『バルカン超特急』 イギリス (1938)

『バルカン超特急』 イギリス (1938)

TheLadyVanishes_01.jpg
原題:The Lady Vanishes
監督:アルフレッド・ヒッチコック
出演:マーガレッド・ロックウッド、マイケル・レッドグレーヴ、ポール・ルーカス、メイ・ウィッティほか


アルフレッド・ヒッチコックの映画は好きで、過去に何本か見ていると思うが、それらのほとんどがヒッチコックのアメリカ時代の作品だったように思う。私(乙山)が見た数少ないヒッチコックのイギリス時代の映画の中で印象に残っているのが『バルカン超特急』(1938)である。

バルカン半島にある国バンドリカ(架空の国。ナチス・ドイツを模したと思われる)からイギリスへ向かう列車は豪雪のため立ち往生してしまい、乗客のアイリス(マーガレッド・ロックウッド)は他の乗客たちと共にホテルに滞在することになった。クリケット好きのイギリス人二人組、弁護士と女、そしてミス・フロイなど、翌日列車に乗る面々がここで顔をそろえる。

TheLadyVanishes_02.jpgアイリスは寝ようとするが、上の階が騒々しいので支配人に何とかしてほしいと告げる。支配人は騒ぎを止めさせようとするが、音楽家のギルバート(マイケル・レッドグレーヴ)は民族音楽を記録しているのだ、と主張して踊りと演奏をやめない。部屋を追い出されたギルバートはアイリスの部屋に来て、二人はいがみ合う。

翌日、列車に乗り込む準備をしているミス・フロイの頭上から植木の箱が落下してきたのだが、そこへ通りかかったアイリスの頭部に当たってしまう。列車のコンパートメントに向かい合って座った二人は、食堂車でお茶を飲むことにした。軽い打撲傷程度で済んだものの、なんとなく体調の優れぬアイリスは一眠りすることにしたのだが、ふと目を覚ますと目の前に座っているはずのミス・フロイがいなくなっていたのだ。

TheLadyVanishes_05.jpgところが、コンパートメントに乗り合わせていた他の乗客たちに訊いても、だれもミス・フロイを見ておらず、最初からその女性がいたと主張する。医師(ポール・ルーカス)に相談すると、頭部に衝撃を受けたので記憶が曖昧になっているのではないか、と本気にしてくれない。食堂車でミス・フロイを目撃したはずの給仕係に訊いても、そんな人は見ていない、あなた一人だけでした、などというのである。挙句の果てに、ミス・フロイの人となりを詳しく聴いた後で、彼女と似たような服装をした婦人が、ミス・フロイの代わりに座っているではないか。

だれもアイリスの話を信じてくれない中、ただ一人あのいがみ合いをした音楽家ギルバートだけが話を聞いてくれ、ミス・フロイを一緒に探してくれることになった。当初半信半疑だったギルバートだったが、食堂車でミス・フロイがこれを使うように、と給仕係に頼んだハーブ茶の包み紙が捨てられているのを見て、ミス・フロイは本当に存在したのだと確信する。そして二人は貨物車の中でミス・フロイの眼鏡を発見する。

TheLadyVanishes_04.jpgコンパートメントにいた乗客たちはだれもミス・フロイを見ていないと言い、弁護士は自らの保身のために、そしてクリケット好きのイギリス人二人組は列車の時間が遅れるのを恐れてミス・フロイのことを知らないと言い張る。だれも味方になってくれない状況で次第に追い詰められていく心理状態が巧みに描かれており、それがいったいどうなるんだろうと見ている方の心理状態も文字通り宙吊り(サスペンドされた)状態になる。このあたりにヒッチコックの本領が表れているように思えた。

TheLadyVanishes_03.jpgヒッチコック監督はエキストラ不足を補うために自らがほんの一瞬、映画に出演することもよくあって、ファンの人はヒッチコックがいつ出てくるのかを楽しみにしていたという。よく淀川長治さんが最後の解説で「今回ヒッチコックは……」とそのシーンを一瞬プレイバックしてくれていたように覚えている。そのことを忘れて見ていたので、ヒッチコックがどこに現れたかまったくわからなかったけど、ネットで調べてみると『バルカン超特急』にもきちんと(?)ヒッチコックは姿を見せているそうです。


【付記】
● 列車の中で忽然と貴婦人が消失した謎を追う、という謎解きとサスペンスが中心の映画ですが、動いている列車から身を乗り出して隣の車両に移るというアクション映画顔負けの場面もあるし、アイリスとギルバートの恋愛物語でもある。そして随所にちょこっとちりばめられたユーモアも楽しめるのが『バルカン超特急』なのです。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ヒッチコック

彼の作品は「鳥」しか見ていないと思います。
なにぶん昔のことですから。
かなり記憶も曖昧です^^;

「鳥」はおそらく淀川さんの番組で。
放映されたものだと思います。

家を囲んだ鳥たちが中に入ろうとして。
ガラス窓を突き破って来たり。
暖炉から出てくる場面(だったと思います)
あれは怖かった。まるで幽霊に祟られ。
追いかけられるような感じでした。

ヒッチコックは何が人を怖がらせ。
不安・混乱させるか?
という心理をよく理解している監督だったと思います^^)/

Re:waravinoさん

waravinoさん、こんばんは! コメントありがとうございます。
えっそうなんですか、『鳥』しかご覧になっていないと!
たぶんご覧になったけれど、お忘れになっているだけだと思います。
『鳥』はサスペンスというより、パニック映画なんですね。

人を怖がらせるには、いわゆる「スプラッター」のようなものがありますが、
あれは映像がきつ過ぎて、後々まで残るような気がします。
ヒッチコックは精神的な部分に訴えてきて、
映像の直接的な刺激を避けているように思います。

要するにエレガントなんですね、
人の怖がらせ方にしても、映像にしても。
だから、ヒッチコック映画はまた見てみよう、という気になるんです。

c-38BARONを買いました!

ヒッチコックはいいなあ。
ビリーワイルダーの作品に夢中になったこともありましたが、
ヒッチコックの作品ももっと夢中、無我夢中っていうやつでしょうか?
ハリーの災難、ダイヤルMを廻せ、北北西に進路を取れ、
きりがないですね、レベッカとか。
ぼくは意外に人生の映画が好きでしてね。スケールのでかい
やつから舞台のようなこじんまりとしたものまで。
劇場の音が好きでしたね。臨場感のある。

音といえば、乙山さん、
JBLのC-38BARONを買いましたよ。
アンプは店で鳴らすこと、耐久性など考慮し、
ドイツのOCTAVEのプリメインを。
その横に275を置いておけばちょっとカッコいいかなと。
最近、街のオーディオ屋に行く機会が増えましたが、
新しいシステムもあなどれないですね。
いい音してますわ。
高いやつは。


HOBO

Re:HOBOさん

HOBOさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
ヒッチコックの映画っていいですよね。
カメラワークもいいし、伏線の引き方、小道具の使い方もいい。
先のコメントにも書きましたが、えぐい映像で怖がらせるのではなくて、
心理的、精神的に宙吊り状態にするのが巧みなんですよね。

そうですか、JBLのC38 Baronをお買いになりましたか!
ああ、それはいい選択をなさいましたね。
たしかD130と075の組み合わせだったと思いますが、
ランシング時代のいいJBLだと思います。

パラゴンもそうだけど、あれって脚がついているでしょう。
あの脚がいいんですよね。
お店にもいいし、自宅で使ってもいい。
さすがHOBOさん、いいセンスなさってるなあ。

JBLだったらなんでもいいと思いますが、新しいモニター系のものより、
できたらランシング時代のものが欲しい……
乙山もJBLを買うとするなら、C38 Baronあたりを狙うでしょうね。

オクターヴのアンプ、KT88のプッシュプルあたりかな。
確かにいい音してるでしょうね!
オールドJBLにはオールドマッキンが似合うのですが、
古いアンプはもしもの場合、メンテナンスが本当に大変ですものね。
お店が楽しみですね!

No title

オーディオのことはちんぷんかんぷんだけれど、
HOBOさんとのマニアックなお話、聞いてるだけで楽しいです。
なんかすごくよさそう、ってことだけ伝わってくる(笑)。

ヒッチコック。たくさん見たというわけではないけれど、結構
見てますねえ。何がいいんだろう…。
美しさかなあ。
私の場合、怖さ、というものは評価の内に入ってないんですよ。
怖さ、ということでは、日本の怪談ほど怖いものは、世界のどこ探しても
ないと思っています。『四谷怪談』の、因果は巡る…そんな怖さなど、
こころの底から震えあがる。
ヒッチコックの怖さは、人間の心理をついてくる怖さかなあ。
あと、やはり映像の美しさですね。
多くの監督、トリュフォーなども、影響を受けたのもむべなるかな、
という感じですね。
『バルカン超特急』はまだ見ていませんが。
『レベッカ』は、わたしは原作が好きで。そういえば、『鳥』も、『レベッカ』と
同じ作者、ダフネ・デュ・モーリアですね。^^

Re:彼岸花さん

彼岸花さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
いやまったく、一部の男はオーディオってやつにとりつかれてしまうんですね。
乙山の場合、経済的な事情がそれに歯止めをかけてくれておりますが、
もし制約がなかったら……恐ろしいことになっているかもしれません。

今は音源の質が向上しているので、じつは装置にそれほど凝らなくても
じゅうぶん音楽を楽しめることはわかっているのです。
わかっているんですけど、魂を込めて作られた(デザインされた)モノには、
不思議な魅力があって、どうしようもなく惹かれてしまうんですね。

四谷怪談の怖さは、それが何に由来するのか、
少し考えてみる必要があると思いますが、たとえば
日本のホラーのリメイクがあちらで作られるということは、
あちらとは違った「怖さ」がそこにあるからに違いありません。

ゴダールやトリュフォーは、ヒッチコックを敬愛していたようですね。
そういう意味でもヒッチコックのイギリス時代の映画を、
もう少しきちんと見てみようと思っているんです。
『レベッカ』の原作は、まだ読んでいません!
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/08 (4)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)