阪急岡町駅周辺を歩く(1) おかまちラーメン太郎

OkamachiStn.jpg
連日暑い日が続いている。だが、それにめげてはいられないのであって、やって来ました阪急岡町駅。じつは岡町に初めて来たわけではなくて、以前ふらりと歩いたことがある。そのとき思ったのは、なんとまあ昭和の雰囲気が残っていることだろう、ということだった。本当に、見事なまでに昭和の雰囲気が商店街や駅前通りに温存されていて、このまま昔懐かしい昭和の商店街として残してほしいなあ、などという気持ちさえ起きてきてしまうほどである。

岡町の駅の西側には閑静な住宅街があって、商業エリアは東側に集中しているようなので、もっぱら東側を歩いてみることにする。だいたいどこの街でもそうなんだけど、閑静な住宅街なんていうのは歩いてみるとつまらないことが多いんです。一枚目の写真は、阪急岡町駅の西側から撮影。吹き抜けを通って、東側に回ってみることにしよう。

OkamachiStnBourvard.jpg二枚目の写真が駅前すぐの目抜き通りということになるのだろうけど、鄙びた感じがじつにいい味わいを出している。目抜き通りとはいうものの、ちょっと歩いたらすぐ終わりが来てしまう小さな通りで、周辺は住宅地が密集している様子。レストラン〈はり重〉とか喫茶&レストラン〈モントレー〉などを見ながら商店街のほうへ向かう。

アーケード付きの商店街に入ると、すぐにラーメン屋さんというか中華料理店ともいうべき店が二軒ほど見つかり、嬉しくなる。ここですぐに入店、ということもできるが、時間に少し余裕があるので、もう少し商店街を先に進んでみる。本屋や古本屋、喫茶店と店がいろいろあるけれど、いずれも本当に何十年も前のスタイルでそのままやっている。

OkamachiShotengai.jpg商店街の中ほどにくると、宮前通りという分岐点があり、そちらに行くと商店街のすぐそばに原田神社という神社がある。その周辺には豆腐屋とか八百屋、菓子店があるのだが、その風情がもう、まるで時間旅行をして過去に戻ったかのようなのだ。ああここで豆腐を買いたい、そして家に帰って湯豆腐で一杯やりたい、などと思うのであるが、この暑い時期に豆腐を抱えたままでいることは不可能なので断念する。

アーケードの商店街を抜けると、青空商店街が今しばらく続いており、その終点まで歩くと豊中市役所がある。阪急豊中駅周辺に市役所があると思い込んでいたので虚をつかれた感じになった。蛍池、豊中、岡町、曽根、服部、庄内という駅を擁する豊中市は思ったより広いんだな、改めて思った。と同時に、池田市が小さいことを思いながら、商店街を後戻りする。

OkamachiRamenTaro_FrontView.jpg喫茶店でランチのようなものを食して、アイスコーヒーを飲むのもいいな、と思ったのだが〈おかまちラーメン太郎〉に入店する。おいおい、またかよ、しかもこの暑い時期にラーメンかよ、という声がどこかから聞こえてきそうであるが、これで、いいのだ。中華料理店が発する不思議なマグネティズムのようなものに、身体が勝手に反応するきわめて自然な生理的現象なのだ(本気にしないでくださいね)。

店内はカウンターだけのこじんまりとした感じ。内装は昔ながらの中華料理店のそれなので、お客はすべて男性。これもお決まりの光景だ。ラーメンとチャーハンのセットを頼む。塩ラーメンでお願いしたのだが、これはしょうゆにするとその味が強くなりすぎて面白くないからである。いつも思うことだが、町の中華料理店のラーメンはしょうゆ味が強すぎるものが多い。神戸のチャイナタウン(南京町)にはそうでない店もあるけれど、その傾向はまちがいないと思う。

OkamachiRamenTaro_Set.jpgさて料理が来ましたよ。なんという太い麺であろうか。これはふつうの中華料理店のラーメンではまずあり得ない太さ。よくわからないが、たぶんこれは北海道流(?)の極太ちぢれ麺なのではないか。九州風の極細ストレート麺が大好きな私(乙山)の好みとは正反対の麺だが、食べてみると噛み応えもあって、これはこれでなかなかいいじゃないか。チャーハンは見事にぱらりとしており、米の一粒一粒が独立しているほぼ理想的な仕上がり。これは今回だけかもしれないが、いつもこうであってほしいと思う。好みにもよるが、べっちゃりしたチャーハンには閉口する。


【付記】
● 店を出た後で見ると、どこかにサッポロラーメンとか書いてあったように覚えています。やはりあの極太ちぢれ麺は北海道流ということなんでしょうか。岡町は、商店街の中に中華料理店が三軒もある、乙山好みの街です。

岡町は、大阪の一部の酒飲みの間で非常に有名(?)な、伝説の〈泥酔女王〉がかつて住んでいた町。商店街に付属している小さなスーパーマーケットの中に、小さな小さな、だけど品揃えはなかなか良さそうな酒店があり、ここで女王も焼酎やビールを買ったんだろうか、などと思いました。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ちぢれ麺

そう言えば。
熊出没注意ラーメン?だったか。
あれもちぢれ麺で。
噛み応えがありましたね。

自分も九州のラーメンが好きで細麺が好きですが。
噛み応えのある麺も。
それはそれでいいかなと思います。

要するに美味ければ良いのであって。
細麺でも不味ければしょうがありませんw

それにしても厚くて。
見事な叉焼ではないですか?
こちらも噛み応えが充分ありそうですね^^)/

Re:waravinoさん

waravinoさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
そうそう「熊出没ラーメン」はよかったですね。
あの麺は、本当に即席麺であることが信じられぬ出来でした。

あれよりもさらに太いのが〈ラーメン太郎〉の麺です。
乙山はもう二十年以上前ですが、札幌のラーメン横丁なるところで、
味噌ラーメンを食したことがあり、その時のことを思い出しました。
太くてしっかりした麺が、北海道流なんでしょうね。

おっしゃるように、なかなかいい叉焼でした。
薄いのが一枚だけ、という店も多い中、
なかなか頑張っているなあ、と思います。
後から客がどんどん入ってきて、けっこう繁盛しているようです。

No title

わー、岡町だー!岡町だーーー!!!
ほんの5ヶ月前まで住んでた町やのに、すっごい懐かしくて泣きそう・(/□\*)・゜゜

ラメ太、実は行ったことないんです・・・
いっつもお隣のつけ麺が有名な来人来夢に行ってたもんで。

それにしても岡町って、今更ながら昭和のすたるじぃな街並みですよね。
私が住んでたとこって「豊中市中桜塚」って町名で、住所だけ聞いたらどんなけオサレな街やねーん!なんですけど・・・
実際の昭和っぷりとのギャップがステキですたwww

Re:chihiさん

chihiさん、こんばんは! コメントありがとうございます。
いやあ行ってきましたよ、岡町。
まあ女性が〈ラーメン太郎〉に行くことはあまりないでしょう。
なかなかいい感じでした。

中桜塚って、たぶん豊中市役所周辺なんでしょうね。
なかなかいい感じじゃないですか。
駅から商店街を通りながら買い物を済ませることができて。
宮前通りは泣かせますね。
写真には撮れなかったけど、お菓子屋さんなんてもう博物館級(?)ですよ。
岡町は、まったりした(?)感じの、いい町です。

No title

暑い日に汗をかきながら食べるラーメンもいいですよね。
勿論、美味しいラーメンに限りますが。
札幌ラーメンっぽい馴染みのある麺です。
かえるままは縮れ麺しかしりませんでした。(というか、ストレート麺は人生で数える位しか食べた事がありません)旭川ラーメンは、細縮れ麺が多いみたいですが、札幌は太縮れ麺が多いかもです。
かえるままもやっぱり太縮れ麺が大好きです。

泥酔女王???ってなんですか?
教えて、教えて!

Re:かえるまま21さん

かえるままさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
そうそう、暑い日にむしろ、熱い料理がよかったりするのです。
基礎代謝が落ちているわけですから、
たとえば麻婆豆腐とか坦坦麺のようなものでしょうか、
それらを食して汗をかく、というのがいいのかもしれませんね。

太縮れ麺はやはり北海道で多いみたいですね。
関西では中太縮れ麺が多いです。

泥酔女王ですか……まあそれはあくまで俗称でして、
御本人は認めていらっしゃるわけではないかもしれませんよ。
ふざけ半分の冗談で言っているだけなんですね。
泥酔女王に会いたかったら、「遊歩者 只野乙山」のリンクの、
上から8番目をクリックしてみてください。

No title

本当に美味しそうですね~。
うらやましい。。。
最近東京方面は再開発が進んでいて、商店街や歓楽街などはどんどん減っています。
お洒落な店は好きですが、どこも海外の店舗ばかりで、同じ様なコンクリ打ちっ放し、ガラス張りのビルに入っています。
場所に特徴がなくなって来ているのが、ちょっと残念ですね。

ところで、らーめんが美味しそうです。
パラパラのチャーハンも(笑)

Re:依里さん

依里さん、こんにちは! コメントありがとうございます。
大阪はまだ、このような下町というか、
昭和的な雰囲気がたくさん残っていますよ。

ですが再開発はこちらでも進んでいて、
阿倍野(あべの)という古い街並みがすっかり新しくなり、
雰囲気が変わったなあ、と思うんです。
新世界も、いまでは観光地化しているといってもいいでしょうね。

こういう店はねえ、女性が入るのは難しいでしょうね。
脂染みてくすんだカウンターに並ぶのは、野郎、野郎、野郎……
ただでさえ暑苦しいのに、ラーメンを食べている光景はやっぱり……

逆に乙山なんかは、あまりに綺麗で明るい近ごろの「カフェ」とやらには
あまり入りたくないんですね。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/08 (6)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)