竹鶴12年ピュアモルト



〈遊歩者 只野乙山〉 特別企画
【日本のウィスキーを飲む】



TaketsuruPureMalt_12yerasOld.jpg
そんなものがあったなんて、と言われてしまいそうだが「日本のウィスキーを飲む」という企画はまだ続行中である。だが、そもそも販売店に置いてある日本のウィスキーは限られていて、飲みたいなあと思うけれどなかなか手に入らないということも多い。たとえばニッカの〈G&G〉とか、〈ザ・ブレンド(オブ・ニッカ)〉や、キリン・ディスティラリーズの〈ロバート・ブラウン〉や〈エムブレム〉などを取り上げようと考えているのだが、近隣の店ではまだ見かけたことがない。

販売店の方は「言ってくださればどんなものでも入ってきますよ」と言うのだが、洋酒は酒の量販店(ディスカウント店)の価格帯でなければ買う気がしない。そういう店ばかり利用しているうちに値段の感覚がおかしくなったのかもしれないが、小売店で高い値段の洋酒を買うわけにはいかなくなってしまった。申し訳ない気持ちが多分にあるにはあるのだが、こればかりは仕方がない。

西宮/宝塚に住んでいたころ、西宮の一里山(いちりやま)というところにとてもいい酒店があって、そこではニッカの〈フロム・ザ・バレル〉や〈G&G〉が納得のいく値段でさっと買えたし、〈ザ・ブレンド(オブ・ニッカ)〉も置いてある。なので自転車を走らせてはその店で〈フロム・ザ・バレル〉をよく買ったものだった。それはニッカの中でも特にお気に入りのウィスキーで、ひょっとすると〈スーパーニッカ〉より好きかもしれない。一口飲むと本当に旨いなあと感激するのである。

北摂地域ではたぶん、西宮の一里山にある酒店以上に洋酒に力を入れている店はないと思うのだが、これはまだ調査ができていないので断定するわけにはいかない。ひょっとして箕面とか豊中から梅田側の町に素晴らしい名店が存在するかもしれない。その楽しみはおいおい追求することにして、手に入らない日本のウィスキーは通販で買うことも検討中である。

さて今回も「日本のウィスキーを飲む」という企画を実行中なので、1000円クラスのスコッチを横目に日本のウィスキーが並ぶ棚に足を運ぶ。もちろん、某酒の量販店での話である。正月に〈オールド・パー〉を飲んでいたではないか、という声がどこかから聞こえてきそうであるが、それはそれ、これはこれ(?)なのだ。それにね、今日は500円相当の金券を某酒の量販店で使うことができるわけで、これは〈オールド・パー〉を買った際に発行されたものであります。

500円の金券のおかげで、普段ではちょっと買えない2000円クラスのものを物色していると、ニッカの〈竹鶴12年ピュアモルト〉が目に入った。ちょうど2000円くらいであり、今回の予算的には申し分のない一本。スコッチのシングルモルトはまたの機会にお預け、ということで迷うことなくそれを買い物籠に入れた。ついでに銀河高原ビールも何本か一緒に買ったことは言うまでもない。

早速飲んでみる。ウィスキー:水=1:1の割合にして、氷と一緒に飲んでみた。ああ、いい感じに仕上がっているなあ、というのがまず感じたところ。ピート香の効いた重厚な感じは北海道余市の蒸留所由来のもので、こちらがキーモルトになっているのではないか。そこに宮城峡蒸留所の軽やかで華のあるモルトを巧い具合に(当たり前だ)ブレンドしてある。現代の感覚に合わせたとかいう〈スーパーニッカ〉にそれほど感心しなかった(それはそれで美味いのだが)者としては、この重厚な感じは本当にうれしい。

地域と年代にもよるが、かつてサントリーオールド=2800円、リザーヴ=3200円、ロイヤル=4000円超、そして酒税+関税でいま1000円程度で買えるスコッチが3500~4000円、12年物のスコッチともなれば1万円超という時代を知る者にとって、こんなにおいしいウィスキーが2000円くらいで買えるというのは夢のような気がする。といって、調子に乗って過ごさないよう気を付けて楽しいひと時を過ごすことにします。


≪ スーパーニッカへ  ロバート・ブラウンへ ≫

【付記】
● ニッカ宮城峡蒸留所ではグレーンウィスキーの蒸留も行っているそうです。シングルモルトが流行で、ブレンデッドウィスキーはあまりぱっとしないようですが、グレーンウィスキーを自社製にしているあたりもニッカの良心というか魂のようなものを感じます。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは☆

初めてコメントさせていただきます!
お酒が好き&ウィスキーが美味しそうでついついコメントしてしまいました…
私は焼酎を飲むことが多いのですが、「今度絶対ウィスキー飲むぞ」と決心(´∀`*)
美味しいお酒を味わって呑むって素敵な時間ですよね。
またお邪魔させてください☆彡

Re:Hello☆Babyさん

Hello☆Babyさん、はじめまして! コメントありがとうございます。
焼酎がお好きなら、ウィスキーもいけますね。
どちらも「蒸留酒」ですものね。ただね、焼酎がアルコール度数25%前後に対して、
ウィスキーは40%と、少し高めになっているのでご注意を。
それに、どちらかというと癖のない焼酎に対して、ウィスキーは独特の
「煙臭さ」のようなものがあります。一度お試しください。
こちらこそ、よろしくお願いします。

No title

> 「日本のウィスキーを飲む」という企画

 なんといいましょうか、こういう企画を個人が立案・実行されるとは感服の至りです。文科省
から補助金が出てもおかしくないと思いますよ(笑)。なあに、年に一回報告書を提出すれば
いいんです。

 さて蒸留酒ですが、ぼくの狭い経験では、一般に(極端に高いものは別にして)アルコール
度数の高いほうがうまいと思います。たとえばウィスキーですが、同じ銘柄なら40度と43度で
は断然43度。税率の関係なのでしょうが、最近たいてい40度なのは嘆かわしいことです。

Re:薄氷堂さん

薄氷堂さん、こんばんは! コメントありがとうございます。
「日本のウィスキーを飲む」というのは乙山が勝手に立ち上げた企画で、
「遊歩者 只野乙山」の中でだけ話題になっているマイナーなものです。

スコッチのシングルモルトを記事にしようと思っていたのですが、
そういえば、日本のウィスキーをきちんと(?)飲んでいなかったな、
と思い立って、シングルモルトのスコッチもいいけれど、
日本のウィスキーは飲んだのか、という自己評みたいなところから生まれたものです。

だけどねえ、気持ちはあるんですけど売ってないんですね。
たぶん今後は通販で買うことになると思います。
某酒の量販店でさえ、置いてないくらいでして。

ウィスキー度数の高いほうがうまい、というのはあるかもしれません。
だったらやはりニッカの〈フロム・ザ・バレル〉にとどめを指すでしょう。
アルコール度数51度ですよ!

これはもう乙山も大好きで、記事にも書きましたが〈スーパーニッカ〉より
気に入っているのです。ただし500ml=1900円くらいでしょうか。
だけど昔のことを思えば、有り難いくらいですね!
他の何より、一番にお勧めいたします。

No title

 フロム・ザ・バレルですね。みつけたらきっと買いましょう。北海道はニッカの
ウィスキーが比較的入手しやすいですから、探せばみつかるかもしれません。

 できればバレルごと買いたいですね(笑)。

Re:薄氷堂さん

薄氷堂さん、そうですよ!
〈フロム・ザ・バレル〉は本当にいいものです。
北海道には余市蒸留所もあるのだし、ニッカのウィスキーは
たぶん関西より(なんといってもサントリーの牙城ですから)たくさん
流通していると思います。バレルごと、は無理です! 欲しいですけどね。
お互い、いい酒を!

No title

どうも日本のウイスキーが割高に感じてしまいなかなか手にとりません。
でも2000円ぐらいならちょっと背伸びしてみたいかな…
ピュアモルトって表記は紛らわしいのですけど、シングルモルトより気持ちが動きます。

Re:RSさん

RSさん、こんばんは! コメントありがとうございます。
そうなんですよ、乙山も某酒の量販店以外では洋酒を買う気になれません。
しかも日本のウィスキーは割高のように感じますね。

たしかにそれはそうなのですが、乙山は酒税法改正以前の価格を知っているつもり。
それからすると、現在の相場は「安すぎる」のかもしれません。
作った人も、売る人も、飲む人も、それぞれ三方、幸せになりたいですね。

ピュアモルトというのは、モルトウィスキーだけでできている、くらいのことでしょう。
そういう名称が国際的に通用するかは別として、その気持ちはわかるのです。
今は流通していませんが、かつて「ピュアモルト」という名称のニッカウィスキーがあり、
それはそれで、かなり「いける」ものだったのです。

「かなりいける」では失礼かもしれません。
かつて崇められた国産の某ウィスキーに比べると
雲泥の差があったように思えます。
いいかげんですが乙山はそのように感じています。

なので少々高くても、ジャパニーズ・ドメスティック(?)ウィスキーを
もう少し飲んでみようと思っているんです。

No title

初めまして。  
以前から不定期で拝読しています。


若い頃の二日酔いトラウマのせいで、いわゆる「アラサー」の昨今までウィスキーを敬遠していました。
ニッカのお膝元に生まれ育ち、叔父がニッカ関係者でありながら…。
ですが、昨年末この竹鶴12年で目覚めました。
その後は手始めに余市に蒸留所見学に行き、お金と肝臓の許す限り様々なウィスキー(含バーボン)を飲みまくっています。

昔の話を聞く度、当時と比してウィスキーが格安なこの時代に生きている事を幸運に思います。

竹鶴12年が来春終売なのは残念ですが、それまで堪能したいと思います。

来秋には、リタ婦人がモデルのNHK朝ドラが始まるそうで非常に楽しみです。


末筆になりましたが、更にお酒の美味しいこの季節、どうかご自愛ください。
(自戒を込めて)


Re: ニジンスキーさん

ニジンスキーさん、初めまして。コメントありがとうございます。
若い人たち、たとえば大学生などが飲み過ぎて倒れているのを、
何度も目撃していますが、あれは危ないですね。

ウィスキー開眼(?)おめでとうございます。
乙山も酒をよく飲みますが、酒飲みというよりは酒好きだと思います。
おいしく、楽しく飲みたいものですね。

お住まいは余市蒸留所のお近くなんでしょうか。
小樽も近いですし、とてもいい所だと思います。
乙山は一度、小樽に行ったことがありましてね、
とても雰囲気のある港町でした。

また遊びに来てくださいね。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/10 (5)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)