雑魚フグのから揚げ

FriedFugu.jpg
最近は魚をよく食べるようにしているが、もし「魚の中でいちばん好きなものは?」と訊かれれば「フグ」と答えてしまうかもしれない。フグは白身で魚臭さが少なくまことにあっさりしているし、刺身にしてよし、焼いてよし、から揚げにしてよし、鍋にしてよし、といろいろな楽しみ方ができるところもいい。極上のトラフグをもとめて大阪は日本橋の黒門市場にでも行ってみようかと思うほどである。

だがご存知の通り、本物のトラフグはやはり高直(こうじき)である。私(乙山)ごとき庶民中の庶民がおいそれと手を出すわけにはゆかぬ高嶺の花。黒門市場に行ってみようかと「思う」だけでそれを実行したことはない。いや、黒門市場に「行く」だけなら何度かやっているのだが、トラフグを購入したことはないというわけです。ああ、フグを思い切り食べたいなあ、だけどフグは高いなあ、毒も怖いなあ、ということでなかなか食べる機会もないのが本当のところ。

ところが某日、近所のマーケットで「フグのから揚げ」なるものが販売されているではないか。フグの切り身にから揚げ粉のようなものがまぶしてあって、フライパンで簡単調理、などと書いてある。もちろんそれはトラフグであるはずがなく、詳しいことはわからないがたぶんゴマフグとかサバフグといったいわゆる雑魚フグであることはまちがいない。大丈夫なんだろうか、とか思いながら買い物籠へ入れていた。だって、雑魚フグであろうと、フグはフグなんである。

写真に写っているものがそれなんだけど、これはだいたい半分くらい。つまりこのような切り身がだいたい10個ほど入っていて398円くらいだったと思う。高いですか、安いですか? そのあたりのことはよくわからないけれど、いまどき調理済みの切り身だって結構なお値段をとるわけだから、そんな無茶苦茶に高い値段ではないと思う。写真ではなんだか油まみれに見えるかもしれないが、これはレモン汁をぶっかけてあるからそんなふうに見えるだけなので念の為。

あらかじめ熱しておいたフライパン(我が家では中華鍋)にちょっと多めのグレープシード油を入れ、弱火または中火にてフグを投入する。1分半ほどできつね色になるので裏返し、さらに1分半ほど加熱する。フライパンは日本では「焼く」とか「炒める」イメージがあるかもしれないが、あちらでは目玉焼きを「フライドエッグ」と称するようで、日本でいうてんぷらとかフライの類はディープフライなんですと。

さて両面きつね色に出来上がったら皿に盛りつけ、食べるとしましょう。たぶん塩水処理または塩を入れて干してあるのかわからないが、あらかじめ塩味が付いているのでレモン汁をかけるだけで食べられる。おっ、けっこう、いけるではありませんか。白身であっさりしているところはやはりフグ。さすがに極上のトラフグに遜色がない、などというと嘘になるかもしれない、というかそういうものを食べ付けてないから比較のしようがないのだが、これはこれで、たいへん気に入りましたよ。

写真の5切れでパックの半分、これで終わりにしておこう、とか思うのだが、白身であっさりしているのでついぱくぱくと食べてしまって、あっ全部食べてしまった、腹八分目作戦はどこへ行ったやら、となってしまう。まるでフグに恨みでもあるかのごときがっつきようで、我ながらどうかと思うのであるが、まあいいか、白身の魚だし、と居直ることにしましょうかね。


【付記】
● ちなみに、池田の酒飲みなら知らぬ者はない駅前の立ち飲み屋〈備前屋〉でも、メニューに「フグの唐揚げ」があって、たまに注文することがあります。山芋の短冊かなんかでまずビール大瓶を半分ほど飲み、おもむろにフグの唐揚げを注文し、その日の気分に合った日本酒でしめる、なんていう「ちょっと一杯」をやっても2000円にならないんですね。「野菜のてんぷら」なんてのもあってすごいボリューム。だけどいつ見ても超満員状態の〈備前屋〉さんです。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

フグはうまいですよねえ・・・
この人生で何回食べたことがあるやら・・・

しかも、トラフグなどは五指に余るほどの回数かと記憶しています。
あとはサバフグ。

けれども、それでもやっぱりフグはフグ。滋味深いものですよね。
特に鍋になんかして、最後の「おじや」は・・・

から揚げも悪くないですね。お御呼ばれで食べたことがある程度ですが、魚のくせに妙に動物的で(まあ、魚も動物の一種ではあるけれど・・・)、歯ごたえが良くって。

今度御目にかかれる日はいつのことやら・・・

^^

あ。これ食べた事がありますよ^^
下拵えがしてあるので。
グループホームの料理でぴったりでした。
レモン汁だけでも美味いですが。
自分は醤油もかけていました。
(味覚が貧しい証拠ですw)
手軽な高級料理?ですね~^^;)/

Re:gatayanさん

gatayanさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
むかしむかし、両親に連れられてフグを食べさせてもらったことがありますが、
もう、美味しかった、という記憶しかありません。
それを今でもきちんと覚えているくらいですからね。

なにもトラフグでなくてもよい、サバフグやゴマフグでいいから、
それのから揚げを、料理屋で食べたいんですね。
だけどできれば、トラフグを食べてみたいですね。
なにかいいことがあったら、その時こそは、などと楽しみにしています。

Re:waravinoさん

waravinoさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
そうですか、そちらにもありましたか。フグといえば下関、
やはりフグ関連の物はそちらのほうがたくさんあるのではないかと思います。
関西、とくに大阪のフグの消費量はたいへん多いのだそうです。
乙山も一応、半分くらいは大阪人ですので、やはりフグが好きです!

この間、カレイの干物を食べて思ったのですが、やはり白身魚はうまいです。
カレイは骨が多く身が少ない魚ですけど、たいへん気に入りました。
休日にカレイの干物とか、秋刀魚の開きを買って冷凍保存しているんですよ。

No title

ふぐの唐揚げですか〜!?
食べてみたいですね。
とても高級魚ですもの。

カレイは、こちらでもポピュラーですね。
「宗八カレイ」「ナメタカレイ」「マガレイ」これらは、どれも高級ですが。
只野乙山さんのお料理は、料亭の様なお料理が多いですね。これからも楽しみにしてます。

Re: かえるママ21さん

かえるママさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
フグといっても本物のトラフグではありませんよ。
これはね、ゴマフグとかサバフグといった、いわゆる雑魚フグというものです。
それでも、フグはフグだから、白身の魚としてけっこうおいしい、ということです。

> 只野乙山さんのお料理は、料亭の様なお料理が多いですね。

あれっ、決してそのような料理は出していないはずですが?
鶏じゃがですよ、鶏じゃが。今後はいまさら、という感じのする惣菜も
出していく予定です!

No title

おいでませ黒門ふぐ買いツアー!(笑)
社会人になって数年目、会社の同僚たちと難波千日前に食べ(というか飲み)に
行って以来とんとごぶさたです、ふぐ(^^;)
若造にも払える価格のコース料理だったので最高級の品では絶対無いのですが
それでもかなり楽しめた記憶があります♪

1パック398円のから揚げ・・・私なら3パックほど買い占めて冷凍保存
してしまいそうです(笑)
安かろう悪かろうではなく、その価格帯なりの美味しさがありますよね♪

Re:zumiさん

zumiさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
いや本当に「トラフグを買い」に黒門市場に行きたいものです。
刺身、焼き、から揚げ、鍋、雑炊と、フグを堪能したいですね。

それらのいずれも本当においしいのだから困ったものです。
これほど多種多様の料理ができて、しかもおいしいという魚は
珍しいのではないかと思います。

1パック398円の雑魚フグのから揚げ、そんなにありがたがって
食べるほどのものではありませんが、そこそこおいしいのです。
サバフグとか、ゴマフグのから揚げなんかを、しっかり食べさせてくれる
料理屋があればいいんですけどね。

No title

ちょくちょく拝見させてもらっています。

サバフグはとても美味しいですね。ぼくはトラフグよりも値段と味を比べても上をいっていると思っているので秘かに食べてます。

値段が上がると困るのであまり頻繁には紹介しないでください(*^_^*)

Re:一生喜劇さん

一生喜劇さん、こんばんは! コメントありがとうございます。
あまりフグのことについて詳しいわけではないので、
自分がいま食べているのがサバフグなのかゴマフグなのか、
いまひとつよくわからないまま食べています。

なるほど仰るように、だれかが騒ぐと、ある物の物価が高騰することがありますね。
本当にそうなってしまうと、ちょっと悲しいものがあるんですが、
このウェブログのような小さな存在だと、大丈夫(?)とか思います。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/06 (7)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)