地デジ切替ラプソディ

LED_Regza.jpg
9月某日、パソコンのモニターだけを買い換えるため、大阪・梅田のヨドバシカメラに行く。リビングに設置してある家族用のパソコン、まだ買ってから二年ほどしか経っていないのに、モニターがブラックアウトすることがある、という。

そんなべらぼうな話があるものか、馬鹿野郎め、とメーカーに抗議の電話を入れたところでどうなるわけでもなし、修理に出したところで新品を買うより修理代のほうが高くつきそうな様子。泣く泣く新品を買うため、ヨドバシカメラであれこれ物色し、モニターを購入した。

わりと早く買い物が済んだので、そろそろテレビを買い換えないとね、などという話になった。我が家ではいまだに14インチ型ブラウン管テレビを使用していた。1995年くらいから使っていて、いましばらく使えそうな製品であるが、いかんせん画面の小ささゆえ視聴に不都合が生じてきた。DVDで映画などを再生すると、エンドロールの文字がもうほとんど見えない状態である。

さて、テレビ売り場に足を運んでみると、いやはや、機種がたくさんありすぎてどれがいいのか、何を選ぶべきなのかさっぱりわからない。画質ではSHARPかSONYが良さそうであるが、使い勝手はどうだろう。我が家ではリアルタイムでテレビを見ることはほとんどなく、ハードディスクに録画しておいたものを再生して視聴している。

リアルタイムで見るとコマーシャルがうっとうしく、スキップして見るとストレスも感じず、まことに都合がよい。録画しながら別の番組を再生できるし、録画中の番組の後追い再生もできる。そして何よりテープやDVDが溜まっていかないのがまことに便利、一度経験したらハードディスク録画機は止められない。

そうすると、ハードディスク録画機と液晶テレビを一緒に買わなくてはならぬ。これでは高くつくし、経験上、400GB程度の容量ではすぐに一杯になってしまうこともわかっている。さてどうしたものか、と見ていると、USBハードディスクを付けるだけで録画可能、しかもUSBハブを介してハードディスク4台まで増設可能、というテレビがあるのに目を引かれた。

画質より機能で決めよう、と思った。画質といっても、テレビ売り場で見比べても厳密な判定ができるわけでもないし、見たところ、どのメーカーであってもそんなに遜色はなく、画質が決め手になるようなことはない、というのが正直なところ。店員さんに訊いてみると、いまのところ外付ハードディスクで増設可能なのはこのメーカー(東芝REGZA)だけだ、という。もうこれしかないなと思ったが、設置場所とテレビのサイズの問題があって、その場では購入に至らなかった。

さて、翌週。休日を待っていそいそとヨドバシカメラへ。サイズも計測し、32型テレビなら設置可能であることがわかっている。テレビ売り場へ行き、東芝REGZAのコーナーを見ると、普通の液晶とLED液晶と、二つのタイプがあるのがわかった。前者のほうがかなり安いが、後者は長持ちで画面も綺麗だ、という。またしても、これはどうしたものか……と迷ってしまった。

またぞろ店員さんをつかまえて話を聞く。いったいどっちのほうがいいんですかと、ど真ん中直球を投げ込む。一概にはどちらとも、などと歯切れ悪そうな返答の店員さんだったが、長い目で見るとやはりLED液晶のほうがよろしいようである。それならLED液晶にします、と決めたらすかさず値引き交渉を開始する。

あっちの機種には「現金払いだったら**%オフ」とか書いてあるんですけど、これにはそういうサービスはないんですか? などと無垢を装って思い切り明るい声で尋ねてみる。「少々お待ちを」と電卓を片手の店員さんは上司にお伺いを立てに行く。厚顔無恥、などという言葉はこの際一切考えぬことにして、笑顔で押し切ると4000円ほど負けてくれた。

「いまだとハードディスクをお安く提供しております、ご一緒にいかがですか」と店員さんが言うのだが、「下で買うからいいです」と断る。店員さんは少し悲しそうな表情になるんだけど、ヨドバシカメラに来たら、ポイントを使わなくちゃ損ですよ。下のパソコン関連コーナーでポイントを使い、先ほどの店員さんが勧めてくれたのと同じ機種の、10000円くらいのUSB外付ハードディスク(1TB:テラバイト)を5000円くらいで購入した。

それからが大変である。テレビ屋さんが来るぞ、と家族をけしかけリビングの大掃除である。床に山積している物体をいったんすべて撤去させて掃除機をかける。テレビやハードディスク録画機、AVアンプなどが設置してあるラックのほこりを払い、すっかりきれいにしておいた。

ほどなくしてLED液晶32型テレビが運搬されてきて、業者の人が設置、アナログから地上デジタル放送への切り替えは意外とすんなりできてしまった。ハードディスク録画機なしでも何の問題もなく、外付USBハードディスクに録画/再生ができる。

さすがに再生時のCMスキップとかチャプター再生機能などは付いていないけれど、考えてみれば基本的にこれは「テレビ受像機」なのである。これ以上の細かい機能は、録画/再生機を買ってくれ、ということなのだろう。どうしたらいいんだろう、と懸念していた我が家の地デジ切替ラプソディは一応、これにて終了と相成りました。


【付記】
● 噂には聞いていたんですが、やはり地上デジタル放送にすると画質が驚くほど綺麗に見えますね。大容量ハードディスクを取り付けて保存するという方法が、地上デジタル放送対応テレビではいちばんいいのではないかと思います。ブルーレイ・ディスクを売りたい気持ちもわからぬではありませんが、技術的には何の造作もないハードディスク増設可能仕様に踏み切らないメーカーの姿勢に疑問を感じます。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

我が家もまだデジタル対応がまだなんですよ。
テレビはもう15年ものぐらいの分厚いヤツ・・・
最近はその日によって機嫌の良し悪しがあるし。

買い換えなきゃならないのはわかっているんですがね。

何を買ったらよいやら迷いに迷ってしまってね・・・

ブルーレイがどうだとか、内蔵型がどうだとか、USBがどうだとか・・・

それに、光テレビがいいのか、普通にやった方がいいのか・・・

いつになったら買い換えが出来るやら・・・

Re:gatayanさん

gatayanさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
なんかね、面倒くさい、という一言ですよ。
なにもテレビを買い替えなくっても、「地デジ対応チューナー」とやらを
買えば、テレビはそのままでもいいんだとか。

なにがなにやらわからないままに、とりあえず、って感じで、
テレビセットを購入してしまった次第です。
それでテレビを見ていると、進歩したんだな、ということを
実感することができました。
まあ、それもすぐに慣れてしまうんでしょうけど。

No title

こんにちは、

地デジ化騒動お疲れさまでした(^^)
我が家はギリギリまで我慢するつもりでしたが、
昨年、ブラウン管が逝ってしまい急遽買い換えました。
予定外の出費に予算を組めずひとつ前の形を格安で
レコーダーと一緒に購入したわけですが、今ですと
同じ金額でLED液晶とブルーレイレコーダーが買えます。
日々進歩するデジタル製品なのでわかっちゃいるのですが、
なんとなく悲しいです(T_T)

Re:naokichimanさん

naokichimanさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
我が家もぎりぎりになるだろうと思っていたのですが、
あんまり周りがうるさいものですから。

録画機なしでハードディスクだけで録画できるのは助かります。
その代わり、きめ細やかな再生はできません。
1TBありますが、さていつまでもつことやら……

No title

こんばんは。
我が家は2年近く前に、パソコンを私が買うと同時に、
テレビも地デジ化しました。わけがわからなくて、ああ、電話が光電話なのだから、
テレビもそうすればよかった?とか、今はうちが買った32インチもすごく
安くなってるとか、まあ、後でいろいろしまった!と思うことはありましたが、
かたずいてしまうとほっともしました。
いまだに、なんで、無理やり皆が精神的経済的の負担を負わなければならないのか
良くわかりません。
確かに画面は美しいですけれどね。

しかし、ケーブルテレビとか、光とかだと、月々数千円ずつかかるのでしょう。
それも負担ですよね。アンテナは一度立てれば、そういう月々の負担はないですね。
老人だけの世帯の方とか、困ってらっしゃる方多いでしょうねえ。
あと、アパートの住人などもどうなるのか不安でしょう。
うちの娘のアパートなども、大家さんがお年でいらっしゃるので、どうなりますか…。
便利さと費用と手間と精神的負担と…。
これからもまだまだ狂詩曲は続きそうですね。

Re:彼岸花さん

彼岸花さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
地上デジタルに対応するのにはいろいろあって、
どうしてもテレビを買い替えなくてはいけないこともないそうです。

たとえばCATVの場合、CATV会社と契約すると同時に、
チューナーをレンタルすることになりますね。
それで、いままでどおり普通のテレビでも見られるのだそうです。
その場合、月々の契約料が発生しますけどね。

要するにテレビはただのプロジェクター(モニター)で、
どうしても液晶テレビに換えねばならぬ理由はないということになります。
乙山も「地デジ切替ラプソディ」などと書いてしまったわけですが、
テレビ自体を買い替えねばならぬと思っている方がいらっしゃるのかも。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/09 (7)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)