伊坂幸太郎 『オー! ファーザー』

伊坂幸太郎 『オー!ファーザー』 新潮社 (2010)

IsakaKotaro_Oh!Father.jpg
高校生の由紀夫の家族は、他とは全く違う異様な家族構成である。母親は一人だが、父親は何と四人もいる。中学教師の勲、飲食店経営者の葵、大学教師の悟、そして鷹という四人の男性が、それぞれ由紀夫の「父親」としてひとつ屋根の下に暮らしているのだから、由紀夫の家族は母の知代を含めて六人家族なのだ。

どういう経緯で知代が四人の男性と付き合うことになったのか詳しく語られていないが、男たちはそれぞれ「二股かけてるんじゃないだろうね」と疑ったこともあるという。知代はそのたびに「絶対二股なんかかけてないから」と堂々と胸を張って言ったのだが、確かに彼女がかけていたのは「二股」ではないわけで、決して嘘をついているわけではないのだ。

由紀夫の本当の父親は四人のうちの誰かであることは確かなのだが、たとえばDNA鑑定などによってそれがだれであるのかはっきりつきとめようとせず、四人はそれぞれが「由紀夫は自分の子だ」と信じて結構仲良く同居しているところが笑える。法律上、重婚は認められていないから、知代と由紀夫の母子家庭に、四人の「夫」たちがそれぞれ別世帯主として同居しているということなんだと思う。現実ではまずあり得ないことだろうけど、まあいいではないか。

どういうわけか由紀夫にまとわりつく同級生の多恵子だが、彼らの間に恋愛感情が発生することはなく、本書は「恋愛小説」として展開するわけではない。鱒二という、どこか抜けたおとぼけの中学時代の同級生が何かとトラブルを抱えていて、それに由紀夫が巻き込まれていくというような話で、そこに県知事選をめぐる騒動や、地元の賭博をとりしきる富田林という裏社会のボスみたいな男が絡んでくる。

そうした騒動やどたばたとは関係のないところで、同級生の小宮山が不登校を続けていた。多恵子と由紀夫は小宮山の住むマンションまで出かけて行って、小宮山と話がしたい、と母親に相談するのだが、彼女はどこかよそよそしい態度で、あまり構わないでほしい、これはうちの問題だから、とすげなく二人を追い返す。それでもめげずに何度も小宮山宅を訪問するうちに、母親から息子に会ってほしい、と言われた由紀夫は小宮山の不登校の真相を知る。

たとえば不登校やいじめの問題、県知事選の知られざるダークサイドなどを深く掘り下げて扱うという社会派のようなアプローチではなくて、この話全体が一つの冗談であるかのような描き出し方。シニカルとまではいかないギリギリのところで踏みとどまったブラックユーモア的な世界、けれど作者の視点にはどこか暖かみがある。『陽気なギャング…』の系譜に近いような感じを受けた一冊でした。


【付記】
● 本書には「大きな謎」はありませんが、小さな謎がいくつも仕掛けてあって、それがいったいどうなるんだろう、とつい読み進めてしまうようになっています。

関連記事
スポンサーサイト

tag : 伊坂幸太郎

コメントの投稿

非公開コメント

No title

伊坂幸太郎、最近デビューです。
とりあえず、メジャーな「鴨とあひる・・・」云々を読んで、暗い気持ちになりました。
引きこまれましたけどね。オモシロかった(というと、ダメ?)けどね。
読後感が悲壮・・・

私は単純明快な小説が好きなのです。
という訳で、東野圭吾の新刊が2冊同時発売したそーなんで。
明日からその2冊を読み漁ります♪

Re:chihiさん

chihiさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
伊坂幸太郎ならやはり初期のものがいいかな。
『陽気なギャング…』というシリーズが2冊出ています。
『重力ピエロ』などもお勧めですが、
単純明快かどうかはちょっと……
東野圭吾もいいですね!

No title

伊坂幸太郎 チャンドラー 村上春樹
銀河高原ビール

私と 好きなくくりが 多いなあ

共通項を見つけるとうれしくなります

はじめまして
時々覗いています^^

Re:stardustさん

stardustさん、こちらこそはじめまして。コメントありがとうございます。
銀河高原ビール、乙山はとくに「小麦のビール」が好きです。
あれほど個性があってしかもそんなに高くないビールもないでしょう。
今日は違うビールを飲みたい、というときなど
いちばん多く手に取っているんじゃないかと思います。

村上春樹訳のチャンドラー、まだ一冊も読んでいないんです。
とっておきの楽しみ、という感じでしょうか。
もうお読みになりましたか?
今後ともよろしくお願いします。

No title

小麦のビール 爽やかでほんとに美味しいです
三種 一度に飲んだことはありませんが^^

春樹訳は 私もまだ読んでいないのですが
以前 気になって書店でぱらぱらと
覚えているマーロウのせりふを 拾い読みしたのです
より洗練されていて的を得ているのかも知れません

でも なじんだ速水訳が
マーロウならこう言うかも という感じでした

私も いつかちゃんと読みたいと楽しみにとってあるのです





Re:stardustさん

stardustさん、再コメントありがとうございます。
銀河高原ビールはおいしいのですが、
いつでも、どこでも買えるわけではないのがつらいですね。

村上春樹訳の『プレイバック』なんていいなあ!
たぶん御本人も楽しみに取ってあったりして。
あの有名な「タフでなければ……」はどうなるんでしょうね。
本当に楽しみです。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/11 (6)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)