阪急池田駅周辺を歩く(5) 中華料理 永楽

IkedaEiraku_FrontView.jpg
朝の時間を使って短時間の歩行を試みている。できるだけ運動をしたほうがいいとわかっているのだが、道具を揃えたうえで場所代を支払わないといけないような運動はしたくない、というかできない。スポーツクラブの会員になって、運動施設を利用するというのも一つの手段と思うが、スポーツクラブのあるところまで行くだけで疲れてしまいそうである。道具も、場所も、お金も、仲間も必要としない運動、怠け者で飽きっぽい性分の人間でも続けられる運動といえばもう、ただ歩くだけのウォーキングしかない。

そんなわけで、9月になって少し過ごしやすくなったので歩行を再開していた。ところが、現在住んでいる所が小高い丘にあるので、歩いてみるとけっこうアップダウンの落差が大きいことがわかった。これがいけなかったのだろうか、膝に違和感を持つようになった。上り坂はそうでもないのだが、どうも下り坂のほうが膝の負担は大きいようだ。体重を膝で支えないといけないためだと想像するが、調子に乗って下り坂を歩いていた罰というわけだろうか。

だから、できるだけ平坦で、自動車の心配をしなくてよいコース、できれば歩いて面白い順路というものを探して歩くようにしている。それも膝に違和感があればすぐに止めるという根性なしのウォーキング。情けないなあと自分でも思うけれど、膝と相談しながら無理なく続けていくしかないのである。そんないい加減なウォーキング、いやもう「散歩」でしかないのかもしれないが、その途中で見つけた中華料理店に入ってみた。

ところで「乙山、街を歩く」という項目では電車でどこかの町に降り立ったとき、その駅周辺の様子を見聞してお届けする、という内容が多い。できるだけそのようにしているわけであるが、ときには駅周辺とは言えぬ範囲まで自転車に乗って行き、記事にしていることもある。そのような場合でも「**駅周辺を歩く」などという題名になっているけれど、そこはどうかご容赦ください。今回もじつは、そうなんです。

〈永楽〉という名前の中華料理店は、池田市の緑丘(みどりがおか)という住宅地にある。周辺に商店や飲食店がないわけではないが、やはり住宅街というのは閑散としていて、買い物には不便である。たぶんこの店は、今のところ自宅からいちばん近い中華料理店ではないかと思う。赤い看板には「シンガポール風焼きそば」とか「長崎ちゃんぽん」などと書いてあり、いったい何のことだろう、と通り過ぎるたびに思っていた。

で、そういう場合、気になる「シンガポール風焼きそば」なるものを素直に注文することができない男なのだ。初めて入った時にはおすすめの「木須肉定食」にした。これは豚肉・きくらげ(野菜)・卵の炒め物で、なかなかおいしかった。「安い・早い・うまい」と、どこかで聞いたような文言で宣伝してあるだけあって、本当に注文してからあっという間に料理が出てきて、それがけっこういける味だった。

なので再び足を運んでみたのが今回というわけ。休日の一時過ぎ、ランチタイムを過ぎたころを見計らって自転車で登場。自転車で目的地まで行く、などというとまるで古畑任三郎(田村正和が演じた警部補)みたいだが、彼のように漂々としたところはなく、また彼のように恰好いいわけではないのは言うまでもない。だけどまあいいではないか。気分だけ古畑任三郎で、頭の中であのオープニングの主題曲が流れていたのだから仕方がない。事件があったわけでもなく、中華料理店に用事があるだけなのになぜそんな曲が出てくるのか、自分でもわけがわからない。

店内のカウンターに座る。L字型になったカウンター席と、奥の方には座席が設えてあって、店としては小ぢんまりしたほうだと思う。いかにも中華料理店である、という風情の店で、あまりお洒落な感じはしない(失礼)。だけどそういう店のほうが、なんか落ち着いて中華料理を食べることができるような気がしないでもない。近ごろよく見かける、お洒落な中華料理店もいいけれど、こういう昔ながらの中華料理店も嫌いではない。

SourPork_Eiraku.jpgさて料理が来ましたよ。今回は酢豚定食(750円)にした。酢豚に餃子が付いてくるのがちょっと嬉しい。休日ということもあって生ビールも注文した。どういうわけか生ビールといえばサッポロビールを出す店がけっこうあるんですね。ご飯とスープが付いているんだけど、葱を浮かべただけのスープがわりとおいしい。酢豚の横にキャベツの千切りが付いているが、これは唐揚げじゃあるまいし、別になくてもいいんじゃないかと思う。

酢豚の豚は柔らかく、甘酢あんの味もなかなか良かったけれど、筍がちょっと薬臭かったかなあ。玉ねぎばかりやたら多いのも、もう少し何とかすればいいのにな、とか思う。だけどまあ、野菜もけっこう高騰していることだし、全体としてはこれくらいで手を打つべきなんだろうな、なんてなことをぼんやり考えながら午後の一時を過ごしたのでした。


【付記】
● 自宅から近いこともあって、〈永楽〉はまた足を運ぶことになりそうです。だって「シンガポール風焼きそば」をまだ食べてませんからね。まず店主にどのようなものか尋ね、よさそうだったら注文してみるかもしれません。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

^^

そう言えば最近酢豚を食べていないです。
ま~食べなくてもいいんですが。
話題にあがると食べたくなるのが人情というものです。
ああ。唾が出てくる~^^;
あの甘酸っぱさが堪りません!

シンガポール風焼きそば・・・
気になりますねぇ。
ココナッツミルクが付いて来たりしてw^^;)/

Re:waravinoさん

waravinoさん、こんばんは! コメントありがとうございます。
そうそう、別に食べなくてもいいんですよねえ。
だけど乙山は「街の中華料理店を制覇する」という、
独自の使命(?)がありまして、淡々とミッションを遂行しているのです。

シンガポール風焼きそばってどんなのでしょうね?
おそらく店主がシンガポールに旅行した際に食して感心、
それを日本でも再現してみよう、という感じでやっているんじゃないかと。

ココナッツミルクは、たぶん、
付いてこないんじゃないかなあ。
だけどそういう先入観の意表を突いて、ココナッツミルクの
味がするのかもしれませんね。どうも、気になります。
だって看板になっているくらいだもの……

No title

ウォーキングは運動の基本ですよね~
私も最近めっきり運動不足なので何とかせねばと思いつつ体重増加の一途を
辿っています(^^;)
平坦な道より下り坂の方が膝などへの負担は大きいと私も聞いたことがあります・・・
どうぞご無理なさらず、気軽にかつマメに『街歩き』を続けてブログにアップ
してください♪

シンガポール風焼きそば・・・というとミーゴレン?
もしそうなら(私も食べたことはないのですが)ナンプラーなどを使ったスパイシーな
焼きそばらしいので、お店の方に確認してからオーダーするのは賢明ですね♪
しかし中華料理店なのにエスニック系から長崎ちゃんぽんまで扱う辺り、無節操との
一言では片付けられないこだわりがあるような気がします(笑)

No title

本当に食事の値段が手ごろで羨ましい限りです。
私の会社があるエリアは本当に高くて、千円以下で食べられるランチなんて言ったら、多分マクドナルドだけです。。。
そのせいなのか、マックの紙袋を持ってオフィスに戻って来る人が多いウチの社、腹が出ている人が多いのは、そのせいもあるのかな。。。と苦笑してみたり。。。

さて、中華屋なのにシンガポール風、とは気になりますね。
私ならすぐ、店の人に聞いてしまうかも。

お手ごろだけど、やっぱり私は、全体的に乙山さんの料理の方が美味しそうに見えます。
きっと中華料理もお上手なんじゃないかと。。。

さて、大阪にも「みどりがおか」と言う地名があるんですね。
こちらにもあります。
高級エリアなので近所、ではないのですが、用があって出没するエリアです。
こちらは東京都目黒区緑が丘です。

なんて、こじつけで繋がりを見つけてみました(笑)

Re:zumiさん

zumiさん、こんばんは! コメントありがとうございます。
本当はもっと歩きたい、という気分ですし、
身体が許す限り、できるだけ運動をしたいというのが本音です。

ですが、身体の発するメッセージは真摯に受け止めねばなりません。
膝と相談しながら、歩けるときには歩き、できないときは
部屋でじっとしているしかありません。

シンガポール風焼きそばというのがどういうものかわかりませんが、
タイ、ベトナムなどの感じからすると、どうも香辛料が効いた、
風味豊かなものかな、などと勝手に想像しております。

だいたい、町の中華料理店で「シンガポール風焼きそば」を
看板にしている店なんてそうないでしょう?
いつかきっと食してみて、レポートしてみますね。

Re:依里さん

依里さん、こんばんは! コメントありがとうございます。
えっ、ランチが1000円以下で食べられないなんて……
そんなところだと、離島でもない限り、みんな逃げていきますよ!

みなさんMドナルドの紙袋を持っていらっしゃるということは、
職場の周りの店では食べたくないということでしょう?
そういう人が多いということを、店の人も知るべきでしょうね。

しかし、それは店の人たちが共謀しているかも知れず、
実態はどういうことなのか、真相を知るのは難しいかもしれませんね。
手ごわいなあ、という感じが、逆にしますね。

「みどりがおか」なんて、全国どこにでもありそうですね。
ちょっと離れたところですが、「雲雀丘花屋敷」(ひばりがおかはなやしき)という
ところがあるんですよ。

はじめまして。

「永楽」を検索してこちらにたどり着きました!

お隣の市に在住しており、知っている店の記事もあり楽しく読ませて頂いています。

自転車でこの店前を通り過ぎる度に、客入り具合が気になっていつも空いてるなぁと思っていましたが、先日お昼に意を決して入って日替り定食を食べたのですが、それ以後は通り過ぎると結構客入りがよくて、おっ!と思ったりしていました。

こちらのブログで「神喜」を知り、お昼に食べに行きました。とても繁盛していましたよ。

乙山さんのブログはどことなく「孤高のグルメ」を彷彿させる所があると感じます。
更新楽しみにしています!

Re: タンロンさん

タンロンさん、初めまして。コメントありがとうございます。
北摂にご在住とのこと、いくつかご存知の店もあるかと思います。
池田の〈永楽〉はわりと近所にあるのでたまに利用します。
昼食ばかりですので、その店の本当にいいところは見てないかもしれません。

そうですか〈神喜〉にいらっしゃったんですね!
乙山のことですから、住所など大切な情報を一切書いていませんが、
それでも〈神喜〉にたどり着くタンロンさんは達人(通人)です。

乙山のウェブログも少しは役に立っているのを感じました。
タンロンさん、ありがとうございます!
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/08 (5)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)