ドゥルッティ・コラム 『フォー・ファクトリー・レコーズ』

The Durutti Column / Four Factory Records (2009)

FourFactoryRecords_FrontCover.jpg
1. The Return Of The Durutti Column
2. LC
3. Another Setting
4. Without Mercy

plus 2 limited bonus CDs only available as part of this boxset.
5. Unreleased demos
6. Live recording from London, Glasgow and Brighton 82/84.


1980年代、ドゥルッティ・コラムを耳にした人もわりといるのではないかと思う。メジャー・ロックバンドのように膨大な数の熱狂的なファンがいるわけではないのだが、静かなブームにはなっていたのではないだろうか。流行に疎い私(乙山)は例によって音楽に詳しい友人に教えてもらい、すぐに大好きになった。

1979年、イギリスのファクトリー・レコードより『リターン・オブ・ザ・ドゥルッティ・コラム』でデビューしたドゥルッティ・コラムだが、ふつうの意味でのロックバンドではなく、ヴィニ・ライリー(g, p, vo)の音楽プロジェクトと言ったほうがいい。ブルース・ミッチェル(ds, per)らがサブメンバーとしてスタジオ録音やライヴで参加することはあるものの、正式メンバーというわけではないようだ。

1980年代のことだから、カセットテープに録音した三枚目のアルバム『アナザー・セッティング』ばかり聴いていたのだが、すでにCDが登場しており、テープデッキが故障してしまったのを境にあまり聴かなくなってしまった。LPレコードをたくさん収集できていなかったこともあり、これから新しい音源はCDにしよう、と決意した。

私がLPレコードをほとんど所有していないのはこういう時代だったからだろう。もし、あと10年早く生まれていたならば、たぶん今よりたくさんLPレコードを所有していたに違いない。ドゥルッティ・コラムもCDで揃えればいいじゃないか、などと軽く考えていたのだが、ふと気が付くと、ドゥルッティ・コラムのCDは一部を除いてほとんど売り場からなくなっており、初期の作品はすでに廃盤となっていた。

FourFactoryRecords_PaperSleeves.jpg三枚目『アナザー・セッティング』はCDで購入できたものの、どうしても一枚目『リターン・オブ・ザ・ドゥルッティ・コラム』と二枚目『LC』を聴いてみたいなあと思い続けていた。ところが、2010年くらいだろうか、ネットでドゥルッティ・コラムをチェックすると初期の4枚がまとめてボックスセットになって販売されているではないか。少し高めではあるが、例の「マルチバイ特価」でかなり安く買えそうなので思い切って買ってみました。

ふつうCDの通販など小さな箱でやってくるものだが、今度のはやたら巨大な箱に入っていてちょっとびっくりした。だけど持ってみると異様に軽いので拍子抜けもいいところだ。で、中に入っているのは小豆色とでも言えばいいような地味な箱。CDのボックスセットにしてはかなり大きめのサイズではないかと思うが、そのわりには非常に軽いのだ。ふうん、という感じで開けてみると……

ええっ、と思わず声を上げそうになるほどだった。中から出てきたのはペーパースリーブに入った6枚のCDと、数枚のカード、ただそれだけ。ペーパースリーブには曲名が書いてあるだけで、オリジナルジャケットを再現する、などという意気込みは微塵もないらしい。これも英国流儀(?)というわけだろうか。日本人が企画する「紙ジャケットCD」とはえらい違いだ。

FourFactoryRecords_OriginalArt.jpgだがサウンドは一応純正のものだからきちんとしている(?)と思う。ビート感はほとんどなくて、ヴィニ・ライリーのギターが多重録音によって重ねられ、まるで織物のように心地よく響いてくるのはドゥルッティ・コラムならでは。ポスト・パンクとかニューウェーブとか言われるようだけど、これはどう聴いても「ブライアン・イーノの子どもたち」とでも言うべき仕上がり。ヴィニ本人は認めたがらないかもしれないが、私はそのように感じている。


【付記】
● 長らく廃盤となっていた一枚目と二枚目。ですが2011年にSHM-CDでそれらがリリースされているようで、しかも手の込んだ紙ジャケット仕様。ファンならこちらをお求めになるほうがいいでしょう。だけど1000円CDでも売れないこの時代に、いくら紙ジャケット&SHM-CD仕様とはいえ2800円を超える値段とは……もはやドゥルッティ・コラムはコレクター対象の稀少物品になってしまったというわけでしょうか。

ちなみに小豆色のCDボックスセットは、Amazonで29800円(新品)、12800円(中古)となっているようです(2012年3月現在)。なんだかえらいことになっていますね。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

tag : ドゥルッティ・コラム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/06 (7)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)