麻婆もやし

MaboMoyashi.jpg
近ごろ食料品を調達しに行って感じるのは野菜類の値段が高いことだろうか。とくに葉物野菜はもはや異常といってもいいくらいの高騰ぶりを示していて、たとえばほうれん草などは常に198円くらいでそれより安くなっているのをほとんど見かけない。250円以上になっていることもしょっちゅうで、100円前後でほうれん草を買えたころが懐かしい。

そんな野菜類の高騰が続く中で価格の変動がほとんどない野菜もある。もやしである。もやしはだいたい1袋30~40円前後で販売されており、この間など1袋20円で販売されているのを目撃した。これを何とか利用しない手はないのだが、「またもやし炒め?」などという声がどこからか聞こえてきそうである。

もやし炒めは豚肉ともやし、葱などを油で炒めて塩、胡椒、酒、醤油で味を付けて仕上げているが、より中華風にするなら生姜の(好みでにんにくも加えた)微塵切りなどを用意しておいて最初に香りをつけ、最後にごま油をふりかけて仕上げる。これはこれでおいしいことは間違いないが、やはり何度も続けば飽きも来るというものだ。

どういうわけか麻婆豆腐は何度作っても大丈夫のようである。世の中には〈麻婆茄子〉なる料理も存在していることからして、あの甘辛い味付けはご飯によく合うことがわかる。ならば、と考えた。麻婆茄子があるなら、麻婆もやしがあってもいいのではないか。もやしは淡白な野菜だから、こういうものは比較的濃いめの味付けをしたほうがいいのかもしれぬ。

用意したのは豚挽肉、もやし、葱、生姜、にんにく、豆板醤。あれば甜麺醤も使うとよい。我が家ではにんにくを外しているが加えたほうが風味がよいと思う。私(乙山)は別のフライパンで挽き肉だけを炒め、酒、醤油、みりんで味をつけておいたものを後で合わせるようにしているが、こういうしゃらくさいことをする必要はありません。

まず挽肉を炒め、火が通ったところでそれを端に寄せ、空いた部分で生姜、にんにく、豆板醤(と甜麺醤)に火を通して油に香りをつける。そこにもやしを入れ、ある程度火が通ったところで鶏がらスープ、老酒(紹興酒)、塩、胡椒、醤油で味を調え、葱を入れて軽く混ぜ、最後に水溶き片栗粉で軽くとろみをつけたら出来上がり。

甘みは甜麺醤によるものだが、なければみりんを使ってもいいと思う。本格的な中華料理でみりんを使うかどうかわからない(←ちゃんと勉強しないと!)が、使いすぎなければちょっと甘みを出すのに都合がよい。みりんは本当に便利だなあ。だけどいい加減だなあ。そのわりには怪しげな麻婆もやしの人気はあったようである。

とくに晩御飯のメニューを決めて買い物をしたわけではない日とか、買い物がろくにできなかった日などはとにかく冷蔵庫にあるもので何か料理を作って出すと、家族が不思議そうな顔をすることがあるけれど、これは昔飲食店のアルバイトで調理をしたことや、大学時代の極貧生活をくぐりぬけてきた経験が役に立っているのだと思う。

さすがに冷蔵庫に玉葱しかない、というような状況では困るけれど、私一人ならオニオンスライスと玉ねぎのてんぷらを作ってビールを飲み、平然とやり過ごすことができる。なんて偉そうに言っても、何の自慢にもならないんですけどね。


【付記】
● もやし1袋=40円、豚挽肉100g=98円という超低原価率の料理です。魚柄仁之助ではないけれど、高めに見積もって〈今夜の舌代〉は一人当たり92円(麻婆もやしだけの計算)で収まりました。いやね、いつもこんなことをやっているわけじゃないんですよ……
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

麻婆もやしですか・・・・美味しそうですね。
私なんか手抜きも手抜き。

もやしのナムル(?)が定番。

鍋にもやしを入れて、杯2、3杯のお水。
蓋をしたまま強火で五分ほど、さっと笊に空けて塩を振り混ぜる。
ほんの少しの唐辛子とすりごま。

これで出来上がり。

まあ、漬け物の代わりぐらいにしかなりませんが・・・

Re:gatayanさん

gatayanさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
〈もやしのナムル〉おいしそうじゃありませんか。
塩味ベースでお酒が進みそうです。

さっとできる料理でなければ、というのは全く同感です。
炒めたらおしまい、という料理が乙山に多いのはそのためかも。
中華風、などと書けば叱られそうな内容です。

乙山のはほとんどがさっと炒めるだけの料理なんですが、
意外と下ごしらえに時間がかかります。
段取りも、後片付けも上手にならないと、
まったく〈男の料理ときたら…〉と家族の不評を買うことにも
なりかねませんからね。

No title

野菜高騰してますね。
天候不順や、各国先物市場の投機筋によりどんどん値上がりしてますね(T.T)

麻婆もやし、美味しそうですね~!
子供がもやし好きなので、やってみます。
甜麺醤は中華の必需品ですね。老酒も、ちょっと加えると格段に味が良くなりますし、かえるままも中華が大好きですので、楽しく拝見しました。
甘みはみりんで出すのはとてもヘルシーだと思います。
素晴しいです!!

ところで、大阪は韓国料理のお店が多いですね?
どうしてなんでしょうね?大阪港から外国文化が入って来るのかな?などと考えてましたが・・・

Re:かえるまま21さん

かえるままさん、こんにち。コメントありがとうございます。
本当に野菜は高いですね!
北海道でもそうなんですね。

甜麺醤はいろいろなところで活躍しますね。
オイスターソースもそうですが、おいしいからといって
なんにでも使わないのがコツかもしれません。
かえるままさんならご存知のことでしょうけどね。

大阪には日本最大のコリアタウンがあります。
どうしてか、は歴史を勉強する必要があります。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/10 (5)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)