クラークスのデザートブーツ

Clarks_DesertBoots.jpg
ざっくり気楽に履けて守備範囲の広い靴、といえばまず候補に挙がってくるのがデザートブーツではないかと思う。昔、スエードで焦げ茶色のデザートブーツを履いていたことがあり、これは便利だなあとつくづく思っていた。その焦げ茶色のデザートブーツはいつの間にやらどこかへやってしまって、もう何年もデザートブーツを履いていなかった。

そうだデザートブーツがあったんだ、と思う一方でチャッカーブーツもいいなあ、となった。両者はデザインがとても似ていて、前者のほうがどちらかといえばカジュアルで、後者はビジネスにも使えそうなくらいであるが、チャッカーブーツのほうが古いようだ。なんでもポロ競技に使われていたらしく、デザートブーツはそれをもとに軍隊の砂漠行用に作ったようである。

よくシャツを買っている通販サイトでチャッカーブーツが大幅値引きにて販売されているのを見つけて飛びついてしまったが、送られてきたものを見てびっくりした。昨今流行の先の尖ったロングノーズタイプではないか。流行に敏感、エレガントな造りではあるけれど、こういう先のとがった靴は経験上とても履きにくいのを実感している。必要以上に爪先に余裕があると、たいていつまずきそうになるのだ。

なので価格には多いに惹かれたけれど返品することにした。しかも少し窮屈にも感じた。こうなったら、デザートブーツの本家、クラークスでも当たってみようかと思い立った。何しろ1950年の発売以来、デザインをほとんど変えていない定番靴で、これなら先の尖ったものではないだろう。というわけで、所用のついでにリーガル靴店に立ち寄った。リーガルでクラークスの試し履きをしようという魂胆である。

得体の知れない「ビジネスシューズ」を履いていると恥ずかしくて入店できそうもないリーガル靴店だが、今日はドイツ製の靴を履いている。いつもの〈ヤコフォーム338〉ではなくて、〈ハイランダー〉という靴。FINNコンフォートの靴もあるのだが、ステッチが少し目立ってカジュアルよりである。その点ハイランダーはステッチが目立たなくてビジネス向きといえる。一応、これが我が家のエースということになるのだろうか。それがチャーチやトリッカーズ、オールデンではないところがいかにも私(乙山)らしいなあ、と苦笑するしかない。

老舗靴店のベテラン店員は、おそらくホテルのフロント係より靴に関して厳しい目を持っていると思う。スエードではなくふつうの皮タイプのクラークスデザートブーツを持ってきてもらい、ちょっと試し履きを、と座った瞬間、「お客様、今日はドイツの靴をお召しですね」ときた。やっぱり知ってるんだ、というかわかるんだと感心してしまった。クラークスの足先は、たしかにいつも履いているオブリークトゥに比べると尖っているけれど、これなら許容範囲内である。

一応リーガル製のデザートブーツも試してみようと思うのですが、と言うと、店員さんは「お客様ならクラークスのほうが合っているのではないでしょうか、リーガルは日本人の平均的な甲高を計算して作っておりますので、クラークスのほうがぴったりしていると思いますよ」とアドバイスしてくれた。よっぽどその場で購入してしまおうか、と思ったのだが、靴の色がライトブラウン系だった。私がイメージしているのは焦げ茶色とかチョコレート色の靴である。

すみません今日は見るだけで、また今度寄らせてもらいます、などとリーガル靴店を退散したが、クラークスをすっかり気に入ってしまった。後は自分の好みの色を探すしかないのだが、こういう場合、店を訪ねて歩きまわるよりネットで検索をかけたほうが早い。そして、あるサイトでヴィンテージエボニーという色のクラークスを見つけた。お値段は15000円くらいで、リーガル靴店で買うとだいたい20000円。不義理だなあ、などと思いながらも気に入った色と値段には勝てず、購入ボタンを押してしまっていた。

さて靴が届きましたよ。見ると、イメージ通りの色だったので安心しましたし、サイズはリーガル靴店で試着済み(ごめんなさいね)なので心配もなく、履いてみるとぴったりなのは言うまでもない。スムースレザーで、ステッチも目立たないし、例のクレープソールも色が抑えられているようなので、これなら棉ズボン(コットン・トラウザーズ)に合わせてビジネスでも使えそうな雰囲気である。あまり関心のない人になら「これはチャッカーブーツというんだよ」といって通用しそうなくらい、ちょっとドレスよりのデザートブーツである。


【付記】
● 当初はチャッカーブーツを買うつもりだったのですが、店頭に並んでいるものを見ると少々ドレッシーになり過ぎているような気がしました。なので今回の目的には適さなかったわけです。もともとスポーツシューズであることを思えば、少し不思議な感じもします。ちなみにブレザーとかツイードジャケットも、「スポーツコート」なんですよね。

年末は何かと忙しく、これが今年最後の記事になると思います。
皆様、よいお年を。
元旦に(?)お会いしましょう。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。^^

紳士の靴のフォルムというのも、こうして見ると、
なかなかに魅力的なものですね。
靴にこだわる乙山さんのお話、いつも興味深く読ませていただいています。
今回のリーガル靴店さんのお話もいいですねえ…^^

一年の過ぎるのの早かったこと!
悲しんでいるとき、行き詰ったとき…さりげなくいつも応援
いただいたような気がします。
どうか、いい年の暮れをお過ごしくださいね。
そして、来年もどうぞよろしく。
ありがとうございました♪

Re:彼岸花さん

彼岸花さん、こんばんは! コメントありがとうございます。
靴は意外とその人となりを、それこそ「象徴」するものかもしれません。
かといって、そこから人を読め、というふうには参りませんが。

一応「遊歩者」という名前がある通り、歩くのが好きなのです。
快適に、たくさん歩きたい。
そんな気持ちが、ドレッシーな靴よりもコンフォートシューズとか、
ウォーキング機能を主体にした靴に目が向いてしまうのかも。

本当は英国製のいい靴が欲しい、という気持ちもあります。
うっとりするほどいい靴なんですよね……
あっ、いやいや、靴にうっとりするというのは変かもしれませんが。

彼岸花さん。
貴女の、いちばんの、もっとも懸想されている所には
乙山は背を向けているようです。
靴がどうだと、小さなことを語るのが好きな男です。

なんだか申し訳ない気持ちがいたします。
というか、おのれの、小ささを感じるところでもあります。
来年も、どうぞよろしくお願いいたします。
お身体、お大事に。

No title

乙山さん。おはようございます。

いえいえ。そんなことお気になさらないでください。
男の方には、いろいろなご事情やお考えがおありになろうかと
いつも思っています。
早い話が、もし、その方が関連企業にお勤めでおいででしたら、
迂闊な話はお出来にならないだろうと思います。
私の周囲にさえ、そういう方がおいでです。
黙して語らず。それもある意味でのやさしさの表現です。^^
乙山さんからは、いつもその、やさしさを感じます。
こちらこそ、どうか、これからもよろしく。
いい年をお迎えくださいね。^^

No title

クラークスといえば、〈ワラビー〉はどうなんでしょうかね?
デザートブーツ、そんなんですよね、おそらくその店員さんが
おっしゃるように乙山さんの足はスっとしてるんだと思うんですよ。
スニーカーにしてもそうだと思いますが、ヒモのついている靴を
すっかりゆるめてしまってズボッとそのまま履いているひとが
いるじゃないですか?あれってカッコ悪いですよね。
やはり靴はひもをゆるめて履いたらまたしっかりひもをしめて。
ごつい足のぼくなんかはひもをしめてもなんか変でして、
スマートな足にあこがれますよ。
ぼくは太コールのパンツなんかに合わせるイメージが強い
んですが太コールのパンツって最近あるんでしょうかね?
それこそ焦げ茶色の太コールに赤いチェックのシャツなんかを着て、
紺色のニットのベストなんかいいと思うんですが、古いんでしょうか?
ぼくはいまぎゃくにそのあたりが最も新しいような気がしてるんです。
やはりこのブーツのような〈定番〉はあこがれのスタイルに結びつく。

そうだ、乙山さん、お元気ですか?
おひさしぶりです、HOBOです。

HOBO

^^

ネットでの購入~
とくに靴や服など自分のimage通りかどうか。
届くまで心配ですよねぇ。

最近は靴を買う必要がなく。
(30足以上だしw)
靴のことも考えなかったのですが。
ブーツと聞いて。
自分の持っている古いブーツを出してみました。

うわ~。かかと部分が足首まであるから。
履き辛いわ~。それにエラク重い。気軽に履けない^^;
どうりで古いのに底が減っていないわけですw
でも形は好きなので捨てるわけにもいきません^^;

今年最後の記事とのこと。
お世話になりました^^
良い新年をお迎えくださいませ^^)/

Re:彼岸花さん

彼岸花さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
今回は、以前から感じていたことを、
ほぼストレイトにお伝えしておきたかったので書いたのです。
お気遣いありがとうございます。

Re:HOBOさん

HOBOさん、こんばんは! コメントありがとうございます。
クラークスの〈ワラビー〉も、デザートブーツに劣らぬ名作。
ですがそれを履いてオフィスに現れるわけには参りません。
ワラビーは、基本的にくだけた雰囲気の靴ですものね。
センターの縫い合わせは、どうなんだろう? ううむ……
それも、好きな人はたぶん、好きなんでしょう。

靴の紐はしっかりと締めたいもの。
そうでないと、脱げそうになりますし、使いものになりません。
その、使いものにならぬことが耐えられないのです。
仕事のよき伴侶としての靴。
あちらこちらと、動き回るときに信頼を置ける相手。
それが靴なんです。

太畝のコーデュロイズボン(トラウザーズ)は、あるところにはある、はず。
それとチェックのシャツ(これは上質のフランネルがいいな)、
ウールヴェスト……帽子も、コーデュロイにするのがいいですね。

へヴィデューティとか、ラギッドとか言った言葉に似合いそうなHOBOさん。
それはそれで、憧れのスタイルだなあ。

Re:waravinoさん

waravinoさん、こんばんは! コメントありがとうございます。
本当は、靴に関してはネットで注文など、するものではありませんが、
今回はリーガル靴店で試着済みのサイズ。
なので安心して購入できますよ。

30足以上の靴……いいですね、靴をたくさん持つメリットは
なんといっても「減らない」ということでしょう!
大賛成ですよ!
好きな靴は、大事に履きたいですものね。

乙山など気に入った靴があると、同じものを買って、長持ちさせようとします。
せこいかもしれないが、それだけ愛着もあります。
どうやらwaravinoさんのブーツは、山歩き用のものですね?
違うかもしれませんが。

トレッキングブーツでいいものがあれば、それはもう、一生もの、かな?
そんなに毎日、履くものではありませんものね。
乙山の記事にあるデザートブーツは、逆に毎日履いてもいいタイプです。
カジュアル系の人なら、それ一本で(?)いけるかも。

クラークスのデザートブーツは、それくらい、応用範囲の広い、
使い勝手のいいブーツだと思いました。
そうなると、今度は同じサイズでスエードのものが欲しい、
などとなってしまったりするんですよね。

waravinoさん、楽しい記事をありがとうございました。
こちらこそ、お世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

No title

丁寧に接客してくれた人に対して申し訳ないと思いつつ
5千円の差があれば私でも通販に走ってしまいます絶対に(笑)
昔々家電量販店の本社勤務をしていた時にもその手の話はよく聞きましたね~
『商品説明をさせた上で「また来ます」=ほぼ100%激安他店で購入』の原則(^^;)
家電量販店の場合は「競合他社の販売価格を常にチェックし、最安値まで
値引きするか付加価値サービス(5年間保障など)を提示して極力その場で
お買い上げ頂く」などの対策が取られていましたが・・・
有名ブランドの直営店などではおいそれと値引きも出来ないのでしょうね(^^;)
まぁ老舗店なんだからそれなりの対策は取られていると思うので、買い手側は
良い品を安くゲットできたことを素直に喜んでも良いとは思いますが♪

今年も楽しい興味深い記事&拙ブログへの暖かいコメントありがとうございました!
来年も宜しくお願いいたします♪どうぞ良い新春をお迎え下さい~!

Re:zumiさん

zumiさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
まあ、クラークスからしてみれば、日本のリーガル社はあまたの
取引先の一つに過ぎないわけで、単独契約をしているわけではないんでしょう。

「また来ます」といっていったん引いておき、他店を見比べて
またそこに戻ってくることもあるんですよ。ヤマダ電機とヨドバシカメラ、両者を
行ったり来たりしながら品物を決めることもあります。

リーガル靴店ではね、本当にイメージしていた色がなかったんです。
もしあったら、その場で買っていたかもしれないくらいでした。
店員さんは本当にいい人でしたね。ちょっといい値のするリーガルの靴は、
長持ちしそうです。後の修理なども万全のようですし、一足は持っていたいです。

zumiさん、拙ウェブログにお付合い下さりありがとうございます。
来年もよろしくお願いします。お身体お大事に。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/07 (7)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)