The Blue Nile / Hats

The Blue Nile / Hats (1989)

TheBlueNile_HATS.jpg
1. Over The Hillside
2. The Downtown Lights
3. Let's Go Out Tonight
4. Headlights On The Parade
5. From A Late Night Train
6. Seven A.M.
7. Saturday Night


何かの音楽雑誌とかオーディオ誌などの紹介や評を読んでずっと気になっていたが、レコード店などにもなかなか置いてなく(地域にもよるが)て、手に入れることができないまま時間が過ぎていったもの。オンラインショップから注文できるようになってやっと手に入れることができた。ブルー・ナイルの"Hats"(1989)もそんなCDの一枚である。

ブルー・ナイルはスコットランドのグラスゴーで結成されたバンドで、メンバーはポール・ブキャナン(vo, g)/ロバート・ベル(b)/ポール・ジョセフ・ムーア(kd, syn)の三人。ドラムやパーカッションのパートはリズム・マシーンにプログラムされたものを使用している。

とにかく一目で強いインパクトを与える、強烈なブルーのジャケット。裏側を見ると、ヴァージン・レコーズのロゴマークの隣に、どこかで見たようなロゴマーク。なんと、LINN RECORDSとあるではないか。LINNといえば、日本でも独特の製品群で知られるスコットランドのオーディオメーカーで、オーディオに詳しい方ならご存知の人も多いだろう。

LINNの製品は日本橋の高級オーディオ店にもB&Oなどと並べて展示してあることもあり、興味がわいて試聴をお願いしたことがあるのだが、店員さんは「デザインも……お値段のほうも(ちょっと小声で)いいんだけど、音は絶対こっちのほうがいいですよ」と日本製のオーディオ装置を熱心に勧めてくれ、なんだかんだいってLINNの音は聞かずじまいだったように思う。

どういうわけでブルー・ナイルとLINNがつながるのか、およそ知る由もないが、サウンドはリズム・マシーンから出されるドラム/パーカッションの音にキーボード/シンセサイザーの音が合わさり、そこにベースとギターが絡んでくるもの。要するにエレクトロ・ポップと表現するのが近いのかもしれないが、どういうわけかアコースティック感があるように思えるのが不思議なところ。

ポール・ブキャナンのヴォーカルはいぶし銀のようで、ギターやベース、キーボードの派手なソロプレイは一切なし。必要にしてあるべき音が、あるべき空間を満たして音楽が進行していく、といった趣である。ううむ、こういうのはなんか、好きだぞ。ロックによくある、こけおどし的な要素がまったくなくて、職人がしっかり自分の仕事をして作り上げたもの、という感じがした。

ラウドネス(やかましさ/うるささ)もなく、これはなんというか、お子様向きではないんですね。しっくりしたお店のBGMで流しても客が眉をひそめる心配はないでしょう。食事中に再生して思わず箸を止めてしまう、などという現象も起こらないと思う。そういう意味で、うるさいロックはちょっと……という方にはお勧めできるだろう。その反面、ゆったり進む曲想が似ているので「ノリノリのわかりやすい曲が好きで音楽を聴いて体を動かしたい」という人には不向きなのではないだろうか。


【付記】
● ブルー・ナイルはとにかく寡作で知られているようです。1981年にデビューしてから現在まで4枚ほどしかオリジナル・アルバムを発表していないのですから、その寡作ぶりが知られようというもの。周りがひっそり静まり返った深夜に聴くのもぴったりじゃないかと思います。
関連記事
スポンサーサイト

tag : ブルー・ナイル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/08 (5)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)