6BQ5ppアンプ

6BQ5pp.jpg
このたび長年住み慣れた西宮/宝塚から、大阪府池田市に引っ越しすることになった。業務上の都合で北摂地域をうろうろしていることが多いので、それならいっそ北摂地域に住んでみたらどうか、という算段である。阪急宝塚線の駅周辺ならどこでもいいのだが、今回は池田市と豊中市に絞ってあれこれ考えを進めた。

服部や庄内には非常に心惹かれるものがあった。中華料理店が多く、鄙びた町の雰囲気や味わいのある商店街。ネット上で物件をあれこれ物色してみるとたくさんありすぎて決められないくらいだ。服部緑地周辺のエリアに決まりそうになったけれど、今度は不動産業者をどうする、などとまた悩みの種が増えてしまった。

神戸や大阪へのアクセスを考えると、できるだけ阪急十三駅に近いほうが便利で、当初は池田や石橋は候補に入っていなかった。ところが池田に興味深いある物件を見つけ、これは面白そうだな、と記憶に留めておいた。後日、本命は服部/庄内なんだけど、まあ話だけでも聞いてみようか、と西宮北口のとある不動産業者の店に入ってみた。

「じゃあ、今度の某曜日、見に行ってみましょうか」と不動産屋さん。まあ、どうせ見るだけだろうけど、せっかく連れて行ってくれるみたいだから行ってみてもいいかな、と話に乗った。で、現地周辺や物件を見ると、けっこういいじゃないかと感心してしまったのである。駅から少し遠いことだけが気になるが、他の条件は気に入った。結局、他の物件は一切見ることなく、前向きに検討しましょうか、と一発で話がまとまった。

部屋の中にはまだ、引っ越しの段ボールが積まれたままになっている。これから少しずつ、整理していかないといけない。とりあえず寝るところだけは確保しておいて、一度に無理はしないように(というかできないのだ)と思っている。インターネットも抜かりなく手配して、引っ越し当日から開通して使える状態なのでこうして記事も上げることができる。だけど先週はさすがに疲弊しきっていて、ウェブログにかまけていられる状態ではなかったんですね。

6BQ5pp_02.jpgさて段ボールの上に真空管アンプを置いて、iPodと小型スピーカーにつないで音楽を聴いている。この真空管アンプはね、私(乙山)が自分で拵えたものなんですよ。こうしたものに興味のない方もいらっしゃると思いますが、そういう方は読み飛ばしてくださいね。

全体のデザインは古典的なスタイルを貫いたもので、6AU6(2)-6BQ5(2)-6CA4という構成。6CA4の採用は最後まで悩んだけど、ロシアや東欧で再生産されているようなので採用に踏み切った。いまどき整流管を使った設計はほとんどないと思うが、小型真空管が6本並んだ姿が見たくて採用した。

回路は自動平衡回路という昔からある古典的な回路だが、ゆえに音が壊滅的に悪いなどということはなく、私の平凡な耳には全く不都合はない。ただ出力菅が5極管なので、カソード帰還とトータルループ帰還(約10dB)をかけている。スクリーングリッドの供給電圧を下げるため定電圧ダイオードを使っているが、この部分は近い将来UL接続にしてトータルループ帰還を6dB程度に変更するつもりである。

UL接続はどこか安易な感じがして嫌う方も多いかもしれないが、あの伊藤喜多男氏も晩年のアンプにはUL接続を採用していたように思う。たとえばEL34/6CA7、あるいは7027AのプッシュプルアンプはいずれもUL接続で、前段はリーク/ムラード型の位相反転回路だったのではないだろうか。UL接続はスクリーングリッドにプレートより若干高い電圧がかかるけれど、出力が取り出される分スクリーングリッド損失は負担が軽減するのです。

アンプのシャーシ(本体ケース)は自分で図面を引いて、長野県の加工業者に依頼した。電源トランス、チョークコイルは古い塗装を落とし、油性の缶スプレーで再塗装した。出力トランスは新品を使ったが、これも他のトランス類と同じ缶スプレーで塗装。缶スプレーの色は偶然だけどシャーシの色とけっこう合っていて、これはちょっと嬉しかった。素人が拵えたものとしては、まあまあいい線をいってるんじゃないかと自惚れている。


0.4W電池式アンプへ ≫

【付記】
● 6月現在、室温はだいたい25度前後。まだ真空管アンプを使っても大丈夫ですが、これが暑くなって30度を超えてくると、真空管のアンプを使う気がしなくなってくるんです。例年、最夏季は稼働を見合わせているのですが、さて今年はどうなることやら。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

tag : 6BQ5 真空管アンプ オーディオ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

引越しお疲れさまでした!
お眼鏡にかなう物件が見つけられたようで先ずは何より♪
そういえば私が引っ越した時もダンボールが全部片付いたのは
2~3ヵ月後だったような気がします・・・(遅すぎ?(^^;)
まぁお気に入りの音楽を聴きながらぼちぼち頑張ってください~!

Re:zumiさん

zumiさん、こんばんは! コメントありがとうございます。
段ボール箱が片付くのは部屋のレイアウトなど
大方のことが片付いてからかな。

移動に伴って古い本棚を処分したので
入れるところがないわけです。なので段ボールがそのまま、と。
よくあるパターンですよね。

段ボールの上にノートパソコンを乗せて、
記事やそのほかのことを進めています。
胡坐も正座も苦手な乙山ですが、
机なしの生活スタイルもありかな、と思いました。

No title

池田市民になるのですねー♪
池田駅付近は、結構美味しいお店がありますよね!私は探索しきれなかったけど(泣)

岡町は候補に入ってなかったんでしょーか?(笑)

Re:chihiさん

chihiさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
引っ越しってやっぱり疲れるなあ。
遠い所へ行ったchihiさんもけっこう大変だったでしょうね。

乙山としては服部、庄内あたりがいいのかな、と
単純に考えていたのです。
その次が曽根、岡町あたりかな、と。
服部緑地周辺に決まるはず、だったんですけどね。

じつは石橋、池田は候補に入っていなかったのです。
やっぱり現地、実物を見るに限りますね。
本当、今回は迷わずに一発で決まりました。

池田周辺もおいおい「街を歩く」シリーズで
お届けするかもしれません。

No title

お引っ越し、お疲れさまでございました。
新しい土地のお写真も楽しみにしてますね!
大阪って広いのですね~。

真空管アンプ、只野乙山さんのこだわりを感じる事ができますね。
マイペースで、こだわりの只野乙山さんの記事は興味深いですよ~。

Re:かえるまま21さん

かえるままさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
物理的な巨大さ、広大さは北海道の比ではありませんが、
大阪平野というのはとにかく広い。

よくこんなに平地が続くものだと感心してしまいますね。
少し高いところから見ると、本当にすごい。

実際に住んでいるところを記事にするのは
少しためらわれるところがあるんですね。
もう少し後になるかもしれません。

この真空管アンプは2008年の7月ごろに完成して、
現在(2011年6月)まで無事に稼働していますので、
一応合格点を出してやってもいいのではないかと思います。

No title

今晩は。

お引っ越しなさったんですね。
いつもクールでいらっしゃる乙山さん。
お引っ越しのどさくさなど全然感じられませんでした!^^
人生で24回も引っ越しした引っ越し好きの私としましては、
家探しの楽しさ、引っ越しの大変さ(=楽しさ。笑)など、もっとリアルタイムで
詳しく伺いたかったです(笑)。

アンプに関しては、一応頑張って読んでは見たけれど、
スルー、スル―!!(笑)
でも、楽しさは、すご~く伝わってきます。

Re:彼岸花さん

彼岸花さん、おはようございます。コメントありがとうございます。
いや本当、今回はね、ネット上では散々見たけれど、
実物を何度も見るということはありませんでした。
物件はあっけないくらいすんなり決まったのです。

より良い物件を探して奮闘、などという展開にならなかったので、
記事にしようにもできないというわけなんです。
真空管アンプに関してはスルーしてください!
まあ、野郎のウェブログってこんな感じなんですね。

好きなことしか書かないし、好きなことでないと
筆が進まぬのが野郎というものでしてね。

こんばんわ^^

引っ越しって。
落着くまで・馴染むまでが。
何かと大変ですよね。
環境の変化で。
体調を崩されませんように^^)/

Re:waravinoさん

waravinoさん、おはようございます。
コメントありがとうございます。
幸い、西宮/宝塚と池田ではまあ「ご近所」の
範囲に入るのではないかと思いますので、
気候的にはそんなに劇的な変化はありません。
とりあえず、何とかやっていますよ!
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/08 (6)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)