ホワイトオーク あかし



〈遊歩者 只野乙山〉 特別企画
【日本のウィスキーを飲む】



WhiteOak_AKASHI.jpg
「ジャパニーズ・ウィスキーを飲む」という企画を勝手に立ち上げ、取材を開始した。取材、などというとどうも大袈裟だなと自分でも思うけれど、これくらい格好をつけて臨むくらいがちょうどいいのかもしれない。もとより誰に頼まれたわけでもなく勝手にやっている、動機が希薄かつ微弱なウェブログ。もはや(というかそもそも)何のためにやっているかわからなくなってしまっているわけです。

勇んで店に向かったまでは良かったが、日本のウィスキーでこれといったものが見つからず、やむなく〈鷹〉というジャパニーズタイプのスコッチ(?)を近所の某酒の量販店〈M〉で買った。その後、どうせだからともう一軒ある酒の量販店〈R〉に立ち寄ったところ、なんと、それこそお目当てだった正真正銘のジャパニーズ・ウィスキーが商品棚に鎮座しているではないか。

手にとってラベルを見ると平仮名で「あかし」と書いてあり、下に「明石の地ウイスキー」とある。これは全国でも極めて珍しい地ウィスキーなのだろう。その日はすでに〈鷹〉がリュックサックに入っていて、これを消費し切るには数週間かかるだろう。もう以前のように毎晩寝酒としてウィスキーを飲むわけではなく、休日の昼下がりとか早めに仕事が終わった日などに少し飲むだけになってしまったからだ。後ろ髪をひかれる思いでそれを棚に戻し、家に帰って〈鷹〉を飲んだ。

それから数週間後。再び某酒の量販店に赴いて〈ホワイトオークあかし〉を購入した。残りはもう2本しかなく、あわや買いそびれるところだった。〈ホワイトオークあかし〉は500ml=1000円で、これは納得の値段設定。いそいそと買って帰り、さっそく飲んでみました。最初はストレートで、次はウィスキー:水=1:1、氷はなし。寒い季節はこれがいいのです。

まろやかな感じ。これはストレートでも舐めるようにして飲める味わい。飲んだ瞬間それとわかる何かをまねて作った感じが全くなく、これはこれ、というオリジナルな味わいだ。ブレンダーの頭の中にはひょっとすると想定モデルがあったのかもしれないが、この価格帯(あるいはそれ以上でも種類によっては)のウィスキーにありがちな「作り物臭さ」が微塵も感じられない、本物の味と感じた。

水割りにすると穏やかさが増し、飲みやすくなるけれど味が薄まることもなく、いい感じだ。色も比較的薄く、カラメル色素をたくさん使って無理に琥珀色を演出することもない、きわめて素直なウィスキー。スコッチによくある煙臭さは抑えられていて、少し違うかもしれないが、蒸留後に樽詰めして熟成させた麦焼酎の雰囲気があるように感じた。ソーダでも割ってみたけれど、味が薄まる感じはあまりなく、ソーダとの相性もいいようだ。

さてこの〈ホワイトオークあかし〉を作っているのは兵庫県明石市大久保町にある江井ヶ嶋酒造。同社ホームページによると大正8年(1919年)にウイスキー製造免許を取得して以来、ウィスキーを作り続けてきているそうだ。それだけ歴史のある蒸留所なのにいままで知らなかったのが不思議なくらいだ。製品案内を見ると〈ホワイトオークあかし〉は英国産麦芽100%を使ったブレンデッドウィスキーとある。それが1000円くらいで買えるのだから、今後はもっと「あかし」を飲もうと考えているけど、売っている店があまりないのが残念だ。


≪富士山麓樽熟50°へ  マルス 3&7へ ≫

【付記】
● 想像を超えた出来の〈ホワイトオークあかし〉です。本物の、いいウィスキーだなあと感心しました。これが500ml=1000円という買いやすさ。しかもピュアモルトのブレンデッドなのです。これなら、1000円スコッチにでもじゅうぶん対抗できるのではないかと思います。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 遠く離れた土地に住んではいますが、江井ヶ嶋酒造は知っています。

 生協のお酒コーナーにサントリーでいえばトリスクラスのウィスキーが置かれていたのです。

 そうそうホワイトオークでした。安酒ですから味はそれなりですが、ニッカやサントリーの製品にいささかもひけを取るようなものではありませんでした。

 「あかし」はまだ見たことがありません。もしあればぜひ味わいたいところですね。

Re:薄氷堂さん

薄氷堂さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
北海道に江井ヶ嶋酒造のウィスキーがあるって、なんかいい感じです。
江井ヶ嶋酒造の商品群を見るに、薄氷堂さんがご覧になったのは
おそらく〈ホワイトオークレッド〉または〈ホワイトオークゴールド〉のようですね。

それらを、地元(ちょっと遠いですが)にいる乙山が見かけなくて、
遠く離れた土地の方が知っているというのは不思議なことです。
ひょっとしたら、乙山が見落としていただけ(これは本当にあり得ることです)
かもしれません。近所の生協になんとなく置かれているかも。

そういえば生協(コープこうべ)のオリジナルウィスキーがあって、
ひょっとしたらそれがそうなのかもしれません。
今度手にとって、調べてみようと思います。
そちらに〈ホワイトオークあかし〉があるといいですね!

はじめまして!

はじめまして、よろしくお願いします。
水割り、いいですね!
では、またです。

No title

ブレンデッドウィスキーとヴァッテッドモルト
ブレンデッドっていうとグレーンがはいってそうな気がしますが、
両者とも同じなんですよね~。
日本のウイスキーももうちょっと頑張って欲しいです。
サントリーに一泡ふかせてほしいものです。

Re:はじめまして!

テラゲン合格さん、はじめまして!
コメントありがとうございます。
こちらこそ、よろしくお願いします。


Re:KazNさん

KazNさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
まあサントリーの一人勝ちみたいな日本のウィスキー市場ですので、
サントリーに一泡、という気持ちもわかります。
だけど本当に怖いのは1000円スコッチじゃないでしょうか。
〈ホワイトオークあかし〉は1000スコッチにも対抗しうる、
日本では稀有なウィスキーのような気がします。

No title

「あかし」 知りませんでした!
いいですねぇ、シンプルなラベルも。
ジャパニーズ・ウイスキーを飲む企画。
日本にいたら参加したかったです。

Re:tamaさん

tamaさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
乙山もついこの間まで「あかし」を知りませんでした。
地元に近いというのに、まったく……猛省です。

「ジャパニーズ・ウィスキーを飲む」という企画はこれからも
細々と続けていくつもりです。
ま、乙山のことですからあまりあてになりませんけどね。

そちらの酒事情や料理、楽しみにしております。

No title

江井ヶ嶋酒造とかホワイトオークは見た覚えはありますが
「あかし」は初見ですねぇ。こういうのがあるのか。
地ウイスキーという言葉がいいですね。
ジャパニーズウイスキーよりも趣がある。
しかも1000円。値段だけで杯が進みそう。

No title

そういえば私も日本酒を買うとき、つい「ブログネタになりそうなものを!」と
思ってしまいます(^^;)
それはそれで色んな種類を味わうための手助けになっているのですが・・・
まぁ無理せず自分自身が楽しみながらやるのが一番、ですよね(笑)

それにしても「あかし」、対抗馬(笑)としての実力は十分ありそうですね♪
先日の鷹もそうですが、あかしも近辺の店では全然見当たらず・・・
兵庫エリアって密かなウイスキー激戦区なのでしょうか??
羨ましい限りです♪

Re:RSさん

RSさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
いやいや、乙山も本当、つい最近まで知らなかったのです。
いつも利用している酒の量販店で見て「おっ」てな感じです。

だけどこれは、まちがいなく本物。
まあ乙山がいうのですからあまりあてになりませんけどね。
無理してないんですよ。よく知られた何かみたいな味を出そうとか、
色々混ぜ込んでいい香りを出そうとか。

だからとてもおだやかなウィスキーじゃないかと思います。
人によってはこれを「パンチが効いてない」と思うかもしれません。
煙臭さが少ない、日本のウィスキー、という感じです。
値段も本当、これぐらいならまた買ってもいいかなって思いますね。

Re:zumiさん

zumiさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
乙山の個人的な好みでは、スコッチがいちばんいいのですが、
やはり「煙臭い」と思う人も多いのがスコッチ。
その点、〈あかし〉はそれがなくてスムーズなんです。

〈鷹〉や〈あかし〉が見当たらないって、どういうことなんだろう?
だってね、〈鷹〉はMルシェで買ったのだし、
〈あかし〉はR市で求めました。
関西圏なら、わりと見かける酒の量販店じゃないのかなあ。

まあ地域によって品揃えを変えているということもあるかもしれません。
同じ名前の量販店でも、乙山の近所のそれと、逆瀬川のそれとでは
ずいぶん品揃えが違うことに驚かされます。

それよりね、山中さんがすごいなってことを、行ってないけど感じます。
近くにあったら、本当、入り浸ってるんじゃないかな。
それだけじゃないと思うけど、zumiさんとRSさんの酒情報には
いつも感心しているんです。

初めまして、ウィスキー超初心者のものです。

数年前余市に観光でいって
試飲したのがきっかけで
ニッカファンになりましたが
竹鶴、アップルワイン、
アップルブランデーしか
飲んでおらず、
もう少し冒険したいなあと
思っていたところで
こちらのブログに行き当たりました。
早速フロムザバレルを買い、以来
竹鶴と交互に楽しんでおります。
昨日あかしを近所の酒屋で見かけましたので
これも早速買い求めました。
今夜の晩酌が楽しみです。

Re: 黒綿棒さん

黒綿棒さん、初めまして! コメントありがとうございます。
余市蒸留所へお出かけに、それはいい経験をなさいましたね。
乙山は大山崎の蒸留所しか見学に行ったことがありません。

ニッカの蒸留所をぜひ訪ねてみたいと思っているのですが……
乙山自身も、そんなにウィスキーに詳しいわけではなくて、
ただ好きだから飲んで、感想を適当に書いているだけなのです。
あまりあてにならぬのはお許しくださいね。

〈ホワイトオークあかし〉は自社蒸留している本物と思います。
なかなかいけるように思いましたが、〈フロム・ザ・バレル〉や、
〈竹鶴〉とはまた違うように思います。
お口に合うといいですね。またよろしくお願いします。

あかし気に入りました!
竹鶴、フロムザバレルはもったいなくて
常温に近いトワイスアップで飲んでますが、
あかしは氷をたっぷりいれたグラスに注ぎ、
ストローでカラカラ掻き回しながら
チューチューすすって飲んでます。
邪道な飲み方かもしれませんが
風呂上りにこれと、枝豆つまむのが
やめられません。

Re: 黒綿棒さん

黒綿棒さん、こんにちは! コメントありがとうございます。

> あかしは氷をたっぷりいれたグラスに注ぎ、
> ストローでカラカラ掻き回しながら
> チューチューすすって飲んでます。

ストローで、というのは面白い飲み方ですね!
ホワイトオークあかしは、なるほどあまり薄めずに飲むのが
いいかもしれませんね。ホワイトオークあかしのシングルモルトもあって、
楽しみにしていますが、お値段が倍ほどするんです。

No title

はじめまして
江井ヶ嶋酒造さんには数回訪問しておりますが、
日本酒の杜氏さんが蒸溜を手がけているそうです。
蒸溜は年間を通じてではなく、夏の間だけ蒸溜を行い、
秋から春までは日本酒の醸造や、焼酎の蒸溜を手がけてるとのことでした。
ホワイトオークのレッドやゴールドは、ハイボールにすると
とてもスムーズな口当たりのおいしいウイスキーでしたね。
もっぱら最近は、シングルモルトあかしや、限定モルトのものを
買って飲んでますが、こちらもおいしいウイスキーです。

東京でも、あるところにはあるので、好きなウイスキーの一つです。

Re: nandemonaさん

nandemonaさん、初めまして。コメントありがとうございます。
お察しするに、東京にお住まいで、明石の蒸留所までいらしたのですね。
熱心さに感服いたしております。

> ホワイトオークのレッドやゴールドは、ハイボールにすると
> とてもスムーズな口当たりのおいしいウイスキーでしたね。

実は乙山、まだホワイトオークのレッドやゴールドを飲んでおりません。
あかしのシングルモルトもまだなんですよ。
日本のウィスキーを飲む、まだまだ話の種は尽きないようです。

また江井ヶ嶋酒造のウィスキーを飲んでみたくなりました。
ありがとうございます!

No title

こんにちは。
楽しく拝見させていただきました。
江井ケ嶋酒造のあかし、美味しいですね。だって宣伝費が殆ど掛かってませんからね。大手のウイスキーは莫大な宣伝費が掛けられていますが、あかしはコスパ最高です。ピート香が感じられない安いウイスキーが全盛の中、これは適度にピーティーなのが気に入っております。ロックでもじゅうぶんいけますからね。
私は明石の近くに住んでおりますので、江井ケ嶋酒造の日本酒もウイスキーも簡単に買うことが出来て幸福者です。

Re: 龍の尻尾さん

龍の尻尾さん、コメントありがとうございます。
仰るように、江井ヶ嶋酒造のウィスキー、なかなかいけますね!
本当に、最近の日本のウィスキーはピート香を感じるものが少なくて、
ここと、マルスウィスキーくらいじゃないでしょうか。

以前、明石天文科学館に行ったとき、付近に湧水があって、どうやら飲めるようなのです。
暑い日だったこともあり、飲むと本当においしくて助かりました。
江井ヶ嶋酒造の仕込み水も、相当いいものじゃないかと想像します。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/07 (7)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)