ウィルキンソンのジンジャー・エール

SmirnoffWillkinsonGingerAle.jpg
ジンジャー・ビアを使った本式に近いモスコー・ミュールもいいけれど、いかんせんお値段が……ジンジャー・ビア自体がなんとビールより高い300円以上になるのだ。これでは採算が合わない、ではなくてどこか本末転倒という言葉がふさわしいような事態になっているような気がしないでもない。やはり日本ではジンジャー・エールを使ったモスコー・ミュールを作るのがいいんじゃないだろうか。

というわけで白羽の矢を立てたのが「ウィルキンソン」のジンジャー・エール。以前私(乙山)がアルバイトをしていたパブでもこれを使っていた。カナダドライなどでもジンジャー・エールはあるけれど、ウィルキンソンのジンジャー・エールはとにかく生姜の香りが強烈だったのを覚えている。中には「ウィルキンソンでないとね」という愛好者も少なからず存在しているように思う。

大阪を離れ、阪神間(宝塚/西宮)に住むようになって久しいが、あるとき阪急宝塚駅を降りて武庫川沿いを上流に向けて散策していると、ウヰルキンソン炭酸工場跡があった。あのウィルキンソンは昔ここで製造されていたと知り、懐かしさとともに意外な感じがしたのを思い出す。あまり知られていないと思うが宝塚には炭酸泉が出ていて、「炭酸せんべい」なるお土産もあるんですよ。

ウィルキンソンのジンジャー・エールがほしいのだけど、そういうときに限ってどこにも置いてあるわけではないのがよくあるパターン。近くのコンビニ店にもないし、生協(コープこうべ)にもなかった。そんなに遠くない過去において、どこかで見たような気がするのだが思い出せない。あまり気にしていないときはわりと見かけるんだけど、いざ買おうと思ったらない品物のひとつがウィルキンソンのジンジャー・エールではないだろうか、などと思いながら酒の量販店に入ってみると、ありました。

SmirnoffWillkinsonGingerAle2.jpg店ではウィルキンソンの炭酸、トニック・ウォーター、茶色のジンジャー・エールと赤色のジンジャー・エールの四本が、仲良く並んでいた。昔からあるのは「茶色のジンジャー・エール」で、赤色は少しマイルドな仕上がりにしてあるそうです。迷わず茶色のジンジャー・エールとトニック・ウォーターを籠に入れてレジに並んだ。

さて冷蔵庫できりっと冷やしておいたウィルキンソンの「茶色」ジンジャー・エールを使ってモスコー・ミュールを作ってみた。ライムを絞り込み、飲んでみると、やはり! 生姜の香りがなんとも鮮烈で、これは「フェンティマンズ」ジンジャー・ビアよりもかえって生姜の風味は強烈かもしれない。

写真からもわかるように、茶色といってもいいくらいしっかりついた色。そうそう、これこれ、と思わせる味わいだ。生姜フレーバーは少々きついが、本式のモスコー・ミュールに一番近い味わいにしようと思ったら、ウィルキンソンの「茶色」のジンジャー・エールを使うに限るなあ、と思った次第である。

ちなみに、カナダドライのジンジャー・エールでもモスコー・ミュールを作り、飲んでみた。ウィルキンソンで味わった鮮烈な生姜味はなりをひそめ、非常に穏やかな、飲みやすいモスコー・ミュールができた。これはこれで、捨てがたい味わいだと思う。生姜の香りが苦手な人は、カナダドライのジンジャー・エールを使うといいでしょう。色も茶色というよりは金色といったほうが近く、見た目も軽くさわやかな飲み物に仕上がります。


【付記】
● モスコー・ミュールといってもいろいろあるなあ、と改めて感じました。だけど、モスコー・ミュールが我が家の定番カクテルになるかといえば、そうでもなさそう。先日、ネットで買ったシュウェップス・トニックウォーターが届くや否や、乙山はウオッカ・トニックを作って、もっぱらそればかり飲んでいる始末です。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

tag : ウィルキンソン・ジンジャーエール

コメントの投稿

非公開コメント

No title

宝塚にウィルキンソンの工場があったことは
私も昔聞いたことがあります。

リンクを貼らせていただきますね。

Re:abe天国さん

abe天国さん、コメントありがとうございます。
阪急宝塚駅から武庫川沿いを上流方面に
向けて歩けば、そんなに遠くないところに工場跡があります。
リンクの件、了解しました。

No title

こんばんは!
ジンジャー・エールは実は大好物です。
大抵お酒には使わずにそのまま飲んじゃうんですが。
お酒弱いので飲みに行って赤くなると、
まずジンジャー・エールを頼みます。
私も生姜の風味が強いのが好きですねー。

Re:羊さん

羊さん、おはようございます。
コメントありがとうございます。
生姜風味の強いジンジャー・エールといえば、
やはり「ウィルキンソン」に限ります。

記事内でも申し上げましたとおり、
ウィルキンソン・ジンジャーエールは二種類あり、
赤色がマイルドな風味で、茶色(小豆色?)が生姜風味が
強烈な昔からあるタイプです。

羊さんには茶色(小豆色)をお勧めします。
たまにはモスコー・ミュールもいかが?
プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/08 (4)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)