仙介特別純米ひやおろし

SensukeJunmai_Hiyaoroshi.jpg
神戸市東灘区御影で生産されている灘の酒「仙介」の隠れファン(?)である。
以前このウェブログで書いたけど、「仙介純米しぼりたて無濾過生原酒」は本当においしかったなあ。アルコール度数がちょっと高めで、微発泡があり、マスカットを思わせる香り。ちょっとした酒肴だけで飲み続けてはうっとり、また杯を重ねてしまう、そんな酒だった(記事へ ≫)

「仙介」を飲むときは「仙介特別純米」にしているけど、ちょっと値段が張る(2700円くらい)のが痛いところ。だからふだんのお付き合いで毎日「仙介」を飲んでいるのではなく、今回はちょっと他の酒も飲んでみたいな、てなときにこそ、「仙介特別純米」の登場となるわけです。

さて今回は「そういえば冷蔵庫に酒を切らしていたな」と仕事帰りに気付き、何か酒を買って帰ろうと西宮の某酒店に立ち寄った。ここは、なかなかいい酒を置いているんですよ。太田酒造の「道灌」とか「香住鶴」など、私(乙山)がふだん飲んでいる酒がそろっていたりする。で、ふと見ると、なんとまあ、冷蔵庫に「仙介特別純米ひやおろし」があるではないか!

早速店主に「仙介のひやおろし下さい」というと、店主も「今日入ったばかりなんですよ」と値段をチェックしていた。四合瓶で1400円。ううむ、ちょっと高いけど、たまにはいいではないか。それにですよ、外飲みして1400円で「高い」なんていう人がいるだろうか。私は諸般の都合で外飲みをほとんどしないのだが、その分ちょっとだけいい酒を、という考えである。

そんなに酒に詳しくないのでちょっと調べた付け焼刃だが、そもそも「ひやおろし」とは春から夏にかけて涼しい酒蔵で貯蔵・熟成しておき、秋に瓶詰めして出荷する酒のことをいうそうだ。ひやおろし=秋の楽しみということなんでしょう。酒に詳しい方なら「なにをいまさら」と思うかもしれないが、こちとら少しずつ勉強しているわけです。

さて「仙介特別純米ひやおろし」を開栓。おっ、やはりアルコール度数が高めなのか、いい香りが漂ってきますよ。「仙介」の蔵元である泉酒造のウェブページによると「ひと夏をひんやりとした蔵で熟成を深めた、穏やかな香りととろりとした舌触りのあるお酒」ということである。数値的な詳細は次のようである。

「アルコール度:18~19°、日本酒度:+3.0、酸度:2.1、アミノ酸:1.3、使用米:山田錦(麹)五百万石(掛)、精米歩合:65%」

注目はアルコール度数で、ふつうはだいたい15%前後が多い中で、18~19%はかなり高め。これが「とろりとした舌触り」に関係していると思う。実際、こくと濃度がしっかり感じられるのだけど、それが重たい方向に行っていないのが不思議で、けっこうすっきり飲めてしまうのだ。日本酒度はそれほど高くなく、ふつうの「辛口」だろう。ほのかな酸味と、旨みがしっかり感じられるのが特徴。これは旨いっ! 酒がどんどん進みます。やっぱり「仙介」は旨いなあ、ちょっと高いけどつい買ってしまうのです。


【付記】
● 毎年、酒の出来具合が少しずつ違う「仙介」。どういうわけでそうなるのか、乙山には皆目わかりませんが、ワインでも出来のいい年と、そうでない年があるわけでしょう。酒も生き物、ならばそういうことも起こって当たり前。「19BYの仙介がよかったねえ」とか「21BYの仙介はちょっと若いなあ」などという会話もあったりして。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

仙介、お酒に詳しい訳ではありませんが、
初めて目にして、耳にした日本酒です。
ちょっと、いや、ぐいっとぜひ飲んでみたい…
ですが、間違いなく無理なので妄想だけ膨らませます(笑)

Re:tamaさん

tamaさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
「仙介」はいわゆる「灘の酒」ですが、
阪神淡路地域の震災で倒壊した酒蔵を、
何とか復興して新たに作った酒だそうです。
乙山もつい最近まで、知りませんでした。

同じ灘の酒でも大メーカーではありませんので、
醸造量もそんなにないでしょう。
なので海外輸出はたぶんしていないのではないかと思います。
ネット上でなら、けっこう見かけたりしますよ。

けど海外には届けてくれないでしょうね。
こちらにお帰りの際には、ぜひどうぞ。

No title

ひやおろし=秋あがりの季節ですねぇ。
4合1400円は私も高いなーと思いますが、
たしかに外で飲むよりは全然安いんですよね。

18度は高いですね。原酒でもなさそうなのに?

No title

うわ~美味しそう・・・今年はまだ冷やおろしを飲んで
いないので、余計に羨ましいです(^^;)
「コクがあるのに重さがない」、これはやはり杜氏さんの
力量でしょうか?
こんなお酒なら、四合で1400円は「高い」とは思っても
「惜しくはない」ですよね♪
値段の価値アリ!な感じで・・・

Re:RSさん

RSさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
そうそう、たしかにね、四合=1400円は高い。
ワインでいうと、ちょっとだけお高い、
もはやデイリーワインではない領域。
だけでまあ、いいじゃないか、という気分で買い、飲んでます!

割り水を抑えてるのかな?
原酒に近い雰囲気、まあさすがに「無濾過生原酒」のような、
微発泡はありませんでしたが、それなりに、そこそこ
それに近いような感じでした。いい酒です!

Re:zumiさん

zumiさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
ううむ、たしかに「高い」。
乙山の、ふつうの基準なら、外しているところなんですが、
「仙介」にはなんともいえない魅力があるのです。

ちょっと高くてもまあいいか、仙介だもんな、
というような感じで、こちらも納得して買い物できるような、
そんな不思議な奥深さを持った酒なんですね。

で、最新の仙介はというと、近所の酒店で試飲させてもらったのですが、
ちょっと若い(硬い?)のかなあ、という感じで、
買い控えしてるんです。なのに、「ひやおろし」となると、なぜか旨い。
このあたり、どうなってるんだろうと不思議に思います。
その不思議さも仙介の魅力なんでしょうか。

勉強中です。

知りませんでした!!
バイトを始めて 知らないことばかりで教えて頂いています。

日本の言葉って暦・・・季節を感じるモノが多くて
すきです。
涼しくなってきてますます日本酒もおいしく感じてきますね。

ワインの試飲は沢山したんですが、生憎あまり好きではなく
(高いものほどエグ味がキツくて)どんな味かはわかりましたが
どれが美味しいかと聞かれると答えられません(苦笑)

Re:nyaaomiさん

nyaaomiさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
ワインは、本当はおいしいんですよ。
乙山のウェブログではあまり取り扱っていませんが、
それはまあ、それなりに理由があってのことです。

nyaaomiさんのおっしゃる「エグ味」とは、おそらく、
赤ワインの「渋み」のことかなあ、と想像します。
あれはタンニンといって、そうとうな渋みなんです!

だけどあれが、赤ワイン好きにはたまらない魅力でして、
今度赤ワインをお飲みになるのなら、
カマンベールチーズを一緒にご用意ください。

赤ワインを飲んで「渋い!」と思ったら、
すかさずカマンベールチーズを口に含んでください。
赤ワインとカマンベールを一緒に、口の中でぐちゃぐちゃと(失礼)……
それが、また、旨い(?)んですよ。
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/08 (4)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)