ペペロンチーニ葱風味

Peperontini_GreenOnion.jpg
お盆休みである。休みはうれしいけれど、こう暑いとむしろ職場にいたほうが身体が楽なんじゃないかと思わぬでもない。そんな8月中旬でも、まだエアコンを稼働していない。意地になってるだけじゃないか、もういい加減つまらぬ片意地はよして素直にエアコンを稼働したらどうだ、という声が聞こえてきそうであるが、そんなに無理はしていないつもりである。本当に耐えられなくなったら、すぐにでもエアコンを稼働するつもりなのだ。

こんなふうにしていられるのも、玄関網戸を設置したおかげだと思う。玄関網戸にしてリビングの窓も網戸にして全開すると、運がいいときは心地よい風が部屋を吹き抜けていく。風が全く凪いで暑苦しい日もあるけれど、それでも少しは空気の通りがあって、部屋は30度を超えていても何とか耐えられる。室内が33度、という日もあった。日差しが強いときに外出するのは危険なので、部屋にこもって日が傾くのを待つに限ります。

部屋にいると、昼食も作らねばならぬ。さて、どうするか。インスタントラーメンの買い置きはあるけれど、この暑い時期に汁ものは敬遠したい。食品関係をストックしている棚をごそごそやって、スパゲティを取り出す。やっぱりこれだなあ、という感じでスパゲティ。にんにくと唐辛子(鷹の爪)、オリーヴ油は常備してある。冷蔵庫を見ると葱の使いさしが残っていたので、これも使ってスパゲティを作ろう。

スパゲティ(100gだが、好みでもっと多くてもいいと思う)を茹でている間に、にんにくをスライスしオリーヴ油とともにフライパンで火を入れる。これはにんにくを炒める、というよりは油ににんにくの香りを移す、という感じで行い、にんにくを焦がしすぎないように注意したい。同時に唐辛子の種を取り、キッチンハサミで小さく切ってフライパンに投入。

油の温度が高いと唐辛子はすぐに黒くなってしまうので、火を止めた瞬間に入れて余熱で唐辛子の辛みと香りを油に移す。唐辛子は小さく切らずとも、一本そのまま使っても構わない。葱も忘れないように切っておく。今回は万能葱を用いたが、わけぎのようなものでよいと思う。ふつうに売っている青葱とか細葱などだったらなんでもいいのではないか。白葱を使わないのは、緑色が欲しかったからだ。

スパゲティが茹であがったらフライパンに移すが、このとき茹で汁をとっておくのを忘れないようにすることが大切。隠し味に「鰹と昆布の合わせ出汁」という粉末出汁を少しと、しょうゆを少したらすが、しょうゆを入れ過ぎるとつまらぬ味になります。茹で汁を入れ、少し汁気が残るように調整する。最後に葱を投入し、さっと混ぜるが、葱は余熱でじゅうぶん火が通る。味を見ながら、どうしても塩味が足りない時は最後に(あるいはテーブルに移して食べるときに)塩を加えて味を調える。

アーリオ・オーリオ・エ・ペペロンチーニ(にんにく、オリーヴオイルと唐辛子のスパゲティ)は我々素人がふつうに作るとまあ素っ気ないもので、お店の〈ペペロンチーノ〉がおいしいのは、ソースに秘密があるのです。たいてい工場で作って各店舗に供給されている〈ペペロンチーノ用ソース〉なるものがあって、最後にさっとそれを混ぜて作っていることが多いもの。だから「あそこの店のペペロンチーノがおいしくてね」なんて言う話を聞いても、あまり感心しないのです。小さな店で料理人が本当に作っている場合は別ですが。

手前味噌になるけれど、ペペロンチーニ葱風味、なかなかうまくいったと思う。今回ばかりは大好きなバジルを使うことは控えよう。葱の風味が台無しになってしまうから。ペペロンチーニは具材がほとんどないから見栄えがいまひとつなんだけど、今回は葱の緑がなんだか美しく見える。それが唐辛子の赤を、一層引き立てているように思う。

休日だから、やはりここはビールと一緒に楽しもう。食後に一杯だけ(本当に一杯だけ?)ジン&トニックも楽しもう。そうそう、見切り品として3個150円で買ったライムがあるじゃないか。贅沢に1/4カットを使ったジン&トニックを飲んだ後は、ベッドに寝転がって本を読みながら日が傾いてくるのを待つのだ。とかなんとかいっているうちに、本は投げ出され、視界が次第に狭く暗くなっていき、一定の呼吸をするように……


【付記】
● 夕方、自転車に乗ってサイクリング気分で少しだけ遠乗りをしました。池田から隣の駅の石橋まで行き、そこから少し走れば箕面市なのです。そうして箕面市という表示を見るとなんだか不思議な気になります。

境界を越えたんだな、だけどすぐ向こうは池田市じゃないか。おっと、こっちには豊中市が……石橋あたりは、池田市・箕面市・豊中市の境界があるのです。途中の休憩は箕面川のほとりで、100円自販機で買った懐かしいUCC缶コーヒー(オリジナル)の冷たいやつをぐびぐび飲みました。UCCのオリジナルはやっぱりおいしいなあ、と改めて感じました。


人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ペペロンチーノ(ニ?)は大好きです。
葱入れたのですね。きっと香りも良くて、元気が出そうですよね。
かえるままも、よく、ネギとか、ギョウジャニンニク(アイヌネギ)なども合いますよ。

うちも、エアコンがないので(北海道のエアコン普及率は18%らしいです。)30度越えの暑い日は、もう、ぐったりしてるだけです。エアコンがあったら、絶対に我慢できずにつ
けてると思います....尊敬します。

Re:かえるまま21さん

かえるままさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
このスパゲティは手軽にできるので、本当によく作ります。
あとトマトソースだけのスパゲティとかもね。

葱を入れたのは大正解でした。香りも色も、よくなりましたよ。
ギョウジャ(行者?)ニンニクというのはあまり見かけませんね。
もっとも、乙山が見落としているだけ(これは多い)なのかもしれませんが。

北海道はエアコンの必要がないでしょうね。
強力な暖房専用装置があれば、それで何とかいけそうな感じがします。
ふだん涼しければ、30度を超えると厳しいでしょう……
どうぞお体に気を付けてくださいね。

No title

作り方を見ているだけで、もう美味しそうです。
シンプルだけに、ペペロンチーノは作るのが難しいですよね。。。
やっぱりキーは出汁の粉なんでしょうか。
普通に塩コショウだと、何となくそっけない感じに仕上がってしまうのですが。。。
ネギは青いのを使うのがキモですね、多分。

Re:依里さん

依里さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
そうですね、ペペロンチーニは家でふつうに作ると素っ気ない。
だけど、それが本当というか本来の姿なので、
アンチョビとかベーコンなどを加え、
少しでもリッチな味わいにしようとする人が多いのです。

粉末出汁を使うと旨みが付加されます。
隠し味に昆布茶を使うやり方もあるようです。
いろいろ試してみると面白いですよ。

今回は緑色が欲しくて万能ねぎ(青ねぎ、細ねぎ)を使いましたが、
香りなら白葱のほうがむしろいいかもしれません。
ただそうすると、色がいまひとつぱっとしないかもしれません。
そこに生姜を加え、ごま油を仕上げに使って
中華風にシフトしてみても面白いかもしれませんね。

No title

煮物や鍋物の出汁に粉末昆布茶を使うのは聞いたことがありますが
ペペロンチーノに鰹と昆布とは!和テイストで美味しそうです♪
ウデに自信が無いので作ったことは無いのですが、ペペロンチーノは
味そのものより「良い素材と調味料を如何に使いこなすか」に
力点を置いているような気がします・・・日本でいうところの塩おにぎりか
おかかおにぎり的存在?(適当発言ご容赦)

エアコン、我が家も未稼働記録更新中です~
幸いに湿度は低目なので平日勤務後=夕方以降ならマメに水分補給しつつ
家中の窓全開で結構快適(?)に過ごせるのですが・・・
お盆休み中のカンカン照りの午後、うっかり眠り込んでしまった時は
屋内で熱中症になりそうでした(^^;)
水分補給にはくれぐれもご注意下さい~!

ペペロンチーノ

実は食べたことがない不束者です(汗

でも。記事を読むだけですと。
さしてコアな知識を要求されないようで。
安心しました。
青葱・唐辛子は見た目にも食欲をそそりますね!
スパゲティの買い置きがあるので。
次回。試してみる事にします。

先日買ったエリンギが美味かったので。
キノコを使ったスパゲティもやってみます。
バターで炒めるだけですがw^^)/

Re:zumiさん

zumiさん、こんばんは! コメントありがとうございます。
ペペロンチーニは基本的に「塩味」なんですよね。
塩と、にんにく、唐辛子、オリーヴオイルだけ。
そうやって作ると、やはり素っ気ない感じに仕上がります。

個人的に、そのようなどこまでも素っ気ないスパゲティも、
それはそれで好きなんです。
茹でたてのスパゲティは塩・コショウ・バターだけでもおいしいんですね。

だけどまあ、いろんな「ペペロンチーニ」があってもいいのではないか。
アンチョビやベーコンを入れたり、あさりを入れたりするのもいい。
だったら、日本らしいペペロンチーニがあってもいいんじゃないか。

もうスパゲティに本物/偽物などはなく、
茹でてしばらく置いたふにゃふにゃのものでも、それはそれで
需要があったりするんですものね。

いかにして旨みをスパゲティに持ち込むか。
そんなことに腐心しながら、ときには失敗しながら、
できるだけシンプルなスパゲティを作っています。

エアコン非稼働作戦、もう少し、続けてみましょうか?
このまま乗り切れるといいな。



Re:waravinoさん

waravinoさん、こんばんは! コメントありがとうございます。
ペペロンチーニなるスパゲティは、
にんにくとオリーヴ油、そして唐辛子からだけなる、
じつに簡単なスパゲティです。

あまりに簡単すぎて、お店にはあまり表看板として登場しませんが、
そのような簡単なものでも、けっこうおいしく食べられる、
というのが実感できるのではないかと思います。

なにも飾りがないだけに、うまく出来ればとても幸せな気分になれます。
だけど、その幸せな気分の根源は、やはり
茹でたてのスパゲティのおいしさにあるのでしょうね。

茹でる途中、一本だけスパゲティを取り出して食べてみるのが好きです。
まだだけど、芯が残っているそれは、何ともおいしい。
茹で汁の塩味だけですが、それでもおいしいのです。
そのことを念頭に置いて、簡素なスパゲティを作るようにしています。

きのこのスパゲティも、いいですねえ!
乙山も大好きですよ。

No title

泥酔女王ですwww

パスタ・・・おうちで作るとうまく出来ないワタシ(涙
そういや毎朝「ZIP!」って番組で、速水もこみちがお料理をしてるんですが、オサレなパスタを作るわけですよ~!!
やっぱモテ男子はおうちパスタやね♪

ところで、岡町散策(2)はまだですか??
ぜひぜひ、某スーパー一角の酒屋レポを!
あそこ、ちっちゃいくせにええ酒そろえてるんですよーっ☆

Re:chihiさん

chihiさん、じゃなかった泥酔女王! コメントありがとうございます。
まあ家でできなくても、いいではないか。
外レポートがあるんだし。
それが楽しみ(女王の泥酔ぶりも?)なんですよ。

モテ男出なくても、おうちでパスタ!
根暗むっつり助平でもおうちでパスタ!
よろしくお願い(?)します。

岡町レポート、これからも続けていきますよ。
あれから何軒か、行って来たんです。
小さな酒屋……やっぱり、そこか!
というか、そこしかない(失礼?)か。

小さいと、写真を撮るのが難しいんですよ。
さあて、レポートできるのか?
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/10 (6)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)