真実の口占いマシーンによる 「只野乙山ってどんな人?」

LaBoccaDellaVerita.jpg
映画『ローマの休日』(1953)の中で、新聞記者(グレゴリー・ペック)が壁に入れた手を食いちぎられたように見せかけて某国女王アン(オードリー・ヘップバーン)を驚かせるという有名な場面があるが、あの「真実の口」(La Bocca Della Verita)を模した占いマシーンがあるのをご存じだろうか。

100円を投入後、穴の中に手を入れると「真実の口」が占い結果を書いた紙を出してくれるという他愛もない代物だが、私(乙山)はそれを神戸三宮の東急ハンズで見かけて以来、面白半分に何度か占ってもらっている。ネットで見ると、何某博士によって発明されたイタリア製だという。なんだか怪しい雰囲気であるが、やってみるとけっこう笑わせてくれることもある。

「遊歩者 只野乙山」の全記事を執筆、写真撮影をしている只野乙山とはいったいどんな人物なんだろう、などと興味を持たれる方は非常に少ないと思うのだが、「真実の口」とやらが語る只野乙山像を一挙公開! ただし、原文は片仮名ですので読みづらいため漢字仮名交じり文に変換しておきました。占い結果に対する只野乙山本人によるコメント(全部ではありません)という豪華付録(?)でお届けします。

LA BOCCA DELLA VERITA(原文はカタカナ)

2003.8.31
1. あなたは頻繁に芸術や文化といったものに対する興味を示すタイプの人です。
2. あなたは批評する能力において人並みはずれた才能を授けられた人です。
3. あなたはいつもあなたの周囲の状況や人をあなたの思い通りに動かす能力のある人です。
4. あなたは恋愛感情をまったく抜きにした肉体関係に走る傾向があります。
5. あなたは今まであなたの避けられない強い運命によって恋愛やあなた自身の人生に対して失望を感じてきました。
6. あなたは二人の関係や相手をコントロールしようとしています。

【乙山コメント】
3. つまり、私は社長に向いてるってことなのか?
4.どんな傾向やねん!
6. 仕切りたがりって言いたいわけ?


2004.4.19
1. あなたの立場を改善するためにあなた自身の持っているとても鋭い感覚を活用することができます。
2. 冒険的な仕事であなたはひどく失望する可能性があります。
3. あなたは精神的な喜びにあなた自身を開放(解放?)することのできる人です。
4. あなたはたびたびあなた自身のつまらない虚栄心から複雑で面倒な愛情関係や恋愛問題に巻き込まれるおそれがあります。
5. 大きな緊張と不安に取り囲まれた大変危険な状態の中で生活するという可能性があなたにあります。
6. いろいろなことにあなたはエネルギーを使いすぎ、あなたの才能を生かすために必要な集中力を低下させています。

【乙山コメント】
2.冒険的な仕事なんてしてないと思うけどね。
3.座禅でもやって悟りを開けってこと? スピリチュアル系に向いてるってこと?
5.たとえばスパイのような諜報活動とか?


2004.11.16
1. あなた自身の体からあふれ出るエネルギーや体力といったものを、いつもあなたは当てにしすぎる傾向にあります。
2. あなたは才能や性格などについての自己分析能力の持ち主です。
3. あなたはあなた自身の健康を、家の中に閉じこもりがちなあなたの性格によって、損なう危険にさらされています。
4. あなたの人生の道のりの中で、愛情関係において幾度かの裏切りや不幸を体験させられるおそれがあります。
5. 規則正しい生活と、ほんの少しの運動によって、あなたを待ち受けている不幸な出来事を避けることが出来ます。
6. あなたのもつ魅力によって、いろいろな成功への道が開きます。

【乙山コメント】
1.多かれ少なかれ、みんなそうしてるんじゃないの?
3.確かにまあ、私は出無精かもしれないけど。
5.つまり「あなたはメタボリック症候群になりかけている」ってことね。
6.それ、決まり文句だよね。みんなに言ってるんだよね。


2005.4.11
1. あなたは食べ物や飲み物については、とくに質の良い、悪いと言ったことよりも、量をいちばんに考える人です。
2. あなたは贅沢な物事や人目をひく行為や、高価なものに気をとられやすい人です。
3. あなたは周囲の状況や意見に服従しない人です。
4. あなたの内面に潜む不思議な力によって、あなた自身の誠実さを失う方向に向かわされているようです。
5. あなたはいままで、あなたの避けられない強い運命によって恋愛やあなた自身の人生に対して失望を感じてきました。
6. 一時的な、経済的な問題にあなたはぶつかりますが、いずれにしても解決するだけの力をあなたは持っています。

【乙山コメント】
1.そこまで言うか? というか、よくそんなプログラム入れたよな。
2.見栄っ張りって言いたいわけね、要するに。
4.そんな不思議な力、要らんわ!
5.そりゃね、私自身ではどうしようもないことってありますよ。


2005.5.16
1. あなたは与えられた仕事を長い時間続けてこなしていくことのできる丈夫な体質を持っている人です。
2. あなたは健康で、規則的な生活を送ることに困難を感じています。
3. あなたは、あなた自身に対する絶対的な信頼を持っている人です。
4. あなたの自由を束縛しないで、複数の異性との関係を大いに楽しむことのできる人です。
5. あなたは、きまぐれや優柔不断といったことが原因で、大変な苦労をすることになるので要注意。
6. あなたは時として、極端に理想を追いすぎることがあります、失望させられる危険性を避けるためにも、あなたはもう少し用心深く、慎重な人になるための努力が必要です。

【乙山コメント】
2.自堕落で破滅型の人生って言いたいわけだろうか。
4.自分にそんな才能があったなんて……


2005.8.21
1. あなたは批評する能力において人並み外れた才能を授けられた人です。
2. あなたは多少の病気に対しては自己回復能力をもっています。
3. あなたはあなた自身の利益や興味のために他の人を利用しようとすることがあります。
4. あなたは熟年期において豊富な財産に恵まれ、栄誉に輝き、最良の友に出会うことでしょう。
5. 恋愛や愛情関係によってあなたは高齢期においても幸せと成功をつかみ続けられるでしょう。
6. 職業や住居、生活スタイルに大きな変化があなたに見られます。

【乙山コメント】
3.それって、だれが見ても悪党じゃないか。
4.熟年期っていつなの? 今は「豊富な財産」とは無縁なの?
5.嬉しいような、嬉しくないような。


2006.7.21
1. あなたは頻繁に芸術や文化といったものに対する興味を示すタイプの人です。
2. 洗練された味を持っている物事に対してあなたは非常に敏感な人です。
3. あなたはだいたいにおいて勝利の味を満喫することのできる人です。
4. あなたは時として極端に理想を追いすぎることがあります、失望させられる危険性をさけるためにも、あなたはもう少し用心深く慎重な人になるための努力が必要です。
5. 恋愛や愛情関係によってあなたは高齢期においても幸せと成功をつかみ続けられるでしょう。
6. あなたは文学や芸術に人生を捧げるタイプの人です。

【乙山コメント】
1.それも決まり文句だよね。
2.洗練された味を持っている物事って、なんなの?
3.私はだいたいにおいて敗北のバラードを歌っていたような気がするな。
5.またかよ。ネタ切れだな。
6.人違いしてませんか?


2008.1.8
1. あなたはあなた自身の精神力を上手に活用することのできる人です。
2. あなたは才能や性格などについての自己分析能力の持ち主です。
3. あなたはあなた自身の健康を、家の中に閉じこもりがちなあなたの性格によって損なう危険にさらされています。
4. あなたの人生の道のりのなかで、愛情関係において幾度かの裏切りや不幸を体験させられるおそれがあります。
5. 規則正しい生活とほんの少しの運動によってあなたを待ち受けている不幸な出来事を避けることができます。
6. あなたのもつ魅力によって色々な成功への道が開きます。

【乙山コメント】
なんか平凡な御神託だねえ。2.3.4.5.とすべて過去に出てきたし。
6.最強の決まり文句。みんなに言っているんでしょうね。


【付記】
● 手のひらを乗せて判断するのですから、これも一種の「手相占い」ということになるのでしょうか。イタリア人の何某博士の発明によるらしいのですが、あちらにも手相占いのようなものがあるということなんでしょうか。

ひねくれた男の自己言及的なコメントほど当てにならないものはありません。その点、占いマシーンによる性格判断ですので、少しはまし(?)かもしれません。念のために申しあげておきますが、今回の記事は全編これ冗談ですのでよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

なんとなく「外国語を和訳しました」って感じの御託宣が良いですね~
100円で6項目も占ってくれるなんてお買い得(笑)
最初の方はかなり刺激的な内容が多かったのに直近のものは
かなり穏やかな感じになったのは、乙山さん自身が年とともに
落ち着かれたから?(失礼(笑)
まだ占いマシーンがあるのなら、一度占ってみたいです♪

Re:zumiさん

zumiさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
この占いマシーン、イタリア製なんだそうですが、
日本に持ってくるとき、それなりに翻訳しないといけないってことで、
急場しのぎでやった仕事という感じがしますね。

それがまた、仰るようにけっこういい味を(?)出してるんです。
こういうものは、いいところだけ聞いておいて
あとは無視するに限ります。
なんといっても、100円のお遊びですからね。

最近乙山はやってないんですよ。
もしまだ三宮の東急ハンズにあれば、またやってみてもいいかな。
けっこう、笑わせてくれるんですよね。

なんか、恋愛面が踏んだり蹴ったり…(@_@;)?
さらっと悪口的なことを言ってのける、慇懃無礼さが素敵(笑)

Re:chihiさん

chihiさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
もとい恋愛面はね、乙山はからっきしだからいいんです。
「真実の口」は「おいっ!」と言いたくなるようなことを
さらっと言ってのける、なかなか笑わせてくれるやつ(失礼?)ですよ。

No title

乙山さん。こんにちは。
『真実の口』ですか。私もやってみたいな。

1、あなたはあなた自身の書くものを、これでもかこれでもかと
念を押しがちなあなたの性格によって損なう危険にさらされています。

とかね(笑)。

乙山さんはこういう遊びも楽しまれるのですね。
その時のお姿を想像すると微笑ましく。
下手くそな直訳調が、何とも可笑しみがありますね。
いつも、Google翻訳のめちゃくちゃさを楽しんで、ひとりツッコミを
入れている私は、この語調だけで楽しめます。

乙山さんの恋愛運を見たかったですけれど、う~ん、つかめたような
つかめないような。

Re:彼岸花さん

彼岸花さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
推敲は大切ですよね。
自分の書いた本の一節を、推したほうがいいのか、敲いたほうがいいのか、
と苦吟する姿、乙山は何となくわかりますし、
そういう、言葉に対する感覚をしっかり持っている方に敬意を表します。

で、真実の口占いマシーンですが、これはまあ、ただの遊びだとは思いますが、
思いがけないことを書き出してくれるので意表を突かれることがあるのです。
これでも、いい結果が出るようにと、ハンケチで手を拭いて、
呼吸を整えてから、おもむろに手を差し入れるのですよ(うそうそ)。

恋愛関係など、乙山はからっきしだめなのですが、それでも
「真実の口」」が書きだしたことは、当たらずしも遠からず、みたいな部分も確かにあって、
ううむ、と唸らされることがたまにあるんですね。

Googleの自動翻訳は笑わせてくれますねえ!
「只野乙山」なんて《Tadano Mountain B》だもの。
あほかっ、とか言いながらつきあっては笑ってしまいますね。

また、過去の記事でコメントです

只野乙山さまへ

こんばんは。
すいません!笑いをこらえて読むのが精一杯でした。
この手の話は面白いから好きです。

何回も同じ機械を試されるとは・・・
私は20年以上前に、この真実の口の手相占い(当時500円)をしました。

結構当たっているなと思いました。
今の病気の予言みたいなことが書いてありましたし・・・
ある器官の病気に悩まされるでしょう・・・という結果、
今まさにそれで悩まされています。しかも、この器官の病気で以前も手術しました。

でも、私も同じ機械で何回も試して、占いは真実だったのかを
確かめたらよかったのかもと思いました。考えもしなかったです。
あまりに違うと、私の場合、インチキと思って、信じなくなりますけどね。

只野さまは、この結果を保存されていらっしゃるのですね。
私は結果が違うとわかると、間違いなく、ポイッと捨てるでしょう・・・

Re:りーさん

りーさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
過去記事のコメントは大歓迎ですよ!
そもそもこのウェブログはあまり時事問題を扱わないもので、
すべてが古いといえば古いんですよね。

さて「真実の口が占う」という占いマシーンは、
この間三宮の東急ハンズに行ってみたところ、
もう撤去されておりました。
もう一度やってみたかったのに、ちょっと残念です。

手相を見ているのか、体温とか脈、いったい何を見ているのか、
本当に不思議ですよね。ひょっとして体脂肪率スキャンを
かけていたりして……まさかね。
だけど意外と健康関係のことは穿ったことを言うから不思議。

結果は感熱紙にて出力されるので、だんだん薄くなっていくのです。
机の引き出しに重ねるようにして保存していましたが、
この記事を書くに伴い、処分してしまいました。
お遊びですので、またあれば、やってしまうかもしれません。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/07 (7)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)