阪急庄内駅周辺を歩く (2) 広東料理ハマムラ

HamamuraShonai_FrontView.jpg
3月某日、阪急宝塚線庄内駅で降り、肉屋さんの二階にあるレストラン〈サルーン フジ〉でランチを済ませた後、庄内駅の西側にある商店街を歩いてみたときに、次は必ずここで食べようと決意したのが中華料理店「ハマムラ」である。

いやあ、懐かしいなあ。関西(大阪?)だけのローカルな話題かもしれないが、もう何十年も昔、テレビCMで「ハマムラ」をやっていたのを思い出す。片仮名の「ハマムラ」で中国人らしき男性の横顔が大きく映し出されていて、かなりインパクトがあった。それにラジオで浜村淳さんがハマムラの宣伝もしていたような気もする。

それだけ記憶に残り、インパクトがあったにもかかわらず、私(乙山)はハマムラで中華料理を食べたことがない。これはまったくもって迂闊なことだった。大阪市内に住んでいたこともあったのに、どうしてハマムラを利用しなかったのだろう。だから庄内でハマムラを見つけたときも味の懐かしさではなくて、昔見た面白いおじさんの横顔が懐かしかったのではないかと思う。

それはともかく、ハマムラに行くと決めたからには他のことを考えず、庄内駅西側の商店街をずんずん歩き、ハマムラに入店。一人なのでカウンターに座り、メニューはラーメンとチャーハンのセットを頼んだ。他のものでもいいのだけど、どういうわけかラーメンとチャーハンのセットがあればそれを頼んでしまう。

料理が来るまでの間ちらちら店内を見回すと、ここにも懐かしい昭和の雰囲気が濃厚に漂っている。こういう雰囲気は好きだ。目の前で料理人が中華鍋で料理するところを見られるのも楽しい。両手鍋を自在に操り、小刻みにリズムをとりながらくるっくるっと回すようにして料理するスタイルが独特だ。

HamamuraShonai_RamenCharhan.jpgさて料理が来ましたよ。なんとまあ、ラーメンといいチャーハンといい、どうやったらこういうクラシックスタイルになるんですか、と言いたくなるような風情。今は21世紀であることをしばし忘れそうになる瞬間。だけどラーメンのおつゆ(スープ)が何ともいい味を出しているではありませんか。これはうれしいなあ。

中華料理店のラーメンといえば、醤油味がほとんどで、これはおいしいと思えるスープに出会えることはめったにないと思っているが、これはいけますよ。しょうゆの味が強くなくて、しっかり出汁をとっていることがわかるいいスープだ。一方、チャーハンは色といい味といい、本当に昔風のチャーハン。抜群においしい、と言うわけではないけれど、どこか懐かしい味。これはこれで、いいんだな。

私の味覚などまったくあてにならないけれど、これは「見た目がきれいでそこそこ食べられる」という、近頃よくありがちなラーメンとチャーハンのセットではありません。神戸三宮センタープラザの「天賓飯店」、阪急川西能勢口の「天外」、そしてこの阪急庄内の「ハマムラ」。この三つは今のところ、もう一度行ってみたくなる「ラーメンとチャーハンのセット」なのである。


【付記】
● 中華料理屋さんのただのラーメンあるいは中華そば。されどそれがおいしいなあと思わせてくれる店はなかなかありません。そこそこおいしいけれど、また食べたいなあと思う部分がないのです。ごくふつうの料理、どこにでもある料理がおいしい店を見つけることができれば本当に幸せです。もちろん、味は本当に人それぞれですので、保証はできませんので念の為。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

食いたくなったぜ、乙さんよ。

食いたくなりましたよ、乙山さん。
こんこんという独特な音。中華鍋となんていうんですかあれ、
鉄しゃもじのでかいやつで、こんこんという音をたててじゃっじゃっと
ひっくりかえして、あれ直火って言うんですかね、チャーハンの。
いいですね~。食いたいですねぇ。
写真を拝見すると、ラーメンにもやしのようなひょろっとしたものが見えます
が珍しくないですか?北海道はもやし使いのラーメンですがね。

あっ、そういえばスープの話ですが、『北海道まるだし』というだしの元、
知ってますか?ぜひ、ネットとかで調べて試してみてほしいな、乙さん。
まいうぅ~ですよ。昆布だしでね。ぜひぜひですよ。
『北海道まるだし』だべさ。ははは

HOBO

Re:HOBOさん

HOBOさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
中華鍋は棒状のわりと太い取っ手が一つだけついたもの(北京鍋)と、
環状の取っ手が二つ付いたもの(広東鍋)があって、
鍋の曲線のアールや深さも違うみたいです。
乙山は前者を使っています。

今回訪れた豊中市庄内の〈ハマムラ〉は広東料理と銘打ってあるだけに、
やはり広東鍋を使っていました。カウンターに座ると、
本当に目の前で調理している姿を見られて楽しいのです。
まさに熟練の技という感じでした。

ラーメンにもやし、というのは関西ではよくあるんですよ。
その代わり、青菜が入っていることはめったにありません。
〈北海道まるだし〉は知りませんでした!
今度試してみますね、情報ありがとうございます。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/11 (6)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)