芋焼酎 〈晴耕雨読〉

Seikoudoku_WithSomePieceOfIce.jpg
今年の夏、初めて芋焼酎なるものを飲み、なかなかいけるではないかと感心した。そのときは〈五代目和助〉という鹿児島の芋焼酎を飲んだのだが、それを購入するとき同時にもとめた〈晴耕雨読〉という芋焼酎を今回飲んでみた。本当は一升瓶で買ったほうが安くなることは承知しているけれど、なにしろ初めて飲むわけですからね。

もし外れたらどうしようという恐れもあり、四合瓶で二本を買う作戦である。そうすると、いろいろ飲めて楽しいし、いけることを確かめてから安心して一升瓶で焼酎を買えるというわけだ。焼酎メーカーがもっと四合瓶とかワンカップで出してくれたらうれしい。そうすると、少なめで試飲してから安心して大きめサイズを買えるではないか。

〈五代目和助〉を飲んで感心した後だったので、ある程度安心して〈晴耕雨読〉を飲める。焼酎を今まで飲まなかったのはどうしてだろう、などと後になって思ったが、それでも酒というのは飲んでみるまでわからないもの。例によってオールドファッションド・グラスに氷だけを入れ、そこに鹿児島の芋焼酎〈晴耕雨読〉を注いで飲んだ。

うむ、これはまた、なんともいい香りで洗練された感じがするではないか。〈五代目和助〉もいいけれど、個人的には〈晴耕雨読〉のほうがより好みに近いかもしれない。〈晴耕雨読〉は鹿児島の佐多商店という蔵が出しているもので、〈晴耕雨読〉の他に〈刀〉とか〈不二才:ぶにせ〉や〈角玉〉など、いろんな種類の焼酎を発売しているようである。

販売店のウェブサイトによると、「若干の米焼酎を隠し味にブレンドすうることで芋の風味を押えた飲みやすい芋焼酎。しかし芋のボディはしっかりある、その酒質からお客様から安定した支持をいただいている芋焼酎です」などとある。なるほど、この飲みやすさというか洗練された感じは米焼酎のブレンドとなにか関係があるのかもしれないな、などと勝手に想像してみた。

それにしても芋焼酎と米焼酎のブレンドとは考えたものだ。ウィスキーでも、モルトとグレーンのブレンドというのがあるのだから、焼酎の世界でもあってもおかしくない。しかも焼酎は米、麦、蕎麦、芋など、かなりの種類があるのだから、もっともっとブレンド焼酎が出てきてもいいはずだ。これも自分が知らないだけで、ひょっとしたらブレンド焼酎はもう、たくさん市場に出回っていたりして。

いや本当、〈晴耕雨読〉は飲みやすい良い芋焼酎だ。これは一升瓶でも買いたくなるほどで、もしこれを木の樽に詰めて長期保存したらいったいどんな酒になるんだろう、と想像するだけでも楽しくなってくる。長期保存タイプの焼酎って、やっぱり旨いんですよね。これは蔵の人の考えもあるだろうから、そう簡単には実現しないだろうけど、〈晴耕雨読〉の長期保存酒を夢想しながら、今宵一時を過ごした。


【付記】
● 朝夕に少し秋を感じさせるのですが暑い日がまだまだ続いています。どうやら今年もエアコン稼働なしで夏を越すことができそうです。30℃前後の室内で、氷に注いだ焼酎はやはり旨い。しかも料理の邪魔にならぬ頼もしい伴侶でもあります。たぶん9月いっぱいまでは焼酎のお世話になりそうな雰囲気ですね。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 タイトルを拝見して、芋焼酎を友として晴耕雨読の生活をされる
のかと誤解してしまいました(笑)。

 米焼酎とのブレンドというのは初めて知りましたが、なるほど各種
の焼酎をブレンドして試してみるのもおもしろそうですね。

 ウィスキーやブランデーもそうですが、焼酎を長期熟成すれば絶
対にうまくなるはずです。麦焼酎の熟成したものを飲むと、ツーンと
した角が取れてまろやかになっているのがすぐにわかりますしね。

Re:薄氷堂さん

薄氷堂さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
「芋焼酎で晴耕雨読を」ではありませんよ!
だけどねえ、焼酎は勢いがあるのか、なかなか味のある名前を
持っているものが多いですね。本当、〈晴耕雨読〉なんてなかなかのものです。

これは本当に「えっ」というくらい、洗練された雰囲気があります。
長期熟成タイプでないのに、じつに飲みやすい。
ブレンド焼酎、とてもいいアイディアだと思いました。

あまりに出来のいい焼酎だったので、
もしこれの長期熟成タイプがあったら、などと夢想してしまったんですね。
もう少し焼酎、飲みますよ!

No title

芋かあ・・・

芋はちょいと苦手だな。最近はめっきり麦ばっかりで・・・

昔は胡麻だ蕎麦だ米だと・・・いろいろ試してみましたが、芋だけはどうもだめで・・・

周りの人はみんな芋だ芋だと言っているのですが・・・

Re:gatayanさん

gatayanさん、こんばんは! コメントありがとうございます。
いやあ乙山もですね、これまで芋焼酎を飲んだことがなかったんです。
で、実際飲んでみて、あっ、これはこれで、
なかなかいけるではないか、とそんなふうに思った次第です。

なかなかいけるではないか、ということなので、
それを有り難がっているというわけではないのです。
ですが、まあ、やはりこの時期、すっきりと氷で飲むのなら、
焼酎も悪くない選択ではないかと思うのです。

この〈晴耕雨読〉は、芋焼酎が苦手なgatayanさんでも、
意外といけるかもしれませんよ。かなり好き嫌いの激しい、
「お子ちゃま」味覚の乙山が言うのですから、まちがいありません(?)。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/05 (7)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)