エリン・ボード 『フォトグラフ』 (2010)

Erin Bode / Photograph (2010)

ErinBode_Photograph.jpg
01. The Mountain
02.Heart Of Mine
03.To Lose
04.Stephanie Moore
05.November
06.The Letter
07.Joseph
08.Photograph
09.Beating On The Door
10.Telescope
11. Wise Man



エリン・ボード(Erin Bode)はこのウェブログでも一度取り上げたことがあるシンガー/ソングライターである。名前の表記は「ボーディー」とか「ボーデ」などいろいろあるようだが、〈mode〉を「モード」と読む伝でいけば「ボード」になるはずなので、ここでは「ボード」としておこうと思う。ちなみにキング・クリムゾンやイエスで活躍したドラマーのビル・ブラッフォードは本人の弁によると「ブルッフォード」と発音してほしいとの旨をウェブ上のどこかで見たように記憶している。

エリン・ボードを初めて聴いた際どこか欧州的なものを感じたけれど、彼女はアメリカのミネソタ州生まれの人で意外だった。高校時代にミズーリ州セントルイスに移住、大学でジャズを学んだという経歴があるようだ。そう聞くと「セントルイス・ブルース」とか「カンザス・シティ」といった曲が思い浮かんでくるけれど、エリンの音楽からはブルースの匂いは感じられないし土臭いものがほとんどないように思えた。ポール・サイモンがお気に入りらしくフォークらしさは初期アルバムに感じられた。

エリン・ボードはいちおうジャズ・シンガーということになっているようだけど『オーヴァー&オーヴァー』(2006)はモダンで都会的なフォークとジャズの不思議な融合といった感じ。『リトル・ガーデン』(2008)は、ジャズというよりはポップといったほうがいいような雰囲気だ。いずれもアコースティック中心の曲作りであるが高度に洗練された独特のものがあり、アルバム収録の多くの曲を彼女とバンドのメンバー(ピアニスト)で共作しているようだ。

エリンのヴォーカルはか細いアルトという感じで、たいへんキュートな魅力がある。バンドの演奏もそんな彼女のヴォーカルを盛りたてるように緻密に計算されたセンスの良さが光る。冗長さや無駄なところがなく、聴きこむほどに味わいが出てくるような仕上がりなのだ。ヒーリング系(?)でもあるような心地よさもあって、エリンのアルバムはすぐにわが愛聴盤になったように思う。

さて今回取り上げるのは『フォトグラフ』で2010年にリリースされたもの。今までの心地よいアコースティック路線かと思いきや、(1)はスティング/ポリスを思わせるビートで、ヴォーカルにもエコーがしっかりかかっている。(2)もシンセサイザーによるイントロで、どうやら1980年代的サウンドを意識的にやっているようである。クレジットを見ると、しっかり「DX7」とある。これはヤマハのデジタルシンセサイザーで、1980年代にたいへん広く使われたものだ。

(4)は『アンフォゲッタブル・ファイア』以降のU2を思わせるエレクトリック・ギターのフレーズで、ちょっと嬉しくなってくるではありませんか。シンセサイザーを随所に使ってはいるもののそれが支配的になっているわけではなく、ドラムスのパートは生ドラムでがんばっているようだし、ときにアコースティックにより戻し(?)があるようで面白い。とくに(5)はアコースティックに戻ったような感じで本アルバムいちばんの聴きどころではないかと思う。

(6)のイントロなどぞくっとくる感じですね。シャーデーのメンバーもやるなあと思ったけれど、本当にこのバンドの人たちはセンスがいい。シンセサイザーの使い方が巧いのだろうか、どこか1980年代風サウンドを感じさせながら全体としてはアコースティックな印象が残るアルバム。静かに部屋で聴くにもいいし、店で流しても大丈夫なこと請け合いの、なかなかいいものだと思う。


【付記】
● この『フォトグラフ』は前作のNative Languageレーベルからではないようで、なんだか自主制作に近いようなジャケットの仕上がりですね。サウンドはいいのだけど、ジャケットの仕上がりがいまひとつだなあ、という感じがしました。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

tag : Erin Bode

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ジャケットがレトロな感じがすると思ったけど、意外に新しいアルバムなんですね。
実は恥ずかしながら私は音楽に関しては門外漢で・・・。
特定の好きなアーティストがいる、と言うよりは、この歌、この曲がいいな、と言う限定的な気に入り方をするのが多いです。
さて、と言う事ですが、いろいろこうして解説してあると興味が沸いてきますね。
今繁忙期で気持ちに余裕がないのですが、時間ができたらネットで視聴できないか探してみようと思います。

Re:依里さん

依里さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
お元気ですか? 仕事がずいぶん忙しそうですね。
このジャケットはメジャーレーベルでないとこうなる、という
典型的な例ですね。ディストリビューションとか、よくわからないのですが、
やはりメジャーレーベルと契約するというのは大きなことなのかも。

ミュージシャンの人でも「これからはインディペンデント系の時代だ」と
思っている人も多いようですが、CD自体が売れない時代ですものね。
何をどうすればなんて、だれにもわかりませんよねえ。

それはともかく、この人はいいですよ。
ほとんど自作の歌で、バンドのセンスもいいんです。
このアルバムより、前作の『リトル・ガーデン』のほうがいいかも。
YouTubeでもわりと見られるのではないかと思います。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/08 (5)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)