獺祭 純米大吟醸50

Dssai_JunmaiDaiginjo50_01.jpg
あまり多くの機会を持つことはできないが時間ができた時に限り、目的の駅の一つか二つ前で降りてぶらぶら歩くという行為を実践している。そうやって知らない街を目的もなくただ見て歩く者としての「遊歩者」になりきって時間を過ごすのが好きだ。などとすかしておりますが、じつは運動不足を何とか補おうという魂胆。だけど知らない街を歩くのは本当に好きなんですよ。

昨年(2010年)12月終わり頃の忘日、阪急宝塚線豊中駅が目的地なので一つ前の蛍池駅で降り、あたりを見物しながらぶらぶら歩いた。所在なさそうに手持ち無沙汰で歩くのではなく、仕事の必要があって仕方なく歩いているのだ、という雰囲気を漂わせていることが肝心だ。何の用もないのに歩きまわっていると職務質問を受けてしまう可能性がないともいえぬが、幸い今のところそういう経験はない。

蛍池駅のすぐ近所に酒屋を発見。店頭には「呉春」の文字があり、なかなか面白そうな佇まい。ふだんなら何の迷いもなく店に入って日本酒を物色するのだが、そのときは一時的な断酒を行っていた最中で、どうしても日本酒を飲みたいという強い気持ちの後押しがない。そのまま通り過ぎても一向に構わなかったのだが、多少興味もわいたこともあり、店に入ってみる。

店の奥には冷蔵庫があり、そこにきちんと日本酒が並んでいて好感を持つ。あまり見かけない酒もあるじゃないか、と見ていると店の人が横に来てどうやら私(乙山)が選ぶのを待っている様子。先にも書いたようにそのときは一時的な断酒をしていたので、いま日本酒を買わなくても全くかまわない、というか必要がないのであるが、どうも何か買わないといけないような雰囲気になってしまった。

そこで今まで見たことのない酒で一番小さいものを手に取った。「獺祭」(だっさい)という名前の酒である。生酒と書いてあるので冷蔵庫に入れ、ほぼ一カ月間そのままになっていたものをつい最近取り出して飲んでみた、というわけです。なにしろ見たことのない酒なのでネットで調べてみると、山口県の酒で旭酒造株式会社が造っているとわかった。

同社ホームページを見ると「獺祭」という名前の由来がわかる。「獺」とはカワウソのことで、地元では人を化かす古獺がいたという伝説があり、同社の所在地である山口県岩国市周東町獺越(おそごえ)には「獺」の字が残っている。「獺祭」とは「詩や文をつくる時多くの参考資料等を広げちらす事をさします」とのこと。また正岡子規は自らを「獺祭書屋主人」と号したことも同ホームページにある。

さて私が買ったのは「獺祭 純米大吟醸50」というもの。300mlの小さな瓶で600円くらいで一升瓶だと2800円くらいだろう。精米歩合が50%の大吟醸であることを考えると、これは非常に安いのかもしれない。旭酒造の弁は「デイリー純米大吟醸だけど決して価格に品質が妥協していません」とある。なるほどそうだと思うけど、デイリーに純米大吟醸はないでしょう。

非常に小さな瓶なのに、栓はスクリュー式ではなく一升瓶の栓と同じというのも面白い。これは、初めて見ましたよ。吟醸香はどちらかというと控えめだけど、いい香りが漂ってくる。純米大吟醸というとちょっとした酒肴でもっぱら酒だけを飲むイメージがあるが、「獺祭」は料理と合わせても大丈夫な程よい香り。日本酒度は+3とあり程よい辛口でとても飲みやすい。しかも刺身とか寿司にばっちり合うんじゃないかと思う。山口の酒だけに、これとふぐの刺身なんかを合わせてもいいかもしれませんね。


【付記】
● これが山口の酒だ、と意識して飲んだのは初めてだと思います。以前萩に行ったことがあるのに、山口の酒を覚えていないのはどういうわけなんだ、と不思議な気持ちです。旅行に行けばたいてい地ビールと地酒はチェックするはずなのに……萩市の観光ガイドを見ると市内には現在も11軒の造り酒屋と2つのビール醸造所があるそうです。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

これは結構有名な酒だと思います。
ネットで酒関連の情報を集めると評判をよく見かけますので。
でも、あれを「だっさい」とは読めないですよねー。

禁酒とはいえ、ちょっとぐらいなら飲まれるのでしょうか?
そうだと嬉しいのですが。

No title

「獺祭」って、こりゃ難しい。
やはり「だっさい」とは読めません。
日本酒のネーミングは地元の名をかぶせただけの
すごく安直なものがあるかと思えば、
考え抜いた末のような知的で趣きのあるものもあります。
「獺祭」はまさに、後者ですね。

獺祭というのが、詩歌や文章を練るのにその資料を拡げ散らかす状態?
この言葉ははじめてお目にかかります。

乙山さんの記事は勉強になるなあ・・・。
いつか、どこかで酒そのものに出会ったら絶対飲んでみますよ。

No title

「獺祭」
スキです。近所の酒屋にかなりの種類の獺祭が置いてありまして。
呑みやすくてサラリとした印象です。
梅田の「山長」って立ち飲み屋でも呑めますよ!

Re:RSさん

RSさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
そうですか、そんなに有名な酒だとは知りませんでした。
乙山は継続的に「禁酒」しているわけではなく、
一時的な断酒をしておりました(過去形)。
「獺祭」はつい最近飲んだのですよ。
とはいえ、飲む量を減らしているのは本当です。

Re:mapことクワトロ猫さん

mapさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
乙山もこの酒を買うとき「なんじゃこりゃ?」と思っておりました。
ラベルを見ると、ローマ字で《Dassai》と書いてあるのですが、
それがまさか、酒の名前だとはわからなかったのです。

mapさん、記事にも書いてある通り、乙山は旭酒造社のホームページの
受け売りをしているだけですよ! 乙山も知りませんでしたからね。
正岡子規が「獺祭書屋主人」と名乗っていたのもね。
いやほんと、知らないことばっかりです。

どうも全国区の酒みたいなので、
そちらでも入手できると思います。

Re:KazNさん

KazNさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
「獺祭」が近所にあるなんて、いいですね。
そうそう、飲みやすくてさらりとした酒で、
香りもわりと控えめでしょう?
なので食中酒としてもばっちりですよ。

大阪駅前ビル「山長」はいいですね。
一度「山長」で買った一升瓶を、えっちらおっちら
阪急宝塚線経由で西宮/宝塚まで運んだ経験があります。
あそこは一升瓶扱いが多いですからね。

No title

デイリー純米大吟醸って(笑)
獺祭、スパークリングと言うか発泡性のお酒という印象が
強かったのですが食中酒にも違和感の無いタイプだとは・・・
見かけたらまた試してみます!

Re:zumiさん

zumiさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
そうでしょう、「デイリー純米大吟醸」ですからね。
これは笑わせてくれるなあ。

「獺祭」のホームページを見ると、発泡酒もありました。
日本酒の発泡ものってけっこうおいしいんですよね。
「仙介」の原酒も微発泡が残っていておいしかった。
醸造の段階で二酸化炭素が発生するんでしょうね。

こんど「獺祭」の発泡も飲んでみようと思います。
「獺祭」はけっこう流通しているようですので
入手もしやすいでしょう。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/09 (7)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)