HyperCardとMYST

MYST_SeleneAge.jpg
今回は(も?)ふるい、化石のような話をひとつ。
現在はPC/AT互換機にマイクロソフト社のOSを乗せて使っているけれど、1990年代の終わりごろ、米アップル社のコンピューターを使っていたことがある。どこか武骨で実務的な感じがするWindows95/98に比べ、MacOSは非常に洗練された、しかも親しみやすいインターフェースを持っていたように思う。

MacOS自体がアップル(Mac)らしさを体現していることはまちがいないのだが、とりわけHyperCardにアップルらしさを強く感じた。HyperCardはスタックと呼ばれるカードと、ボタンを使って作っていくもので、ボタンにHyperTalkというスクリプト言語を書き込み、カードとカードをリンクさせることができる。今でいえばプレゼンテーション用ツールのPowerPointに似た感じのものだと思っていただくといいかもしれない。

MYST_ChanelwoodAge.jpgカードにはテキスト、画像、サウンドを付けることができるので、少しHyperTalkを勉強すれば、だれでもちょっとしたソフトを作ることができた。つまりHyperCardはマルチメディア・オーサリングツールというわけで、Macユーザー向けの雑誌の付録にもHyperCardをエンジンにしているものが少なくなかった。

私(乙山)が使っていたMacでは、すでにHyperCardは全機能を使うことができなくなっていて、だれかが造ったスタックを実行するためのHyperCard Playerになっていたけれど、初期のMacではHyperCardの全機能を使うことができるため、スタックを自作する人もけっこういて、それがMacユーザー向け雑誌の付録CD-ROMに入っていたリして、それを見るだけでもけっこうおもしろかった。

MYST_MechanicAge.jpg今ではもうないと思うが、当時(1990年代後半)は「HyperCardを使ってこんなことができる!」というような内容の本まであって、そういう類の本を何冊か買い求めてはHyperCardで遊び、ついには製品版HyperCardまで買ってしまったのである。なのに、それからほんの少し後、アップルはUNIXベースの新しいOSを発表し、そこにHyperCardのための場所は用意されていなかった。HyperCardを動かすためには、いちいち古いMacOSを立ち上げないといけないという面倒なことになってしまったのだ。

MYST_StoneshipAge.jpg基本はモノクロ表示のHyperCardだが、カラー表示や動画のための外部コマンドが用意されていて、腕の立つ人が使えば本当にすごい可能性を秘めたものだった。事実、アドベンチャーゲーム〈MYST〉の初期バージョンはHyperCardをエンジンにしており、美しいグラフィックと壮大なスケールに圧倒されてしまった。HyperCardを使ってここまでできる、という典型的というか完璧な例の一つが〈MYST〉だったのではないかと思う。iPodやiPhone、iPadの成功で元気なアップル社だが、HyperCardがMacOSXに復活することはまずないだろうことがとても残念だ。


【付記】
● 挿入したグラフィックスは〈MYST〉の中の一場面です。〈MYST〉は1993年にMacintosh用ゲームとして発売されたもので、相当古いゲームですが、近年iPadやiPhone、iPod Touch用として再販されているようで、ネット上にも「攻略法」の情報がたくさん出ているようです。PlayStation3などの最新のグラフィックスに比べると多少古さを感じるでしょうが、一つの世界として完結していて今でもじゅうぶん楽しめるアドベンチャーゲームではないかと思います。ちなみに乙山は〈MYST2 RIVEN〉で挫折したままになっているんですけどね。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

MYST!!

ご無沙汰でした。

やっとコメントを書けるまでに回復しました。^^
MYST・・・多分プレステで遊びました。
が、難しくて最後までは進めてません。(汗)

映像がきれいで攻略本まで買ったのに
本を読んでもさっぱりわからなかったなぁ。
今見たらどうなんだろう?
ちょっと はじめてみたくなりました。

Re:nyaaomiさん

nyaaomiさん、こんばんは! コメントありがとうございます。
新しいパソコンも導入されたようですね。
こうしてコメントを書いてくださるようになってうれしく思います。

MYSTのオリジナルはパソコンで楽しむのがいちばんですが、
PS2でやるのも悪くありませんね。
謎解きも楽しいのですけど、グラフックスに見惚れながら
のんびりその世界に滞在するのもいいかも?

乙山はMYSTの続編、RIVENで立ち止まっているんです。
残念なことに、RIVENはPS版が発売されおらず、
むかしのPCを使うしかなさそうです。
なんでかなあ?

とにかく、このシリーズはとても楽しいので、
のんびり取り組むのがいいのかな、と思います。
映像は美しいけど、目も疲れますのでほどほどに、ね。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/06 (7)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)