「特別純米 五大天水」

TokubetsuJunmai_Godaitensui.jpg
ゴードン・ジンを買おうと自転車で某酒の量販店にでかけ、ふと見かけた酒「五大天 水大」が気になってふらふらと買い込んでしまった。たまりにたまったポイントを使ってしまおうという算段である。ポイントをすべて使った結果、1000円程度でゴードン・ジンと「特別純米 五大天水」を買うことができた。

ネットで調べてみると、「五大天」はあの賀茂鶴酒造株式会社が出している、特約販売専用の酒だそうである。「賀茂鶴」は広島の酒なのだが関西でもよく見かける有名な酒で、何かの機会で飲んだことがある。そのときはたしか普通酒を飲んだと思う。賀茂鶴酒造には申し訳ないが、正直言って、あまり感心しなかったように覚えている。

それも「五大天」を飲んだ後で気になって調べてわかったことである。先入観なしに「五大天」を飲むと、なんともすっきりした味わいである。この軽さは同じ広島の酒「酔心」を思わせる。そしてほのかな香りとうまみが後を引き、杯を重ねる次第。ただし、「あっ」と驚くような性格の酒ではありません。意外とまっとう、ちょっと名前負けしてる(?)のかもしません。

賀茂鶴酒造株式会社のホームページでは「五大天」を確認できないので、例によって販売店のサイトを見ると、「原料米:八反錦/ホウレイ、精米歩合:60%、日本酒度:+3.5、酸度:1.65、アミノ酸度:1.75」とある。日本酒度+3.5というのはちょっと辛口よりということだが、そんなに「辛口」という感じはしなかった。

もともと私(乙山)は辛口が好みで、日本酒度+3~5の酒を自分の標準にしているようなところがある。だから「特別純米 五大天水」はちょうど標準ぴたりになって、辛口だとは思わないようになっているのかもしれない。

いずれにしても、「五大天」はどちらかといえば「端麗辛口」の部類に属すけれども、独特の軽さと喉越しのよさ、そしてほんのりと漂う香りと抑え気味の旨みをもった酒ということができるだろう。「五大天」はあまり市場に流通していないのかもしれないけれど、「賀茂鶴」の意外な一面を見せてくれる、なかなかいい酒なんじゃないかと思う。


【付記】
● 最近、酒の量販店でも「おっ」と思わせる酒をあつかっていることがあります。一般の小売酒店では扱っていないような酒が置いてあったりして、思わず買ってしまうことも。心情的には個人の小売店にがんばってほしいと思うところも大いにあるのですが、ウィスキーとかジン、ウオッカになるとどうしても酒の量販店になってしまいます。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私は・・・賀茂鶴は純米しか飲んだことがありません。
辛口・・・てな訳には行きませんでしたが、それなりにしっかりした作りのお酒だったように記憶しています。

まあ・・・そのときは確かどこぞのお偉いさんのお相伴で新地のとあるクラブで・・・

きれいなお姉さんを横に座らせて・・・

まあ、これだったらどんな酒でも美味しいですよね。

No title

おっ、水を飲まれましたか。
淡麗だけど、ちょっと違う、辛口とも言い切れない、
なんだかつかみどころの無い酒ですね。
そのへんが「水」らしいのかも。

自分も洋酒は量販店ですね。
安いし品揃えが侮れないです。

Re:gatayanさん

gatayanさん、コメントありがとうございます。
賀茂鶴は大阪・新地のクラブでも置いているくらいの
「名酒」だということなんでしょうね。

たしかに関西でも賀茂鶴はよく見かけますし、
乙山はそれの普通酒を飲んだことがあります。
近頃では、酒の量販店に賀茂鶴の純米などが置いてあります。

賀茂鶴の純米はおいしかったです。
「五大天」もよかったですよ。

Re:RSさん

RSさん、コメントありがとうございます。
とある酒の量販店でね、「五大天」を見かけたとき、
あれっ、と思ったのです。

これはどこかで見たことがあるぞ、と。
そうそう、RSさんが書いておられましたね。
それで既視感の理由がはっきりした次第です。

賀茂鶴はね、関西ではわりと見かけるんです。
だから「灘の酒なのかな」などと思っていたくらいです。
大メーカーでもちゃんとした酒が作れるんじゃないか(失礼)と

思った次第です。まっとうな、けっこういい酒ですよね。
つかみどころのない、言えてます。
端麗辛口だけど、旨みと香りがわりとあるんですよね。

No title

ポイントの使える量販店でそんなまっとうな日本酒を見つけられて
ラッキーでしたね♪
(というとお店に対して失礼かもしれませんが)
日本酒を買う時は品揃えの多さから大抵いつも地酒専門店に
行ってしまうのですが、定価販売なのはともかくポイント
サービスが無いのが悲しいところです(^^;)

Re:zumiさん

zumiさん、コメントありがとうございます。
この店では配達をしてくれるからポイントがたまっていくのです。
だけど「10000円以下は配達料を頂戴」などという
狭い了見の店なので、いつも乙山は
ビール(350ml缶)を2ケースと日本酒1本をたのむのです。
それでだいたい10000円を超える計算。

本格的な店に比べるとあまり信用できませんが、
日本酒の品揃えもそこそこあります。
蔵元と交渉してオリジナル製品を作らせているようですが、
それがけっこう、旨かったりするんですよね。
酒の量販店、侮りがたし。
ちなみに店はMルシェ。ご存知でしょう?

プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/06 (7)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)