風呂水三段活用

VestInBathroom.jpg
冷え込みが急に感じられるようになってきた。いよいよ冬が来たんだ、という感じになってきて、冬物を入れた段ボールの中からセーターとかヴェスト(チョッキ)を取り出した。一応きちんとたたんだつもりだったが、いざ着ようとすると多少しわが寄っていることがわかった。こういうときは蒸気アイロンを軽く当ててやるのがいちばん早いが、じつはまだアイロンが用意できていないのである。これも形態記憶シャツとやらを常用しているからで、とくにアイロンをかけないといけない事態にまだなっていなかったわけだ。

今から蒸気アイロンを買いに行くのも面倒だし、かといってしわ取りだけのためにクリーニングに出すのも気が引ける。さてどうする、と考えていたら昔読んだ本の中で「しわが寄ってしまったジャケットを風呂に吊るしておけば何とか着られるようになった」というようなことが書いてあったのを思い出した。そうか、浴室を蒸気で満たしておいて、そこにヴェストやらセーターやらを吊るしておけば何とかなるのではないだろうか。

早速バスタブから蓋を外して熱湯を張り、同時にヴェストを吊るしてみた。しばらくして浴室を覗いてみると室内は蒸気で霧がかかったような状態になっている。その後、ヴェストを取り出してみると本当にある程度しわが伸びた状態になっていた。おお、いけるじゃないか、などとうれしがっていたが、これはウール含有量の多い衣料に有効な方法で、化学繊維が多くなっている衣料では有効かどうかわからない。もっとも、化学繊維が多く含まれている衣料はそもそもしわになりにくいのかもしれないが。

浴室蒸気作戦に使ったお湯は一度も使っていないもので、そのまま捨てるわけにはいかない。そのまま風呂に入ってしまおうかとも思ったが、時間が時間だけになんだか変な感じもする。そうか、風呂に入る時に一緒に吊るしておけばよかったんじゃないかとすぐにわかったけれど、洗髪などする際にうっかり泡の飛沫を衣服に付着させてしまうかもしれないので実行しないでよかったかもしれない。風呂にそのまま蓋をした。

じつはバスタブには「追いだき」機能が付いているのである。家族数人で風呂に入る際、後から入るときにはお湯が冷めていることもある。そういうとき、すでにバスタブに張ってあるお湯をもう一度沸かし直すことができるというわけだ。この機能があるのはわかっていたが、使うことがなかった。これを機会に、追いだきとやらを試してみることにした。

といっても「追いだき」のボタンを押してお湯の温度設定を行うだけの簡単なもので、とくに面倒な操作はない。風呂に入る数十分前にスイッチを入れ、しばらくしてから様子を見に行くと、なかなかいい感じであたたまっているではないか。うむ、これは便利である、などと思いながら風呂を済ませるが、ここでもまだバスタブに残ったお湯は捨てずにとっておく。翌日これを洗濯に使う予定である。

WaterPumpBath.jpg夏場などはほとんどシャワーだけで済ませ、洗濯をする予定のある日だけバスタブに湯を張って「入浴」するようにしていた。そうするとなんだか、洗濯をするためにバスタブに湯を張っているような、妙な感じになってくる。本当は入浴がメインであり、その余ったお湯を洗濯に回す、というはずなのだ。ドラム式洗濯機に使う水はわりと少なくて、常にバスタブに風呂水が残った状態になる。ひょっとすると、無理にバスタブに湯を張らずにそのまま「エコ標準」モードで洗濯したほうが水量は少なくて済むのではないかと思えるほどである。

実際のところはまあとして、「浴室蒸気作戦」と「追いだき」、そして「風呂水洗濯」を実行すると、なんだかうまく使い回せたなあといい気分になれる。これを称して「風呂水三段活用」という。なんじゃそれ、と自分でも言いたくなるけれど、まあ庶民としてはそんなふうにいろいろと工夫して生活をするのが楽しみなのであります。


【付記】
● とうとう室内温度は20度(11月23日)に。冗談抜きで寒くなってきましたね。まだ暖房装置は稼働しておりませんが、もうそろそろ暖房のことを考えないといけないようになってきました。一応、エアコンはあるし、ガスファンヒーターも物置き(押入れ?)にしまってあるのです。部屋全体を暖める必要もないわけですから、炬燵という選択肢もあります。さて、どうするか……悩むところです。

さすがに今回の画(え)は締まりがありませんね。画像は抜きにして文章だけにしようかとも思いましたが、出来るだけ画(え)を入れるように心がけておりますので、ひどいとは承知で載せることにしました。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

勉強になります。

まだ眠れずにいるHOBOであります。
ごぶさたしております。
乙山さんのブログを拝見してますと、乙山さんの日常が見えて
きて楽しいですね。ライフスタイルがとても几帳面で計画的、さては
A型ですか?でもなにかひょうひょうとしていて乙山さんの人柄が
想像できます、楽しいです。行き当たりばったりのぼくはなにをやっても
だらしないのです。三段活用についてはなにもいうことはありません。
素晴らしいと思いました。さて、HOBOですがすこしブログを休むかも
しれません。でも休まないかもしれません。こんな感じなんですよ、万事。笑
毎日の充実っていうんですか?11月はもの思いにふけるHOBOでした。
じっくり本でも読もうかなと思ってます。
またきます。
頑張りましょう!

HOBO

Re:HOBOさん

HOBOさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
そうですね「乙山エッセイあれこれ」で、けっこう日常のことを
書いてしまっている乙山です。

そんなこと、書かなくてもいいじゃないか、というつまらぬものまで
書いているなあ、と過去のログを読み返して思うことがあります。
自分が興味を持てる方面ではけっこう几帳面だったりしますが、
そうでもない場合は相当、いいかげんなんですよ。

現実では腹の立つことも、めげることもけっこう多いんです。
それはまあ、ウェブログに書くこともないでしょう。
せめてウェブログの中だけでも漂々としていたいものです。

頑張りましょう! いや、頑張らなくては。
HOBOさんもお大事になさってくださいね。
といっても、眠られぬときは無理に寝ようとしても仕方ないですよね。

No title

うちの風呂も追い炊き機能付き、というか給湯機能が無く
追い炊きしか出来ない古式ゆかしい風呂釜です(笑)

衣替えの時、きちんとたたんだつもりでも仕舞い込む時に
詰め込みすぎて妙なしわが寄ったりすることもありますよね~
私はしょっちゅう(てか毎シーズン)あります(^^;)
冬はセーターやカジュアルなものばかりでほとんど気にならないのですが
夏物のブラウスなどにこっぴどい折りじわがついた時は・・・
着る前に一度洗濯してしまうこともあります。
干す時に洗いじわの寄った部分を両手でパーンと引き伸ばせば
結構しわが取れますし♪
何より夏にアイロンかけるのってかなり苦痛なもので・・・(ズボラ(^^;)

Re:zumiさん

zumiさん、こんばんは! コメントありがとうございます。
あっ、するとまず、水を張っておいてからおもむろにガスを点火、
というタイプでしょうか。乙山の実家はそれでしたよ。
風呂を炊く、という感じがする、いいものです。

ウールの衣服は、たたむというよりくるくるっ、と巻いて
しまうのがいいみたいですね。
ですがつい、たたんでしまうわけですね。

「両手でパーンと引き伸ばせば」というのは、
なんか、いいですね。乙山もよくやってますよ。
干す前にしっかり「バタッ(バホッ?)」とか「パーン」とかやっているつもりです。
笑ってしまうけど、効果はあるよう(?)です。

^^

朝夕寒くなってきましたね^^;
毎年この時期になると。
暖房のことを考えるんですが。
結局この10年暖房なしですw

ストーブもあるし使えばいいんですが。
点けっぱなしで外出が2度。
アラジンのストーブで不完全燃焼させて。
家の中が灰色になったのが2度。
さすがに自分に自信がなくなりまして・・・以来暖房なしですw
点けっぱなしでの火事は怖いですから^^;)/

Re:waravinoさん

waravinoさん、こんばんは! コメントありがとうございます。
暖房器具、つけっぱなしで外出はいけません!
とにかく、ガスであれ電気であれ、石油でも切っておかないと!

アラジンのストーブはいいですね。
ファンがないので静かです。もし石油価格の高騰がなかったら、
まちがいなく今年の冬もアラジンのストーブを使っていたはずです。
それくらい、気に入っているストーブなんです。

暖房なしで過ごせる、ということはそちらの気候がいいということでしょうね。
出来れば暖房なしがいい、とは思うのですが、風邪をひいては元も子もありません。
こちらでは、室温が20度を割り込んでまいりました。
環境にもよるでしょうし、とっくに20度以下になってるわい、
という方もおられるでしょう。
くれぐれも風邪にはお気をつけてくださいね。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/08 (6)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)