fc2ブログ

竹泉 二夏越し純米辛口ひやおろし

TikusenFutanatugosi_1.jpg
この間「仙介特別純米ひやおろし」を購入した酒店には他の「ひやおろし」もあったことを思い出し、とにかく買ってみたのが「竹泉 二夏越し純米辛口ひやおろし」である。店主の話では「二夏ものなので熟成された酒」ということで興味がわいた。「日本酒はできるだけ早く飲んでしまったほうがよい」というイメージを持っていたが、わざわざ熟成させるやり方もあるのか、と日本酒の意外な一面を知った。

「竹泉」を出しているのは兵庫県朝来市にある田治米(たじめ)合名会社で、同社のホームページによると元禄15年創業だそうで、創業以来の伝統を守り続けている、とのこと。杜氏は代々但馬杜氏が務めてきたようである。但馬には「竹泉」の他にあの「香住鶴」(兵庫県美方郡香美町)の蔵元もある銘酒の地。

四合瓶の裏に書いてある情報を見てもそんなに詳しいことはわからない。アルコール度数が15度、精米歩合が70%であること、くらいだろうか。とりあえず開栓してみる。徳利に注ぐと酒の色がはっきりわかる。さすが「熟成」された酒だけのことはあるなあ、という感じで、こんな黄色がかった酒は今まで見たことがない。写真からもおわかりいただけるだろうか。

TikusenFutanatugosi_2.jpg一口飲んでみる。おっ、これは……想像していたより「ふつう」じゃないか。かなり酸味が立っている方向で予想していたのだが、まっとうな味。辛口、と書いてあるように、そこに甘ったるい感じやねっとりした重さがまったくない。これはふつうのいわゆる「辛口の酒」としてするする飲めてしまうぞ。

だけど、ううむ……いったい、何を狙って「二夏越し」にしたんだろう? ちょっとつかみどころがない、というか正確には私(乙山)に味わい分ける舌と味覚が欠如しているということなんだろうけど、狙いどころがわかりにくい酒だなあ。

もちろん、味がいまひとつ、ということでは決してありません。まっとうな、よい酒なのです。ただね、見た目が印象深い「黄色」の酒。何かふつうの酒とは違ったものを期待してしまったんですね。そういう部分で肩すかしを食らった感じなのです。もう少し私が味のわかる男だったら、この酒のよさがしっかり理解できたのかも……くり返しておきますが、これはおいしい、なかなかいける酒であることは間違いありません。


【付記】
● 酒の記事は早く書かないと印象がどんどん薄れていってしまいます。とくに、飲んだときにインパクトの少ない酒ほどその傾向が強いようです。逆に、印象深い酒はわりといつまでも覚えていられるのが面白いところ。ふつうの「竹泉」も飲んでみたいと思っています。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

ぼちぼち・・本当の意味で清酒のおいしい季節・・・・

冷たく冷やせば夏でも飲めるけれど、私の好みはやはり常温。
その常温でも清酒がおいしくなってきました。

おまけに、その友となる食べ物もだんだんと豊かになってきましたしね。

Re:gatayanさん

gatayanさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
そうでした、そもそも常温の酒を「ひや」と言うのではなかったでしょうか。
温めたものが「燗」で、それら以外はなかったのが、
本来の生き方でしょうね。冷蔵庫など、なかったわけですから。

常温でおいしい、と言うのがまあ、まっとうな、というか、
本来の行き方なのでしょう。

何でもかんでも冷蔵庫で冷やし、そうでないと
文句を言い出すのはちょっと品のないこと、なのかもしれませんね。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
10 | 2022/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2022/11 (15)

2022/10 (16)

2022/09 (15)

2022/08 (16)

2022/07 (19)

2022/06 (15)

2022/05 (16)

2022/04 (15)

2022/03 (15)

2022/02 (23)

2022/01 (16)

2021/12 (24)

2021/11 (15)

2021/10 (16)

2021/09 (15)

2021/08 (16)

2021/07 (15)

2021/06 (15)

2021/05 (18)

2021/04 (15)

2021/03 (16)

2021/02 (14)

2021/01 (10)

2020/12 (8)

2020/11 (9)

2020/10 (9)

2020/09 (8)

2020/08 (9)

2020/07 (9)

2020/06 (9)

2020/05 (9)

2020/04 (8)

2020/03 (9)

2020/02 (8)

2020/01 (9)

2019/12 (8)

2019/11 (9)

2019/10 (8)

2019/09 (5)

2019/08 (4)

2019/07 (9)

2019/06 (8)

2019/05 (8)

2019/04 (9)

2019/03 (9)

2019/02 (8)

2019/01 (8)

2018/12 (8)

2018/11 (9)

2018/10 (9)

2018/09 (8)

2018/08 (9)

2018/07 (8)

2018/06 (5)

2018/02 (7)

2018/01 (9)

2017/12 (9)

2017/11 (8)

2017/10 (9)

2017/09 (9)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)