断熱シートで冬支度

GlassDoor.jpg
かなり寒くなってきた。といっても寒さはまだそれほどではなく、日中の気温は10度以上になることが多く、オーバーコートを着込むほどでもない(12月9日現在)。ひょっとしたら今年は暖冬なのかもしれないが、1月や2月のことを考えて冬支度をしないといけない。冬支度、といっても豪雪地帯ではあるまいし、それほど大したことをする必要はない。暖房装置を引っ張り出し、それまで来ていた夏物衣類をまとめてしまい込み、冬物を引っ張り出すだけである。

だが、暖房装置もできるだけ稼働しないで済むに越したことはない。部屋の温度を外に逃がさないようにすることが肝心だ。だから今年は「断熱シート」なるものを試してみることにした。じつは厚手のカーテンに変えてみような、などとネットをあれこれ見ていると、「厚手のカーテンにするより断熱シートを使ったほうが効果的である」などという文言を見てしまったこともある。断熱シートはホームセンターなどで販売しているらしいではないか。

それでは、ということで11月某日、自転車に乗って出かけることにした。阪急石橋駅と蛍池駅の間にコーナンというホームセンターがあるのを知っていて、そこなら何とか自転車で行って帰ってくることができる。断熱シートをネット通販で買うことも可能だが、できれば実物を見てどんなものか確かめてみたいではないか。

蛍池のコーナンは、国道176号線(通称いなろく)沿いにあるので、自宅から176号線に出て、そのまま進めば到着する。だけどそれではあまりにわかりやす過ぎて面白くない。五月山あたりから石橋まで、なんとか176号線を通らずに行けないものだろうか、とサイクリングを兼ねて走ったことのないコースをとることにした。

池田と石橋を結ぶ道として「西国巡礼道(西国街道)」という道があり、この一部を散歩してみたことがある。途中まで歩いてあまり遠くになり過ぎるので右折して、渋谷高校沿いの道を通って帰ることにしたのだ。それをそのまま進めば石橋に近づくのではないか、と考えて(地図でしっかり確認しないで)西国巡礼道を突き進んだ。

西国巡礼道はやがて府道9号と合流するのだが、そのまま府道9号沿いを走り続けた。するとまあ、阪急箕面駅まで来てしまったではありませんか。それもそのはず、後に地図で確認すると、府道9号は池田と箕面を結ぶ自動車道だった。なあんだ、箕面まで自転車で15分くらいで来れるじゃないか、などと驚きかつ喜んでいたのだが、考えてみると目的の蛍池からかなり離れてしまっている。

うわあ箕面まで来てしまったよ、などとのんきに構えていたけれど、後にgoogle地図で調べてみるとずいぶん遠回りをしてしまったことがわかった。走れども、走れども豊中や石橋にたどり着くことができない。阪急箕面駅から牧落、桜井と二駅を経由してやっと石橋に至るわけだから当たり前である。府道43号(箕面と豊中を結ぶ道)沿いに南下し、道がよくわからぬまま春日町、桜の町、千里園を通過して阪急豊中駅にたどり着いた。

結局、目的地を通り越してそこに向かって引き返すという愚の骨頂みたいになってしまったが、その段階でもうへとへとである。やっと蛍池のコーナンに到着したのは出発してから1時間を過ぎたときだった。お目当ての商品「断熱シート」は店の前に並べてあった。ネットで見る限り、厚さ4mmのものと7mmのものやら、発熱タイプなどいろいろな種類が揃っていたけれど、そこには「断熱シート水貼りクリア」というのしか置いてなかった。

せっかく来たのだから、と少しだけお得な2巻セットのそれを買って帰った。意外と大きなもので、持ち運べないこともないが、できれば車に積んで帰るのがいちばんいいと思う。しかしねえ、近所のスーパーマーケットでこれと同じものが安い値段で売られているのを見たときはかなりショックだったなあ。相当な時間と労力を消費した挙句、これだもの。自分でも苦笑するほかないのだが、これなどは典型的な只野乙山的現象といえる。

さて他日、気を取り直して「断熱シート水貼りクリア」をガラス戸に貼り付ける。前日、しっかりガラス戸を拭いておいたので準備は万端。ガラス戸を巻き尺で計測し、少しだけ小さめにカットします。ハサミやカッターナイフがあれば切断作業はすぐにできる。霧吹きに水を入れ、ガラス戸に吹き付けた後、断熱シートを貼る。大き過ぎればその場で現物合わせにて作業を進める。これ、現場の基本なんですね。水で大丈夫なのかな、と心配したけれど、今のところ剥がれ落ちてくることもないようだ。

ベランダと居間の間のガラス戸全部に断熱シートを張り付けてみた。さすがに外の景色は見えにくくなったけれど、レースカーテンを引く必要がなくなってちょっとした目隠しになると思う。クリアタイプなので、心配したほど室内は暗くならないこともわかった。断熱の効果はまだわからないけれど、貼った瞬間から部屋が暖かくなる、などということはありません。あくまでこれは、温まった室内の温度を冷たい外気によって逃がさないためのもの。断熱シートの効果が本当にわかるのは、やはり1月から2月にかけてではないかと思う。


【付記】
● 今回の写真は左側のガラス戸に断熱シートを張ったものです。あまりぱっとしませんが、これ以上工夫のしようが……ご容赦ください。いずれにしても断熱シートを貼るというのは見た目が美しくありません。今は断熱透明フィルムなどというのもあるようですが、上手く貼れそうになかったので断念しました。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

只野乙山さんこんにちは。
↓のコメントにもありましたが、北海道人が本州に行くと風邪ひきます。ガクガクブルブル震えてます・・・
ビックリしました。暖かい場所がないんですもの・・・
こちらは、高気密、高断熱の住宅で、窓も二重窓、ペアガラスや三層ガラス等々暖かい住宅で、室内は常夏様な暖かさで、子供はTシャツでいます。
と言うか今まで北海道の住宅は冬対策を考えすぎて、最近は温暖化なので夏対策なしの北海道は夏が暑さで厳しいです・・・

只野乙山さんも断熱シートで努力されて、偉いです。
暖房効果が違うと思います。
あと、隙間テープで窓枠を囲めば、完璧でしょう。
(黄色いスポンジみたいなテープ)←見たこと、ありますか?

Re:かえるまま21さん

かえるままさん、こんばんは! コメントありがとうございます。
北海道の人が本州に来て「寒い」というのは本当だったんですね。
かれこれ20数年前、夏の終わりに北海道に行って、
玄関が二重だったのには驚きました!

あれは忘れもしない、8月20日過ぎだったでしょうか。
札幌の地下街が「冷房」をきかせているのですが、
外に出たほうが涼しかったのです。
生徒たちが登校しているのを見て「おやっ」と思ったり。

断熱シート、とりあえずやってみました。
結露予防にいいかな、という程度です。
せいぜい、その程度の寒さなのでしょうね。
天気予報で見る温度差には驚くばかりです。

No title

近所のスーパーで同じものがしかも安く!・・・これ、かなりショックですよね・・・
まぁ運動不足解消&土地勘を体で覚えこむ貴重な機会だったということで!(^^;)

今日はかなり冷え込んだので、そろそろ本格的に冬支度をしなければと
あせっています(泥縄(笑)
今までがかなり暖かかったので、体が寒さに馴染むまでが結構辛いんですよね~
乙山さんもどうぞ体調管理にはお気をつけて!

Re:zumiさん

zumiさん、こんばんは! コメントありがとうございます。
箕面なんて(失礼千万! ごめんなさい!)、
大阪市内に住んでいるときには意識すらしなかった地域です。
それがこんな近くにあるなんて。ちょっと、驚いています。

畿内というか大阪平野内に住んでいれば、冬支度が、なんてあまり意識しないで
済んだ、というか、実際そのままでもまあいいか、じゃないですか?
それくらい「めぐまれている」のが畿内じゃないかと。

室内温度は18度台です。
まだいける?

冬仕度

断熱シートで冬仕度。
う。考えておられますね。

自分の場合。
何も変わりません^^;
家の中は。
夏と同じです(涙

せめて厚手のカーテンにすべきでしょうけど。
どうせ春が来るんだ。
面倒だと考えるのです。あはは^^;)/

Re:waravinoさん

waravinoさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
乙山もこれまで断熱シートなど使ったことがなかったのです。
少し手間はかかりますが、寒い時でも室温をある程度保ってくれます。

みなさん「今日は寒い」とこぼしていた12月9日、
帰って来た時の室内は18度台。これだと、ほんのり暖かく感じます。
風呂に入って、燗で一杯やっていると暖房なしでもいけました。

夜でも、毛布一枚と合い掛け布団一枚で寝ることができ、
朝(つまり今朝)も室内気温は18度台で、結露はアルミサッシの部分に
うっすらできている程度で収まっています。
一段と寒くなる、1月や2月がどうなるか、と思いますけどね。

No title

写真と実物の色が違うとの事ですが、写真を見た限りではいい色だと思いました。
私の職場はドレスコードがなく、ほとんどの人がカジュアルスタイル(ジーンズ&何か)なので、とても素敵に思えます。
ちなみに私の基本はTシャツ&ジーンズ、冬はシャツ&ジーンズ&パーカーです。
靴は年中スニーカーです。服装の色やデザインは大抵男女共用(どうやらカタカナでは不正投稿になってしまうようです)なテイストです。。。

Re:依里さん

依里さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
ええと、これは断熱シートのことではなくて、ジャケットのことですね?
どぶねずみ色のジャケットは本当に色再現が難しい!
時間、場所、照明の具合によって、様々な表情を見せてくれるんですね。

ドレスコードがないというのはいいですね。
なにかクリエイティヴな関係のお仕事なのかな?
そうそう、以前ドイツ健康靴には「男女兼用」が多いと乙山も
コメントしましたが、当初それには「ユニセ**ス」という言葉を当てていたのです。
すると、不正投稿になってしまいました。
初期設定のままというのがいけないのかなあ。
ご迷惑をおかけしました。

No title

あっ。。。。
すみません(汗)!!!
違う所にコメントしてしまいました。
そうです。これはジャケットの投稿に関して書いたコメントです。
ドレスコードがないのは、コンピュータ関係、と言う業種が大きく関係していると思います。
職種も客に会うことがない内勤なので、特に服装については言われません。
スーツを着る営業の人も、様々な色のワイシャツを着、個性的なネクタイをしています。

あぁ、なるほど。
コメントは禁止用語の設定をつけておかないと、業者の変な投稿を防ぐことが出来ないですよね。
いいんじゃないでしょうか、そのままで。投稿する側が工夫するしかないと思います。

Re:依里さん

依里さん、こんばんは! コメントありがとうございます。
なるほど、コンピューター関係ね。そういえばGoogle社などの
映像を見かけることがありましたが、社員さんたちはじつに自由な感じでしたね。

ネクタイを締めるのがそんなに苦痛ではなくて、
じつは好きだったりするくらいなので、少しも苦にはなりません。
夏にネクタイをしなくてもいいんだよ、と言われても
頑固にネクタイを付け続けているくらいなんです。

不正投稿の件ですが、たまにどうして不正投稿になるのか、
まったく理解できないことがあります。
そのような場合、残念ではありますがコメントを断念することも。
いたずらや業者対策も必要なんですね。
いじらずに、このままいくことにします。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/07 (7)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)