「ベル」でスコッチ&ソーダを

BELLSSoda.jpg
廉価スコッチウィスキー"THE DIRK"のことを書いたのが5月25日(記事へ ≫)。今日は7月1日だから一ヶ月以上も"THE DIRK"がもったことになる。ううむ、これは以前では考えられなかったことである。信じてくださらないかもしれないが、以前は毎晩「寝酒」と称してスコッチウィスキーを飲んでいた。なのでだいたい一週間で一本(おいしいものなら五日で一本)くらいのペースでウィスキーを消費していたのです。

やれ体重が、血圧が、と以前ならあまり気にしなかったことなんだけど、毎年健康診断を受けないといけないようになってからというもの、そうも言ってはいられなくなってしまった。思い切って、「寝酒」としてのウィスキーをやめることにした。はじめは大丈夫だろうか、寝られるんだろうか、と心配していたがなんのことはない、意外とあっさり寝付けるではありませんか。大事なのは昼間しっかり体を動かして、体をある程度疲れさせておくことだった。

以前は「睡眠を十分とった」というより「酔っ払って眠ってしまった」という状態で、身体は寝ているかもしれないが、肝臓はアルコールを分解するのに必死になって稼動していたわけで、かなり負担をかけていたんだろうと思う。そうはいいながら「休肝日」を設けることがいまだできていないが、もう少し修行が進んだら、より旨い酒を飲むために今日は酒を飲まんぞ、という日がやってくるかもしれない。

なあんて言いながら、酒の記事です。
暑くなってきたら、どういうわけかスコッチ&ソーダが飲みたくなる。というわけで今回は"BELL'S"(日本では「ベル」)をソーダで割ってみた。ベルは近所の某スーパーマーケットで1000円で販売されていたのを見て反射的に手が伸び、いつのまにか買い物籠に収まっていたので仕方なく家に運んだのです。日本ではあまり馴染みがないスコッチかもしれないが、成城石井の宣伝文句によれば「英国のパブで一番飲まれているスコッチ」なのだそうで、歴史もある由緒正しいスコッチだ。

じつは以前ベルを飲んだことがあった。そのときの印象は「スコッチ独特の煙臭さがわりとあってちょっと硬めだが、端正な味わい」というものだった。ある意味スコッチらしいスコッチ、というわけだ。スコッチ:水=1:1でそのまま、あるいは氷を入れて飲むやりかたで「お気に入り」になるにはちょっと微妙、という感じである。なのでたまに思い出したときに買っては飲んでいたのが私(乙山)のとってのベルだった。

こういう硬めのスコッチのほうが、じつはソーダ割りに合うんじゃないかと思っていた。試してみると、やはり、なかなかいけるではないか。そのままもいいけれど、ベルはスコッチ&ソーダにしてもおいしい。さて、ベルはいつまでもつのでしょうか。一応、スコッチ&ソーダを口にするのは休日の昼下がり、と決めてはいるのですが。


【付記】
● スコッチ&ソーダにしておいしいものと、そうでないものがあります。ある程度「癖のある」スコッチのほうが、ソーダ割りには適しているのかもしれません。まあ、これもやはり好みの問題ですから、一概には言えないと思います。ついでながら"THE DIRK"はやはり何かが物足りない感じがしました。これも好み、ということで。

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私もだいたい週に一本ぐらいですね。
基本は焼酎なんですけど時々それがウィスキーに・・・

焼酎も、ウィスキーもロックが中心ですね。

でも、こう暑くなってくるとソーダ割りも悪くないですよね。

No title

暑くなると不思議に炭酸飲料が美味しく感じますよね~
基本的に夏以外は自宅でビールを飲まない程に炭酸苦手な
私ですが、そろそろあの刺激が恋しくなってきました(笑)
ペリエの小瓶でも買って、ソーダ割りに挑戦してみようかなぁ・・・

Re:gatayanさん

gatayanさん、コメントありがとうございます。
焼酎も琥珀色のおいしそうなのがありますね。
なかなか馴染めずにいます。

ビール→日本酒→コーヒーという流れで一応(?)
締めくくっているのです。
ウィスキーは、休日の昼下がりに飲んでいます。

氷だけ、というスタイルは大好きです。
いちばん味が直接伝わってきますものね!

Re:zumiさん

zumiさん、コメントありがとうございます。
ペリエはいいですよ。
夏になると、ペリエとシュウェップスをまとめ買い。
去年なんかはそうでした。
それらがあると、なんか気分がおおらかに(???)

まあ、ペリエでなくても、と思いますよ。
炭酸が苦手な人は微炭酸から、なあんてね。

プロフィール

只野乙山

Author:只野乙山

⚫︎ できれば「只野乙山=ただのおつざん」とお読みくだされば、と思います。

⚫︎ 文字中心のウェブログ。ほとんど一話完結で、どの記事をご覧になっても楽しめ(?)ます。文字数だけなら一冊の本に匹敵(凌駕?)するほどありますので、ごゆっくりどうぞ。

⚫︎ 下の「全ての記事を表示する」をクリックすると、全記事のタイトル一覧が出ますので過去記事を参照することができます。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント

openclose

最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アーカイヴ

2017/09 (7)

2017/08 (8)

2017/07 (9)

2017/06 (9)

2017/05 (9)

2017/04 (8)

2017/03 (9)

2017/02 (4)

2017/01 (1)

2016/06 (1)

2016/05 (13)

2016/04 (13)

2016/03 (20)

2016/02 (10)

2016/01 (11)

2015/12 (10)

2015/11 (10)

2015/10 (11)

2015/09 (13)

2015/08 (10)

2015/07 (11)

2015/06 (10)

2015/05 (10)

2015/04 (10)

2015/03 (11)

2015/02 (9)

2015/01 (11)

2014/12 (9)

2014/11 (10)

2014/10 (11)

2014/09 (10)

2014/08 (10)

2014/07 (10)

2014/06 (10)

2014/05 (11)

2014/04 (10)

2014/03 (10)

2014/02 (9)

2014/01 (11)

2013/12 (9)

2013/11 (10)

2013/10 (10)

2013/09 (10)

2013/08 (11)

2013/07 (10)

2013/06 (10)

2013/05 (10)

2013/04 (10)

2013/03 (11)

2013/02 (9)

2013/01 (11)

2012/12 (9)

2012/11 (10)

2012/10 (11)

2012/09 (10)

2012/08 (10)

2012/07 (10)

2012/06 (10)

2012/05 (11)

2012/04 (10)

2012/03 (10)

2012/02 (10)

2012/01 (9)

2011/12 (9)

2011/11 (10)

2011/10 (10)

2011/09 (10)

2011/08 (10)

2011/07 (9)

2011/06 (9)

2011/05 (10)

2011/04 (8)

2011/03 (8)

2011/02 (12)

2011/01 (12)

2010/12 (12)

2010/11 (13)

2010/10 (15)

2010/09 (15)

2010/08 (14)

2010/07 (16)

2010/06 (17)

2010/05 (21)

2010/04 (18)

2010/03 (20)

2010/02 (23)

2010/01 (27)

2009/12 (27)

2009/11 (27)

2009/10 (26)

2009/09 (24)

2009/08 (19)

2009/07 (21)

2009/06 (30)

2009/05 (26)