阪急庄内駅周辺を歩く (1) サルーン フジ

SaloonFuji_FrontView.jpg
「阪急宝塚線庄内駅に旨いステーキ屋あり」という情報を得た私(乙山)は、早速阪急庄内駅に行ってみた。庄内といえば豊中市の最南端に位置し、大阪市淀川区と神崎川で隔てられている。google地図で調べてみると東側には吹田市の江坂があり、新大阪駅もそんなに遠くないことがわかる。西側は豊中ジャンクション、その向こうは尼崎市で阪急神戸線園田駅がある。なるほどこの地域は大阪市、尼崎市、豊中市そして吹田市という四つの街の境界線付近なのだ。

阪急の駅でも宝塚、川西能勢口、池田、豊中、岡町、曽根には高架式の大きな駅舎があるんだけど、庄内にはそれがなく、ずいぶん控えめなたたずまい。東出口から出たらすぐ、と聞いているので左側から庄内駅を出る、とすぐ商店街。思わずワォ、と小さくつぶやいてしまう。商店街は「豊南市場」という活気のある市場と直結していて、人通りが多い。

この雰囲気は、強いて言うなら阪急石橋駅周辺の兄弟姉妹といったところだろうか。石橋駅周辺はその猥雑な雰囲気が好きで密かに愛してやまぬところがあるけれど、ひょっとすると庄内駅はそれ以上かもしれない。高架式の巨大駅舎を備えたお洒落(?)な街、というのが阪急電車のイメージの一つなのだが、そういうものとは程遠い、駅周辺に自然発生的に商店などが密集している地域もあるというのが阪急沿線のもう一つの顔じゃないかと思う。

SaloonFuji_Lunch01.jpgさて、目的の店は〈サルーン フジ〉といって肉屋さんの二階にある。本当に、庄内駅の東出口から出たらもう見えているのだ。一階は肉屋さんの店頭でコロッケなんかを揚げているいい匂いが漂ってくる。二階に上がっていくと、そこは何ともレトロスペクティヴな雰囲気が漂うレストラン。懐かしい「昭和のレストラン」とでも言うべきで、こういう店は好きである。メニューを広げてあれこれ迷うのも楽しい。

せっかくステーキが旨いと勧めてもらったにもかかわらず、ランチを選んだ。馬鹿だなあ、と自分でも思うんだけど、脂がたくさん入ったステーキはあまり食べたい気にならぬのである。コープこうべ(生協)あたりで扱っている脂がほとんどない豪州産のフィレかランプをレアで仕上げたもの、これが私のステーキの標準になっている。脂がほとんどなくても、いやむしろそれだからこそ肉の柔らかさがよくわかるし、肉の味を楽しめるのではないかと思っている。

SaloonFuji_Lunch02.jpgコンソメ味のスープを終えた頃、メインの料理が運ばれてきた。皿には鶏の唐揚げ、蟹風味のクリームコロッケのタルタルソース添え、ハンバーグのデミグラスソース添えが並んでおり、ハムの下には生野菜が添えられている。これで740円(2011年3月現在)というのはかなりの満足感がある。デミグラスソースもなかなかおいしく、タルタルソースもたっぷり付いてくるし、唐揚げ用に添えられたレモンもきちんと1/8カットになっている。ご飯もそこそこおいしいので、これは本当、お値打ちもののランチだと言える。

〈サルーン フジ〉を出た後、庄内駅周辺を少し歩きまわってみた。駅の東側に〈サルーン フジ〉や豊南市場などがあって活気があるのだが、駅の西側には商店街があって、スーパーマーケットが隣接している。なかなかいい感じの商店街で、たばこ屋さんにはテラサキのフレンドホルダー用カートリッジが置いてあったので二箱買った。これがなかなか置いてないんですよね。いやいや、阪急庄内駅周辺はなかなかいいじゃないか。また来てみよう、と思わせる店がいっぱいありました。


【付記】
● レジで勘定をしているときに〈サルーン フジ〉の店員さんに「ランプのステーキはやってないんですか?」と訊くと、「下にはあるかもしれんけど、店ではやってないねえ」との答え。「ステーキ定食は切れ端を焼いているので、きちんとしたものが食べたいならサーロインとかヘレとか、いうてくれはったらええ」とも言ってました。こういう正直なところがいいですね。違う部位を平気で「サーロイン」と書いて売っている精肉業者も本当にあるんですよ。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

懐かしさ

乙山様、始めてコメント致します。

「乙山、街を歩く」を楽しく読ませて頂きました。
二年前に30年ぶりでこの大阪の地を踏んだのですが、あまりの変化に自分の中にあった記憶とはまったく違ったものになっており驚きました。

それでもこれらの「乙山、街を歩く」を読んで懐かしさと嬉しさが湧いてきました。宝塚沿線の石橋には高校生の頃に3年通いましたが、駅前の様子も変化しているような。

庄内の豊南市場も今回行きましたが、あのごちゃごちゃした感じは残っておりとても嬉しかったです。これからもこの辺りのリポートを楽しみにしております。素敵なブログですね!

Re:まん丸クミさん

まん丸クミさん、はじめまして! コメントありがとうございます。
30年ぶりというのは本当に久しぶりという感じがしたでしょうね。
大阪は、場所にもよりますが10年であっという間に変わってしまうこともある。
最近はJR大阪駅周辺がびっくりするくらい様変わりしたんですよ。
大阪に住んでいてもそんな調子ですからね。

石橋は乙山の大好きな駅でしてね、何度か足を運ぶんです。
阪急電車の改札を出たらすぐ商店街、というのがいいんです。
大学側はそれはそれで鄙びたいい味わいがありますしね。
商店街にも活気があって、惣菜とか買うのも楽しいんです。

庄内の豊南市場! これもまた、いい味わいがあります!
今は池田に住んでいますが、服部と庄内に住もうかな、
などと考えていたときもあったほどです。
飛行機が大きく見えて、その音にびっくりしさえしなければ、
服部か庄内に住んでいたに違いありません。

これらの町もまた訪れるつもりですので、
ウェブログに記事を上げられるでしょう。
今後ともよろしくお願いします。

プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/08 (4)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)