断熱シートその後

insulatingSeat01.jpg
冬支度の一環として断熱シートを導入した記事を書いたのは12月8日のことだった。まだまだ寒さは序の口で、断熱シートがどうのこうのという必要はなかったかもしれない。断熱シートの実力がわかるのは1月か2月になってからだろう、みたいなことを書いていた(断熱シートの記事へ≫)のだが、はたして断熱シートの効果はいかに。

さて年を越して1月、本当に寒くなってきましたね。とくに1月11日、12日は寒かった。空気が冷たくておまけに風も吹いているから体感温度がさらに下がっているように思うわけです。寒いなあ、などと思いながら部屋に帰ってくると、だいたい16~17度くらい。これだけでなんだか、ほっとする。暖房を入れてなくても、ほんのり暖かく感じるのだ。

やはり少々寒いのでガスファンヒーターのバーナーを点火、室温設定を20~21度にしている。もともとの室温が高めなので、かなり小型のガスファンヒーターでも何とか間に合うようだ。最終的に室温は19~20度になり、寝るときには完全にヒーターを切って寝るようにしている。朝、目覚ましのアラームを止めるときに温度をチェックすると、だいたい16~17度くらいだろうか。今までの最低記録は15度台で、室温はそれ以下になったことがない。

これくらいだと、思い切り厚手の布団を用いる必要はなくて、毛布と合い掛け布団で寝ても大丈夫である。一応、厳寒期対策として合い掛け布団をもう一枚引っ張り出していつでも被ることができるようにベッドに置いてあるけれど、実行したら逆に暑苦しくなりすぎて寝にくくなってしまうほどである。これで本当に大丈夫か、と思うくらいの軽い布団だが、何とか間に合っているようだ。

insulatingSeat02.jpgだが朝、採光しようとしてカーテンを開けると、断熱シートの上からしっかり結露しているのがわかる。ううむ、「結露防止に」などと宣伝文句にあったのだが、思いっきり結露しているじゃないか、と言いたい気分である。しかし、もしこれがなかったなら、ガラス一面びっしょりになっているかもしれない。比較的軽度(?)の結露で済んでいる、と理解するべきなのだろうか。

おそらく想像するに、もともとある程度の高気密・高断熱仕様の住宅になっているわけで、よしんば断熱シートがなかったとしても、それほどひどい室温低下にはなっていないのではないだろうか。なので断熱シートの貢献度はそんなに高くないのではないか、というのが今のところの感想である。たぶん、断熱シートを取り払っても室温の低下は1~2度で収まるのではないか?

そもそも今使っている断熱シートは、いわばエントリークラスのもので、断熱性よりも光の透過性を重要視しているモデルで、とても薄っぺらいもの。断熱性をとるならば厚さ4mmのものや7mmのものもあるのだ。だから来年の冬は4mmの断熱シートを用意して、隙間シール(シート)を併用し、カーテンも厚手のものにしてみようかな、などと計画している。そうすれば断熱性はさらに向上するだろうし、結露も今より抑えることができるかもしれない。

それにしても、たかだか20度くらいの暖房程度でこの結露だものなあ。エアコン暖房にしたら少し結露は抑えられるかもしれないけれど、そうすると今度は空気が乾燥して咽喉を心配しないといけなくなるから困ったものだ。ベランダへ出るとエアコンの室外機がフル稼働している音が聞こえてくる。あの部屋ではやはり加湿機なんかを使っているんだろうか、などと考えてしまう冬の夜である。


【付記】
● 実際のところはどうなのかわかりませんが、せっかく窓一面断熱シートを張り付けたのだから、効果はあるものと思いたい。たぶん0.5~1度くらいは断熱=保温効果があるのではないでしょうか。くれぐれも誤解なきよう願いますが、断熱シートを張ったから部屋が暖かくなる、というわけではありません。断熱シートは、あくまで何らかの方法で暖めた部屋の温度を、下がりにくくしてくれるものです。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

分かります、結露しますよね~。
放っておくと、カビルンルンが来ますから(※アンパンマンのキャラクターで「カビカビカビ」と喋ります。)これは早めに対策した方がよろしいですね。
結露は温度差で出来ますから、出来るだけ家の中の温度差が出ないように、クローゼットなども可能な限り開けておいた方がいいんですよね。
でも、窓はどうしても冷たい空気の入り込む所ですから、しょうがないですが、ホームセンターで結露の受け皿となるグッズも出てますので、それも併用するといいかもしれませんね。
換気、温度差解消が結露防止の鍵ですね。
温度差解消には限界がありますが、出来るだけ換気、気をつけてます。
1分くらい窓を開けても、それほど温度は下がりませんので。

Re:かえるまま21さん

かえるままさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
いやあカビには気をつけないとなりませんね。
そんなにひどい結露ではない、などと思っているのですが、
カビが生えてからでは遅いですものね。

集合住宅ですが、他の方は断熱シートなど施していないようですし、
暖房もたぶん、乙山のところよりきつめにしているはず。
いったい、どうしているんだろうと思いますね。

あっ、そうか、炬燵を使っているかもしれませんね。
室温はかなり低めでも、炬燵なら乗り切れますから。
換気、あんまりしたくないなあ。
せっかく暖めたのに、などと思ってしまうんですよね。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/06 (7)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)