墨廼江(すみのえ)特別純米酒中汲みひやおろし

Suminoe_JunmaiHiyaorosi.jpg
秋の日はつるべ落とし、とはよく言ったもので、陽が落ちるのが早くなりましたね。それとともに朝夜の気温が低下、もう上着なしでは肌寒いほど。昼間暑くなって上着を脱いだとしても、夜には必要だから上着なしで出勤するわけにはいかない。こうなってくると、日本酒が俄然おいしくなってくる。

いつものように煮物とちょっとした惣菜で晩酌を済ませようと駅前のスーパーマーケットに立ち寄ったところ、生のタラ(北海道産)があるではないか。ウェブログでお付合い下さっている釧路と奈良の方々に「タラはたいへん旨いものである」と吹き込まれてしまった以上、これを見逃すわけにはいかぬ。タラと水菜(京菜)、木綿豆腐とえのき茸、葛きり(コープこうべで調達)の鍋といこうじゃありませんか。

それにね、日本酒のいいやつを一升瓶で4本、すでに入手しているんですよ。ネット通販で2500円クラスのを送料無料でまとめ買いしたのである。どれからいこうかな、なんてちょっと幸せな気分で物色する。こういうときは、できるだけ日本酒度の低いものから飲むようにしている。つまりあまり辛くないものから、次第に辛口に移行していくというわけだ。

別にそのようにしないといけない決まりはないのだが、そうすると日本酒の味がよくわかるような気がする。秋の飲み始めはいつも〈呉春〉の普通酒と決めているけれど、これは日本酒度が±0度という稀有な酒で、これの後に他の酒を飲むと、その酒の性格がよくわかるのだ。今回は4本あるうちの〈墨廼江(すみのえ)特別純米酒中汲みひやおろし〉から入ることにした。

〈墨廼江特別純米酒中汲みひやおろし〉は宮城県石巻市にある墨廼江酒造という蔵元から出ている酒で、一升瓶で2600円くらい。ふだん飲んでいるのは2000円クラスだからちょっと贅沢かもしれないが、純米酒のひやおろしなのでまあこんなものだと思う。販売店によると「原料米:五百万石、精米歩合:60%、日本酒度+3、酸度:1.8」とある。

タラ鍋は魚から出汁が出るのでわざわざ削り節と昆布で出汁をとる必要はなく、粉末昆布だけで出汁をとる。これは表面積が限りなく100%に近いもので、邪道かもしれないが、ごく少量で昆布出汁をとることができる。これに日本酒(1800ml=500円程度、もっぱら料理用に使っている)をどぼどぼ注いだものに食材を入れていく。タラはすぐに火が通るので最後のほうにそっと入れるようにした。

さてタラ鍋もできたことだし、こいつで〈墨廼江〉でもやることにしますか。アルミの片手鍋に作ったので画像は勘弁ください。タラ鍋はなんとまあ、あっさりしていることだろう。いつも鶏肉で鍋を拵えるので、その違いには驚くほどである。だけど魚と昆布の出汁が出ていてたいへん上品である。〈墨廼江〉を口に含むと、穏やかな味わいの後にほんのり果実を思わせる吟醸香も漂ってきて実にいい具合である。

ううむ、これは旨みと酸度の加減が絶妙で、よくできている見事な酒だ。ついつい、杯を重ねることまちがいなしの良酒、美酒である。これはいかん、気を付けないとどんどん飲んでしまうではないか! 販売店のウェブページに「石巻は漁港ということもあって魚介類にあったさっぱりしたお酒を醸しています」などとあるけれど、本当だ、これは今夜のタラ鍋にはぴったりの酒。いや、久しぶりにいい酒を飲んだなあ、という気分になりましたよ。


【付記】
● 奈良(三友亭主人さん)と釧路(薄氷堂さん)の方々が仰っていたことは本当でした。タラ鍋はじつに旨いものでした。どこか遠くにフグを思わせる(それはないか?)味わいもあるような気がして、また食べたくなったほどです。そうだ、水菜(京菜)もえのき茸もまだあることだし、今夜もまたタラがあればいいのにな、なんて思ったのでした。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

墨廼江・・・いいでしょう。
なんて立って、私の地元のお酒ですから。
石巻にはあと一つ、「日高見」というお酒があるんですが、こっちも絶品。
その「日高見」は津波にかなりやられちゃって、今も苦労しているみたい(でも、お酒造りは再開)様なんですが、墨廼江は被災を免れたらしく・・・

昨年の9月のこと、私がやっとこさ帰郷した夜、仙台のとある居酒屋で・・・

目の前のお酒のメニューにはこの二つの銘柄の名がありました。私の中の順位では「日高見」、それを一杯やってから墨廼江って感じだったので、お店のお兄さんに「日高見」。店の兄さんは「日高見はまだ作ってないんですよ。」と一言。「じゃあ墨廼江」と私。

そうだった・・・と思いだし、「日高見」を襲った悲運に思いを馳せ、その日は墨廼江に酔いしれました。」

Re:gatayanさん

gatayanさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
いや本当、〈墨廼江〉はいいものでした。
旨みと酸度のバランスがよく、料理が引き立ちます。
しかもそれだけで飲んでもいける香りもあるんですね。

ついこの間初めて〈墨廼江〉を飲んだように、
〈日高見〉も知りませんでした。もうしばらく待てば飲めるようになりそうですね。
なんだか楽しみになってきましたよ。

そうでしたね、gatayanさんは昨年帰郷なさったんでしたね。
その時の記事も拝見しましたが、あまりのことに何もコメントできず……
〈墨廼江〉を飲みながら、彼の地を思うことにします。

でも気分は明るくいきますよ!
おいしい酒をありがとう、という気持ちでね。

No title

 おお、タラ鍋ですか。生のタラということは、いわゆるアラの部分も
いっしょでしょうか? それならかなりいいダシが出るのですが、身
だけだとちょっと淡泊すぎるかもしれませんね。

 わが家ではタラの身は崩れやすいので、鍋にはほとんどアラのみ
を使い、身はたいていフライにして食べます。そちらでは入手困難
だと思いますが、安いアラだけを買うこともありますよ。

 タラは毒もないし(笑)、淡泊かつ上品でまことに結構な魚ですね。
マダラでなくとも、もし生のスケソウダラ(スケトウダラ)が手に入りま
したら、ぜひこれも鍋をお試しください。マダラよりもさらに淡泊で、
これまた美味ですから。

 日本酒はもう何ヶ月も飲んでいません。このところ芋焼酎と安ウィス
キー専門です。そろそろ燗酒がうまいかな?

フルーティーな……

> タラ鍋はなんとまあ、あっさりしていることだろう。
> 魚と昆布の出汁が出ていてたいへん上品である。

本当にそうですね。
私にとってタラ鍋はちょっぴり“大人の鍋”です。

>〈墨廼江〉を口に含むと、
穏やかな味わいの後にほんのり果実を思わせる吟醸香も漂ってきて……。

ああ、読んでいるだけで良い香が漂ってきそうです。
生まれた県のお酒です。
私もなにかお鍋をいただきながら飲んでみたくなりました。

Re: 薄氷堂さん

薄氷堂さん、こんにちは! コメントありがとうございます。

>  おお、タラ鍋ですか。生のタラということは、いわゆるアラの部分も
> いっしょでしょうか? それならかなりいいダシが出るのですが、身
> だけだとちょっと淡泊すぎるかもしれませんね。

なるほど、アラで出汁をとるわけですね。それは気付きませんでした。
なにしろ売っているのはほとんど切り身ですからね。
切り身を少し入れただけの鍋ですから、
おっしゃる通りかなり淡白なものになりました。

これでは本当のタラ鍋を味わったことにはなりませんね!
できればいつか、タラのアラで鍋をしたいものです。
日本酒がおいしくなってきましたよ。
どういうわけか、焼酎も涼しくなってくるとそんなに欲しくなくなります。
燗酒はまだちょっと早いかな、という気もします。
もう少し「冷や」を味わって、本格的に寒くなってきた頃、燗酒に入るつもりです。

Re: サハラの南さん

サハラの南さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
タラ鍋を常食しているわけではないので、そのポイントをつかめておりません。
タラの切り身を少し入れただけでは、やはり淡白過ぎたようです。
できれば、次回はアラを入れてタラ鍋をやってみたいものです。

> ああ、読んでいるだけで良い香が漂ってきそうです。
> 生まれた県のお酒です。
> 私もなにかお鍋をいただきながら飲んでみたくなりました。

そうですね、自分の故郷にまつわる何かを聞けば、うれしく懐かしくなりますね。
〈墨廼江〉はたいへんおいしい酒でした、ご存知だと思いますが。
ちょっと早いかもしれなかったのですが、魚の鍋に〈墨廼江〉はばっちりでした!

No title

まあ、ちょっときょうは酔ってまっしてね、日本酒を6合、國稀の鬼ごろしだとか
わけのわか
らない純米酒をすすめられるままに呑みましてね、酔ってるんですよ。
焼き鳥と日本酒というのはベストマッチでして、いや〜、ちょっと酔ってます。
知らない町でこんなふうに酔うのが好きで、その町の焼き鳥を訪ね歩くHOBOであります。
まあ、色っぽい話などないんですがこれまた、風情というか青春というかぼくのいちばん
きらう酔っぱらいの図がここにありますよ。ほどほどがいいんですがね、54歳の
酔っぱらいは普通のオヤジでした。ああ、これではいけない、知的な要素がなにもない、
酔っぱらいのHOBOであります。タラの話はこの次で。ああ!弱くなりました、
こんど一緒に呑みたいですねえいつもどうもです。


HOBO

Re:HOBOさん

HOBOさん、こんばんは! コメントありがとうございます。
えっ、ふだんあまり飲まない(という感じがする)HOBOさんが日本酒6合!?
そりゃ、酔いますわ! 乙山でさえ、2合くらいで止めてますよ。
もちろん、その前にビールを飲んでいるから、なんですけどね。

ウェブログを拝見するに、いまは仙台とか岩手、青森のあたりなんでしょうか。
なんか、仙台にはいい店がたくさんありそうですね。
焼鳥かあ……最近は近所の焼鳥屋さんにもいかずに家で飲んでます。
だけど、話をうかがっていると焼鳥屋さんに行きたくなりましたよ。

No title

そうそう、この時期になると日本酒が恋しくなるんですよね~
私の場合、週末に1週間分の家事を一気に(一応)片付け終えた夜半
やや肌寒い時間帯に晩酌を始めるので燗酒が程好く美味しいです♪
(もっと早い時間に飲んで早く寝た方が体には良いのですが(^^;)
墨廼江、冷やおろしでは無いのですが飲んだことがあります!
当時のメモを見ると(記憶力が無いもので)、野菜系の淡白なアテとの
相性も良いけれど肉系にもまた良し!とのこと。
さっぱりしてキレも良いですがお酒自体の旨味もきちんと併せ持っているので
魚や肉の旨味にも負けないのででしょうか。
うぅむ、また久々に飲みたくなりました・・・

それにしても一升瓶1万円分購入で送料無料プラスポイント加算はめちゃ魅力的!
私ご贔屓のY中酒の店は店頭購入時もクレジットカードが使えず、ネット販売でも
代引きか銀行振込・郵便振替だけなんですよね・・・(^^;)
通販併用もアリかな~と悩む今日この頃です(笑)

Re:zumiさん

zumiさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
朝から晩までフルタイムの人はたいへんでしょうね。
家事もたまるし、疲れもたまる!

乙山の場合、夜はどうしても9時、10時になってしまいますが、
その分、朝はゆっくりできるときが多いので助かっています。
わりとフレックスというか、まあそんなところです。

夜が遅いと、そこから何か作ろうかという気になれず、
どうしても朝に仕込んだものを温めて、というパターンですね。
魚を焼く、くらいのことはしますけどね。

そうそう、山中さんね、あれからのぞいてみたんですけど、
なんか買いにくいんですよね。
なのでもっぱらR天市場の「日本酒カタログ」などから物色し、
10000円以上送料無料で品揃えのいい店にしています。

ポイントもたまるし、重い一升瓶を玄関まで運んでもらえるし、
これは楽ですよ! もっと早くこれにしとけばよかったな、
なんて思ってるくらいでしてね。

No title

墨廼江って名前がいいんですよねぇ。
何年か前に宮城の地酒イベントで初めて呑みました。
(ブログ検索して確認。こういうところが便利だけど、覚えてないってのがそもそもダメですね)
ああ、やっぱりそのときもまろやかで好みと思ったようです。
淡白なタラとの組み合わせもよさげですねー。

Re: RSさん

RSさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
そうそう、名前がいいですよね。
大阪には住之江という地名があり、返還するともっぱらそれしか出てきません。

〈墨廼江〉はたしかにまろやかな味わいですね。
そこにほのかな吟醸香もありますし、旨みと酸度のバランスも良く、
本当によくできたいい酒なんですよ。

これを「辛口」の後で飲むと、その良さが半減します。
一概には言えませんが、日本酒度の低いものは初めのほうに飲むのがいいですね。

No title

最近のお気に入りは三芳菊の壱というやつです。
どんな味という質問に言葉では答えたくない酒です。
たとえて言うなら、魔球、隠し玉、大リーグボール1号。
決してカーブやフォークではありません。
度肝を抜きます。うふふ。もう言わないっと。

Re: 根岸冬生さん

根岸さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
〈三芳菊の壱〉というのは知らなかったです。
いやいや、ウェブログをやっていてよかったと思うのは、
こうしていろいろ教えてくださる方がいらっしゃることです。

> 度肝を抜きます。うふふ。もう言わないっと。

ううむ、度肝を抜く、というのはちょっとやそっとじゃありませんよ!
これはもう、試してみるしかなさそうですね。
貴重な情報、ありがとうございます!
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)