燗酒を飲む(3) 紀土(キッド)純米酒

KID_Junmaishu.jpg
今年の冬は燗酒に親しんだ。それまでほとんどと言っていいくらい燗酒を飲まなかったが、どういうわけか「燗をやってみよう」と思い立ち、実行してみた。もちろん、燗専用の酒器などはないので、徳利に日本酒を注ぎ入れ、それを湯煎するだけである。あまり熱すぎず、かといってぬるすぎる燗もつまらぬもので、自分にとってほどほどの温度を手探りで探し、楽しんできた。

今回は川西にある酒店でもとめた和歌山の酒〈紀土純米酒〉である。なるほど和歌山は紀州だから「紀」で、その土地や風土の意味を込めた「土」なんだな、と納得し、それを〈きど〉と読んで(呼んで)いた。つまり酒屋さんでも「〈きど〉をください」と言っていたわけだが、お店の人は小声で「ああ、〈きっど〉ですね……」と言っていた。

ああそうか、地元ではそれを〈きっど〉と言うんだな、こういう地元だけで流通する言い方ってけっこうあるんだよな、などと勝手に思い込んでいた。ところがどっこい、一升瓶の裏ラベルには〈紀土 -KID-〉と書いてあるではないか。平仮名ならぬ片仮名で書いた〈キッド〉こそが正式名称だったわけで、今度はちゃんと発音しようと思う。

早速燗でやってみました。これはなかなかいける酒だなあ。香りをしっかり感じるし、旨みと酸味が程よく味わえる、非常にバランスのとれた仕上がりになっているように思った。ラベルには「原材料名:米(国産)・米こうじ(国産米)、精米歩合:麹米50%(山田錦)・掛米60%、使用酵母:協会7号酵母、アルコール度数:15度以上16度未満」とある。日本酒度やアミノ酸度などの表示はないけれど、それで困るとか助かるなどということはない。

純米酒でありながら、値段は一升瓶=1980円というなんとも良心的価格ではないか。うむ、これはふだんのお付き合いにはぴったりの値段だな、と思う。ふだんの酒としてよく〈呉春〉や〈香住鶴〉の普通酒を飲むことがあるけれど、これもだいたい同じくらいの値段である。〈紀土純米酒〉は、それらに比べるとはっきりと香りが立っているように思うが、これが料理の邪魔にならない、いい具合に仕上げられている。

川西に所用があるたびに、帰りに日本酒を買うようになってしまった。なにしろ川西にはいい酒店がけっこうあるので、ついつい池田で買うより川西で、ということになってしまうのだろう。また川西にはレンタル店〈蔦屋〉もあり、CDやDVDのレンタルをするにも便利なのだ。もちろん池田にも蔦屋はあるけれど、川西のほうが規模が大きいので、どうもそちらの方に足が向いてしまう。

考えてみると、川西にはレンタル店〈蔦屋〉のほかにも紀伊国屋書店もあるし、阪急百貨店もある。だから川西に住んでいるとよほど特別な用事でもない限り、池田に行くことなどないのではないかと思う。げんにこうして、池田に住んでいる人間が自転車を走らせて川西に買い物に来ているわけである。池田にあって川西にないもの、それはもう銭湯と立ち飲み屋くらいなものではないか、などと思いながら〈紀土〉を背負って自転車を走らせる。


【付記】
● 和歌山の酒〈紀土〉(キッド)はなかなかのものでした。だけど新しい酒を見つけるのはそう簡単に参りません。種類豊富な酒店そのものが、街から消滅しようとしているわけで、これからはウィスキーにしろ日本酒にしろ、もっぱら通販で買い求めるのが主流になってくるかもしれません。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめましててらぞうと申します
よろしくお願いします
中々良いお酒を教えて貰いました、今度和歌山に行った際は是非飲んでみます

Re:てらぞうさん

てらぞうさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
〈紀土〉は酸味に特徴がある酒のようです。
あまり関係ないかもしれませんが、酸味で紀州の梅のことを思い出します。
今後ともよろしくお願いします。

No title

 Kid とは読めませんよねえ。

 お酒とは関係ありませんが、和歌山へは一度だけ行ったことがあります。
ぶらくり丁にはガッカリしましたけど(笑)、お城近くの物産館(?)で買った
干し梅(徹底的に乾燥させたもの)はうまかったですね。お値段も結構なも
のでしたが……

 梅で一杯というのも案外いけるかもしれません。

Re:薄氷堂さん

薄氷堂さん、こんばんは! コメントありがとうございます。
まさかKIDとは思ってもいませんでした。
ラベルの裏にそう書いてあるのを見るまでは、
訛りの一種だと思っていたのです。

和歌山はほとんど知りませんが、潮岬あたりとか、
熊野周辺を歩いてみたことがあります。
熊野はしみじみとしてよかったように思います。

世界遺産の熊野古道とか、那智の滝はしっかり外した
勝手気ままの遊歩でした。

No title

紀土は試飲会で呑んだことがあったと思います。
かなりさっぱりとした酒だったような。
味よりも蔵元の人がとても親切だったことをよく覚えてます。
しかし1.8Lで2000円切るのは知らなかった。イイお酒ですねぇ。

Re:RSさん

RSさん、こんばんは! コメントありがとうございます。
そうそう、さっぱりした味なんですよね。
これは勝手な考えですが、酸味がわりと立っている酒です。

それと、紀州和歌山の梅をつなげてしまうのはいきすぎかもしれません。
ですが乙山はなんだか〈紀土〉から梅を連想してしまったんです。
本当、ふだんのお付き合いにはいい酒ですよ!

No title

紀土は東京駅のはせがわ酒屋さんに試飲でよく来られるメーカーですね。
ためしに4合瓶を一本買っていった友人は、即日飲み干したとか言っていたので、大変おいしい日本酒なのはよく判ります。
あまり日本酒は量が飲めないので、どちらかと言うと買うのは同じ酒造メで作っている梅酒だったりしますが。こちらもおいしかったです。

Re: nandemonaさん

nandemonaさん、コメントありがとうございます。
紀土(キッド)はなかなかおいしい酒でしたね。名前も面白いです。
日本酒に新しい風を吹き込もうとする気持ちが伝わってきます。
たしかに、和歌山県産の梅酒って、とてもおいしそうな感じがしますね。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/03 (7)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)