ちゃんぽん調査隊(3)



〈遊歩者 只野乙山〉 冬季限定企画
【ちゃんぽん調査隊】



Osho_Ishibasi_01.jpg
最近音楽関係の記事が多くなっているのは足の調子が悪いことと大いに関係があるかもしれない。活動的ではなくなってしまうため、本を読んだり(漱石「門」で止まってしまっている)、CDを聴いたりして過ごす時間が多くなったからだと思う。音楽の記事がどうもマイナー路線(?)に偏ってしまっているのは趣味によるものだ。

だけど足痛のピーク時(2012年2月終わり頃~3月上旬)に比べると、本当に楽になりました。仕事があるときは鎮痛剤を投与しているけれど、休みの日なんかはそれなしで済ませることもできるようになり、多少元気も出てきましたよ。そんなわけで今回はちゃんぽん調査隊として石橋に行ってきました。

石橋は大好きな街で、商店街に活気があるのがいいですね。阪急の駅から出るともう、そこは商店街のど真ん中、というのも面白い。いろいろな惣菜屋さんとか弁当屋さん、酒の量販店からCDレンタル店、そして銭湯まで商店街の中に存在しているというのは石橋の他にはないんじゃないだろうか。

Osho_Ishibasi_02.jpg中華料理店がわりと多いのも気に入っている。今回は〈餃子の王将石橋店〉に足を運んだ。商店街を抜けて阪急電車の高架下あたりにあるのだが、近くには以前ウェブログでも紹介した〈かつれつ亭〉もあるし、その隣には何かお洒落な洋食の店もある。ちゃんぽん調査隊としては洋食に目をくれてはならぬので、そそくさと〈餃子の王将〉に入った。

〈餃子の王将〉といっても様々で、餃子の皮とあんを配給してもらって後は自分でやる、みたいな店もあれば、メニューからほとんどすべて会社の手が入っている直営店に近いタイプの店もある。いずれにしても中華料理店はその店の鍋一つで決まるので、鍋がしっかりしている王将に当たれば、それはもう宝物だと言ってもいいのではないかと思う。

Osho_ishibasi_03.jpg写真二枚目、メニューを写したものをご覧ください。このように、チャンポンなるものがちゃんとメニューに載っているのです。カウンターに座っていれば、料理人が中華鍋を振る姿をつぶさに観察できるけれど、これも中華料理店における楽しみの一つである。北京鍋なのか広東鍋なのか、杓子は丸いものか先が平たいものか、どんな手順で料理ができていくのか、などを実際に見られるのは本当に勉強になる。中華料理が大好きなので余計そうなってしまうのだろうか。

さてそうこうしているうちに料理が来ましたよ。手際のいい人の仕事は見ていて本当に気持ちがいいものだ。とんこつと思われる白濁したスープはとろみが付いていない。豚肉、キャベツ、たまねぎ、人参、モヤシ、葱、キクラゲ、鶉卵に帆立貝とボリューム満点、さらに海老天なんてのが付いているのうれしいですね。写真四枚目、赤いレンゲのすぐ近くに海老天が写っているのがおわかりだろうか。

Osho_Ishibasi_04.jpgここのちゃんぽんこそ、最近増えつつある〈長崎ちゃんぽん〉スタイルのちゃんぽんである。昔からある、あんかけちゃんぽんの消滅を危惧する者ではあるのだが、このちゃんぽんは太麺ながらちゃんとその場でゆでており、歯応えがとてもいいんです。これだけ具がたくさん入っていて500円(税込525円)って、ちょっと信じられないくらいだ。ああ、ほんとうにちゃんぽんは庶民の味方だなあ。自分の腹具合では、本当に他のメニューは一切食べられないくらい満腹になった。まだ少し寒さが残っている3月某日、かなり幸せになって店を出た。


≪ちゃんぽん調査隊(2)へ  ちゃんぽん調査隊(4)へ≫


【付記】
● 男が好きなことだけ書いている勝手気ままなウェブログですが、女性の方もわりと読んでくださっているのはありがたいことです。ちゃんぽんの記事読んだけど、女性が一人で中華料理店に行くのはちょっと……というのはありますね。21世紀の中華料理店は、客室と厨房分離型の、お洒落で小奇麗なもの、女性でも一人で入って「餃子とビール」と頼めるような、そんな中華料理店であればいいですね。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

^^

ちゃんぽん~
若い頃はちゃんぽん=ダサい食べ物でしたw
でも近頃はラーメンよりもちゃんぽんを食う機会が多いです。
でんぷん質・たんぱく質・野菜が一緒に食べれるんですから。
これほど理に叶った食べ物はないと思うわけです。
ちゃんぽん=万歳な食べ物ですね^^

でもまぁ。ラーメン+御飯には。
なんとも言えない幸せを感じますけどwww^^)/

Re:waravinoさん

waravinoさん、こんばんは! コメントありがとうございます。
ちゃんぽん、侮りがたい食べ物ですよ……
肉とか野菜など、ラーメンなどよりしっかり入ってますからね。
なのに、そんなに高くなく、まさに庶民の味方、という感じです。

今回のちゃんぽんは「当たり」でした。
関西では「餃子の王将」といえばそんなに敷居が高くない
中華料理店の代表で、たいしたことはないだろう、と思われがちですが、
ここのちゃんぽんはまさに「お宝」レベルです。

waravinoさんがおっしゃるように、ラーメンとご飯、または
ラーメンとチャーハンの組み合わせも、
なんとも言えぬ幸せがありますね。

No title

 足の痛みが薄らいだとのこと、なによりです。

 ちゃんぽんを知るにはちゃんぽんを食べるにしかず。ちゃんぽんを食わず
してあの世に行くわけにはまいりませんね。ああ、人生に新たな目標ができ
ました!

 旅費に数万円を投じ、500円のちゃんぽんを食べて帰途につく……思うにほ
んとうの贅沢とはそういうものではないでしょうか。第一カッコいいです。やり
たいですね、ぜひ(笑)。

 ちゃんぽんもさることながら、阪急石橋駅の商店街もおもしろそうですね。ぼ
くはなにも余計なもののないだだっ広い場所と、ゴチャゴチャした通りという両
極端に惹かれるものですから、こういう記事を拝見すると、居ても立ってもいら
れなくなります。

No title

アル・クーパーもリトル・フィートも名前だけは知ってるのですが
聴いたことがないのですよねぇ。ちょっとレスに躊躇してました。
(でも音楽系の記事は好きですよ)

王将は自宅近くにもありますけど入ったことがないのですよ。
チェーンというところに何かひっかかりがあるのですねぇ。
しかし500円のチャンポンは旨そうだな。

Re:薄氷堂さん

薄氷堂さん、こんばんは! コメントありがとうございます。
いやはや、本当に「ふつうに歩けること」というのが
どれだけ幸せなことなのか、今回の足痛で再認識しました。

「ちゃんぽんは北海道にない」というのはもはや共通の認識となりましたが、
もしかしたらあるかもしれませんよ。
ただ、それは関西やその他の地域で広まっている「ちゃんぽん」では
ないのかもしれませんが。

スープにとろみが付いてなくても、太麺であっても、
〈餃子の王将石橋店〉のちゃんぽんは、それはそれで
とてもよい食べ物だったと思います。

ハリウッドスターなんかが、自家用ジェットを飛ばして
日本のラーメンを食べに行く、という話は本当にあるかもしれません。
だとしたら、薄氷堂さんの「予定」は相当なものではありませんか。
想像するだけで、なにか幸せになれそうですよ。

Re:RSさん

RSさん、こんばんは! コメントありがとうございます。
ううむ、やはりアル・クーパーは名前が知られているのですね。
リトル・フィートはいろいろアルバムが出ていますが、
『ディキシー・チキン』だけでじゅうぶんかもしれません……

チェーン店だから、なんだか安っぽい感じがするでしょうね。
結局どこでも同じだと、そういう雰囲気があるのかもしれません。
現地を見たわけではありませんので断定はできませんが、
関西地区を見る限り、チェーン店とはいえ、やはり鍋で決まるのです。

いわゆるファミリーレストランとかドーナツ屋さんの場合は、
そんなに各店に違いはないのかもしれませんが、
中華料理店の場合、「ぶれ」が大きいのです。
だから、なのかもしれません。
安くて、美味しい店は宝物になるのです。




No title

そうそう、いくら同じチェーンの同じレシピでも料理人の工夫次第で
味の違いって出ますよね~
昔、喫茶店のチェーン店(といっても4~5店舗ですが)に勤めていた頃
私を含め調理担当者全員「同じ味のものを作る」より「同じ材料・調味料で
より良いものを作る」ことに心を砕いていた記憶があります・・・
会社的にはあまり褒められたことでもないのかもしれませんが(笑)
マクドナルドのような全世界規模のチェーン店なら
「いつでもどこでも同じ味が食べられる」のはウリになりますが
少なくともここ大阪では「美味ければ何でもアリ」な感じがしますね(笑)

Re:zumiさん

zumiさん、こんばんは! コメントありがとうございます。
近頃の外食産業ではだれが作っても同じ味になるよう、
意図して運営している店も多いでしょうね。

そこでは「こうしたらもっとおいしくなるのでは」などという、
工夫とか好意はかえって邪魔になるようで、
もはや調理人は必要ないレベルになっているのではないでしょうか。

それからすると、中華料理のチェーン店はまだまだ懐が広い感じで、
各店舗のオリジナル料理を認めているようです。
炒めた材料に工場で造られた「たれ」を入れ、片栗粉でとろみをつけるだけ
のように見えますが、それでもどういうわけか、味に違いが出てしまう。

中華料理は本当に「ぶれ」が大きいのでしょうね。
そのうち、鍋さえもいらなくなって、真空パックされた調理済みの
「麻婆豆腐」とか「八宝菜」が湯煎にかけられていて、
注文が通ると、それを取り出し、袋から皿に盛り付けて出す、
などというスタイルの中華料理店が現れるかもしれませんよ。

No title

ニンニクの日に頂いた229円の割引券が4月までなので、是非とも調査に行ってみたいと思います。
かえるままのブログは、今だに、検索ワード「餃子の王将札幌店」でのアクセス多いのです....
ちゃんぽんは札幌の「餃子の王将」にはなかった様な....
確かに女性一人のお客様はいなかった様に思えます。
しかも、こんなにラーメンの種類はなかった様な....何せ、行列が後ろにも控えてたので、落ち着いて、じっくりメニューを見る事もできませんでした。(汗)

只野乙山さん、それより何より、足はいかがでしたか?病院の検査の結果はどうですか?
少しずつでも良くなって来たのは良かったです。
無理なさらないで、下さいね。

Re:かえるママ21さん

かえるママさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
「そもそも北海道にちゃんぽんはあるのか?」、これは重要な問題です。
ぜひ、よろしくお願いしましたよ!
だけど餃子の王将札幌店にはちゃんぽんはないでしょうね。

まあ関西にはこんなふうに、たいていどこの中華料理店に入っても
「ちゃんぽん」が存在している、ということを知っていただけら幸甚です。
そしてその流儀はそれこそ百花繚乱のごときで、店それぞれなんです。
それがまた、面白いので「ちゃんぽん調査隊」は止められないわけでして。
だけど暖かくなったらいったん活動停止になるでしょう。

足痛はだいぶ良くなりましたよ。
今回の足痛で「ふつうでいられること」というのがどれほど
有り難いことか、痛感しました。
お心遣いに感謝いたします。

No title

今日、餃子の王将で、「ちゃんぽん」を食べて参りました〜。(`・ω・´)ゞ
しっかりと、ありましたので、ご報告させて頂きました。
&記事に致しましたよ。(笑)

Re:かえるママ21さん

かえるママさん、こんばんは! コメントありがとうございます。
おお、そうですか!
〈餃子の王将に〉にちゃんぽんがあったんですね。
てっきり、あれは定番メニューというわけではないので、
関西のそれぞれの店の裁量で出しているものとばかり思っていたのです。
だから北海道にはないんじゃないか、と。
早速、そちらに伺いましょうかね。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/08 (5)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)