fc2ブログ

中華ちゃんぽんは消滅しつつある?

寒い時は暖かい汁物のような料理が欲しくなる。そうなるとやはり、うどん・そば・ラーメンなどの麺類になるのだが、私(乙山)が密かに愛してやまぬのは中華料理店で出される「ちゃんぽん」である。最近人気の長崎ちゃんぽんと区別するため中華ちゃんぽんなどと呼ぶのだが、関西では中華料理店に入って「ちゃんぽん」といえば出てくるものがそれで、わざわざ中華ちゃんぽんなどという人はいない。

これはしょうゆベースのスープ(生姜が効いていたりすると嬉しい)に豚肉・キャベツ・人参・キクラゲなどが入っていて、とろみがついたスープを茹でた中華麺にかけて出てくる。これを、ゆっくり時間をかけて食べるのだ。ふつうのラーメンならスープを少し残してしまうことがあるかもしれないが、ちゃんぽんはどういうわけか最後まで味わうことができる。値段もそんなに高くなく、おいしい中華ちゃんぽんを出してくれる店は本当に宝物のように思えてくるほどだ。

しかし、どうやら中華ちゃんぽんは近頃消滅しつつあるのではないか、と思うようになった。というのも、中華料理店では最近、従来からある中華ちゃんぽんではなくて、長崎ちゃんぽん風のちゃんぽんを出す店が増えてきているようなのだ。ついこの間も阪急石橋駅の「王将」でちゃんぽんを食べようとすると、どうも長崎ちゃんぽん風になっていたので驚いた。

阪急川西能勢口駅にある中華料理店「天外」は長崎ちゃんぽん風と中華ちゃんぽんの折衷になっているし、池田の自宅近所にある「永楽」では「長崎ちゃんぽん」を看板にしているくらいである。また池田駅すぐ近くの地下飲食街にある「幸隆飯店」でも長崎ちゃんぽん。豊中の「楽珍」、池田の「丸一食堂」や「青冥」はお洒落な店なのか、そもそも中華ちゃんぽんなどという庶民的な食べ物は置いていない様子である。

本物の長崎ちゃんぽんを食べたことがないのでいいかげんなことしか書けないが、中華料理店で出される「長崎ちゃんぽん風ちゃんぽん」とは、だいたい、かなり太めの麺で、スープは白濁しているものが多いがとろみは付いておらず、具材はそれぞれだけど蒲鉾は入っていない。関西では一時期長崎ちゃんぽんに人気が出て、郊外に長崎ちゃんぽん専門の店まで出現したほどである。どうやら、この「中華ちゃんぽん→長崎ちゃんぽん風ちゃんぽん」というシフトは長崎ちゃんぽん人気にあやかろうとしたものではないかと想像する。

中華料理店で出される「長崎ちゃんぽん風ちゃんぽん」はそれはそれでおいしく、また食べてもいいかなあと思うくらいなんだけど、私は昔からある「中華ちゃんぽん」が好きである。ラーメンに比べて野菜などもたっぷり入っていて栄養のバランスもいいし、とろみの付いたスープが麺に絡みにくく、麺が固まってしまうところも食べにくいけれど好きだ。ラーメンだけなら何となく物足りない感じがしないでもないのだが、中華ちゃんぽんだとそれ一品でお腹もいっぱいになる、本当に完成された料理ではないかと思うのだ。

だから、町の中華料理屋さんには昔ながらの中華ちゃんぽんを残しておいてもらいたい。あれは「天津飯」や「中華丼」など日本風中華料理における傑作の一つではないかと思うのだ。こんないい食べ物が他にあるだろうか、などというのは言い過ぎかもしれないが、それに近いものが中華ちゃんぽんにはある、と一人で勝手に思っている。中華ちゃんぽんが消滅する、などというのは私の勘違いであってほしいものだ。


ちゃんぽん調査隊起点  ちゃんぽん調査隊(1)へ≫

【付記】
今回は画像なしです。とある中華料理店でちゃんぽんを頼むと、昔ながらの中華ちゃんぽんで「そうそう、これだよ」などと思いながら写真に収めようとしましたが、うかつにもデジタル写真機を失念していました。他から画像を引っ張ってくるわけにも参りませんので、今しばらくご容赦ください。そのうち中華ちゃんぽんの画像が入り次第、貼り付けることにします。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

「中華ちゃんぽん」ですか!
北海道にはないかもです。かえるままは「長崎ちゃんぽん」も近年知りました。
美味しい「中華ちゃんぽん」のお店を出したら、行列が出来るかもですよ?

「ちゃんぽん」って、キャベツ?とか、かまぼこ?が入ってるんでしたよね?
一度見てみたいです。&食べてみたいです。

未知の料理

 かえるママさん同様、中華ちゃんぽんの存在は知りませんでした。関西
では大阪以外でも食べられるのでしょうか?

 なかなかうまそうな料理ですね。この世から消滅する前に食べておきた
いものです。

 ぜひお写真を。

Re:かえるまま21さん

かえるままさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
えっ、なんですと! 北海道には「ちゃんぽん」がないのですか?
中華料理屋さんに行って、「ちゃんぽん」と注文してみてください。
メニューになかったら、やめた方がいいのかもしれませんね。

かまぼこが入っているのは本場の長崎ちゃんぽんで、
中華料理店のちゃんぽんには、かまぼこが入ってないのが多い。
長崎ちゃんぽんはスープにとろみが付いてないのが普通(?)で、
中華ちゃんぽんはとろみが付いているのが多いと思います。
中華ちゃんぽん、おいしいですよ!

Re:薄氷堂さん

薄氷堂さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
ああ、やっぱり、北海道には「中華ちゃんぽん」がないようですね。
ちょっと信じられない感じもしますが、北海道の方お二人がそうおっしゃるのだから、
まちがいないのでしょうね。

「タンメン」っていうのがあるでしょう? これも、出す店と出さない店があるようですが、
そのタンメンがしょうゆ味のスープで、とろみが付いている感じです。
違うかもしれません、上手く伝えられるといいのですが!

それにしても「中華ちゃんぽん」が北海道に存在していないなんて……

美味しそう

私は皿うどん、それも麺の揚げてないのが大好きで、長崎に行った時も毎日2食皿うどんを食べる旅をしたりしました(笑)
麺にとろみあんとなると、その皿うどんに近いのかなとも思いますが、ちょっとググってみたら、この辺だと尼崎名物のちゃんぽんが、中華ちゃんぽんっぽい感じもします。
中華ちゃんぽん食べてみたいですが、池田近辺にはないんですよね?

Re:白プードルとお散歩さん

白プードルとお散歩さん、こんばんは! コメントありがとうございます。
そうそう、あんかけ焼きそばは揚げずに焼いたほうがおいしいですね。
神戸の中華料理店ではそういう焼きそばが食べられますね。
大阪では揚げそばにあんかけがふつうですが。

ううむ、中華ちゃんぽんはね、小さな町の中華料理屋さんで提供される、
ごくごく庶民的な食べ物なんですね。
おっしゃるように、尼崎ちゃんぽんが乙山が言う「中華ちゃんぽん」に近いものです。
というか、尼崎ちゃんぽん=中華ちゃんぽんですよ。
なんでわざわざ「尼崎」なんていうのかな?

池田の中華料理屋さんを全部制覇したわけではないので、
まだわからないのですが、池田駅近くの〈天鳳〉では中華ちゃんぽんがありました。
メニューでは「あんかけちゃんぽん」などと書いてありましたよ。
それ以外はまだ、調査できておりません。
いずれそのうち、ということで。

No title

私の頭の中では「ちゃんぽん」って言ったら・・・中華料理屋さんで食べていた「五目そば」にとろみをつけたもののようなイメージでいたんですが・・・(実は郷里にいたころのイメージはあんまりないんですよね。五目そばと味噌ラーメンしか食べてなかったもんですから)。

新婚旅行で長崎に行って(古風でしょ)、初めて長崎風の「ちゃんぽん」を食べてびっくらこいたのは覚えています。そのころからですかね、関西でも長崎風のそれが広がり始めてきたのは・・・・

好みはといえば・・・やっぱり冬は「と・ろ・み」ですね。

Re:gatayanさん

gatayanさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
そうそう、中華料理屋さんの五目そばにとろみを付けたもの、
という風情ですが、五目そばはだいたい、汁はしょうゆをあまり使いませんよね。
中華ちゃんぽんは、五目そばと似ているようでちょっと違うようです。

今は国内で遠くの所に行くより、海外に行った方が安いという、
なんだか不思議な事態になってしまいましたね。
新婚のご旅行で長崎へ、というのはいいなあと思いました。
外国へ行くのもなんだかな、という気がいたします。

とんこつラーメンがそうであったように、やはり関西の「長崎ちゃんぽん」は
本場のそれとは少し違うようです。九州出身の方によると、本物は牡蠣の出汁も
しっかり効いているそうなのです。長崎ちゃんぽんといえば白濁したスープの
イメージがあるのですが、九州でも地域によっていろんなちゃんぽんがあるようです。

やはり関西の人間としては、昔から中華料理屋さんにあった
「ちゃんぽん」が好きなんですね。
いわゆる「尼崎ちゃんぽん」も、長崎ちゃんぽんと区別するために
そのような呼び方をしたまでのことで、料理そのものは昔からあったと思います。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2022/12 (1)

2022/11 (15)

2022/10 (16)

2022/09 (15)

2022/08 (16)

2022/07 (19)

2022/06 (15)

2022/05 (16)

2022/04 (15)

2022/03 (15)

2022/02 (23)

2022/01 (16)

2021/12 (24)

2021/11 (15)

2021/10 (16)

2021/09 (15)

2021/08 (16)

2021/07 (15)

2021/06 (15)

2021/05 (18)

2021/04 (15)

2021/03 (16)

2021/02 (14)

2021/01 (10)

2020/12 (8)

2020/11 (9)

2020/10 (9)

2020/09 (8)

2020/08 (9)

2020/07 (9)

2020/06 (9)

2020/05 (9)

2020/04 (8)

2020/03 (9)

2020/02 (8)

2020/01 (9)

2019/12 (8)

2019/11 (9)

2019/10 (8)

2019/09 (5)

2019/08 (4)

2019/07 (9)

2019/06 (8)

2019/05 (8)

2019/04 (9)

2019/03 (9)

2019/02 (8)

2019/01 (8)

2018/12 (8)

2018/11 (9)

2018/10 (9)

2018/09 (8)

2018/08 (9)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)