ブロッサム・ディアリー 『ブロッサム・ディアリー』

Blossom Dearie / Blossom Dearie (1956)

BlossomDiarie_Same.jpg
1. 'Deed I Do
2. Loverman
3. Everything I've Got
4. Comment Allez Vous
5. More Than You Know
6. Thou Swell
7. It Might As Well Be Spring
8. Tout Doucement
9. You For Me
10. Now At Last
11. I Hear Music
12. Wait Till You See Her
13. I Won't Dance
14. A Fine Spring Morning
15. They Say It's Spring (Previously Unreleased)
16. Johnny One Note (Previously Unreleased)
17. Blossom's Blues (Previously Unreleased)


キュート・ヴォイス(少女のような可愛らしい歌声)と言えば、現在ではスウェーデンの女性ヴォーカリスト、リサ・エクダールを思い浮かべる人がいるのではないかと思う。この手の歌声は好みが分かれるような気がしないでもないが、彼女よりずっと以前からキュート・ヴォイスのジャズ・シンガーとして活躍していたのがブロッサム・ディアリー。

CDのジャケットはブロッサム・ディアリーがピアノに向かって歌い、演奏しているところを写したものだと思うが、シング&プレイスタイルだ。べっ甲模様でウェリントン型のセルロイド眼鏡をかけた彼女はまるで女性会社員のようで、マイクロフォンを除いてトリミングしてみれば、タイプライターのキーを叩いている女性記者に見えてもおかしくないほどだ。

女性ジャズシンガーと言うと、背中が大きく開いて肩を出したドレスを着てクラブで歌っている、などというイメージが強いけれど、このCDジャケットを見る限りブロッサム・ディアリーは極めて真面目でお堅く見えますね。おそらく彼女の視線の先には楽譜があるわけで、この写真はたぶん録音スタジオでの一場面ではないかと思う。

演奏メンバーはブロッサム・ディアリー(vo, p)に加え、オスカー・ピーターソン・トリオのメンバーでもあるハーブ・エリス(g)とレイ・ブラウン(b)がじつに堅実なプレイで彼女をサポートしている他、ジョー・ジョーンズ(ds)、ノーマン・グランツ(pro)とクレジットされている。

ブロッサム・ディアリーについて詳しいことは知らないが、1950年代の初めごろからフランスで暮らし、当地で知り合ったクリスチャン・ルグラン(あのミシェル・ルグランの姉)らとコーラス・グループを結成する傍ら、クラブやバーでピアノを弾いて歌っているところをノーマン・グランツが見染め、アメリカで録音されたのが『ブロッサム・ディアリー』(1956)だという。

それにしても独特の雰囲気があるアルバムだ。「熱唱」とは程遠い、肩の力が抜けた洒脱とでも言うべき感覚は、いかにも「アメリカのジャズ」という感じがあまりしないから不思議だ。アメリカのジャズメンを起用してちゃんとスウィング感はあるんだけど、それがノリノリになって汗が出てくるほどの熱さはないんですね。フランス語で歌われる(7)や(8)もおおいに関係しているかもしれない。

近頃カナダ系の女性ジャズシンガーが活躍していて、フランス語で歌った曲を収録していることがよくあるし、彼女たちがボサノヴァをレパートリーに加えていることも多いのだが、それらはブロッサム・ディアリーが1950~60年代にやっていたようだ。ただし、この『ブロッサム・ディアリー』にはボサノヴァ曲は入っていない。この雰囲気はやはり、夜にぴったりの感じがする。全体に抑えた演奏になっているので騒々しさは全くなく、食事中に聴いても大丈夫だと思う。


【付記】
● ブロッサム・ディアリーは2009年に亡くなっているようですが、2006年ごろまではライヴを行っていたというからすごいものです。あまりたくさんの音源を残した人ではないようですが、まずは一枚目『ブロッサム・ディアリー』がお勧めです。

CDに収録されているトラック(15)(16)(17)はオリジナルLPには収録されていない曲で、ボーナストラックの意味があると思います。別テイクばかり並べた「ボーナストラック」はどうかなあ、と思ってしまいます。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

まっっったく知らないのですが、キュート・ヴォイスにセルロイド眼鏡というのが気になってgoogleで探して見ました。すぐにyoutubeがヒット(便利な世の中)。

ほお、確かに肩の力の抜けた感じ。キュートですけど甘ったるい声でもないし、かといっていかにもJAZZなアダルトすぎもせず。フランスを想像させる感じもなんだかわかります。

Re:RSさん

RSさん、こんばんは! コメントありがとうございます。
本当、便利な世の中になりましたねえ。
こうしてRSさんをはじめいろいろな方とお知り合いになれるのも
ネットとかウェブがあってこそのことですからね。

そのネットで見ると、ブロッサム・ディアリーを
「カルトな女性ジャズヴォーカル」などという人もいるんです。
いったい、カルトって……乙山にはよくわかりません。
どういうわけで「カルト」になっているんでしょうね。

とにかく、なんだか肩の力が抜けた感じで、いかにもジャズって
感じがしないんだけど、なんかいい感じで聴けてしまう良さがあるんです。
もしキュート・ヴォイスがお好みなら、リサ・エクダールもお勧めです。

No title

 ブロッサム・デイアリー、拙店でもしばしば流します。
 邪魔にならなくて良いですな~。

Re:ますたさん

ますたさん、こんばんは! コメントありがとうございます。
ブロッサム・ディアリー、いいでしょう?
キュート・ヴォイスなんだけど、そこはかとない色香もありますね。
お店で流すのにはぴったりじゃないでしょうか。

あっ、この曲、とかご存知の方はわかってくださるでしょうし、
そうでない人にも、流れていて邪魔になりません。

No title

ブロッサム・ディアリー、大好きであります。
アラレちゃんがジャズ歌ってるみたいで可愛いですな。

このアルバムがまずは定番ですが、
個人的には"My Gentleman Friend"(1959)というアルバムが
大変気に入っております。

Re:木曽のあばら屋さん

木曽のあばら屋さん、こんばんは! コメントありがとうございます。
クラシック中心の感じがする木曽さんですが、
たぶんご存知だろうと思っていました。

木曽さんお勧めのアルバム、まだ聴いていませんでした。
今度ぜひ、聴いてみますよ!
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/07 (7)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)