緑一 特別本醸造原酒

Midoriichi_HonjozoGenshu.jpg
池田の酒といえば〈呉春〉がよく知られているが、池田はかつて酒造がとても盛んであった街で、江戸時代初期には42軒の酒造家が確認されているという。それが現在では〈呉春〉と、〈緑一〉(みどりいち)を出している吉田酒造の2軒だけになっている。実際、池田に住むまでは〈緑一〉という酒があることすら知らなかったくらいである。

池田の飲食店を利用すると〈呉春〉のほかに〈緑一〉も置いている店があって、何度か目にしたし、池田駅の高架下にある商業施設内の酒販売コーナーでも目撃していたのであるが、〈百楽門〉という面白い酒を見つけてからはそればかり飲んで、〈緑一〉のことをすっかり忘れていた。いや本当、〈百楽門〉はなかなか面白い酒で、今様の言葉でいえばすっかり「はまって」しまったんである。

先日も〈百楽門純米酒〉を買い求めたのだが、その折に「スクラッチセールをやっていますので」などと何枚かカードをもらった。よくわからないが、硬貨か何かで表面をこすって中に書いてある文字を見るという形式のくじのようである。くだらないな、と思って帰宅後すぐにごみ箱に捨てようとしたのだが、なんとなく気になって硬貨を取り出しこすってみた。すると「三等賞500円」などと書いてあるではないか。

YoshidaShuzo_FrontView.jpgえっ、これはひょっとして500円の金券みたいなものなんだろうか? 捨てなくてよかったなあ、などと思いながら残りのカードももれなくこすった結果、合計600円ほどの買い物ができることになった。ようしこれで〈百楽門〉のひやおろしがあれば買ってやるぞ、と思っていたのだが、ふと〈緑一〉のことを思い出した。結局、金券600円に2000円を足して、〈緑一 特別本醸造原酒〉を買い求めました。

いつものことだが、初めて飲む酒にはわくわくする。〈緑一 特別本醸造原酒〉の裏には「原料米品種:兵庫県産山田錦、精米歩合:58%、使用酵母:協会9号、日本酒度:+1.5、酸度:1.7、アミノ酸度:1.3」などと書いてある。〈呉春〉同様、あまり辛口を謳っているわけではないようだ。なにしろ〈呉春〉の日本酒度は±0なのだ。いつものように冷蔵庫で冷やして飲むのだが、もうそろそろ室温の冷やでもいいのではないかと思う。

早速飲んでみる。うむっ、これは酵母の味がしっかり残っている酒だ。日本酒度自体は高くないのだが、酸度があることと酵母によるこくと風味がしっかりあるせいで、そんなに甘口には感じない。それにこの酒はアルコール度数が19%以上20%未満という、ふつうの日本酒よりは高めなのだ。これも独特の飲み口を醸し出している要因の一つではないかと思う。

YoshidaShuzo_Information.jpg一升瓶の裏ラベルには「厳寒の一時期に、日本古来の伝統的手法にて米・米こうじに少量の醸造アルコールを添加して造ったお酒です。軽快で飲みやすくコクがあり、磨き上げた技だけから醸し出される特別仕込みの自信作です。このまま冷や又はオンザロックでお召し上がりください」とある。なるほど、高めのアルコール度数なので氷を入れて飲んでもうまいというわけだ。これはなかなかいい酒ですよ。

値段は一升瓶=2600円とめっぽう高いというわけではないが、毎日お付き合いするのなら2000円前後がいい。なので今度は普通酒の〈緑一〉も飲んでみようと思う。これだけいい酒を造る蔵元なのだから、普通酒のほうもおおいに期待できそうだ。普通酒といえばアルコール添加酒と相場が決まっている。純米酒だけが本物の酒だ、という気持ちがないわけではないが、よくできた普通酒は、それはそれでいい味わいを持っていて捨てがたいものがある。じつは〈呉春〉にしても普通酒(昔でいう二級)がいちばんのお気に入りである。


【付記】
● 朝の散歩で西国巡礼道(西国街道)や能勢街道を歩いてみることがあります。〈呉春〉も〈緑一〉の吉田酒造も能勢街道沿いにあり、吉田酒造を撮影したので載せておきました(二枚目の写真)。このあたりは昔のメインストリートだったらしいのですが、最近は人通りが少なく、商店街も寂れてきている感じがします。新しく建つのはマンションばかりで、古い街並みがまたひとつ、消えていくようです。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ううむ、「酵母の味がしっかり残っている酒」か!
気になる表現、呑んで確認したくなってきます。
しかし緑一はこちらではまず見かけない…ような気がします。

Re:RSさん

RSさん、こんばんは! コメントありがとうございます。
それはね、あくまで乙山の個人的な、いいかげんかつ曖昧な表現で、
もっと違った、正確な表現があるのではないかと思います。

日本酒に長く、深く携わる方々に培われてきた言い表し方、
そういうものではない、というのが本当のところです。
なので聞き流してくだされば、と思います。

結局、好きか嫌いかだけ(?)で判断しているのでしょう。
これ、好きですよ。
まあその程度のものだということで。

確かに〈緑一〉は全国展開していないようですね。
こちら(池田)に移り住むまで、知らなかったくらいですから。

No title

ラベルの「原酒」の文字がめっちゃ力強くて良いなぁ(笑)
私も呉春は知っていたのですが、緑一は初めて知りました。
でもお初の酒が思いもよらず美味しいと嬉しいですよね♪

私は「日本酒を飲むと体重が増える」体質なので(単に飲み過ぎ?)
平日は紙パック入り1.8L980円ナリの安焼酎を飲んでいるのですが
結構美味しいんですよね~何より構えずリラックスして飲めるのが魅力!
手を抜いたり、単なる水増しのための添加物を入れて儲けようとする酒造と
美味しい酒を気軽に楽しめるよう、あえて配合や作り方を変える酒造の酒は
全く違いますよね~
呉春と緑一の普通酒も一度飲んでみたいです♪

Re:zumiさん

zumiさん、こんばんは! コメントありがとうございます。
そうそう、〈緑一〉の〈一〉なんて「どんだけ力はいっとんねん」と言いたくなりますよね。
どしっ、という感じですが、お酒のほうもなかなか「どしっ」としております。
飲み口は軽めなんですが、度数が高めなので、酔いが回るのが
少しだけ早いのかなあ。なので酔いが来るときは「どしっ」とくる感じ。

蒸留酒が残っていたら、ドライフルーツを漬けてみるといいですよ。
氷砂糖なんかをちょっと入れてね、干しプルーンとか、干しブドウなどと一緒に
ラム、ウィスキー、焼酎、テキーラなんかを入れて瓶に保存。
半年もすれば、なかなかおいしいフルーツ酒ができるでしょう。
そいつをね、炭酸かなんかで割って飲む。
けっこう、いけるんじゃないでしょうか。

今度は〈緑一〉の普通酒を飲んでみるというか、
四合瓶を買ってみたんです。おいしかったら一升瓶でいくぞ!

No title

>毎日お付き合いするのなら2000円前後がいい

私も2000円が目安ですね。
大好きなのは、郷里の「浦霞」なんですが純米が2500円前後、本醸造で2000円弱。
ちょいと贅沢したいとき以外は、本醸造ですね。

毎日ならそれで充分です。

ごちそうは毎日食べたらごちそうではなくなってしまう・・・私の考え付いた格言(笑)です。

Re:gatayanさん

gatayanさん、こんばんは! コメントありがとうございます。
もちろん、お酒は安ければ安いほどいいのですが、
だいたい2000円くらいを基準にしております。

やれ吟醸だの大吟醸、とお金を出せばいいものが手に入りますが、
それは当たり前のことですよね。
こっちが求めているのはほどほどの値段でおいしいもの、それに限ります。

gatayanさんのおっしゃる、ごちそうは毎日食べるとごちそうではなくなる、
酒もそれと同じなのではないかと思っています。
癖の強い酒を飲みつけると、どういうわけかおとなしい酒に戻りたくなるんですね。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/08 (5)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)