山崎まさよし 『アレルギーの特効薬』

山崎まさよし 『アレルギーの特効薬』 (1995)

YamazakiMasayoshi_Allergy.jpg
1. 月明りに照されて
2. 窮鼠猫を噛め
3. 心拍数
4. 中華料理
5. 週末には食事をしよう
6. 坂道のある街
7. アレルギーの特効薬
8. パンを焼く
9. 関係ない
10. 妖精といた夏
11. 根無し草ラプソディー


いつか、どこかでその曲をふと耳にしたとき、ああ「およげたいやきくん」(1975)の人も新曲を出して頑張っているんだな、などとぼんやり思っていた。というのはとんでもない勘違いで、その曲は山崎まさよしの「One more time, One more chance」だった。こんな勘違いをするのは私(乙山)だけだと思うけど、山崎まさよしのヴォーカルは、なんとなく「およげたいやきくん」の人と似てるなあと思ったわけです。

「One more time, One more chance」がとても印象に残ったので、山崎まさよしのデビューアルバム『アレルギーの特効薬』(1995)を例によってレンタル店「蔦屋」で借り、iTunesにインポートして聴いてみた。ほぼ全編にわたって山崎まさよしはアコースティック・ギターとハーモニカ(ブルース・ハープ)を演奏しているようだ。

アコースティック・ギターにハーモニカとくれば、ボブ・ディランやよしだたくろうのようなスタイルかと思いきや、さにあらず。あるいはミシシッピ・デルタ・ブルースやカントリーという方向でもないように思えた。たとえば(1)などはあえて言えばファンク(?)ではないだろうか。イントロからしてなかなかカッコいい。ブリッジの部分で使われるスライドギターも気持ちいい。

(2)もアコースティック・ギターのカッティング(ストローク)がカッコいいし、そこにブルース・ハープが絡んできて、ちょっとない感じのサウンドに仕上がっている。(3)はスロー・テンポで、いつも一緒にいるだけでうれしかった頃を過ぎた男女が唄われている。「重なり合っても探している なんか淋しいから/どうにかなるほど求めていたい/切なさにまかせて/しっかりつかまえるよ」

(4)「中華料理」では「テーブルをはさんだ ちょっと遠い二人より/触れる肩先の 緊張感がいい」と唄う。まだ恋人になっていない男女が中華料理店の円卓に並んで座る状況だろうか。マンドリンが可愛らしい感じをうまく出している。(5)ではふだん仕事が忙しいなどであまり会えない二人を唄う。「時間が許す限りいっしょにいよう/だから今からむかえに行く/お前を喜ばす言葉は いくつもあるけど/つなぎとめれるものは何一つ無い」

(6)はアコースティック・ギターの弾き語りスタイル。分散和音を弾いて歌を乗せていき、途中でブルース・ハープのソロを入れるなんていうやり方はいわゆる「フォーク」なんだけど、フォークという感じがあまりしないのはどういうわけなんだろう。(7)はアップテンポのロック調。

(8)はイントロがかっこいいファンキーな感じ。編曲は中村キタローという人によるものだが、この人はアルバム全編でベースを弾いていて、ごく短いパッセージのソロ(?)を入れるんだけど、それがじつにカッコいいんです。(1)も編曲は山崎まさよしと中村キタローで、ベースのラインがとてもいい。叩きつけるような、まるでパーカッションのような弾き方をするギターと歌の(9)。(10)はラグタイムとかケークウォークとかを思わせる曲想。

歌詞が独特であるからか、一回聴いたときはあまり入ってこない感じがしたんだけど、何度か聴くほどに良くなってくるのが不思議な感じ。いわゆる「ブルース形式」とか「ブルース進行」のコードになっていないので、聴いた感じはブルースではないのだけれど、その歌の心は「ブルース」とでもいうしかない「切なさ」が根底にあるように思えた。


【付記】
● 先に書いたけれど、初めて聴いたときは「ん?」というような感じでした。あまり好きになれない歌詞もあるのですが、アコースティック・ギターとブルース・ハープがとてもいい感じです。とくにギターは心憎いまでの演奏と音作りで、カッコいいなあ、と思わず唸らされる部分が満載で、やはり只者ではないなあ、と思いました。
関連記事
スポンサーサイト

tag : 山崎まさよし

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

HOBO's MUSIC(初回限定盤)(DVD付) |山崎まさよし

HOBO's MUSIC(初回限定盤)(DVD付)山崎まさよしNAYUTAWAV...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

子門真人の名前も出してあげて(笑
ビバ、アフロ!!

No title

山崎まさよし・・・大好きです!!!
何度もコンサートに行きましたよ!やっぱ歌がウマイんですよね~。
3. 心拍数 好きやなぁ~。
でも、このアルバム最近聴いてないから、ちょっと曲忘れ気味(汗)
また引っ張り出してきて、聴きたくなっちゃった♪

No title

たいやき君(笑)
まぁ野太いパワフルな声質が似ていなくも無いと言うか(笑)
実は山崎まさよし、めっっっちゃ好きです!!!!!!!
確かに歌詞は少々独特な言葉遣いですが(特に昔の曲)
それに慣れると(笑)ストレートに感情が伝わってきて・・・
まぁハマるか一線を置くかはこの辺りで分かれてきそうですね(笑)
Bluesをコード進行などの形式で捉えるのではなくその精神を
重視するのなら、彼はもがきあがき続けるBluesmanだと思います。
ファン的目線で言えば、ですが(笑)
あ、一度下記の曲も聴いてみてください!
お茶の間crossroad(笑)
http://www.youtube.com/watch?v=Tw41QhYfnTc&NR=1

Re:KazNさん

KazNさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
「およげたいやきくん」の人、ではまずかったかな?
もちろん、本当はわかっているんですけど、
なんか、似ているなあ、と。

Re:chihiさん

chihiさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
乙山は山崎まさよし入門者です。
「One more time, One more chance」を聴いて、
へえ、と思って聴いてみたわけでして。

この人、すごい。

そう思ったんです。

Re:zumiさん

zumiさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
「およげたいやきくん」の人に似ていると思うのは乙山だけかなあ?
そうそう、そう思ってた! なんてレスポンスをちょっと期待したんですが、
空耳ってありますものね……

とにかくこの人、ギターやブルースハープもいいし、ヴォーカルもいい。
コマーシャリズムをあまり考えず、
やりたいことをやった、という感じがするんです。

楽曲にまったく「日本の歌謡曲モード」を感じさせないところも素敵。
こういう人が、もっとたくさん出てきてほしい。
未熟で、何の芸もない人を珍重するような風潮には
げんなりさせられますね。

プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/08 (4)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)