幻の瀧 純米吟醸

MaboroshinoTaki_Junmaiginjo.jpg
今日は何を飲もうかな、とあれこれ酒を物色する時間というのは楽しいものである。そんなとき、あまり品揃えのよくない酒店はつまらないと思うのだが、酒店の立場からすると売れもしないのに在庫ばかりを抱え込むことになるのは最悪なのだ。つまらん、とか言いながら自分が商売するとしたらどうするだろう、などとぼんやり考えながら酒を買う。

できるだけ飲んだことのない酒を選ぼうとするのは、ウェブログに載せようという魂胆半分、もう半分はやはり色々飲んでみたい気持ちがあるからだろう。そんなわけで今回は〈幻の瀧 純米吟醸〉を買いました。たしかにこれは、飲んだことがない。吟醸などと書いてあるものはだいたい買わない(というか買えない)のだが、値段も手ごろだったのでまあいいか、と買い物籠に入れた。

〈幻の瀧〉という名前だけ見て買ったのだけど、ラベルをよく見ると黒部峡谷などと書いてあることから、これは富山の酒なのだろう。富山の酒というとあまり飲んだことがないように思うが、近所の酒店などに〈銀嶺立山〉がわりと置いてあることが多く、あれがまさしく富山の酒。〈銀嶺立山〉は強烈な個性がある酒ではないけれどよくできたもので、たまに買って飲むことがある。

まず、まだ残っていた他の酒を飲みきった後に飲んだ印象は、おとなしい酒だなあ、というものだった。純米吟醸などと書いてあることから、強めの吟醸香を予想していたのだが、これはちょっと肩すかしを食らった感じ。あれっ、という感じを抱きながらその日はそれで終わってしまった。

翌日。他の酒を飲まずに〈幻の瀧〉だけを飲む。すると、すっきりした味わいの後にほのかな香りが立ち上ってくるではないか。なんとまあ、上品というか控えめな純米吟醸だろう。蔵元の皇国晴(みくにはれ)酒造のページには「幅のある馥郁とした風味と、程よい香りは燗でよし、冷やでもいける酒通向きの銘酒」とある。なるほどこれは、程よい香りという表現がぴったりだなあと納得する。

原料米:五百万石、精米歩合:56%、日本酒度:+3、酸度:1.5という表示や数値は、〈幻の瀧〉のおだやかな飲み心地をよく表わしているように思った。日頃から数値はあてにならないと思っている(とくに日本酒度)が、これは数値を見て想像した味と、実際に味わってみた感じがぴったり一致しているように思えた。値段も一升瓶=2247円(メーカー希望小売価格)で手頃なんじゃないだろうか。

〈幻の瀧 純米吟醸〉を味わうのなら、やはり個性の強い酒をあれこれ飲んだ後ではなくて、できるだけ早いうちに、というかいちばん最初に飲むのが最適ではないかと思う。ほんのり控えめなたたずまいは料理と合わせても大丈夫で、これは夕食の時にも邪魔にならないいわゆる〈食中酒〉タイプの酒じゃないかと思う。控えめでおとなしい香りに、とても好感を持ちました。


【付記】
● 〈銀嶺立山〉もいいけれど、〈幻の瀧〉もいいなあ。それらはまるで兄弟姉妹のように似ているタイプ。好みにもよると思いますが、どちらを選んでもまちがいはないでしょう。ほんのちょっとした値段の違いがありますが、〈銀嶺立山〉はかなりのお得感がありますし、〈幻の瀧〉には値段だけの奥ゆかしさとでも言えばいいような、何ともいえぬ控えめで上品なたたずまいがある、ように感じています。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ホントにお酒うまそうです

今回も又
すばらしいお酒コラムに
仕上がってますね。
拍手したいんですが、
設けておられないので
コメントしました。

No title

幻の瀧は好きですね。
私が飲むのは一升2500円前後の純米酒。
こっちも香り控え目ですが、きりっとした厳しい感じがする酒です。

Re:abe天国さん

abe天国さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
拍手ボタンはなんだか乙山の感覚と合わないので、
ウェブログ開設早々取り去ってしまいました。

公式にコメントするのもなんだかな、という方のために
拍手ボタンからもコメントできますし、
あったほうがいいという意見もあるようですけどね。
とりあえず、今しばらくはなしのままでいかせてもらいます。

逆瀬川のお近くなら、伊子志神社の近くに酒の量販店が
あるのをご存知かと思います。
あそこは、たまに利用するんですよ。
ハイネケンのダークもありますしね。

Re:gatayanさん

gatayanさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
幻の瀧、ご存知でしたか。さすがですね。
幻の瀧は香り控えめな品のある味わいでした。
記事の中でも書きましたが、銀嶺立山も似た傾向ですね。

石川、富山、新潟といい酒がずらり。
色々飲んでいるつもりですが、まだまだたくさんあって、
それだけ楽しみも多くなる、というわけです!

No title

お酒を買うとき色々悩むのって本当に楽しいんですよね~♪
在庫を抱えたくない酒販店さんの立場もわかりますが、
取り扱いアイテムの多さ=来店促進につながるのですし
是非ひと踏ん張りしていただきたいところです・・・
なにより、酒販店さん自身が美味しいと思うお酒を仕入れて
積極的に売り込んでもらうのが一番だと思うのですが(^^;)

それにしても純米吟醸の一升瓶でそのお値段と言うのはお買い得!!
それだけ繊細な味わいなら白身魚の塩焼きやお造り、水炊きや
湯豆腐などの淡白な料理とも相性良さそうですね♪

Re:zumiさん

zumiさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
今日は何にしようかな、と買うのが楽しみになる酒店は、
とても少なくなってきているように思います。

商売というのは難しい、ということでしょう。
自分ならどうする、とかふと考えてしまいます。
小さな酒店に行くほど、そんなことを思い浮かべるのです。

幻の瀧はなかなかいい感じでした!
長丁場の宴会の初めのほうに出して、
薄味の料理と合わせてみる、なんていうのが似合いそう。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/10 (5)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)