干しカレイを食う

Flatfish_sole_flounder.jpg
近頃は調理する環境も整ってあまり外食することもないのだが、引っ越ししてしばらくはわりと夕食を外で済ますことも多かった。なにしろ帰ってくるのが9時とか10時頃になることが多いので、そこからあれこれ調理するのは本当に面倒くさいのだ。というわけで夕食といっても私(乙山)の場合、お酒が入るので「御食事処」よりは居酒屋さんに行ってしまうことが多い。

居酒屋メニューといってもいろいろあると思うけれど、何が好きかと問われれば「カレイのから揚げ」と答えてしまうかもしれない。なんでそうなるのか自分でもよくわからないのだが、もしそれがあればたいてい注文してしまうのではないか、というほどである。あの白身がなかなかおいしく、大根おろしと葱を入れたぽん酢で食べるとなんだか幸せな気分になる。うむ、安上がりな男、いや、安物の男(?)でもあるな。

体長20cmくらいのカレイであれば、骨も大きくて全部食べるわけにはいかないけれど、15cm級のカレイなら、うまく揚げればまるごと全部食べられる。たまに寄ることもある池田の料理屋さんでは、骨を外してそれだけ「骨せんべい」として横に添えてくれるし、「それ、頭からそのままいけますよ」と言ってくれる。いわゆる「縁側」についている細かな骨も、尾びれも、本当にそのまま食べてしまえるので、箸など使わず両手で持ってかぶりつくわけです。

カレイはから揚げにするほか、煮付けにしても旨い。大きなカレイの切り身をしょうゆ・酒・みりんと生姜で煮付けたものに、焼き葱なんかが添えてあればうれしい。たとえばカラスガレイの煮付けなど、身がさっと取れて食べやすいことこの上なく、脂も乗っていて上々である。冬はこれをつまみながら燗酒なんぞをやるわけですね。ちょうど産卵の時期に重なって子持ちカレイに当たることもあってなんだか得した気分になる。

まあそんなふうにしてカレイとお付き合いしているわけであるが、近頃「さかな作戦」というのを実行していて、夕食にできるだけ魚を食べようというわけです。サバの切り身とかとかアジの開きを買うわけだが、横を見ると干しカレイがあるではないか。そうか、カレイも焼いて食えばいいんだ、と思ったのだが、どうしてそれに気づかなかったのか不思議でならない。というわけで生まれて初めて、カレイの一夜干しを買いましたよ。

そいつをね、ガス台に付属している魚焼きグリルで焼いてしまおうというわけなんですね。ちょいと切れ目を入れたカレイを、あらかじめ余熱しておいたグリルに入れるのだが、皮を下にして最初に身を焼くとよい、と説明しているものが多い。中には「皮から焼くほうがよい」とする干物専門店のウェブサイトもあって、いったいどっちが正しいのかわからないが、カレイの場合は白いほうを上にして焼けばいいのだと思う。強火でだいたい5分くらいかな。

裏返して中火(または弱火)にして4分、さあ干しカレイが焼き上がりましたよ。一塩ものなのでそのまま食べられるが、好みによってレモン汁とかしょうゆをかけてもいい。から揚げでぽん酢が合うので、それも試してみたがなかなかおいしかった。写真ではひれのことを一切考慮しなかったので焦げて消失してしまっているが、焦げるのが嫌な人はアルミホイルで包んでおけばいいだろう。

ううむ、やっぱり白身の魚はおいしいなあ! とくにカレイは臭みも少なく上品な味わいだ。ひょっとしたらフグの次に好きな白身魚かもしれない。タイもおいしいけれど、焼魚にした場合、カレイのほうが自分の好みに合っているように思う。縁側の部分の骨をとるのが面倒くさいけれどなんとも上品な脂が乗っていて、左手も使いながら骨と格闘して食べる価値がある、カレイの一夜干しなのでありました。


【付記】
● カレイといえば、カラスカレイの切り身を買って来て煮付けにするとか、小麦を付けてバターで焼くなどといったことしか経験がありません。生れて初めて干しカレイを買った、などと書くと、やれやれ、と思われた方もいらっしゃると思いますが、まあこんなもんでしょう。そもそも魚なんて食べないし、という人も結構いるんじゃないかと。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

tag : カレイの一夜干し 干しカレイ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

カラスカレイというのは初めて聞きました。西の方にあるのかな?こっちでは、宗八カレイ、なめたカレイ、真ガレイです。
釣りをなさる方に頂くお土産で一番多いのも、カレイですね。
フライ最高です。軽く塩ふって頂きたいですね。
カレイの煮付けも最高ですね。
小骨と格闘しながら食べたくなりました。


Re:かえるママ21さん

かえるママさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
カラスガレイはね、切り身の冷凍がよく売られています。
体長1mを超える大きなカレイで、ほとんど輸入ものらしいです。
別名をエゾカラスカレイ、ギンガレイ、冬ガレイというそうです。

鮮魚としてはほとんど流通していないそうですが、
近海ものだと刺身にしても旨いのだと書いてありました。
流通量は多く、白身のフライや回転寿司の「えんがわ」として、
それと知らぬうちに食べていることもあるのだとか。

こちら(関西)ではそもそも鮮魚のカレイは流通量が少ないのではないかと思います。
小型のカレイを見かけることがありますが、どうやって調理するのか、
などと思うと「とりあえずパス!」ということになるんですね。
その点、カラスガレイは切り身にしてあるので調理が楽です。

No title

 ついに干しカレイが登場しましたね。身が淡泊で、とてもうまいもの
です。

 小さいカレイの焼いたものなら、ぼくは縁側の小骨をそのままバリ
バリ食べてしまいます(さすがに背骨は無理ですが)。案外いけます
よ。

 煮付けなら身が厚くてふっくらしたカレイがいいですね。昔は魚を
食べ終わったあとのお皿にお湯を注いで、そのスープを啜るというこ
ともありました。煮付けを冷蔵庫に入れておくと、いわゆる煮こごりに
なりますが、これもまたオツなものです。

 カレイは種類も多く、地方によって呼び名がちがったりします。なめ
たはこちらでいうババガレイかな。ほかにヤナギガレイ、タンタカ、クロ
ガレイ、たしかアカガレイなんてのもあったと思います。

Re:薄氷堂さん

薄氷堂さん、こんばんは! コメントありがとうございます。
こういう旨いものを、どうしていままで気付かなかったのかな、
などと思っています。これは本当にいけますね。

かなり焦げたひれも、その内側の「縁側」の部分も、
小さなカレイだと、ばりばりそのままいけるようですね。
「縁側」のあたりにはもう、なんとも言えぬ上品な脂が……

今でも吸い物の、一つの極致として、
魚の背骨を焼いたものを出汁にすることがあるみたいです。
よほどのものだと思うのですが、それからすると、
魚を食べ終わった跡にに湯を注いで、スープを、
というのはいわば「当たり前」のように行われていたのでしょうね。

カレイに手を付け始めたばかりですが、
そのまま売っている鮮魚のカレイはまだ、手が出ませんね。
そのうち、なんとか、てな感じです。

No title

私の郷里は干物っていえばホッケかカレイか・・・後はサンマのみりん干し。
これらの干物は週に2,3回はお目にかかる代物でした。

またかって感じで・・・その頃はいたんですが、関西で暮らすようになってあの鄙びた感じの香りが懐かしくって・・・

でも、こっちじゃああんまりいいのにお目にかからないんですよね。

Re:gatayanさん

gatayanさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
干しカレイを初めて買って食べましたよ!
思い出してみると、ご飯のおかずとして干しカレイを
食べたことはなかったのではないかと思います。

食べてみると、白身でたいへん美味しかったのです。
カレイ自体は食べたことがありますが、干物のそれを
食べたことがなかったので、とてもいい経験をしました。

ただね、初めてというわけで、他の地域、たとえば
漁港のある街とかだったら、干物ももっといいものなんだろうか、
とかそういうことをつい思ってしまいますね。

土地に囲まれた奈良では、魚は多少きついかも……
いい魚を知っていらっしゃるだけに、一層でしょうね。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/06 (7)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)