照明の根拠を瞳の色に求めるには無理があると言わざるを得ない。

第二に、時代性の問題がある。つまり日本人は茶色の瞳ゆえに太古から明るい光を欲していたわけではない、ということだ。夜の照明が明るくなったのは少なくともエジソンによる白熱電球の発明以降のことであって、それ以前の夜間における日本の住宅の照明はロウソク、油を浸した芯を灯したもの、せいぜい灯油ランプくらいのもので、かなり室内は暗かったものと思われる。ちなみに「灯台下暗し」の灯台は、海辺の灯台ではありませんので念の為。

なのでこの仮説は根拠に乏しく、話半分に聞いていただきたいが、なんでこんな話になったかというと、自室の天井照明に発光ダイオード(LED)の一灯式スポットライトを導入したからなのだ。よくある環状になった蛍光灯のペンダントライトでもよかったのだけど、位置がクローゼットと近接していて、扉を開閉するのに邪魔になるのだ(写真一枚目の左側に見えるのがクローゼットの扉)。それにLEDだと消費電力が少なく、電気代の節約にもなるという。じつはこれがいちばんの動機だったりするかもしれぬ。

LED_CeilingSpotlight02.jpg白熱電球40W相当のLEDライトというのにした。白昼色と電球色の二つがあるが、後者を選んだ。これはふつう玄関とかトイレ、風呂場や廊下などの照明に適したものであるようで、居間にはあまり向いていないようである。わかっていて、あえて電球色にした。実際点けてみると、もちろん部屋全体を明るくするような光量ではないが、卓上のLEDランプ(こちらは白昼光)と併用すれば食事はもちろん、書き物や読書も一応できることがわかった。

これで夜間はすべてLED照明で賄える状態になったわけだが、問題は部屋の明るさと目の健康である。あまり暗すぎると、目にとって良くないのではないか? そのあたりは眼科医に相談して、もし良くないのであれば直ちに改善する必要があるだろう。そうかやはり明るい光が必要なのだろうか、などと考えたところで冒頭の「日本人と明るい室内照明」に戻ってくることになる。

なぜ日本の室内照明は世界でも類を見ないほど明るいのか。それを、不必要なまでに室内を明るくしないと気が済まない日本人の偏執さ(性癖)と解釈すべきなのか、あるいは日本人の目の構造上から必要に応じて部屋が明るくなっておりそれが日本人の目には良いとするのか、しばらく経過を見てから判断するしかなさそうだ。


【付記】
● お洒落なリビングに憧れて間接照明にしたものの、どうもその暗さに耐えかねて(?)元の蛍光灯に逆戻りする人も少なからずいるのではないかと乙山は想像します。「テレビを見るときは部屋を明るく」などという注意書きもテレビ画面に映し出されることもありますが、本当にこれ以上明るくするのか、と言いたくなる「明るいリビング」もわりと多いのではないかと、これまた勝手に想像しております。やはりそうなるにはそうなるだけの理由があるのではないかと思うのです。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

記事を拝見しました
LEDのスポットはなかなか格好いいですね
色々なお宅にお邪魔しますが、シェードの形でその方のセンスが判ったりもします
ウチはさすがにさほど裕福でもありませんのでリビングの間接照明はしてないですが、所々に間接照明を使っております

照明を設置されただけではなく、日本の家屋内の照明が明るい事に色々考察を加えられて記事にされているのは流石だなと…

いらぬお節介ですが、愚考を加えさせて頂くと古来日本人は暗い部屋に灯りを一つだけ点すのは不吉であると考えていたようです
古事記や日本書紀の神代の条にそのあたりの記述があったりします
元来、日本の家屋には窓というものは無く、上下2つに別れた扉を開ける形式であったり障子の外側に雨戸を設けたりと昼間でも締め切ると真っ暗な状態になりました
また闇には清らかな部分と人間以外が活動する部分があると考えられていて、闇の中で何かがうごめくのを本質的に嫌っていたのではと考えられます

とつまらない意見を述べてみました

大変失礼をば…

Re: Noriさん

Noriさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
この場所に照明器具を取り付けたいと以前から思っていました。
ですが天井の取り付け器具(引掛けローゼット)の位置の都合で、
ふつうのペンダントライトは付けられず、小型の一灯式スポットライトしかありません。

引掛けローゼットに直付けできる一灯式のスポットライトで、
LEDに対応していて、デザインもある程度満足できるというものはなかなかないのです。
商品を探すのにもだいぶかかりましたよ。

「明るい日本の照明」というのはまあ付録程度のものですが、
古来の日本人の感性とか慣わしに注目するNoriさんのような視点が
欠けているのは仕方がありませんね。敬服いたします。

No title

仰る通りでしょう。欧米人がサングラスをいつもしてるのは、まさにそういう理由の様です。また、同じ日本人でも、瞳の茶色の薄い方も、沢山いらっしゃいます。(外人の様に)そういう方は、実際とても眩しいのです。(かえるままもそうです)年齢的も関係するみたいです。

みなさま深く鋭いお考えに触発されて、かえるままの愚考も述べさせて頂くとすると.....
おそらく、第二次大戦中に、空襲を恐れて、明るい灯りをともすこを許されてなかった時代があったため、先人の憧れとして戦後、高度経済成長とともに、明るい照明を好む様になったのではいか....?などとも思いました。
オイルショックの時代は、ネオン街からネオンが消え....
つまりは、平和と、豊かさの証明が照明ということでしょうか.....
とダジャレで失礼致しました。


No title

こんばんは。

小学生の6年生のときだったか、照度計で近所に住む小学生の勉強机の照度を測ったことがあります。
その時に、適度な照度よりも、ずっと明るい照明で勉強している家庭ばかりでした。
当時でもうすでに、明るすぎになっていました。
これでは、かえって目に悪いと、調査を依頼した学校側が話していました。
新しい勉強机の子ほど、明るかったので、だんだんと照明が明るくなっていったのではないか?と思っています。

窓の多い日本家屋と違い、マンションなど窓の少ない建物も増えていき、
光をもとめてそうなったのかはわかりませんけど、
少なくとも、私が子どものころは、裸電球一つ程度の明るさで部屋を照らしていたと
考えると、昔から今ほど明るい環境ではなかったのではないかと思います。
多分、私が小学生のころ、徐々に変わっていったのだと思います。
なんとなく記憶があるのですよ。
学習机というものができて、どこかのメーカーが
今までよりも明るい照明がついています!というような
CMを流すようになったという記憶が・・・

私の年齢は追求しないでくださいね!(^_^)

Re: かえるママ21さん

かえるママさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
欧米人で青い瞳を持つ人たちは、そんなに明るい部屋でなくても大丈夫なんでしょうね。
その代わり、日中はまぶしくて仕方がないのでしょう。
欧米の室内すべてが暗めの照明になっているとは思えませんが、
わりと暗めの照明でよい、というのは納得できる話です。

乙山など、眼科医から「紫外線に気を付けたほうがいい」と聞き、
夏は毎日通勤時にサングラスを使っておりましたし、
鞄にできるかぎりサングラスを入れて外出するようになりました。

戦時中は夜、空襲警報が鳴ると暗幕を施した、という話を
向田邦子さんのエッセイで読んだことがあります。
明るい照明は、そうしたくてもできなかった時代の反動ということでしょうか。
なるほど、暗めの部屋はちょっと貧乏くさいところもありますね。
うむ、なかなか説得力のある考えですよ!

Re: りーさん

りーさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
乙山はいまでこそ脱蛍光灯的な照明をしておりますが、
かつて自室で蛍光灯を使っていたことが長かったんです。
蛍光灯というのは不思議なもので、明るくしたほうがなんか気持ちがいいんですね。

さすがに夜、読書を終わった後はシーリングライトを落とし、
デスクライトだけにして、それもタオルかなんかで覆って照度を落とし、
暗めの部屋にして音楽を聞きます。これは真空管アンプが灯っている様子を
楽しみたいがためにそうするのですが、暗めの部屋で音楽を聞くのが好きです。

> 多分、私が小学生のころ、徐々に変わっていったのだと思います。
> なんとなく記憶があるのですよ。
> 学習机というものができて、どこかのメーカーが
> 今までよりも明るい照明がついています!というような
> CMを流すようになったという記憶が・・・

なるほど、これはかなり説得力がありますね!
Kイズミ学習机、でしたっけ、テレビCMも盛んにやっていましたね。
記事の中でふれた文章には、
「蛍光灯をこれほどたくさん使っているのは日本の家庭くらいだ」
という内容もあったように記憶していますが、本当のところはどうなんでしょうね。

部屋の性格

乙山 様

室内照明の明るさをテーマにした考察、おもしろかったです。

言われてみると、居間など部屋全体を昼間のように明るくしておく必要があるのかという気がします。

文字を読み書きするところでは明るいことが必須ですが、寝室などは適度な明かりで十分です。
部屋の性格によって照明も変えた方がよいように思えてきました。

最近、書斎で本を読んでいると文字がみにくくなりました。当方64歳です。
先日、大学の図書館に行ったら文字がよくみえます。どうやら書斎の電気スタンドの照度が足りないようです。もっと明るいスタンドに変えようと思っています。

村上 好

Re: 部屋の性格 ; 村上 好さん

村上 好さん、コメントありがとうございます。
若輩者ですが、すべての方に「さん」で統一しております、
御無礼の段どうかお許し下さい。
今後も「乙山さん」と気軽にお願いします。

さて室内の照明ですが、書斎のものは高価でも良い物をお勧めします。
太陽光線に近いもの、とかいろいろあるようですから、
良質なものをお選びください、そして目をどうか御大事になさいませ。

居間は明るいほうがいいのか、暗めのほうがいいのか、
これは難しい問題ですね。現在、乙山の居間は、かなり暗めの照明です。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/09 (7)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)