〈鷹〉 ジャパニーズ・タイプのスコッチ?

Taka_01.jpg
『ジャパニーズウィスキー』(新潮社、2010年)という本に影響され、「ジャパニーズ・ウィスキーを飲む」という企画(もちろん「遊歩者 只野乙山」に載せるためのきわめて個人的な、あってないかのごとく企画であります)を勝手に立ち上げてしまった以上、しばらくは大好きなスコッチやバーボン/テネシーは封印しないといけない。そんなわけで近所の酒の量販店に赴く。日本のウィスキーを買うためである。

ここならあるだろう、と足を運んだ一件目の量販店だったが、意外と品揃えが少ないのに虚をつかれた感じになってしまった。それに、あるにはあるのだが、お値段のほうがちょっと……予想していたのと少し違ったのに戸惑いを覚えた。たとえばキリン・ディスティラリーの〈ロバート・ブラウン〉など1700円くらいで、ニッカの〈フロム・ザ・バレル〉はそれ以上だった。

なるほど前者はサントリーの〈オールド〉に向こうを張る意味でそれとほぼ同価格帯に設定しているのだろうし、後者は付加価値というかプレミアム感とでもいうべきものがあるのでそれ以上になっている、というわけなんだろう。だけどねえ、それらに2000円近く出すのだったら、もうちょっと頑張ってシーバス・リーガルとかザ・グレンリヴェットを買うんじゃないだろうか。せっかく買いに来たんだけど購買意欲が……これは私(乙山)があまりにもみみっちいせいなんだろうか。

だってね、すぐ近くに1000円くらいでスコッチが置いてあるわけなんですよ。そんな状況だったら、スコッチの不買運動でもやってない限り、だれだってスコッチに手が伸びるんじゃないだろうか。高いなら高いで、こちらを唸らせるような何かがないと、日本のウィスキーは危ないぞ、と思うのは私だけだろうか。日本のウィスキーを守るためにとか、ちょっと高いけど買ってやらねば、などと思ってわざわざ日本のウィスキーを手に取る人はたぶんそんなにいないんじゃないだろうか。

Taka_02.jpgそんなことを思いながら某酒の量販店の店内を歩いていたら、いままで見たこともない〈鷹〉などと称するウィスキーが目に留まった。なんだこれは、と手に取ってみると、漢字で名前が書いてあるけれど日本のウィスキーではないようだ。日本人の嗜好に合わせてブレンドした「ジャパニーズ・タイプのスコッチウィスキー」である、らしい。値段は特別価格で999円とある。

ふだんならこういうものを見ても、まず心を動かされることなく素通りするのだが、そのときは事情が違っていた。日本のウィスキーを買おうと思って出てきたがこれというのがなく、どうしたものかと迷っていたのである。そこへ〈鷹〉である。例のあの「怖いもの見たさ」とでも言うべき心情が沸き起こり、正体不明の〈鷹〉を買い物かごに入れてレジに向かった。やれやれ、「ジャパニーズ・ウィスキーを飲む」という企画はいったい……

さっそく〈鷹〉を飲んでみる。まずはストレートで少しだけ。おっ、これは何かを想起させる香りと味わいだ。私の味覚は全く当てにならないけれど、これはおそらく〈だるま〉と呼ばれるあのウィスキーを意識したのだろう。はじめて口に含んだ味わいはそれなのだが、最後に落ち着くところは紛れもなくスコッチ。これは面白い味わいだ。その後数日経つと〈だるま〉を思わせるところは少しずつ角が取れていき、まろやかな感じが出てくるように感じた。値段のことを考えると、これは決して失敗したとは思わない、いいウィスキーじゃないだろうか。だって、スコッチなんだから。


【付記】
● 「ブレンダーの熟練の技を極めた」と言うだけあって、なかなかうまいことそれらしい味と香りを出しています。瓶詰め業者にブレンダーはいると思うのですが、ひょっとするとスコットランドにはフリーのブレンダーみたいな立場の人がいるのかもしれません。
彼の仕事部屋にはすべてのスコッチの原酒が網羅して置いてあリ、依頼を受けると高額でブレンドを引き受けるが、彼の存在はスコッチ業界のほんの一部の人間にしか知られていない。世界的に有名なあのスコッチの銘柄もじつは彼がブレンドしたものだ、などという伝説的人物がいたりして……
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

日本の酒業界にはまだ「ウイスキー=高級品」という考えが
根強く残っているのでしょうね・・・
まぁ「とりあえず高ければ美味いだろう」と考えがちな消費者にも
問題はあると思うのですが(^^;)
千円以下のワインのように気軽に飲める「デイリーウイスキー」も
日本に定着して欲しいものです。
その方がウイスキー飲みの裾野を広げて、消費拡大につながると
思うのですが・・・
とりあえず「鷹」、美味しそうですし世界のウイスキー業界を
支える為にも(笑)店頭で見かけたら買ってみます~♪

Re:zumiさん

zumiさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
いまどきの若い人は本当にウィスキーを飲まないようですね。
ウィスキー業者の宣伝の仕方もまずかったのかもしれませんが、
いまや完全に時代に取り残された遺物のような雰囲気すら漂うウィスキー。

だいたいコンビニ店に小さな〈山崎〉のボトルが置いてあるなんて、
乙山の感覚ではありえないというか、仰天するような現象なんです。
なのに、もっと下のランクのウィスキーではそれがない。

S社の、例のあの2本のウィスキーを有り難がっている方々が、まだ相当いらっしゃって、
そういう方々のイメージを大事にしている、ということなんでしょうか。
なかなか新しい販売戦略を打ち出すのは難しいのでしょうね。

実勢価格では1000円を切る日本のウィスキーはわりとあるんですが、
そうなるとなにかもう、初めから大事な部分を、
捨て去っているような製品群です。

どうみても1000円で買えるレベルのスコッチとは
大きな差がついていて、それらを埋めるのは相当難しいでしょうね。
〈鷹〉はけっこういけますよ。なにしろ1000円ですからね。
いつまでその値段なのか知りませんが、日本のウィスキーではありえないことです。

No title

そうなんですよね、輸入物のほうが安いンですよね。
ワインもそうだし。
日本酒が高いのも同じ。あ、日本酒は輸入してないか。

鷹、美味しそう。
東京でも売ってないだろうか。
最後に落ち着くところはスコッチという味わいを確かめたい…

Re:RSさん

RSさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
本当に輸入物の酒は安く、日本製は高い。
いくら日本のものを消費しようとしたとしても、
こうも価格と品質から来る値打ちの感覚に差が開けば、
手を出そうったって、そうはいきませんよねえ。

かといってね、海外製を引き上げてもらいたくはないんです。
せっかくの洋酒天国の時代じゃありませんか。
そのうち、飲酒が原因でどれだけの不幸が、などと
煙草みたいに値段が上がっていくかもしれませんね。
短絡的思考と正論が大手を振ってまかり通る時代と相成りました。

〈鷹〉はなかなかのものだと思いました。
空気(酸素)に触れるたびに、どの酒も少しずつ変質していきますが、
これはいい具合にまろやかになっていくようです。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/08 (5)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)