土屋守/茂木健一郎/輿水精一 『ジャパニーズウイスキー』

土屋守/茂木健一郎/輿水精一 『ジャパニーズウイスキー』 新潮社 (2010)

JapanesWhisky.jpg
土屋守『ウイスキー通』(新潮社新潮選書)を読んでからというもの、どうも日本のウィスキーが気になって仕方がない。なにしろ近頃はとても安くスコッチウィスキーが買えるものだから、日本のウィスキーをわざわざ選んで買うようなことはほとんどなかった。酒の記事が比較的多い「遊歩者 只野乙山」ではあるが、その中で日本のウィスキーの記事はまだない(2010年12月現在)。

しっかり日本のウィスキーを飲んだぞ、という記憶はというと、1980年代後半の最後の輸入ウィスキー高額時代だろうか。「これはいける、ぜひ」という近所の酒店主のお勧めでニッカの〈フロム・ザ・バレル〉とか〈ピュアモルト〉を飲んでいたんだけど、いつの間にか海外のウィスキーが安くなり、以来スコッチ(たまにバーボン/テネシー)を飲んでいる。

べつに日本のウィスキーがあまり好きではない、というわけではない。だってね、酒の量販店に行くと、サントリーの角瓶なんかがだいたい1400円くらいで売っている隣に、バランタインのファイネストとかホワイトホース、ジョニー・ウォーカー赤ラベルなどが1000円(ときにはそれ以下)で売っているわけです。

それらブレンデッド・スコッチウィスキーはかつて3000円以上した「高級品」というイメージが私などにはいまだに根強く残っていて、その高級ウィスキーが〈角瓶〉より安く売られているわけだから、わざわざ角瓶を選ぶ必要がどこにあるというのだろう、てなことになってしまい、ついつい日本のウィスキーは後回し(?)になる。

本書『ジャパニーズウイスキー』は三人の著者の連名になっているが、土屋守はウィスキー関連の本をたくさん出している世界屈指のウィスキーライター。茂木健一郎は脳科学者。輿水精一はサントリーのウィスキーブレンダーで、あの〈響〉のブレンドに携わった人。茂木健一郎が司会(進行役)を務める『プロフェッショナル 仕事の流儀』というテレビ番組に出演した関係で、本書でも茂木健一郎と対談している。

ちなみに『プロフェッショナル 仕事の流儀』はわりと欠かさず見ているつもりだったが、酒好きの私にしてはどういうことか「ウイスキーブレンダー 輿水精一の仕事 優等生では面白くない」や「農口尚彦の仕事 魂の酒 秘伝の技」を見逃すという、自分でもどうしてだか首をかしげざるを得ないことになってしまった。

さて本書の冒頭は土屋守による「ジャパニーズの逸品たち」という題のもと、響/山崎/白州/角瓶(サントリー)、竹鶴/余市/宮城峡/スーパーニッカ/ブラックニッカ(ニッカウヰスキー)、富士山麓シングルモルト/富士山麓熟樽50°/ロバート・ブラウン(キリン)など、「本当においしいウィスキー」が紹介されている。

茂木健一郎と輿水精一の対談(1)の後、土屋守によるウィスキーの基礎知識、日本のウィスキーの歴史、ウィスキーの実践編(おいしい飲み方)と続く。さっと流して書いているけれど、この中には本当、知らなかったことがたくさんありすぎて勉強になりました。

その後「日本の蒸留所」の紹介、「ジャパニーズウイスキー大全」では現在販売している日本のウィスキーを網羅し、茂木健一郎と輿水精一の対談(2)に移る。ここでは二人して訪れたスコッチの〈ラフロイグ〉や〈ボウモア〉などの蒸留所の見学体験を語る。最後に「風土の軌跡としてのウイスキー」と題する茂木健一郎の単独エッセイで本書は締めくくられている。

情報/知識の部分を土屋守が、ウィスキーを作る側の職人魂を輿水精一が、そしてウィスキーにかんしては一般人として、情緒の部分を茂木健一郎が、それぞれ担当しているといった趣であるが、それがなかなかうまく機能しており、読み物としても楽しめる構成になっている。とくに心に残ったのはあの〈響〉のブレンドに携わった輿水精一が、家で飲んでいる酒(ウィスキー)がなんであるかを語った部分。そうか、そういうものなんだな、としみじみ思った。日本のウィスキーを、じっくり味わってこなかったことをちょっぴり反省しながら頁をめくった。


【付記】
● サントリー、ニッカ、キリンという三大ウィスキー製造業者のほか、いままで聞いたこともないウィスキー製造業者があることも本書でわかります。あの〈オーシャンウィスキー〉はどうなってしまったのか、一部の酒の量販店で販売している、見たことも聞いたこともない、あの日本製のシングルモルトウィスキーもひょっとすると本書でわかる(見当がつく)かも……
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

オークマスター・・・だったかな?
オーシャンウイスキーでしたよね・・・ちょいと自信はないけど・・・

好きですね。
第一安い。700円もしないんだもの。


・・・とまあ、ウイスキーについてはこのぐらいのもんですが、今日はジョに黒・・・もらいもんです。

Re:gatayanさん

gatayanさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
叔父(母の弟)はいつもオーシャンウィスキーを飲んで、
スーパーニッカを大事そうにしまいこんでいました。

いま飲むとどう思うか知れませんが、
オーシャンウィスキーはそこそこ飲めたんじゃないか。
そんなふうに覚えています。

ジョニ黒、いいですね。
煙臭さもしっかりとありながら、飲みやすさも兼ね備えた気品があります。
gatayanさんに似合う(と思う)、スコッチらしいスコッチ。
いいなあ。ごゆっくりどうぞ。

No title

そういえば、この前久しぶりに「イチローズモルト」のなんちらってのを呑みました。
もうなくなってしまったと思ってたらチョロッと復活してたみたいですね。

旨かったような・・・・・・。

No title

私もウイスキーは輸入モノばかりです・・・
どうしても価格&イメージ重視になってしまって(^^;)
(酒は基本的にそれぞれ自国で作ったものが一番、みたいな)
環境さえ適していればどこでも美味しいお酒は作れるんだから
下手な思い込みで新しい味に出会う機会を逃さないように
しなきゃですね(^^;)

Re:KazNさん

KazNさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
そうそう、「イチローズモルト」。乙山も知らなかったんですが、
本書にはばっちり出ています。
そういう知らなかった日本のウィスキー情報もあります。

それを実際にお飲みになるところが素晴らしい!
乙山など、きいたふうな口をきいておりますが、
まだまだ、日本のウィスキーは知らないことが多いのです。

Re:zumiさん

zumiさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
いやいや、本当の話、乙山もあれから日本のウィスキーを飲んだんです。
名前は伏せておきますが、日本でとても売れているというもの。
ううむ、となってしまいましたよ。

やはりスコッチのほうが旨いですね。
1000円前後の価格だと、日本のウィスキーは負けているのではないか。
飲んだときの「本物感」がするのがスコッチ。
日本のウィスキーは飲みやすいけど、まだまだ、という感じがしました。

これは好みの違いもあるでしょうし、一概には言えません。
日本のウィスキーがけた違いに安いときもあるのですから。
だけどねえ……これからどうする、となると、
1000円前後の勝負なら、やはり乙山はブレンデッドスコッチを買いますね。

プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/03 (8)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)